2015夏 カナリア諸島の旅6 ~火山の島ランサローテをぐるりと観光

◆9月18日(金)◆ランサローテ島3日目
b0312126_22453584.jpg
本日は観光デーでございます。
私達にしては早起きをしてご飯をかき込んで、ばびゅーんと車を飛ばして、島の西側へ向かいます。

ハイウェイを降り、ぐぐっと島の西側に入っていくと、だんだん植物が見えなくなり、溶岩ゴロゴロの大地になってきます。
※リンク貼ったサイトは旅行会社のだと思うんですが、本家サイトより分かりやすく解説されています。
b0312126_22063060.jpg
ウィキ様によると、
18世紀の大規模な火山活動によって溶岩台地と300以上のクレーターが見られる典型的な火山島で、島の東部にあるティマンファヤ国立公園には約200km²にわたって大規模な火山地形が広がる。
とのことですから、確かに「ヨーロッパのハワイ島」というのは当たっていますね。ハワイ島の溶岩大地を少し古くした印象です。
噴火の際に、いくつかの村が溶岩の下になってしまったそうで、ティマンファヤというのももともとここにあった村の名前なんだそうです。

さて、道路は途中まではすいすい行ったのですが、いざ公園に入ろうと思ったら、えらい渋滞(゚д゚)!
公園の入口に折れる手前から、延々と車が並んでいます。
ティマンファヤがこんなに人気とは。一体どこまで連なってるんだろう。
どういう理由か分からないのですが、午前10時時半のツアーに参加するのがベストということで、我々としては早起きをして急いできたのですよ。
諦めて列を離脱する車もあって、少々心が折れかけたのですが、そこは百戦錬磨の(どこがだ)わたくし達でございます、よーくよーく目をこらして確認してみると、どうやら公園のゲートの料金所で詰まっている模様。
20台くらいは詰まってるけど、その先の道路は空いていました。
詰まっていた車が出ると、次の車は早かった。単に列の先頭の車のお支払いに時間がかかっていたのですね。

というわけで、お一人さま9ユーロ(高っ)を支払って公園にin。どこまで走ればいいのかと不安になるような荒涼とした溶岩大地を走ります。写真はないのですが、ここでも十分溶岩大地を堪能できます。
ぐぐーっと丘を上がると駐車場…なのですが、わー、駐車場いっぱいやーん(◎_◎;)
b0312126_22155705.jpg
写真手前右端に見切れているのが我らのジムニーさんです。
ほぼ路駐ですが、一応公園スタッフの方の誘導によりピットインいたしました。でもここもすぐいっぱいになってしまいました。
恐るべし、ティマンファヤ人気。

そして着いたはいいけれども、私達ときたら、ここのシステムがよく分かっておりません。
どうやら入場料にはバスツアーがついているようなのですが、それも定かではなく、どこでどんなお手続が必要なのか、はたまた必要ないのかも分からないのです。
まあでも分からないなりに、売店兼オフィス的な建物を目指していったら、車の整理をしていたおじさんが「あの茶色のバスに乗りな。10時半に出るから」と教えてくれました。
b0312126_22481116.jpg
このバスです。左側に待っているのは左側のバスに乗る人たち。私たちは右側に並びました。後ろの建物が売店とレストランです。
そしてすんなりバスにご搭乗。
b0312126_22245484.jpg
ここから先は、バスでしか行けません。途中下車もなし。環境保護のためだそうです。
まあ、ここから先の道を運転しろと言われても、断固としてお断りですけどね( ̄へ  ̄
上の写真で見ると大した道には見えませんが、もんのすごい狭いんです。バス一台でギリギリ。それが、急カーブだったり、急坂だったり、片側崖だったりしてそれはそれはスリリングなんですよ~。高所恐怖症の人は窓側に座らない方がいいかも。
そこを丁寧に丁寧に運転していったのは細腕のお兄ちゃんでした。最初は「こんな細っこいお兄ちゃんでこんなデカいバス運転できるのかい」なんて上から目線で心配してたのですが、全くの杞憂でございまして、見た目通りの丁寧な運転で、誰もが胸をなでおろしたことと思います。

バスは奇妙なBGMとともに各国語での解説(スペイン語、英語、ドイツ語・・・かな)を流しつつ、名所と思われるところでは少し停車してくれます。
b0312126_22311294.jpg
ここが一番のポイントなのかな。カテドラルだか何だか名前がついているようです。
何しろ3か国語の説明を順番にやっていくので、聞いてる方も疲れてくるんですよね。火山用語は難しくて分からないし。
なので単純に色や形を見て楽しむことにしました。
b0312126_22395983.jpg
1730~36年の間に100以上の火山が噴火してこうなったのだそうで、やはり新しいハワイ島とは違った色彩が見られます。
b0312126_22400988.jpg
これは雨の影響なんでしょうかね。

バスが進んで行くと溶岩ゴロゴロからこんな風景に変わります。
b0312126_23155517.jpg
不時着した宇宙船の破片のようですな。
b0312126_22434852.jpg
うこん色の砂漠。

b0312126_22443831.jpg
高いところから見ると一枚の絵のようでした。
ところどころ、エアブラシで拭きつけたような白い色がついていて、なんとも不思議な色合いの景色です。
この山々が行きつく先は海です。
b0312126_22464942.jpg
前を行く黄色いバスに現実味がありません。
b0312126_22474425.jpg
これが地球の姿なんですねえ。なんとも力強い。
b0312126_22474985.jpg
ハワイ島とは違って、長い年月が経っているにも関わらず、木が全く生えていないんですよね。
小さな草や地衣類は生えているんですが、ここでは溶岩の割れ目から力強く伸びてくるオヒアレフアのような木が見られませんでした。

そして最初の駐車場に戻ってツアーは終了。40分くらいでしたかね。
b0312126_22521909.jpg
これがレストランです。先ほどの景色を遠目に見ながらお食事できます。

レストランの横の階段を降りてくると、ちょっとした広場になっていて、こんな出し物(?)が見られます。
岩で囲まれた窪みに、係のおじさんが細い木の枝のようなものを、長~い棒で押し込んでいます。
b0312126_23105644.jpg
すると、
b0312126_23110609.jpg
ぱっと赤い火が点いたかと思うと、
b0312126_23111218.jpg
一気に炎が立ちあがります。
すごいです。450℃もあるんだそうですよ!
自分たちが立っている地面のすぐ下に、それだけの熱があるなんて(゚д゚)!

それから、ティマンファヤと言えばのこんな演出も。
足元にいくつかの穴が開けられています。
b0312126_23150312.jpg
また別のおじさんが説明しつつ、
b0312126_23143739.jpg
バケツの水を注ぎ入れると、
b0312126_23145614.jpg
ぽんっ、という音ともに噴き上がる水。
間欠泉のように、かなりの高さまで噴き上がります。
これを見たかったんですよね~。
なお、これは勝手にやると怒られますので、ご注意を。怒られる怒られないの前に、大変危険なのだと思われます。

いやほんと、そんなすごい熱いところに、こうして立っていて大丈夫なんでしょうか。
なんて思うのは小心なニホンジンだけのようで、

b0312126_23074053.jpg
こちらではお肉がじゅうじゅう焼けております。
この穴から、すごい熱気が上がっているのです。遠赤外線でじわじわと焼いてるんですよね。きっと美味しいんだろうなあ。

流されるままにこのバスツアーに参加してしまった私達ですが、公園のウェブサイトを見ると、他にもいろんなツアーが用意されているようです→
私達は気ままにふらふらする旅なので予約していかなかったのですが、予定が合うならもっといろいろ面白いものが見られるかもしれないです。

お弁当を持ってきていた私達はレストランには寄らず、もう少し先に行って、どこかで休憩しようと出発しました。
b0312126_23231411.jpg
しばらく走っていたら、こんなオサレな建物が。
ティマンファヤ国立公園のビジターセンターでした。
b0312126_23272133.jpg
火山に関する展示物が分かりやすく美しく配置されていて、とても興味深いです。私達は観ませんでしたが、ミニシアターもあって、上映時間になるとアナウンスが流れます。
b0312126_23270703.jpg
ここも展示のひとつ。溶岩に接近できます。
b0312126_23271235.jpg
気のせいか、ほんのり熱さを感じる溶岩。
こんなのが流れてきたら、それはそれはオソロシイ。

館内にはキレイなおトイレもあって、ひと休みするのに最適です。
駐車場のベンチをお借りして、ランチすることにしました。
b0312126_23331581.jpg
溶岩を眺めながら、サンドウィッチランチ。
ピクルスが欲しいところですな。

このように、旅行会社のツアーに参加しなくても、レンタカーでティマンファヤ国立公園を楽しむことができました。
これもホテルのレセプションで教えていただいたことです。ありがたや。
ランサローテは観光業も発達していて、いろんな旅行会社がいろんなツアーを用意しています。でもインフラが整備されているから、ふらりと個人で見て回ることもできます。どちらも選べるのがいいところですね。

ランチ後は更なる絶景を目指して、ランサローテ島を巡ります。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-12-04 22:53 | 2015_Spain(Canarias) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
2017_Kenya & Namibia
2018_HongKong
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
写真
雑記
未分類

最新の記事

2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-05-21 23:56
おすそわけ
at 2018-05-20 00:09
風邪をひきました・・・(T△T)
at 2018-05-15 21:13
2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-05-11 19:00
2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-05-08 19:00

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新のコメント

> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 23:39
こんばんは 素晴らしい..
by tabi-to-ryokou at 19:52
> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 23:02
こんばんは、マサイマラで..
by tabi-to-ryokou at 20:10
> mikoさん ガイド..
by nemo_2014 at 23:11
お久しぶりです。去年やっ..
by miko at 22:31
>鍵コメさん コメント..
by nemo_2014 at 15:34
> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 00:07
こんにちは やはり、サ..
by tabi-to-ryokou at 15:07
> tabi-to-ry..
by nemo_2014 at 00:33

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。