タグ:海外旅行 ( 219 ) タグの人気記事

so many vaccines!

寒くてどんよりした土曜日の東京。
次の旅行に備えて予防接種してきました。
b0312126_22124287.jpg
八重洲北口対面のビルにある公益財団法人日本検疫衛生協会東京診療所です。
b0312126_22124280.jpg
何故ここに来たかというと、
b0312126_22124199.jpg
黄熱病ワクチンの接種をするためでした。正確には、このイエローカードをもらうため。
イエローカードを要求する国への渡航を予定しているからです(゚◇゚;)!!
黄熱病ワクチンは都内ではこの東京診療所と、東京医大の渡航者医療センターと、国立国際医療研究センター病院トラベルクリニックと、東京検疫所でしか取り扱いがありません。
その中で、土曜日も開いているのが東京診療所だけでした。

黄熱ワクチンの接種だけは予約必須です。9月末に電話して予約が空いていたのが2週間後以降でした。
診療所に入ると、体温を測って、必要書類に記入し、身分証明書とともに提出して、問診を待ちます。
外観からの予想通り、問診に当たっていたのはものすごい度の強い老眼鏡をかけた耳の遠いおじいちゃん先生。助手のような若い先生が患者の言っていることを大声で通訳してました。立ち上がった時にヨロヨロしていたとのOtto情報も(゚◇゚;)!!
え、この先生に注射してもらうの?とかなり不安を感じた我々でしたが、若先生が打ってくれました。ああよかった。

問診の際に「ついでに打っておいた方がいい予防接種ってあります?」と聞いたら、サクサクっとA型肝炎、B型肝炎の2本が追加されました。黄熱は生ワクチンのため、同時接種でなら肝炎は接種可。同時じゃなかったら黄熱の後1か月空けなくてはならないのだそうです。
で、肝炎AB共に2回接種なので、来月にも打つことになります。そんときには破傷風もプラス。

b0312126_22124181.jpg
問診後注射の準備が出来るまで少々待ちます(ホントに少しだけしか待ちません)
どうやるのかと思ったら、利き手の右肩にA型、左肩にB型、左の二の腕に黄熱をプスプスプスッと打たれました。
若先生は上手だったので注射自体は痛くなかったです。中身が入る時に痛いと言われた黄熱よりB型のが少し痛かった。
ねもは以前にも黄熱を受けたことがあるんですが、その時もそんなに痛くなかったです。コレラの2回目のが痛かった。

注射後30分はアナフィラキシーショックが出ないか経過を見るとのことでしたが、特に引き留められることもなく、お会計して終了。
いいのかなー。すぐに出るもんなんですかね、アナフィラキシーショックって。

とまあそんなわけで、ただ今黄熱+B型肝炎を打った左腕が少々だるいです。
打った後2週間は頭痛とか発熱とかの反応が出ることもあるんだそうで、3日後に仕事で山奥に行かねばならないねもは多少不安です。天気も良くなさそうなんだよなー。

ところで、サクサクっと決めて打ってくれたのはいいんですが、
b0312126_22124190.jpg
うわーーーん(T△T)
手持ちの金が足りず、パスポートを人質にして速攻金を降ろしに行きました。ハズカシイ。


せっかく早起きして東京駅に来て痛い目に遭ったので(笑)、大丸さんで早めのランチ。
b0312126_22124105.jpg
東京土産の東京カンパネラさんがやってらっしゃる「ザ・カンパネラ カフェ(THE CAMPANELLA CAFE)」です。
イメージカラーのブルーを使った、オシャレな空間でした。
b0312126_22124209.jpg
b0312126_23004093.jpg
10時からランチをやっていて、もちろん東京カンパネラもデザートにラインナップされてます。カンパネラアイスとかもありましたよ。
迷ったけど、エビと季節野菜のドリアとサラダプレートのセットをチョイス。
b0312126_23004748.jpg
サラダプレートには、熱々のミネストローネがついてきました。あ、ありがたや。
サニレタはしゃっきりでドレッシングの酸味が美味。キャロットラペはオシャレカフェの王道デリですね。こちらのはレーズン入りの甘めの味付けでした。オリーブオイルの香りがとても良かったです。
b0312126_22124062.jpg
ドリアも美しい✨
こういうカフェですので量は控えめですが、小食女子なら「結構量あるー」とか言いそう。
朝ごはんをたっぷり食べてきたからこれで済ませましたが、お腹空いていたらカンパネラアイスに行ってたと思います(笑)

まだ時間も早く静かで落ち着いてお食事出来ました。
お水がレモン水なのが嬉しかったです。
食器はお隣のお店のものを使っているのかな。真っ青なグラスも美しいし、白いキャセロールが素朴で素敵でした。
スタッフもとても感じが良く、また使いたいなと思いました。



破傷風の注射は痛いんだそうです。若先生が言ってた。
Ottoは以前にも打ったことがあるそうで、その時は出血したとか言ってます。
→注射打った医者が超絶下手だったらしいので、ワクチンのせいではありません。

ねも的注射の痛さランキングでは、とある手術後にお尻に打たれた化膿止めが今のところ単独トップ。ぶっちぎりです。
看護師さんも「これは本当に痛いからね」と言ってたんですが、ホントに涙が出るほど痛い。液が入っていく時が超絶痛い。
いい大人ばかりの同室の患者さん達も、うめき声をあげていらっしゃいました。
こわいよーこわいよー(;へ:)

[PR]
by nemo_2014 | 2017-10-14 23:13 | たび | Comments(2)

2017夏 シンガポールの旅#最終回~シンガポール旅まとめ

b0312126_23545216.jpg
なんだか天井(?)も歪んでるなら、3本柱も曲がっているようにしか見えなくて不安なのですが。

シンガポール旅行記も最終回です。
ショッピング目的で行ったわけではなかったシンガポールですが、GSS2017(グレートシンガポールセール)の真っただ中に旅をしたわけですから、やはり多少は浮足立ってお買い物してしまいました。
ということで、お土産紹介。
b0312126_23574821.jpg
よく見てみたら、写っているのはGSSにあんまり関係してないものが多いな。
写真中央の紅茶(DilmahやBOH、マーライオンの絵のもの)や石鹸、ピンクの岩塩はムスタファセンターでお買い上げ。
ひときわ目立つ、黒い袋のインスタントラクサはコールド・ストレージで。あそこも歩いているだけで滾りますね♪
中央奥のサンダルはスペインのRIAメノルカというブランドのもの。ここだけは事前調査により、ぜひ試着してみたかったブランドです。セールもしてたけど、セール対象外ものを買ってしまいました。さすがはスペインもの、履きやすいです!
その横のネイビーのサンダルはプチプラローカルブランド チャールズ・アンド・キースでセール価格にてゲット。2千円台でした。底もしっかりしていてお買い得でしたよ。

手前に見切れている白い箱がトリロジー。これが一番セールの恩恵に浴しております。
ななんと、トリロジー全品対象で、一つ買えばもう一つついてくるセールでした。
毎日使う基礎化粧品がお買い得は本当にお得!素晴らしい!
b0312126_23570110.jpg
オーチャードのIONのこちらのお店でゲット。
ショップスタッフのお兄さん(お兄さんが店番だった!)がとーっても感じが良くて親切で、乳液とクリームをお買い上げ。
「よく旅行するの?それならこれあげる」とサンプルをどっさりくれました♥

このほかには、ポール・スミスがまさかの50パーセントオフで、Ottoにお土産。しかも日本で買い逃したものだったので喜びもひとしおです✨

あとは空港でTWGの紅茶を買いました。美味しいんだけど日本で買うよりは安いんだけど…高い。1872クリッパー・ティーも買ってみたかったけど、あまりに高くて断念。今思えば、TWGは自由が丘で買えたんだよなあ。
空港のブンガワンソロのローカルお菓子はなかなか面白かったです。パンダナス味とドリアン味のシフォンケーキがカットされて売られていたので自宅用に買ってみたのですが、かなり本格的にそれらしいお味でした。

b0312126_23551296.jpg
今回は初シンガポールだったわけですが、夜の動物園だったり、近未来植物園だったりには行けませんでした。
絶賛改装中のラッフルズにも行けてません。
なぜなら、それ以外にも興味を惹かれる場所があったからです。

キレイすぎて街歩きは面白くない と言われてきましたが、いや、意外と面白かったよ?というのが感想です。
中心部はそりゃ近未来的でバリバリ作り物で一回見ればOKでしょうけど、やはり少し離れると興味深い町並みがあちこちにありますもん。
昔のカオスな東南アジアのイメージで行くと、ちゃんとし過ぎてつまらないと思うのかもしれませんね。
b0312126_00032986.jpg
ねも達は結構気に入りましたよ。シンガポール。
香港ほどではないですけれども(いやーごめんなさい。香港はもう比べるとかそういう対象じゃないんだよね。なんていうかもうあまりに好き過ぎて毎年行かないと発作が起き…以下略。)

暑すぎて体力的にキツイのが難点ではありますが、それはもう東京で地味に鍛えるとして、次はもっとホーカーズを攻めてみたいし、世界遺産の植物園にも行ってみたいです。
やっぱりカトン地区は行くと思いますし、ナショナルギャラリーのお洒落レストランにも行ってみたいですし、セントーサ島のビーチでまったりするのも良さそう。
b0312126_23310059.jpg
次がいつになるかは分かりませんが、ふとまた行ってみようかと思いつきそうな気がします。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-09-18 23:31 | 2017_Singapore | Comments(0)

2017夏 シンガポールの旅#7~シンガポール(カトン地区以外)グルメ

◆7月7~8日◆
シンガポール(カトン地区以外)グルメ、まずはホテルの朝食ビュッフェから。
b0312126_20575238.jpg
見るからに美しいセッティング✨
b0312126_20575157.jpg
なのに玉子焼きメインにするなよ、私。
フォーシーズンズの朝食はどこも評判が良いそうですが、シンガポールでも素晴らしかったです。
あくせく観光などせず、ゆったりと朝食を楽しみたかったですなあ。

初日の夜ご飯は、バクテー(肉骨茶)
漢字の名前が微妙にコワイと思うのは私だけでしょうか。
b0312126_20594957.jpg
どどん。
その名の通り骨付き肉がごんごん入ったスープ。
ニンニクと胡椒が効いたスープは、白いご飯に合う!これは美味しいなー。
b0312126_20594929.jpg
オーチャードのお店でいただきました。閉店間近だったので、スープを次々注いでくれるサービスは一回だけ。明らかに閉店作業に入ってました。さすがアジア圏(笑)


翌日はリトルインディアで完全アウェーランチ。
南インド料理のMTR1924さんです。
最寄りはMRTファラーパーク駅。観光客にも人気の、何でも売ってるムスタファセンターからも歩いてすぐ。
日本のインド料理屋さんにに多い北インド料理ではなく、南インドのミールス(定食)が食べられます。南インドで1924年から営業している人気店の支店なんだそうです。
b0312126_21002823.jpg
お店に入るとこんな番号札を渡されます。このカードスタンド、なんか懐かしい。
b0312126_21002728.jpg
b0312126_21002876.jpg


このぷっくりしたものが、結構お腹にどしんときます。具のないもちもち揚げピザという感じ。

ベジタリアンが多い南インドのカレーは、油が少なくさらさらしていて、とってもスパイシーなのが特徴なんだそうですが、それほどスパイシーではなかったです。どっちかというと酸味が印象的でした。日本人が想像するインドカレーとは違う味ですが、食べ慣れたらクセになりそうです。

東京は八重洲の超人気の南インド料理店ダバインディア の方がもっとスパイシーです。辛い物好きなねもでも汗かいちゃいますもん。あ、やば。書いててダバインディア行きたくなってきた(-_-;)



ディナーはこちらへ。


b0312126_20571658.jpg

シンガポール名物チキンライスが食べたい!と思って行ったのですが、こちらは名物は名物でもジンジャーチキンでした。

チャイナタウン発祥の薬膳料理で、なにしろこのジンジャーソースが美味。瓶詰めも売っているので買って帰ろうかと思いましたが重いので断念しました。(あと、使いこなせる自信がなかった💦)

b0312126_20572450.jpg

炒飯とエビチリも。エビチリ美味しかった♥

明らかに頼み過ぎ。全然食べきれませんでした。


翌日はマックスウェル・フード・センターでアイスカチャンを。

(人気のチキンライスのお店、天天海南雛飯はすんごい行列で断念)

b0312126_20581033.jpg

ガイドブックに載っていた、Muar Sugarcaneというお店でオーダー。(中国語名は失念)

ピーナッツ、小豆、コーン、仙草ゼリーなどなどが入っていて食べ応えあります。キビ糖のシロップは優しい甘さです。


ある時は、ホテル近くのIONスクエア(イオンじゃなくてよ)のオサレなベトナム料理屋さんで、

b0312126_20583529.jpg

初バインミー。

b0312126_20583531.jpg

パクチーは大盛りでお願いします!

失礼な言い方ですが、意外と美味しいものなんですね、バインミー。なますとパンが合うなんてねえ。

皮がカリっとした軽いパンに、アジア風サラダが挟まっているという趣で、なんとも美味しい。

これは本場で食べたいですな。


歩き疲れた夜にはFOOD OPERAというフードコートで、適当アジアめし。

b0312126_20590873.jpg
こういうアジアご飯が好き♥
野菜炒めに、肉炒めに、パサパサの長粒種ご飯が良く合うんだわ。これは日本の重いお米では違うと思う。
ねもがタイ米好きだからそう思うだけで、もちろん好き好きですが。

オーチャード近辺でも、レストランの閉店もしくはオーダーストップ時間が意外と早くて驚きました。
だいたい夜10時くらいには閉店の雰囲気が。ガイドブックに11時までと書かれていても、曜日によっては早じまいもあるようで、地味に戸惑いました(笑)
飲み屋さんは違うんでしょうが、ご飯屋さんは早めに決断しないと食べはぐりますね。

さて、シンガポールグルメですが、どこも美味しかったです。
b0312126_22495876.jpg
こういうなんでもない(ように思える)青菜の炒め物がとてもハイレベルに美味しかったりする。

シンガポールはハズレがないと言われてきましたが、そのとおりかも。
特にアジアご飯のバリエーションが、香港や台湾より広いと思います。
マレー文化の影響を受けたような独自の料理が、誰が食べても美味しく進化しているのがすごい。
しかし、お値段はお高め。ちょっとしたレストランで食べると、東京と変わりません。
安く済ますにはホーカーズなんでしょうけど、通い慣れていないとなかなか選択が難しい。
そういうことから考えると、シンガポールもまた通ってしまう国なんでしょうねww

[PR]
by nemo_2014 | 2017-09-13 22:53 | 2017_Singapore | Comments(0)

2017夏 シンガポールの旅#6~観光あれこれ

◆7月7~8日◆
b0312126_23035136.jpg
小さいマー様は人が良さそうな顔をしているww

さて、初めての国ですので、あちこちおのぼりさんしてきました。
b0312126_23151822.jpg
まずは地下鉄に乗って、ブギスへ。
b0312126_23020498.jpg
女子向けガイドブックで絶賛のハジレーン、バリレーンはお店にそんなに個性も感じず、あんまし面白くなかった。
もう女子じゃないってことかしら。
b0312126_23020444.jpg
アラブストリートは、何か買いたい物があってお目当てのお店を目指していく場所なのかも。布屋さんばかりで極彩色。写真映えしそうです。
b0312126_23020435.jpg
モスクは閉まってました。昼は開いてないのね。

暑いのでアラブ式ミルクティー テタリを飲みました。
b0312126_23020432.jpg
エッセンシャルオイルの庇の奥が、有名なテタリ屋さんです。
b0312126_23020582.jpg
こんな感じで次々お客さんが来ます。
b0312126_23020552.jpg
コンデンスミルクたっぷりで甘くて濃くて美味しい。
これは本当に暑いところの飲み物ですね。温かいのも体に良さそう。

リトルインディアに移動し、
b0312126_23030335.jpg
延々続くインド商店街を歩き、
b0312126_23030307.jpg
ガイドブックにも載っているセルヴィスというお店でヘナアートやってもらいました。15ドル。
b0312126_23030340.jpg
こんな風に、見本を見ながらスイスイ書いていくんです。お見事!
20分したら靴履いてOK。出来上がりはヘナが盛り上がってポコポコしています。
ポコポコがだんだんはがれて、夜にはこんな風に。
b0312126_23050440.jpg
あれー?色薄い??
と思ったら、翌日以降にしっかりと発色してきました。茶色とこげ茶の中間ぐらいの色です。
模様は本当に2週間もちました。不思議なものですねえ。

完全アウェーな店でランチ食べたり。
b0312126_23032303.jpg
これはもうインドでしょう。行ったことないけど。

そしてそして、
シンガポールと言えばの、
b0312126_23040137.jpg
マーライオン様。
意外と不便な場所におられるのですね。
b0312126_23042163.jpg
マー様大人気でここだけ激混み。
b0312126_23351168.jpg
チビマーとのコラボ。
親マーの髪型は姫カットっぽい?

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイにも行きましたよ。
b0312126_23054120.jpg
変な人口の木々が聳え立つ、何かとお金がかかる公園でした(笑)
b0312126_23055439.jpg
スカイウェイを歩こうと思って来ましたが、行列にうんざり。
しかも、8ドルも取るのに、この見える範囲しか歩けないと知って、下からの観光とさせていただきました。
いろいろ写真撮るには面白い場所です。
b0312126_23061569.jpg
お庭は気持ちいいです。本当に緑がいっぱい。熱帯だし、お庭のお手入れ大変だろうなあ。
b0312126_23063118.jpg
ベイサンズさんはどデカかった。
ちょっぴしホテルに泊まってみたかったけど、ここも外から眺めているのが面白くていいのかも。

とまあ、観光はこんな感じ。
夜の動物園にも行かなかったし、絶賛改装工事中のラッフルズさんにもお目にかかりませんでした。
暑くて暑くて、観光スポットは人がいっぱいだし、夜には快適ホテルでだらりとしておりました。
中心地はお買い物してオサレなレストランでおご飯食べるのが楽しいのかも。
街歩きで言えば、断然カトン地区が好みでした。


ところで、
チャイナタウンは全世界どこにいってもだいたい同じテイストでホッとします(笑)
b0312126_23064392.jpg
この提灯を見ると、香港に行きたくなるなあ。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-09-11 23:51 | 2017_Singapore | Comments(0)

2017夏 シンガポールの旅#5~Four Seasons Hotel Singapore

シンガポール旅行記がまだ途中でした。
すっかり涼しくなった今日この頃、なんだかもう随分前の話のようですが、無理やり続けさせていただきます!キリッ。

◆7月7日(金)◆その5
カトン地区をそれなりに楽しんで、いよいよ次のホテルに移動。リッチにタクシーを乗り付けたりなんかして(18ドル)
今日のお宿でございます。
b0312126_22552090.jpg
Four Seasons Hotel Singapore
190 Orchard Boulevard, 248646 Singapore
b0312126_23152196.jpg
ここは宮殿ですか?
b0312126_23154772.jpg

シンガポールはホテルが高価なので、それこそ厳選しておりましたところ、なんとフォーシーズンズが一番お得だ値でした。
ツインが3泊朝食つきで93,077円。
お一人さま47,000円ほどですの。
絶対他の国ではこの値段で泊まれないわよ!
b0312126_22541882.jpg
19階の1901号室に通されました。
なんで安いのかなーと思ってたんですが、部屋に入ってすぐ判明。(たぶん)お隣からガガガガガとすごい工事の音が。いやもう、すぐそこで壁削ってるんじゃ的な音でした。
シンガポールのフォーシーズンズさんは他のホテルと比べると大分年数も経っているようで、お部屋を順次改装しているんだそうです。
でもまあ、工事は昼間だけ、土日は休工でしたので、私たちには無問題でした。

で、お部屋です。
b0312126_22561853.jpg
じゃん。
明らかにベッドがふかふか。
そしてベッドと壁の間のスペースが広い!
b0312126_22563821.jpg
ほらー。
カニ歩きしなくても通れるのよー♪
b0312126_22564739.jpg
ダブルボウルだもの。
b0312126_22565792.jpg
バスタブだもの。シャワーブースだもの。
バスタブになんていうのこれ、石鹸とか小説とか(?)置けるラックがついてるもの。
b0312126_22570252.jpg
トイレだって別だもの。手間には分厚くて重いバスローブが。
b0312126_22571516.jpg
そんなに大きくはないけれど、クローゼットも必要十分。ハンガーたっぷりで嬉しい♪

もちろん良きホテルですので、お茶セットは、
b0312126_23010153.jpg
さすがのTWG。
b0312126_23022130.jpg
東京でもバカ高いけど、シンガポールでも高かった…(遠い目)でも、美味しいんだー。

コーヒーマシンもこんな感じ。
b0312126_23284823.jpg
使わなかったけど。

窓からの景色はマリーナ方面ビュー。
b0312126_23280204.jpg
地震国ジャパン、台風もやって来るジャパンでは考えられない造形の建物が沢山建ってます。
b0312126_23283795.jpg
ひょえー( ゚Д゚)
なんかムズムズするーーーー。

で、お気づきになられましたでしょうか。
例の有名ホテルがちらっと見えてるんですよ。
ちょっと望遠で寄ってみましょう。
b0312126_23004918.jpg
ほらねー。

夜景はカッコいいですよ。
b0312126_23165368.jpg
左奥で黄色に光ってるのがベイサンズさんです。

さすがのフォーシーズンズさん、大方の口コミどおりとても快適でした。
人気のホテルの中では古い方だと思いますが、お掃除も行き渡っていて、とてもきれいにしています。
スタッフはビシッとしてますが、とても感じが良いです。屋上プールスタッフのお姉さまなんて、すんごく楽しい方でした。高級ホテル特有の居心地の悪さはなく、ちょいゆるリゾート感を楽しめます。

目抜き通りのオーチャード通りから少し入っているため周りも静か。ロビーもマリーナベイサンズとは段違いに落ち着いています。
今回くらいのお値段で泊まれるなら、次回も是非泊まりたい!でもきっと、リノベーションが終わったらお値段アップするんだろうなぁ。
b0312126_23013173.jpg
屋上はファミリープール。こちらは下のアダルトプール(笑)
b0312126_23014346.jpg
こんなセットを用意していただけます。
このプールがあるフロアには、スポーツジム、スパ、サウナがあり、一日中お茶やお菓子がいただけるラウンジがあります。こういういいホテルに泊まるんなら、一日ホテルで過ごす日を作りたいものです。
チェックイン前にも使えるそうなので、早朝便で着いたらここで過ごすのもありですね。私たちはヨレヨレの中年なので横になれるホテルを選びましたが(笑)


ところで、
シンガポールって香港のセントラルあたりに似てるのかと思っていましたが、全然違うんですね。
まず、空間の広さが意外でした。
建物の間隔も広いし、建物の幅も大きい。土地が平べったいからかなぁ。ガーデンシティというだけあって緑も多いし。
同じようにコスモポリタンな都市だと思うんですけど、華僑とマレーの文化が入り混じっているからか、中国から少し遠いからか、街の雰囲気も全く違うし。
面白いですねえ。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-09-07 20:00 | 2017_Singapore | Comments(0)

2017夏 シンガポールの旅#4~shop keeperは猫さま@カトン地区

◆7月7日(金)◆その4
さて、カトン地区では嬉しい出会いがございました。
って、タイトルでバレバレですけれども(笑)

こんなイケにゃんに出会いましたよ。
b0312126_00544672.jpg
おおー!なんて気品漂う面差し✨


b0312126_00544622.jpg
ふっ。そうでもないにゃ。


彼の名前はZooZoo。
キャットソクラテスというお店の猫様です。

お店のHPによると、保護猫さんだったようですね。今やカトン店の立派なshop keeperさんです。
ブギス店にはchestnutさんという茶猫さんもいらっしゃるようです。

幸せな飼い猫のご多聞に漏れず、体形はややアザラシですが、
b0312126_00544699.jpg

見てこの美しい毛並み!

お店のおねいさんに許可をいただいて、激写激写。
b0312126_00544765.jpg
よ、寄り過ぎた(笑)
しかし、隅々までキレイにしてもらってますよ、彼。
私が撮るとイケメン風になってしまうのですが、本当のZooZooはお目目が大きくて超キュートです。

ZooZooはお店の中に、素敵なベッドをもらっています。
b0312126_00544733.jpg
わー、その生猫のぬいぐるみ、ください!
b0312126_00544739.jpg
そうね、そうね。ここにいる時はそっとしておきましょう。

このベッド、なんともステキなことに、お店の天井から吊り下げられていて、大きな吸盤で窓ガラスにくっついてるんです。
つまり、ZooZooはお店の外を眺めながらゆったりできるわけ。

というわけで、外からも失礼しますよ。
b0312126_00544754.jpg
あっ、それどこかで見たポーズね。
ジャパンの猫もやりますよ、それ。
b0312126_00544852.jpg
べろーん。
イケメンの変顔いただきましたーーー💛💛💛←もう何でもいい。


なんとZooZoo様、インスタもお持ちでした!はわー(*´▽`*)



[PR]
by nemo_2014 | 2017-08-19 20:00 | 2017_Singapore | Comments(0)

2017夏 シンガポールの旅#3~カトン地区グルメ

◆7月7日(金)◆その3
カトン地区と言えばラクサです。

ラクサとは、シンガポールやマレーシアでポピュラーな麺料理。

シンガポールでは、ココナッツミルクをベースとしたスープに、米麺、エビや貝、かまぼこ等の具材がたくさん入ります。


私たちが行ったのはこちら。

b0312126_00503108.jpg

Marine Parade Laksa
50 East Coast Rd, #01-64 Roxy Sq

店名がひっじょーうに小さくて分からないので、シンガポールナビの写真でご確認ください。
ロキシースクエアのホーカーズ内にあります。

ホーカーズとは屋台が屋内に集約されたもの。ホーカーとは露天商のことで、政府が衛生面からホーカーズを作ったんだそうです。フードコートのようなものですかね。シンガポールのあちこちにあって、ホーカーズ毎に特色があるようで、なんとも魅力的です。

さて、ラクサ。
b0312126_23132581.jpg
激うま(≧▽≦) でした!
見た目はちっとも美味しそうじゃないんですが、エビの出汁が効いていて、ココナツミルクがまろやかで、意外にもさっぱり。スープを最後の最後までいただいちゃいました。はふー。
ココナツミルクが嫌いでなければ、まず間違いないです。
うっかり丼の手前に見切れてますが、チリペーストが塗ってあります。これを少しずつ溶かして味の変化を楽しむのですな。
ラクサは辛いイメージだったのですが、こちらのはまったく辛くありませんでした。
マリンパレードさんは、伝統的なニョニャスタイルのラクサだそうです。

ところで、ラクサが出てきた瞬間、「お、お箸は???」と探してしまいました。
レンゲしかついてこないんですもん。
何故なら、中に入っている米麺がとっても短いから。茹ですぎてちぎれちゃったのかと思ったら、そういうものだそうです。

カトンのもう一軒の有名店、328カトン・ラクサの方はスパイシーなんだそう。
またシンガポールに行くことがあったらチャレンジしたいです。←辛い物好き♥

暑い時には熱い食べ物で汗を出す!
というのもいいんですが、やっぱり冷たいものが食べたくなるのが人間だもの。(?)
Island Creamery
452 Joo Chiat Rd.
b0312126_00515355.jpg

シンガポールらしさ満点なフレーバーが揃うこちらで、ひと休み。
b0312126_00515995.jpg
床のタイルが可愛かったのはこのお店です。
b0312126_00521083.jpg
アイスクリームは普通に美味しかったのだと思います。←覚えてない。

ひとしきり涼んだ後、またあちこちプラプラして暑さにへばって、お茶ですお茶。
b0312126_23423024.jpg
お客さんが結構いたのでこんな写真しか撮れませんでしたが、カトンのレトロモダンなカフェ、シンポポ・ブランドです。
Simpopo Brand
458 Joo Chiat Rd.


HPを見ていただくと分かるのですが、お食事系もデザートもかなり魅力的でした。ちょっとお高いですけれども(-_-;)
しかし、ラクサを喰らい、アイスクリームまで食した我々に、その余裕はなくてですね、
写真があってもどういうものか全く分からなかったSng Muay Popというドリンクにチャレンジ。
どう発音するのかも分からなかったもの…。
b0312126_00552080.jpg
ステキなマグで来ましたよ。
b0312126_00552077.jpg
シンガポールナビの記事によれば、ライムジュースとあります。
小さなライムと香港でもお茶請けで出てきそうな甘い梅干しが入った丸い氷が浮かぶ、見た目もかわゆいライムスカッシュです。甘さはグラマラッカでしょうかね。優しい甘さです。
ライムをイジイジとスプーンで押しながらいただくとさっぱりします。
b0312126_00544689.jpg
この無造作さが心地よいです。

b0312126_00544840.jpg
窓の外はのんびりした街並み。
見ても楽しいカトン地区ですが、グルメタウンでもあって、たくさんの人気店があります。
ますます気に入っちゃいました。

次の記事では、カトンがますますますます好きになる、ある種の人々には悶絶ものの記事をお送りしまーす。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-08-19 00:09 | 2017_Singapore | Comments(0)

2017夏 シンガポールの旅#2~パステルなカトン地区

◆7月7日(金)◆その2
b0312126_00481887.jpg
べニューホテルの薄い壁の向こうで、誰かが朝の支度をする音を聞きながら眠り(眠れるタイプです。二人とも)、疲れを癒した私たち。
荷物を部屋に置いて、最近人気だという観光地カトン地区を歩きました。

b0312126_00475396.jpg
早速Koon Seng Rd(クーン・セン・ロード)にてプラナカン建築にご挨拶。

プラナカンは、南方に移住した中国人男性と現地の女性との子孫が始まりと言われています。中国やマレーの文化が融合して発展したのがプラナカン文化。カトン地区では、豪商が多かったという彼らの、華やかかつ繊細な、そして現代となっては可愛らしいあれこれを見ることができます。
b0312126_00480676.jpg
水平とれてませんね…。暑かったもので(言い訳(-_-;))
南国のビッカビカの太陽に、パステルカラーがこんなに似合うとは驚きです。
b0312126_00481200.jpg
プラナカンのタイルの意匠が気に入りました。
とってもキュートなのですよ。←タイル好き。
おや、手前の黄色いのはシーサー?
b0312126_00042519.jpg
何とも言えない甘いミルキーなミントグリーンに、レトロなバラのタイルが良く似合いますね。
b0312126_00521083.jpg
アイスクリーム屋さんの床もプラナカン。
b0312126_00491221.jpg
こんな赤い建物も!
b0312126_00494536.jpg
歩道橋の上から見たところ。
ショップハウスはリノベートされて、モダンカフェやレストランになっていました。

「ショップハウス」は、マレーシアやシンガポールなどのアジアの都市で見られる伝統的な住宅の総称で、1階に店舗、2階が住居になっています。店舗の奥には光を取り入れるための中庭があり、その奥にはキッチン、さらに進むと裏通りにまで続くのだそう。まさに長屋ですね。間口が狭いのは、当時この幅に応じて課税されていたからなんだとか。
b0312126_00514867.jpg
雑貨屋さんの店先のディスプレイ。
暗めの濃いピンクが鮮やかなブルーの柱によく似合っています。この色彩感覚は、台湾にも通じているような気がします。このセンスはすごいなあ。いいなあ。
b0312126_00514107.jpg
プラナカンのお菓子、ニョニャ・クエのお店もこの通り。
独特の香りのあるパンダナスの葉で色付けされたお菓子は、透明感ある緑色です。ちょっとネオンカラーのようにも見えますね。
b0312126_00513538.jpg
お店の様子。
入れ替わり立ち代わり、地元のお客さんがやって来ます。
マチルダがOnde Onde(オンデオンデ)というかわゆい名前の不気味な(笑)緑のクエを買ってくれました。
一枚上の写真の緑色のお菓子のうち、後ろの段のがオンデオンデだと思います。
b0312126_20561179.jpg
オンデオンデは、パンダンリーフで着色した餅でグラマラッカ(黒糖)包み、ココナッツフレークとゴマをトッピングした生菓子。中の黒糖は、時間が経つとお餅に吸収されてしまうので出来上がりをすぐに食べなければなりませぬ。

中からじゅわっと出てくるグラマラッカはココナッツの樹液を煮て固めた天然黒糖で、常温では固形、加熱されると黒糖蜜に変化するのだとか。

見た目は真緑というか蛍光黄緑みたいな色で美味しくなさそうなんですが(こら)、お餅はふんわふわ、濃厚な黒蜜がトローリでかなり美味でした。超柔らかい白玉みたいな感じでしょうか。

b0312126_00503699.jpg
色彩のカトン。
海が近いせいか、開放的でのんびりしていて、とても好きな雰囲気。
ここに長く泊まって、時々中心地に出るのでもいいなあ、と思わせる町でした。

2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


[PR]
by nemo_2014 | 2017-08-13 00:59 | 2017_Singapore | Comments(4)

2017夏 シンガポールの旅#1~真っ黄っ黄のVenue Hotel@Katong

さて、ようやくシンガポール旅行記を始めたいと思います。
帰国から早や1か月が経過しておりますね…💦
今回も旅友はマチルダ(しかいない。)
マチルダとはずいぶん旅してますが、二人ともがお初の国に行くのは初めて。
初めてだったんですねえ、意外にも。

しかし、いろいろちゃんとしてそうな国シンガポール。
「初めてのシンガポール」ではありましたが、果敢に個人手配で臨みました。

◆7月7日(金)◆
0:20発のANA843便で羽田を発った私たち。
6:30にシンガポールはチャンギ国際空港に到着いたしました。時差はマイナス1時間。
当然眠いわけです(=_=)
いい年した私たちですので、金にものを言わせて休憩です。

と言いつつ、空港内のホテルは高くて手が出ず、空港から10キロ少々の位置にあるカトン地区で安いホテルを探しました。
Venue Hotel
305 Joo Chiat Road,Singapore
b0312126_23574702.jpg
スタンダードツインが、エクスペディアで税サ込み6,548円。
レイトチェックアウト2時間無料でした。
b0312126_23592874.jpg
古いショップハウスを改装したというホテルは、見た目ラブリー♥
b0312126_23571446.jpg
レセプションもどこかで見たようなウネウネではありますが、頑張ってますね。
b0312126_23570798.jpg
プラナカン的香りも漂うこんな設えも。
b0312126_00035691.jpg
ステキですねえ。

ですが、

物価が高く、当然ながらホテルも高いシンガポールにあって、こんなホテルが6,548円とは、破格に安いです。

となるとこういうことになります(笑)
b0312126_23533063.jpg
超絶狭い。
もちろん(?)窓なし。
そして鏡に映っているベッド⇔壁の狭さったらありません。
b0312126_23543064.jpg
カバンが見苦しくて申し訳ない。
ていうかね、もうどこにも荷物が置けないのですよ。
でもね、でもね。
冷蔵庫もあるし、セイフティーもお茶セットもあるんです。ミネラルウォーターも。
b0312126_23541943.jpg
トイレの便座の先からシャワーブースのガラスまでの間、15センチくらい?
足の長い人は座れません。
b0312126_23542581.jpg
キレイにしてますけどもね。
ガラスの壁があるにも関わらず、シャワーを浴びると、こちら側の床まで濡れます。

でも、ハンドシャワーだしね。古い建物だから排水遅いけど。

そして、お気づきでしょうか。
部屋が黄色い。
これね、暗くて照明がアレだからホワイトバランスがどうこう…じゃないんです。部屋の壁がまっ黄色なんですよ。
b0312126_23543750.jpg
これが実際の色。
たぶん、窓が無くて暗いのと、古さをカバーしているのでしょう。
ちょっと脳みそが混乱するぐらい黄色いんです。

でもね、文句言えない。安いんだもん。
空港ホテルの3分の1だもん。

そんなべニューホテルさんは頑張っております。
問い合わせメールへのレスポンスは早い。チェックインもサクサク。
正規のチェックアウト時間が午前11時なので、レイトチェックアウトは本来なら午後1時までなのに、午後4時まで使っていいよと言ってくれました。な、なんて優しいの( ;∀;)

しかも立地はカトン地区の中心地まで徒歩すぐ。
観光でぷらぷら歩きたいエリアの中にあります。

今回、一番安いスタンダードルームだったのでこんな感じでしたが、上のカテゴリなら窓があるかも。
連泊はキビシイですが、寝るだけならOK。
私たちはここでお昼前までゆっくり寝て、部屋に荷物を置いたまま、カトン地区観光に向かいました。
b0312126_00195958.jpg
しかし狭かった。香港でも未体験の狭さだったな(笑)


2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


[PR]
by nemo_2014 | 2017-08-12 00:31 | 2017_Singapore | Comments(0)

#生中継#帰国・・・

b0312126_19533559.jpg

いつもながらあっという間です(T△T)

チャンギ空港はすごいことになってますね。
b0312126_19533973.jpg

どんな方向性でも、楽しいことはいいことだ。
[PR]
by nemo_2014 | 2017-07-10 19:51 | 2017_Singapore | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
カメラ
雑記
未分類

最新の記事

山に行ってきました。
at 2017-10-17 23:06
so many vaccin..
at 2017-10-14 23:13
2017夏 沖縄の旅~観光編
at 2017-10-13 23:43
Hong Kong in M..
at 2017-10-09 18:33
猫、帰還。
at 2017-10-09 16:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

>enigma85さん ..
by nemo_2014 at 22:43
kimmyです。こんにち..
by enigma85 at 08:32
> sayachan28..
by nemo_2014 at 16:51
nemoさん♪ ワ..
by sayachan28 at 15:40
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 00:17
しじみさんw白目www ..
by photo-kioku at 02:26
>mikoさん ええ、..
by nemo_2014 at 20:42
こんにちは。東京タワーは..
by miko at 11:24
はい!実は香港ランガムプ..
by ぽんこ at 22:41
ぽんこさん、以前にもコメ..
by nemo_2014 at 00:24

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索