人気ブログランキング |

カテゴリ:2018_Taiwan( 15 )

2018夏 台湾の旅12~最終回 台湾朝ごはんと茶藝館

◆8月18日(土)◆
台湾の旅もいよいよ最終日です。
b0312126_20143388.jpg
今日は、大人気の朝ごはん屋さん、阜杭豆漿のお向かいにある永和豆漿です。(大王がついてない方の永和豆漿)


b0312126_20144089.jpg
こんな感じの店構え。なんかもう、どこも似ていて既視感たっぷり(笑)
b0312126_20152000.jpg
油條や餅を絶賛製作中です。
b0312126_20150118.jpg
ご注文はもちろん、鹹豆漿と奶茶
b0312126_20150711.jpg
そしてこれ!食べてみたかったんだー。
油條と肉でんぷをご飯で包んだもの。台湾式おにぎりとも呼ばれております。漢字が難しくて出てきません(笑)ジャンクな美味しさがありますね。ただし、大量かつ具が油モノですので、かなーりお腹にたまります。香港や上海でも見かけました。
鹹豆漿と奶茶も美味しかった…と思います(忘れた)。


お腹いっぱいになったところで、お土産探しにカルフールへ。


b0312126_20152699.jpg
ばら撒きお土産からお酒から何から、メイドイン台湾コーナーが充実していました。
b0312126_22424253.jpg
右端の上下二つの大袋のお菓子を買いました。
牛乳餅といってクラッカーに甘さ控えめのミルク味の堅いヌガー的なものが挟まっているもの。なんと、下の袋のクラッカーは、ネギ味なんですよ。
「うえー、何それ」という感じなんですが、これがまた不思議に美味しい。甘じょっぱさがクセになる味なんです。安いので一度騙されたと思って食べてみてください。

お買い物後は歩いて、
b0312126_20155063.jpg
また歩いて、
b0312126_20155448.jpg
大稲埕エリアに入ると、ちょっとオシャレ風なお店が増えてきました。
昔ながらの乾物街に、町屋をリノベートした素敵カフェや雑貨屋さんが出来て人気になった迪化街がメインストリートです。
b0312126_20160271.jpg
b0312126_20161897.jpg
とにかく人がいっぱい!
お店もたーーーっくさんあって、いちいち見切れません。
暑い中ウロウロしたのですが、人ごみに疲れちゃったので、お茶をすることに。
b0312126_20163389.jpg
南街得意

古い町屋をリノベートして、おっしゃれーな茶藝館にした大人のカフェです。
入口は民藝埕という雑貨屋さんで、店内にひっそりと2階に上がる階段があります。雑貨屋さんの表には看板が出ていないので、思い切って店内に踏み込みましょう。
b0312126_20164244.jpg
外の喧騒が心地よく響くぐらい、とても落ち着いた空間です。
お子さま不可、フラッシュ撮影不可です。
b0312126_20513975.jpg
このお茶見本から好きな茶葉を選びます。
番号が振られているので、メニューと照らし合わせるのも簡単♪
b0312126_20532171.jpg
私は紅茶にしてみました。
日月潭の紅茶です。色がとても綺麗で、蜂蜜のような香りがしました。
b0312126_20171947.jpg
お茶請けもとても可愛い♥
落雁やナッツ類、ドライフルーツ、豆類など、お喋りしながらつまむのにちょうどいい。
b0312126_20554824.jpg
通りを見下ろせる窓際席が人気なので、店内中央の席はとても静かでした。
美味しいお茶と、程よい甘さや塩味を楽しめるお茶請けですっかり疲れが取れました。

ショッピングの最後は台湾茶を買い足し。
b0312126_20575035.jpg
最初にこちらに入ってみましたが、
b0312126_20575720.jpg
ものすごく店内が暑かったのと、あんまりやる気がなさそうだったので、
b0312126_20581255.jpg
お隣のこちらへ。
b0312126_20582172.jpg
店内がキレイな分、お高そうですが、
b0312126_20581763.jpg
文山包種茶と凍頂烏龍を購入。1,200ドル(4,300円くらい)。それでも日本で買うよりは安いかな。真空パックができないのか、お店の黄色いポリ袋に詰めてくれるだけなので、家に帰ってすぐに瓶に詰めました。
お茶の味は普通。台北はそんなに物価が安いわけではないので、それなりにお金を出さないと、美味しい!と思えるお茶には出会えないのかも。台湾迷なリピーターさんならいいお店をご存知かもしれませんね。

ここでタイムアップです。
チェックアウト後も快く荷物を預かってくれたホテルに戻り、買い付けたお土産を詰めて、MRTで松山空港へ。

最後に麺類を食べようということで、
b0312126_22143125.jpg
真っ赤な店内が目を引く大心で、
b0312126_22143699.jpg
なんかよく分からない麺を食べました。
ラクサのような、担々麺のような。上の扇状のものは、エノキの天ぷらです。これが非常にイマイチでした(笑)

多少のがっかりもしつつ(笑)、名残惜しく15:40発のエバー航空0190便に乗り込みました。
b0312126_22143957.jpg
突如として豪雨!すっごい雨粒がバシバシ当たっていましたよ。

でも、雲の上はいつだって快晴です。
b0312126_22152424.jpg
泡立てかけのクリームのような渦巻き雲。

b0312126_22155847.jpg
帰りの機内食はあんまり記憶にありません。麺食べたばっかりでしたしね。

飛行機は夜に向かって飛び、やがて宝石箱のような東京の上空へ。
b0312126_22154017.jpg
本当にキレイね~。

というわけで、あっさり帰国いたしました。
b0312126_22192279.jpg
空港にあったオブジェ?
I♥Taiwan的なメッセージの星のオブジェなのですが、どう撮ってもヒトデになってしまうのでした。

最後にお土産一覧。
b0312126_22294434.jpg
左下から時計回りに、オレンジのと緑の袋がお茶、茶色と銀色の缶がサニーヒルズの紅茶、その上がパイナップルケーキ。茶色のんがお茶、ジップロックに入っているのがヌガー、白地にオレンジのラインとその下がミルクヌガーを挟んだクラッカー、その左も東方美人茶(水出し用)、茶色の袋が阿原の石鹸、水色の缶が猫空のお茶、中央の水色の箱がマンダリンオリエンタル様のパイナップルケーキ。

食べに食べて、ほぼ食べ物ばかり買うという、豚さんになりそうな旅でした。あー楽しかった。
何しろ今回は台湾朝ごはんにハマりました。あの朝ご飯を食べに、また行きたいな~、温泉も入りたいな~、でも沖縄にも行きたいしハワイにも行きたいしね~とグルグル考えている私たちです(笑)

by nemo_2014 | 2019-01-23 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅11~基隆夜市で食べる!

◆8月17日(金)その3◆
平渓線で瑞芳まで戻り、八猪駅で西部幹線に乗り換えて、基隆駅に向かいます。
b0312126_23160309.jpg
ちゃんと乗り換えられるか不安でしたが、まったく問題ありませんでした。漢字が読める民族で良かった(笑)
b0312126_23195044.jpg
基隆駅前。
なんだか活気があって、でもキレイでいい感じ。ガイドブックの地図はちっさくてよく分からないので適当に歩いてみました。
b0312126_23200664.jpg
b0312126_23203574.jpg
港の周りは市民の憩いの場のようになっていました。
b0312126_23214443.jpg
台湾を代表する貿易港なんだそうです。
b0312126_23205842.jpg
写真で見えますでしょうか。山の中腹にKEELUNGという文字が。船からもよく見えるでしょうね。

中秋節前だったので、立派なランタンがありました。灯りがつくと、カラフルでとてもキレイです。
b0312126_23211109.jpg
b0312126_23220744.jpg
いいですねえ。ワクワクしますねえ。
b0312126_23581258.jpg
道路上に連なる赤い提灯に従って歩いて行くと、
b0312126_23282215.jpg
おおっ!ここですね!

b0312126_23284713.jpg
台湾一の美食夜市として有名な基隆廟口夜市です。
インターネット等々でよく見る写真では、三連の黄色い提灯に明かりが灯っているんですよね。この日は点いていなかったので、本当にここなのか少々戸惑いました。ビッカビカの黄色いの撮りたかったなあ。

特に情報もなく訪れたので、嗅覚でお店を探します。
まずは、いきなり行列していたこちら。
b0312126_23303997.jpg
泡泡氷(パオパオピン)
b0312126_23385366.jpg
怖そうな(失礼)おばちゃんに勇気をもって注文しました。どれがいいかよく分からなかったけど、カウンターに書いてあったメニューの中から、緑豆のなんたらにしました。
これが激うま!
フワフワなカキ氷というか、シャーベットというか、すごく滑らかで、しゅわっと口で溶けるんですね。甘さもほどほど、お豆の香ばしさも感じられてですごく美味しい!
ぱおぱおぴんていう名前もカワイイ♥

お次はまたしても行列していたこちら。
b0312126_23461677.jpg
ちょうど泡泡氷のお店の斜向かいだったので、Ottoと手分けして並びました。
b0312126_23430204.jpg
少々ぶれておりますが、榮美三明治というもの。
変なホットドッグみたいで、見た目は全然美味しそうじゃないんですけど、これまたうまし!
なんというか、懐かしの味なんですよねー。ちょっと甘めの揚げパンに、ハムとかナスとかトマトとか挟まってるんですが、絶妙に美味しいの!これは食べてみないと分からないと思います。

そろそろ魯肉飯が食べたいねということで、こちらへ。
b0312126_23480072.jpg
台湾一美味しいお店なんだそうですね!後で知りました。
カウンターのところで食べるのかと思いきや、店の奥まで連行されました(笑)
b0312126_23460911.jpg
裏にはちゃんと席があるんですね。
b0312126_23491842.jpg
魯肉飯と肉団子スープ。スープはおばちゃんにおススメされたので注文してみました。
魯肉飯はちょっとしょっぱめ。私は金峰の方が好みではあります。スープは美味しかったと思う…。(忘れた)

魯肉飯については、お店も沢山あるし、もっともっと食べ比べして、お気に入りを見つけたいな。あ、牛肉麺も!

ご飯を食べたら、デザートでしょう。
b0312126_23574394.jpg
立派な店構えです。
b0312126_23575907.jpg
老若男女問わず甘いものを楽しむのは台湾も香港も同じですね。人気店らしく混んでいました。
b0312126_23580704.jpg
豆腐花にブラックタピオカと百合根と甘い梅的なものがのったもの。
上に乗っているクラッシュアイスがどんどん溶けて、どんどんシロップが薄まるのですよ。
豆腐花はまんま豆腐でした。
次は屋台で行列してるところに行こうっと。


いやー、基隆夜市美味しかったし、楽しかった!
町も明るい雰囲気だし、港もキレイに整備されているし、次回はもうちょっと早い時間に来てウロウロしてみたいと思いました。

帰りはバスを使ってみることにしました。
b0312126_00024123.jpg
1813のバスで帰りました。
b0312126_00024685.jpg
観光バスみたいにキレイなバスで、台北までは30分。
バス、便利だなあ。次回はこのバスで直行しよう。
台北駅からは地下道をプラプラ歩き、中山まで戻りました。

本日のシメは、奶茶。
b0312126_00062346.jpg
ホテル近くのオシャレ系カフェでいただきました。
ペストリーやケーキも揃っていて、朝早くから開いているので気になっておりました。
ここでパンと飲み物を買って、部屋で食べても良かったですね。

そんなこんなで台湾旅最後の夜が終了。
この日もよく移動し、よく食べました。気が付けば、台北市内を全然観光してない!(笑)
ということで、最終日へと続きます。

by nemo_2014 | 2019-01-22 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅10~平渓線で天燈の村へ

◆8月17日(金)その2◆
ピーカンで暑かった猫村から激混みの電車で十分駅に来てみました。
b0312126_17343202.jpg
なんだか怪しい空模様です。

あっ、早速天燈(ランタン)が!
b0312126_17460048.jpg
天燈あげで有名な十分。電車が1時間に一本しか来ないので、線路の上で天燈を上げられるのが人気です。

b0312126_17453995.jpg
駅も老街もすごい混雑でした。
なのでもうこんな写真しか撮れないのです(◎_◎;)
b0312126_17560931.jpg
線路端にお店が貼りついているので、平渓線がやってくるとこんな距離感。
b0312126_17352335.jpg
近っ!
b0312126_17352940.jpg
ひょえーーー(゚д゚)!
大してスピードが出ていることもないのでしょうけど、こんなカワイイ電車でも、やっぱり近くで見ると迫力ありますね。
b0312126_22423900.jpg
なかなか進まない人ごみにうんざりしていたのですが、
b0312126_22433680.jpg
あれれ?カサさしてる人がいる?

と思ったら、見る間に
b0312126_17361308.jpg
ずさーっ( ̄Д ̄;;
雷まで鳴り始めてかなりの豪雨!!!!
b0312126_22453609.jpg
ひゃー。アーケードの中で良かったー。外の人たちはあっという間にびしょ濡れです。

しばしアーケードで様子を見て、小降りになったところで近くのカフェに飛び込みました。
雨はマシになっても、水はけが悪いのか、道が小さな川状態。足元を濡らしながらお店に入りました。
b0312126_17371016.jpg
樓仔暦珈琲民宿のカフェです。
b0312126_23021129.jpg

b0312126_17364616.jpg
とても趣のある建物です。
お庭には日本統治時代のものや、古い時代のもの、何故かジブリの置き物もあってちょっぴりカオス。
そうそう、お庭にはリスもいましたよ。

テラス席も気持ちよさそうですが、雨も降っているし、中の様子も見てみたいので、お店の中へ。
b0312126_17374188.jpg
入ってみたらおおお!という世界。
b0312126_17381147.jpg
映画にでも出てきそうね。
b0312126_23020134.jpg
アンティークな家具や調度品、小物がびっしりと飾られています。
b0312126_17383546.jpg
2階の茶色い扉がお部屋でしょうかね。
こういうところに泊まるというのも、趣きがあっていいかもしれません。台湾の民宿はレベルにかなりばらつきがあるらしく、さらに中国語オンリーの予約サイトをクリアしなければならないので初心者にはハードルが高いのですが、いい体験になりそうです。ここは駅のすぐそばですし、元宵節のランタン祭りの時なんかはいいでしょうねえ。

b0312126_23030569.jpg
お茶も食べ物も、ちょっとお値段は高い気がしますが、こんなポットにたっぷりきます。
b0312126_17390670.jpg
ワッフルを頼んだらこんなラブリーに山盛り♥
味は普通の喫茶店レベルですが、スタッフの感じもいいし、居心地が良いです。
表通りから少し引っ込んでいるし、入っていいか迷うような入口なので、とても静かです。あ、でも、週末は混んでいるのかもしれません。
b0312126_17393450.jpg
雨が上がったので外に出てみると、また沢山の天燈が空に浮かんでいました。
b0312126_17400953.jpg
吊り橋に行ってみました。
b0312126_17402649.jpg
ここを渡って10分ほど歩くと、十分瀑布(滝)に行けるそうです。
この日はお天気が読めないのと、帰りの電車が恐ろしく混みそうだったので早めに移動することにしました。
b0312126_17404345.jpg
少し雲が切れてきました。
b0312126_23210400.jpg
山間の静かな村という風情ですが、週末は観光客でもっといっぱいになるのでしょうね。

帰りの電車は座りたかったので、まずは車窓観光がてら終点の菁桐まで乗り、折り返すことにしました。
これが正解。
瑞芳に向かうにつれて車内は激混みの様相を呈し、そりゃもう大変でした。観光客の私たちはいいけど、地元の方は迷惑でしょうねえ…。

さて、瑞芳まで戻ってきた私たちは、次の目的地に向かいます。

by nemo_2014 | 2019-01-21 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅9~平渓線で猫さま!

◆8月17日(金)◆
朝起きたら、これ以上ないくらいの快晴!
b0312126_15394285.jpg
さあ、朝ごはんを食べに行こう♪
b0312126_15403245.jpg
南京復興駅から歩いて(ちょっと迷った(◎_◎;))、味鼎蛋餅さんへ。

意外にもモダンな店内。
b0312126_15404210.jpg
改装されたんでしょうかね。
写真奥のガラスのところで黙々と餅を焼いておられます。手前の黒い服着た人がいるところがカウンターで、ここでオーダーシートをもらいます。
b0312126_15410328.jpg
日本語表記で楽々オーダー♪
b0312126_15405477.jpg
我が家的鉄板朝食セットです。
店名にもある通り、蛋餅がめっちゃ美味しい!今回食べた中ではこちらが一番美味しかった。焼き立てサクサクです。
b0312126_16074074.jpg
当然の鹹豆漿と奶茶。
鹹豆漿はちょっと酸味があって、これはこれでまた美味しい。本当にあちこち食べ歩きたい。

この日は台北市内をうろうろする予定でしたが、あまりにお天気が良いので、お出かけ気分に。
b0312126_16115320.jpg
ということでまた電車に乗ります。
b0312126_16120631.jpg
台北から瑞芳に行って、一旦改札を出て、
b0312126_16121512.jpg
一日券ゲット。
b0312126_16122037.jpg
ぶらり平渓線の旅です。
昨日行った野柳よりさらに東側のエリアで、台北からは自強号で40分くらいかかりました。

平渓線と言えばのまずはここ。
b0312126_17085058.jpg
こんな魅力的なものが垂れ下がっている猫村、猴[石へんに同](ホウトン)です。

上の写真は、駅前のちょこっとした広場で撮ったもの。
b0312126_16150904.jpg
にゅる。
b0312126_16151932.jpg
たらーん。
観光客がキャーキャー言うのももう慣れているのか、適当に尻尾を振りながら寝ておりましたよ。

こちらの石のベンチでは、シマ猫が倒れております。
b0312126_16152565.jpg
いたずらされても動きません。
b0312126_16154788.jpg
おーい。寝てる子にイタズラしちゃだめだぞー。
お父さんの言うことを聞いて、小さい女の子がそっと外してました。

猫村には、猫を追いかけ回さない、寝ている猫を起こさない、フラッシュ厳禁、エサをあげない等々のルールがあります。駅や通りに掲示されています。皆さん概ねルールを守られているようでした。

とにかくこの日は日差しが強くて、暑くて暑くて暑かった!
b0312126_16163028.jpg
日陰がいっこもない道。オソロシイ…。
b0312126_16164384.jpg
駅にはどんな猫がいるかのパンフレットがあったり、村の中にもこんな手作り看板があったり、それこそ村をあげて猫村アピールしていました。

素敵なカラーリングの、趣きのある建物の前に、雰囲気のある黒猫。
b0312126_16164878.jpg
この日差し、黒猫は不利だよねえ。
日陰にいてもちょっと暑いよねえ。
b0312126_16361779.jpg
あーもうダメえ~~~(笑)

b0312126_16172154.jpg
いかにも猫がいそうな階段。
b0312126_16185407.jpg
Ottoがとことこ階段降りてますが、ちょっと待ったーーー!
b0312126_16184220.jpg
ほらほらそこ!!!!!
Ottoは全く気づいてません。
b0312126_16191172.jpg
危ない危ない。そんなに馴染んでたら踏まれちゃうよー。
b0312126_16201448.jpg
何を言うのです。猫さまが寝ているのですから、ニンゲンが避ければよいのです。ぷすー。
b0312126_16401047.jpg
この道は木陰で気持ちいいけど、お尻がそろそろ暑そうだね。


はっ。
b0312126_16203202.jpg
起きてる!起きてる猫さまがいたよ!
b0312126_16203929.jpg
なんにゃ?
目線いただきましたー♥
この後ぱたん、と横になってました。ありがとねー。

カフェや雑貨ショップのある辺りでは、白黒レーダーがピピッ!
b0312126_16205810.jpg
いたいた、白黒猫!
日陰を求めてここに入り込んだと思われます。黒ずきんちゃんも日差しに不利なのですよねえ。すぐ熱くなっちゃうからねえ。
左側にもかわゆいお手手が見えておりますね。

看板猫がいるカフェなどもあり、雑貨も見たりしましたが、いかんせん暑すぎて何もやる気が出ない。猫もやる気が出ない。
b0312126_16212350.jpg
もともと炭鉱の村なので、遺構などもあり、廃墟好きにもよろしいらしいのですが、もう暑くて暑くて暑くて…∞

いっちばん暑い真昼間に行ってしまったので、猫も観光客もぐったり。
お茶でもしようかと思っていたのですが、もう何かすべてがどうでもよくなり、あえなく退散。
次に来ることがあったら、猫さまにも相手にしてもらえるもっと涼しい時期がいいなあ。

次回、風雲急を告げる平渓線の旅!をお送りします。おっ楽しみに~。

by nemo_2014 | 2019-01-20 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅8~士林夜市で美食

◆8月16日(木)その4◆
日帰り温泉でさっぱりした後は、夜ご飯をゲットしに次なる場所へ。
台湾最大級の夜市、士林観光夜市です。
b0312126_13564092.jpg
最寄駅は、劍潭駅です。まさに士林という名前のついた士林駅からも歩けますが、こっちの方がやや近くて分かりやすいみたい。ガイドブックの地図も劍潭駅からの地図が多いと思います。
b0312126_13554961.jpg
駅構内から人が多いので、ああ皆行くんだな~という雰囲気がいっぱい。
b0312126_13562923.jpg
夜市の入口に入ると、通りにはもういきなり屋台ぎっしり。
お店も人もぎっしりです。

士林夜市の建物に入ると、1階には雑貨やパチもん(?)Tシャツ、昔懐かしいゲーム等々があり、お祭りのような雰囲気。
b0312126_14000105.jpg
地下1階には有名な美食街があります。
b0312126_13594394.jpg
士林夜市美食街には、かつて路上で営業していた屋台の一部が入っています。
カキオムレツやイカスープ、フルーツドリンク等々のお店があり、イートインスペースもぎっしり。あれこれ目移りしますが、本日のお目当ては屋外です。
b0312126_14000594.jpg
むしろ屋外の方が人がいっぱいでは!
すごい、楽しい♪
歩いて行くうちに道がよく分からなくなってきたので、お寺でひと休み。
b0312126_14002993.jpg
慈誠宮は賑やかな大南路にあって、ほっとできる空間です。

まっすぐ歩けないほど混雑する道を歩き、まずは目的の一軒目。
b0312126_14020309.jpg
おー、こういう感じ、いいねえ。店と言いつつ、ほぼ屋台です。
家郷涼麺さん。あまりに人が多くてお店の看板も撮れませんでした。
家郷涼麺さんのメニューは涼麺と臭豆腐だけ。なのに行列ができていました。人気店らしく、いつも並んでいるようです。

お店のお作法が分からなかったので、他のお客さんをマネしました(笑)
まずは入口で順番待ち。自分の番が来たら人数を聞かれます。すると、番号が書かれたマグネットをくれます。よくホワイトボードに書類を貼りだしたりする時に使う丸いアレです。席は指定されるので、底に座って近くのボードにペタっと貼りつけます。オーダーしたらあっという間にモノがやって来て、その場で精算、マグネットが回収されます。これで支払い済みであることが、他のスタッフにもパッと見てて分かるようになっています。なかなかのシステムです。

オーダーしたのはこちら。
b0312126_14021692.jpg
もちのろんで麻辣涼麺。
初めて食べる台湾の冷やし中華。タレはピリ辛ゴマダレ。辛さは選べるようです。
軟らかい麺にじょりっとした麻辣ダレで、ジャンクな美味しさ。これだけのためにここに来るかと言われるとそれほどではないかな。

こちらもお初の臭豆腐。
b0312126_14022713.jpg
これがあの夜市に充満する香りの元です(笑)
このお店は臭豆腐の方が有名なんだそうですね。
揚げたてサクサク、酸味のあるタレと白菜漬けがすんごいおいしい!
初心者向けのこちらの臭豆腐は、カラっと揚がっていて、そんなに臭くないです。発酵の香りがややする厚揚げという感じでしょうかね。
うーん、こんなに美味しいならあちこちで食べてみなければですね。

こういうお店ですから、食べたらサクッと出ます。
ご飯を食べたら、デザートですよね。
というわけで、やっぱり人気のこちらへ。
b0312126_15023904.jpg
日本人にはおよそカキ氷屋さんとは思えない名前の辛發亭。大南路より駅寄りの安平街にあります。
上のお店でリンクをはった旅々台北さんの同じページで紹介されています。
b0312126_15084445.jpg
こちらはきちんとお店です。(失礼な(笑))
家族連れや学生さんも多く、わいわいと賑やかです。
オーダーしたのはこちら、
b0312126_15025693.jpg
お店の一番人気っぽくガイドブックに載っていた、新鮮芒果雪片。
マンゴーがゴロゴロ乗ってます。ミルク味のふわふわかき氷がまた良く合う合う!
マンゴーの酸味とミルクのマイルドさが丁度いいし、甘さもいい感じ。まー美味しい♪これはワタクシは某モンスターより好みだわ!!!!

もう一つはこちら。
b0312126_15030601.jpg
雪山変化。お店で注文している人が多かったので選んでみました。
ココナッツとピーナツの味が広がる香ばしいかき氷。伝統的なお菓子の味がしつつ、でも軽い甘さのカキ氷という一粒で二度美味しい系。
これも好きな味ーーー♥
コンデンスミルクをかけても美味しいとのことですが、腹回りが気になる中年なので自重しました。

いやー、初めての台湾の夜市、楽しかったー。
台湾人のパワーを感じる場所でした。もう香港ではこういうところがないので、懐かしく感じちゃいます。
楽しんで来た感を表すために、もっとはじけてる写真が撮れればいいんですが、何しろどこもかしこも狭くてギュウギュウに混んでいて無理。油断してたらスリに遭いそう。
あ、こういう時に自撮り棒とかあればいいのかも。買わないけど(笑)

そんなこんなで長い一日が終了。
士林で夜市に味をしめた私たち、次の日もお出かけしましたよーーー♪

by nemo_2014 | 2019-01-18 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅7~日帰り入浴@新北投温泉

◆8月16日(木)その3◆
猫空で汗をかいた私たち、ひとっ風呂浴びに移動しました。
b0312126_00064717.jpg
見る人が見たらすぐ分かる、地熱谷の看板。
駅の写真を撮り忘れましたが、新北投温泉です。
郊外とは言え、中心地からは電車で30分ほど。駅前には食堂やカフェ、コンビニなどなどお店が立ち並んでいるし、温泉街は駅のすぐ近くなので便利です。

小腹が空いたので駅近のカフェに入ってカレー麺的なものを頼んだのですが、
b0312126_23451798.jpg
見た目は美味しそうなんですけどねえ。
カレー味が超絶薄くて、なんとも…(笑)

北投温泉親水公園はほぼ駅前という立地。
b0312126_00060295.jpg
この川も温泉のニオイがします。
足湯できる場所もあるので、お風呂に入る時間がない方でもご利用可能です。
b0312126_00061588.jpg
木陰が気持ちいい公園です。
b0312126_23453527.jpg
こんな素敵な図書館もあります。誰でも入れますが、私語厳禁です。

公園を川に沿って登っていくと、最初の写真の看板があり、さらに進むと、
b0312126_00073848.jpg
地熱谷に到着。
b0312126_00072366.jpg
青い湯に湯気がもうもうと出てます。鉄輪温泉の海地獄みたいな感じです。鉄輪の方が激しいですけども。
もちろん、ここではご入浴いただけません。たぶん、しんじゃうのでは。
あと、結構硫黄のニオイが充満しているので、呼吸器系弱い人も気をつけた方が良いかもしれません。
b0312126_23591337.jpg
新北投温泉は、日本統治時代に日本人が整備した温泉街です。公園の両脇には温泉宿が立ち並び、熱海や伊香保みたいな雰囲気があります。
有名な加賀屋さんもありますしね。
どこの宿ももれなく立ち寄り湯ができます。立派なホテルや日帰り温泉施設でスパ+温泉+ランチ、のようにゴージャスに過ごすこともできますが、それなりにお高いです。

この日私たちが行ったのはこちら。
b0312126_00075256.jpg
水美温泉會館

日本語サイトはちょっと変なニホンゴです。意味は伝わります(笑)




前にマチルダと台湾に来た時もここでお風呂をいただきました。
駅近で、相変わらず施設がキレイという口コミを見ての再訪です。
フロントで湯屋を使いたいと言って、お金を払えば、部屋番号と入浴時刻をプリントした伝票とカギを渡されます。
b0312126_00130914.jpg
大浴場もありますが、夫婦やカップルなら湯屋(個室)でしょう。プライベート湯船、とは言い得て妙。

お部屋はこんな感じ。
b0312126_00075969.jpg
b0312126_00183092.jpg
ホテルの部屋ではないので、お休み処はこんな板の間スペースです。あまり広くはないですが、何しろ個室なのでどんな格好でダラダラしててもOKというのが気楽で良い(笑)
バスタオルとフェイスタオル、台湾のお風呂の定番シャワーキャップもあります。ミネラルウォーターも料金に含まれているので汗を沢山かいても大丈夫。
b0312126_00183024.jpg
洗い場にはシャンプーとボディソープがあって、
b0312126_00182123.jpg
プライベート湯船がございます。
自分で蛇口をひねってお湯を溜めます。お湯は白硫黄泉と書いてありました。ほんのり白くて硫黄の香りがします。草津みたいな強力な硫黄泉ではないので、疲れにくいし、肌もそこまで乾燥しない感じでした。

水美のいいところは、清潔なところとお値段がお手頃なところ。2時間で1,050元でした。大浴場はどうしてもお客さんの質によっていろんな状況になりますが、個室風呂はちゃんとお掃除してくれていれば安心です。
宿泊の方も評判がいいみたいですよ。

たっぷりお風呂を楽しんで旅の疲れを流し、お散歩がてら、猫店長がいるというsolo singer lifeというカフェを目指してみました。お店の場所はほぼ北投駅なので、ひと駅歩く感じです。

賑やかな通りから一本入り、とても雰囲気のある路地を抜けると、
b0312126_00435057.jpg
お店がありました。
b0312126_00394534.jpg
あ、猫の注意書き♥♥♥
が、残念ながらこの日はイベントのためクローズするとのこと。
猫店長もどこかへパトロール中なのか、いらっしゃいませんでした。

イベントは、若い皆さんが集まって、軽くつまみながらスライドやお話を聞くような集まりだそうで、なななんと良かったら参加しませんか?とお誘いを受けてしまいました。とても嬉しかったのですが、「日本統治時代を振り返る」みたいな内容だったのでちょっと自信が持てずお断りしました。もちろんそれは批判的なものではなくて、その時代が現在や未来の台湾にどうつながってくのか考えるという前向きなもので、日本人である私たちにも意見を聞いてみたいということだったのですが、英語力にも知識にも自信が持てなかったんです…特に知識に。いい歳して、なんてハズカシイ。

イベントの準備中でしたが、オシャレなお店の中も見せてくれて、また来るねと温かい気持ちでお店を出ることが出来ました。
本当に台湾の人には親切にしてもらうことが多くて、恐縮してしまいます。

近くには系列のB&Bホテルもあって、こちらもオシャレそう。
b0312126_00444679.jpg
路地好きにはたまらないエリアでした。
b0312126_00560676.jpg
近所の元気でラブリーなワンコにも遭遇。
b0312126_00553565.jpg
お茶はできなかったけど、来てみて良かったです。

そしてまた写真を撮りながら歩き、
b0312126_00583162.jpg
b0312126_00583913.jpg
b0312126_00584476.jpg
北投駅に到着。
さて、夜ご飯を食べに行かなくては。
ということで、旅の3日目はまだまだ続きます。

by nemo_2014 | 2019-01-16 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅6~猫空へ

◆8月16日(木)その2◆
朝ごはんを堪能した後、MRTに乗って動物園駅へ。
b0312126_23184438.jpg
その名を聞いてから一度は行きたいと思っていた、猫空(マオコン)に向かいます。

b0312126_23183728.jpg
猫空ロープウェイの動物園駅。
MRTの駅からはちょっと離れています。
b0312126_23220762.jpg
ゴンドラの床がガラスになっているクリスタルキャビンは人気。130個のうち34個しかないので、クリスタルキャビンに乗る列は分かれていて、結構長い列ができていました。私たちは特に拘りはなく、普通のキャビンの列に行ったので、待たずに乗れました。土日はすごく並ぶみたいですね。
b0312126_23222454.jpg
さあ、しゅっぱーつ!
b0312126_23300149.jpg
思うんですが、ロープウェイって意外と無防備な乗り物ですよね。自分たちしか乗ってないし、ドアは閉まってるけどガラス一枚外は目もくらむような高さだし。
b0312126_23302126.jpg
私は高い所が好きなおバカさんなのでワクワクしますが、よくよく考えてみると怖い乗り物のような気がします(笑)
b0312126_23223739.jpg
動物園駅から猫空駅までは全長4,033m、高低差は275.2m。ふわふわとのんびりと、30分弱の空の旅です。
b0312126_23361345.jpg
猫空駅に到着。手前の像はロープウェイのキャラクターのようです。
b0312126_23380005.jpg
まあ、カワイイ…ですかね。

駅前は意外と整備されています。山の下からはバスでも来られます。
b0312126_23362792.jpg
観光地らしく、スナックを売る屋台や可愛いカフェなどがあり、茶葉料理を食べさせるレストランが山の中に点在しています。
猫空は鉄観音茶の産地だったそうですが、今は土地が痩せてしまい、生産量はほとんどないそうです。
b0312126_23473925.jpg
お散歩コースがいくつかあるので、パンフレットをもらってのんびり歩くのが気持ちいいと思います。
b0312126_23441375.jpg
樟樹歩道というコースを少し歩いてみました。
b0312126_23435946.jpg
バナナの木とコスモス。
b0312126_23513829.jpg
南の国らしいハイビスカスも。
ガイドブックに載っていた、10種類のソフトクリームが食べられるというTDH猫茶町遊樂園というカフェを目指したのですが、
b0312126_23532460.jpg
ここから降りてみたら、無人の建物があるだけでした。
ネットで調べたら、山の麓に移転済みでした。くー、結構歩いたんだけどな!

天気が回復したこの日はとても暑かったので、どうしても冷たいものが食べたくて、ロープウェイ駅近くのcafe巷に入りました。


b0312126_23581502.jpg
かわゆい猫クッキーの乗った、鉄観音茶味のソフトクリーム。
b0312126_23585705.jpg
緑色は包種茶味。
ソフトクリームはどっちもお茶の味がさっぱりとして美味しかったです。クッキーはあんまり(笑)カワイイから許す!

猫空のお店は言うほどお洒落ではありませんが(街中のカフェや茶芸館が超絶オシャレなので)、まったりとしたいい時間が過ごせます。
今度は茶葉料理を食べに行くのもいいかも。虫が少ない時期に(笑)


山で汗をかいた私たち。ひとっ風呂浴びに移動します。

by nemo_2014 | 2019-01-14 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅5~行列のできる朝ごはん

◆8月16日(木)◆
朝早めに起きて、行列の出来ることで有名な朝ごはん屋さんへ向かいます。
b0312126_22343818.jpg
台北で人気、朝から大行列と言えばの阜杭豆漿です!
MRT善導寺駅すぐの華山市場の2階です。

私たちが行った時は平日の朝8時台だったのですが、市場の外には行列がありませんでした。
え?1時間待ちとかじゃないの?ここで合ってる??と思いながら、行列用のロープに従って2階へ上がると、踊り場のところでようやく並んでいる人が見えました。これはラッキーなのでは!
b0312126_22344410.jpg
あれよあれよという間に、2階のフードコートの中に入り、
b0312126_22352511.jpg
調理場の見える場所まで来てしまいました。この間、ほぼ立ち止まってません(゚д゚)!
b0312126_22464307.jpg
この窯で餅(クレープ生地のようなもの)を焼くんですね。
注文は、食べ物部と飲料部が分かれているので(と言っても同じカウンターの隣なんですが)、豆漿や蛋餅の食べ物類と豆乳や奶茶は同じおばちゃんに注文してはいけません。怒られます。というのは大げさ。ちょっと乱暴に「飲み物はあっちよ!」という風に言われます。注文は予め心に決めておくと怒られません(笑)この辺、香港の街の食堂で鍛えられているのでなんともありません。鋼のハートになりつつあります(笑)(笑)(笑)

b0312126_22355566.jpg
はい、朝ごはんセットを無事にゲットいたしましたー♥
この間15分くらいかなあ、全然待ちませんでした。しかも朝一番の混雑後なので、餅は焼き立てです。
鹹豆漿と厚餅夾蛋と奶茶。個数限定の小餅も美味しいらしいんですが、まずは基本セットでいただきます。
確かに美味しい!!!!
厚餅夾蛋はサックサク、焼き立てだから餅がめちゃめちゃおいしー!(袋の中のブツです。あっという間に食べちまったので写真なし。ブロガー失格である)
豆漿もすごく美味しかったです。これは人気になるわー。
b0312126_23010341.jpg
ここは観光客も多いですが、地元の皆さんはきっとお気に入りの朝ごはん屋さんがあるんでしょうね。
我が家は昨日行った永和豆漿の方が好みですが、でもここのも美味しいです。

満足して外に出ようとしたら、市場の外までぐるりとすごい行列が出来ていました!
混雑と混雑の一瞬の隙に入ったみたいです。ラッキーでした。

朝食だけで一記事というのも何ですが、この日は沢山移動したので続きは次の記事で。

by nemo_2014 | 2019-01-12 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅4~野柳地質公園へ

◆8月15日(水)その2◆
阿原でまったりした後は、お天気が良さそうなので淡水駅に戻り、バスを探しました。
b0312126_17051745.jpg
ガイドブックに載っていた好行バス・皇冠北海岸線に乗ろうと思ったのです。バスは見つけたのですが、一日乗車券の買い方が分からず(運転手に聞いても英語×中国語で通じず(◎_◎;))、車は出発してしまいました。
仕方ないので14:10発の路線バスに乗りました。

多分これだろうというバスに乗って、ガイドブックとにらめっこしていたら、乗客の一人から日本語で話しかけられました。
「どこに行くの?」
「野柳地質公園に行きたいんです」
「もしかしたらこのバスは行かないかもしれないから、聞いてみるね」
と、そのお姉さまは混んでる車内をかき分けて、わざわざ運転手に聞いてくれました。
「このバスは野柳公園の少し手前で曲がってしまうから、そこから10分歩けば着くそうよ。野柳というバス停で降りれば大丈夫。運転手にも言っておいたから」
さらりとそう言うと、お姉さまは2、3個先の停留所で降りて行きました。
なんて優しいんでしょう…(TωT)
台湾の人って本当に親切な人が多いです。私たちも見習わなければ!

住宅地を過ぎ、海岸線に出る頃になると、バスは途端に空いてきます。
b0312126_17155385.jpg
ゆっくり座れるのはいいけど、あんまり人が少ないのも不安(笑)
b0312126_17171710.jpg
バスは台湾北部の海岸線を走ります。人気のビーチ、白沙灣では高校生くらいのグループが楽しそうに降りて行きました。
b0312126_17172280.jpg
お天気は良くなったり、小雨が降ったりの繰り返しでした。
台湾最北端の石門洞を過ぎ、金山温泉の町中も通りました。帰りに寄りたいなと思っていましたが、やや寂れた感じに見える町で、台湾上級者にならないと難しそうです。

淡水から1時間半かかって、15:40に野柳に到着。
b0312126_17222040.jpg
分かりやすい看板が立っていました。良かった…。
ここからは標識に従って歩いて行きます。
b0312126_17232206.jpg
漁港を回り込むように歩いて、岬の先に向かいます。なんとなく同じ場所に向かっていそうなカップルについて行きました。

しばし歩くと、
b0312126_17250290.jpg
着きました!(≧▽≦)
野柳地質公園です!!!!


b0312126_17250824.jpg
こちらでチケットを購入。

整備された園内を歩いて行くと、
b0312126_17290617.jpg
おおー、これがキノコ岩!
b0312126_17291265.jpg
野柳地質公園は、地殻変動や海蝕、風蝕でできた奇岩が見られるジオパークです。

ここでの一番人気は、
b0312126_17292496.jpg
女王頭Queen's Head
確かに横を向いた女性に見えます!

最初は首もないようなキノコが、
b0312126_17383826.jpg
こんな風に首がどんどん細くなっていって、
b0312126_17411134.jpg
こうなるそうです。
ということは浸蝕が進んでいるということで、女王頭はもう何年かすると崩れてしまうと言われています。
何しろ人気なので、女王頭の前のボードウォークは係のおじさんの指示に従って、順番に写真撮影することになっています。
ボードウオークの上に白く塗られている場所で自撮りすると、うまく女王頭と一緒に撮れるようになっています(笑)
b0312126_17412369.jpg
反対側から見ると、あんまり女王様じゃないのが不思議。キヌガサタケっぽい。

女王頭の他にも不思議な形の岩がたくさんあります。
b0312126_17303619.jpg
これは豹らしい。たしかにそれっぽい。

b0312126_17300193.jpg
これなんて、大昔の潜水服みたい。

b0312126_17302984.jpg
何かが出来上がってくるんでしょうか。
何かの脊椎のようにも見えますし、地質のジオラマみたいにも見えます。

b0312126_17500405.jpg
潮風に吹かれながら、奇岩を見て回るのは興味深く、意外と楽しかったです。むしろ曇りの日で良かったみたい。日陰がないので晴れの日は暑いわ焼けるわで大変なんだそうです。

帰りはビジターセンターのお姉さんに教えてもらったバス停から、台北行きのバスに乗りました。
b0312126_17542646.jpg
台北行きは1815番。
b0312126_17550430.jpg
なかなかキレイなバスでした。
途中渋滞もありつつ、それでも1時間40分で台北駅のバスターミナルに到着しました。野柳だけ行くのなら、台北駅から直行の方が断然楽だったんですね。

この日はkkdayで夜ごはんを予約していました。


b0312126_17573658.jpg
超絶美味しいと話題の無老鍋。

これが評判の無老鍋です!
b0312126_17574559.jpg
おいしそーーー♥
b0312126_17580358.jpg
2階はやんわりと空間を仕切った半個室風になっていました。
店内はとても綺麗です。
b0312126_17575557.jpg
なんかよく分からないけど、湯葉やら湯引きしたモツやら卵の何かやらダンプリングやらの具を自由に投入していきます。
b0312126_17575067.jpg
付けタレは、タレステーションで自分で調合します。香港の火鍋と同じですね。
b0312126_17580410.jpg
名物、アイス豆腐!
b0312126_17580371.jpg
最後に出てきた梨(?)のシャーベット的なもの。
と、ここまで淡々と写真を並べましたが、とにかく慌ただしいんです!
90分コースなのですが、どんどん出されてどんどん下げていきます。シャーベットが出てきたのは開始後1時間くらい。
たぶん、回転良くしたいんでしょうね。
鍋なのにせかされて食べなきゃならないのは、ちょっとなあという感じです。

そして肝心のお味ですが、言うほど美味しいかなあ…というのが我が家の感想。
白いお出汁の方は豆乳なのかな、食べやすいんですが、赤の方がものすごく漢方薬チックな味でした。体に良さそうで、それこそ若返っちゃったりするのかもしれませんが、うーーーーん。
鍋の具も悪くはないけど、うわーこれヤバい美味しいわー!というものもなく。まあ一回食べられたので良しというところです。

食後はそんなにお腹いっぱいという感じでもなかったので、またマッサージへ。
やはりホテル近くの元気養生会館というところに行ってみたのですが、ここはハズレでした。マッサージは痛いし、角質取りを押し売りしてくるしで、あんまり癒されませんでした。残念。

さて、台北さんぽはまだまだ続きます。

by nemo_2014 | 2019-01-10 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)

2018夏 台湾の旅3~淡水へ

◆8月15日(水)◆
b0312126_23483886.jpg
台湾のSuica、悠遊カードを買って、朝ごはんを食べに、台北駅へ。
b0312126_09470582.jpg
持って行ったガイドブックの中で一番使えた「歩く台北」のブログで紹介されていたお店です。
b0312126_23480094.jpg
似たような店名が多くて(しかも店構えも似ている)、名前というより場所で探して行きましたよ。
b0312126_23481658.jpg
あー、この感じいいですねえ。
女性が二人立っている辺りが注文カウンターです。
b0312126_23482007.jpg
どれも美味しそうだなあ。
b0312126_23483385.jpg
ここの鹹豆漿(塩味の豆乳スープというかおぼろ豆腐)は、この後行く有名店より美味しかった!!!!
私は豆漿も初めてだったのでこの時は比較ができなかったんですが、「豆漿も豆乳もこんなに美味しいものなの!?」と思いましたね。
日本の豆乳は濃さを売りにしているような気がするんですが、台湾のはもっとさっぱりしていて、くさみもエグミもすごく少ない気がします。私はちょびっと大豆アレルギーみたいなのがあるので、濃い豆乳を飲むと喉がイガイガするんですが、台湾のは大丈夫でした。薄いのかもしれないけど、ごくごく飲めます。
一緒に卵焼きをクレープみたいな皮に包んだ蛋餅も頼みましたが、まあこれは普通でした。奶茶(ミルクティー)はすごく美味しかった。
ここはもう絶対また行く。鹹豆漿食べに!!!!!

お天気がいいうちに、MRTで淡水へ。
b0312126_00041322.jpg
老街をぷらぷらしてみました。
b0312126_00045680.jpg
結構人が多くて、観光地という感じ。屋台みたいなスナックを売る店やお土産屋さんが連なっていて、活気があります。

目的地はこちらでした。
b0312126_00052730.jpg
阿原YUAN


台湾由来のハーブを使ったオーガニック石鹸で有名なお店です。日本でも買えるんですね。
淡水のお店は、淡水天光概念店(コンセプトストア)ということで、古い街屋をリノベートし、ショップとカフェ、ギャラリーからなっています。1階のお店で石鹸を鬼買いした後、2階のカフェに行ってみました。
b0312126_00213716.jpg
b0312126_00231352.jpg
天窓から降り注ぐ光が心地よい静かな空間。
リノベートした経緯や、奥のお庭の話は台北ナビの記事が詳しいのでご覧ください。
とにかく行ってみることをおすすめします!本当に気持ちいいカフェでした。
b0312126_00231958.jpg
新しくてキレイなのですが、廃材を活用しているせいか、落ち着く雰囲気。
お値段が少し高いこともあって、お客さんも静かです。
b0312126_00233760.jpg
お水はハーブ入り。
蒸し暑い台湾で、疲れがとれる爽やかな水と、ドライフルーツ&野菜。美味しい~~~~♥
b0312126_00234193.jpg
名前は忘れましたが、小豆の羊羹的なものを注文。
優しい甘さで、いくらでも食べられちゃいます。
b0312126_00243627.jpg
3階にはギャラリーと化粧室がありました。

居心地が良すぎて長居していたら、
b0312126_00235590.jpg
スイートポテトを作ってみたから食べてみて、とお店からのサービスが!
もちろん、美味しかったですよーーーー!!!!
こんなカフェが近くにあったら、毎週末通ってしまうよ。

この日のお散歩はまだまだ続きます。



by nemo_2014 | 2019-01-08 08:00 | 2018_Taiwan | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
2017_Kenya & Namibia
2018_HongKong
2018_Hawaii
2018_Taiwan
2019_HongKong
2019_New Zealand
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
写真
雑記
未分類

最新の記事

ただ今写真整理ちゅう。
at 2019-05-12 23:45
今月のしじみさん。#55~平..
at 2019-04-30 12:00
2019冬 香港の旅 最終回..
at 2019-04-22 23:52
2019冬 香港の旅7~九龍..
at 2019-04-21 01:17
2019冬 香港の旅6~世界..
at 2019-04-18 23:37

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

最新のコメント

いえいえー。喜んでいただ..
by nemo_2014 at 12:47
令和もしじみさーん(=^..
by photo-kioku at 23:48
> photo-kiok..
by nemo_2014 at 23:09
旅展お疲れさまでした! ..
by photo-kioku at 02:15
> 四ツ谷さん コメント..
by nemo_2014 at 23:30
はじめまして。 ハワイ..
by 四ツ谷 at 20:40
明日会えますね!(^O^..
by photo-kioku at 13:09
> photo-kiok..
by nemo_2014 at 09:07
懇親会お疲れさまでした(..
by photo-kioku at 00:28
> photo-kiok..
by nemo_2014 at 00:53

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
Paris et des...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。