2018年 05月 21日 ( 1 )

2017冬 ケニア・ナミビアの旅18~マサイマラ→ナイロビ→ヨハネスブルクへ

◆12月24日(日)◆
世の中はクリスマスイブでございましたが、我々は次なる国への大移動日でした。
b0312126_22470320.jpg
住み心地良かったエンティムを後にして、エアストリップへ。
b0312126_22465452.jpg
なーんもなーーーい。
じりじり焼けつくような日差しです。おトイレもあったやに思いますが、サバイバルレベルだった気がします。ふう。
待っている間は、
b0312126_22473918.jpg
動物の足跡など探してみたりしていましたが、いかんせん暑くて車に避難。
しばし待っていると、
b0312126_22471927.jpg
ナイロビ行きのエアーケニアがやって来ました。
荷物を運んでいるのは、エンティムスタッフとOtto(笑)
b0312126_22472809.jpg
カートなんてオシャレなものはありませぬ。
帰りも行きと同じパイロットでした。
b0312126_22474630.jpg
あっさり離陸。
ああー、今度はいつ来られるのかなあ。

ナイロビでは道祖伸の駐在員の方に出迎えてもらい、お土産を買いにカルフールへ。
カメラとかスマホとか出さない方がよいとのことで、写真はなし。
お土産は、ケニア産のマカデミアナッツ、サファリの朝によく出してもらったジンジャークッキー、量り売りのハチミツを購入。濃厚なコクのあるハチミツで、今も大事に食べています。

お次は、UTAMADUNI。

カレン地区にある外国人観光客向けのお土産店です。
ガードマンのいるゲートを通ると、大きな2階建ての建物と芝生の広がるお庭があります。UTAMADUNIとは「文化」という意味だそうで、18の小部屋ごとにマサイの小物(ビーズ製品やファブリックもの)、アンティークの民芸品、Tシャツやインテリア用品がたっくさん置かれています。ちゃんと定価がふられているので、交渉する必要はありません。その分お値段は少し高いのですが、キレイで質の高いものが買えます。建物に入ったら、お買い物カードをもらって、部屋ごとで選んだものを記入してもらい、最後にまとめて精算するシステム…なのですが、その辺適当です。店番がいなかったりもするし(笑)
ここでは、マサイ布にくるまった石鹸やエンティムに置いてあったハンドソープ、自分用にマサイ布のバッグなどなどを買いました。マサイバッグはとても丁寧な縫製で、色もキレイで買って良かったです。

お土産を買った後はあれよあれよという間にケニアとお別れでした。
途中、ナイロビ国立公園を外から眺め、ドライバーが「サイがいる」と言ってましたが、我々のへなちょこ視力では見えず(笑)
駐在員さんとは途中で別れ、ドライバーに空港まで送ってもらいました。セキュリティが厳しくて車から降りて荷物検査したり、なんだり、結構時間がかかりました。

私たちはうっかりUTAMADUNIで買ったハンドソープを手荷物に入れており(液体です!)、当然発見されて係りのおねいさんに怖い顔で怒られそうになったのですが、「どこで買った。レシート見せろ」と言われて見せたら(レシートには詳しい品名など載ってません)、結局通してもらえました。ありがたや。
b0312126_23170591.jpg
南アフリカ航空SA185便でナイロビを離れ、世界最凶都市と呼ばれるあの地へ向かいます。
b0312126_22480240.jpg
機内食は意外と美味しかったです。今後生き延びるために、クラッカーとチーズをキープ。
4時間と少しでアフリカ大陸をぐぐっと南下し、
b0312126_22481226.jpg
到着しました。怖い怖いヨハネスブルク。
空港は大きくてとてもきれいです。人もいっぱい。変な人もいっぱいいそう…。
ケニアの大平原から来ると、都会はオソロシイ…。

ナイロビの駐在員さんに、ヨハネスの駐在員さんはちょっと面白い人と言われていたのですが、なるほどなるほど。
たぶん、道祖神さんで旅した人には分かるんだろうなあ(笑)
ヨハネスブルクはトランジットの1泊のみですが、「こういう人に話しかけられても、徹底的に無視すること」等々、的確に注意事項を教えてもらい、ホテルにチェックインしました。

空港直結のホテルで安全。とはいえ、ターミナルからは駐車場の横の通路をずーっと歩くので、少々気が張ります。
b0312126_22492783.jpg
駐車場の上部分がホテルなんでしょうかね。
b0312126_23344755.jpg
こんな空間もあり、ビジホというよりはシティホテルかな。
部屋もキレイです。
b0312126_22491615.jpg
荷物がきたないですがm(__)m
着いてすぐ空港のショッピングモールへ。
フードコートはかなり充実していて、お腹が空いてたら食べてみたかったのですが、機内食で中途半端にお腹が膨れているし、とにかくビビってたので、サラダ等々を買って帰り、部屋でもそもそ食べました

ホテルの朝ごはん。
b0312126_22490691.jpg
レストランはとてもきれいで、スタッフも感じよかったです。ここだけ楽園なのだろうか。
b0312126_23402614.jpg
とってもゴージャスな朝ごはんでした。
スペインのパラドールとか、ハワイのいい目のホテルのビュッフェみたいな感じ。
b0312126_22485151.jpg
大きなクリスマスツリー🎄
都会の朝ごはんをゆっくり食べ、9:50発のSA74便で次なる国へと向かいました。

ヨハネスブルク、あまりに怖いニュースばかりでビビりまくりでしたが、南アフリカ自体は魅力的な観光スポットが沢山あります。今回もケープタウンに寄れればと思っていたのですが、スケジュールの都合上カットせざるを得ず、次の機会へ持ち越し。
旅をする毎に、そんな場所が増えていきますね。

ホテルの一室でわびしいイブを迎えていた私達に比べ、我が家の王子はホームステイ先でこんな高待遇を受けてらっしゃいました。
b0312126_14122770.jpg
クリスマスケーキ(猫用)!
b0312126_14121866.jpg
か、かわいい…。
普段カリカリしか食べつけていないしじみさん、全然食べなかったそうです(笑)

[PR]
by nemo_2014 | 2018-05-21 23:56 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
2017_Kenya & Namibia
2018_HongKong
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
写真
雑記
未分類

最新の記事

2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-06-18 08:00
2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-06-16 00:07
2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-06-09 01:21
2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-06-03 22:46
今月のしじみさん。#44
at 2018-05-31 08:30

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新のコメント

> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 23:06
こんにちは 読んで、聞..
by tabi-to-ryokou at 14:46
> まりもさん はじめま..
by nemo_2014 at 08:05
はじめまして!グリーンラ..
by まりも at 00:30
> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 23:14
こんにちは ソーサス・..
by tabi-to-ryokou at 15:30
> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 23:28
待ってましたあ~!! ..
by tabi-to-ryokou at 13:33
> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 23:39
こんばんは 素晴らしい..
by tabi-to-ryokou at 19:52

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。