タグ:レストラン ( 21 ) タグの人気記事

#生中継#シンガポールにいます。

2017夏旅withマチルダはシンガポールでした。
b0312126_18373625.jpg

早速ラクサを食しました!
美味しーーー♥
[PR]
by nemo_2014 | 2017-07-07 16:28 | 2017_Singapore | Comments(0)

まったり・・・( ̄ー ̄)

b0312126_13293633.jpg

お出かけついでにウルフギャングでハンバーガーランチ。
b0312126_13293826.jpg

アボカドバーガーでした。
お肉ぎっしりで美味。巨大でしたがあっさり征服いたしました♥

b0312126_13294118.jpg

お天気上々で、絶賛昼寝モード。
そよ風も気持ちいい日陰のベンチで、まったり仕事をサボっております(笑)
[PR]
by nemo_2014 | 2017-05-11 13:23 | 雑記 | Comments(0)

2017冬 香港の旅9~ラストランチは極上点心@滿福楼

◆2月13日(月)◆
b0312126_20012742.jpg
本日香港旅最終日です。

ここでの朝ごはんもひとまず最終回。
b0312126_19594005.jpg
カットフルーツはホテルからのプレゼント。
グリークヨーグルトが世界を席巻中ですね。これはまあまあでしたが、本場もんはめっちゃ美味しいです。

朝ごはんを食べたら、朝ごはんその2と仕入れに出かけます。
b0312126_20004927.jpg
また来ちゃった祥香茶餐廳。
b0312126_20010068.jpg
山の上で食べてめためた美味しかったエッグタルト再び。
ミルクティーとの香港的鉄板コンボです。
あまりに美味しかったので、大人買いしてしまいました。

これは持ち帰った後の写真。
b0312126_20022831.jpg
エッグタルト5つを冷凍保存しましてですね。
食べる時にはちょびっとチンしましてですね、
b0312126_20023816.jpg
美味しい香港お持ち帰り~。
ちょびっとカスタードが硬くなりましたが、無問題。貴重なる香港をちびちび食べました。
ホロホロに崩れやすいので、箱にみっしり詰めてもらうといいかも。ねもは中途半端な数だったので隙間にティッシュを詰めましたが、やや崩れました。

さて、仕入れも終わり、ホテルに戻ってチェックアウトし、ホテルのシャトルバスで香港駅へ。そしてあっという間にチェックインして街に舞い戻ります。
b0312126_20000245.jpg
大好きなトラムで湾仔へ向かいます。
b0312126_20000751.jpg
好きだー。この感じ。
(真夏以外は)いつまでも乗っていたい気分です。

この旅ラストを飾るランチはこちらでいただきますよ。
b0312126_20012683.jpg
これ見て「あそこだ!」って分かる人は凄いと思います。ねもは分かりません。(でもたぶんいると思う)
ルネッサンスハーバービューホテルです。

このエレベーターで向かうのは、滿福楼(Dynasty)さんです。
ミ〇ュランの星なんてもらってませんが、人気店ですから予約要です。
本来ならこちらは、高い天井までいっぱいに使ったガラス窓にヴィクトリアハーバーがばばーんと見えるのですが、
b0312126_20012771.jpg
絶賛工事ちう。
サンドパイルをごんごん打ち込んでます。
この眺めを残念がる人がほとんどだと思います。
ねもは工事現場を眺めるのが割と好き(いや、かなり好き)なので、とても興味深く観察させていただきました。面白いと思うんだけど。デートには向かないでしょうけどね(笑)

記事の一番上の写真は、滿福楼のテーブルに乗っていた多肉たちです。かわゆい。

滿福楼さんには何度か来ていますが、お昼の点心は初めて。点心もかなり評価が高いので超期待しながらオーダーしました。
まずは、エビトーストから。
b0312126_20012788.jpg
坪洲島で食べたエビトーストとは似ても似つかない…とまでは言いませんが、かなり見た目が違います。
お味は、エビトーストだった!
坪洲島で食べたのはエビクリームコロッケでしたが、こちらは昔ロッテリアで出してたエビバーガーの具に似てる。味は全然洗練されてますけどね。これわビールに合うわねー。

お次は叉焼まん。
b0312126_20012566.jpg
皮が、皮が、皮までうまーーーーい!
焼味が得意な広東料理店だけあって、中身の甘ーい叉焼も肉の味がしっかりしています。
b0312126_20012558.jpg
焼売だってこんなです。湯葉で巻いたやつね。
控えめな陳皮の香りがまた美味ですたい。
b0312126_20012633.jpg
スープ餃子。
貝柱の上品なスープが目にも美しい✨
死ぬほど疲れた金曜日の夜に食べたい。そしたらまた働ける(気がする)
b0312126_20012659.jpg
大好き腸粉。
これは揚げパン(湯條)を巻いたもの。腸粉自体はふっわふわでつっるつるで激うま。
しかしもう若くないので、中身の餡は普通の野菜かひき肉がいいです。(笑)

b0312126_20012616.jpg
袋茸とブロッコリーの炒め物。
こういうシンプルな料理に、お店の実力がバリバリに出てきます。白いご飯に山盛り乗っけて食べたい一品。
b0312126_20014015.jpg
デザートはアボカドクリームの上にアイスクリームが乗ったものでした。
体に良さそうだけど、まあ、見た目どおりパンチに欠けるデザートでした。やっぱし楊枝甘露にすべきでしたかね。

以上、お茶代サービス税含めて二人で784.3ドル。
あのロケーションでこの味のレベルでサービスもすっごく良くってこのお値段はやはり素晴らしい。
唐閣がランチで900ドル以上かかることを考えると、やっぱコスパ(笑)いいですね。
でも唐閣も捨てがたい。私たちにとって双璧をなす2軒ですな。

大満足で気前よくタクシーで香港駅に戻り、帰国の途につきました。

帰った翌日がバレンタインデーだったので、
b0312126_20023973.jpg
日本では買えない(のかな?)アニエスベーのチョコ♥をいただきます(あれ?)
b0312126_20023975.jpg
どれもこれも美味しかった!
私のようなチョコ初心者には大変分かりやすい美味しさ。
次から定番お土産にしようっと。

そんなわけで、今回も楽しくディスカバー香港してきました。
今回の坪洲島はまさにツボだったので(すまん)、また近々行こうねえ、マチルダ。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-05-01 23:09 | 2017_Hong Kong | Comments(0)

2017冬 香港の旅8~ラストディナーはルーフトップで。@新東記

◆2月12日(日)◆その5
b0312126_17400309.jpg
そう言えば、今年は鳥年でしたね。


坪洲島から16:10のフェリーで戻った私たち。
島で2回もお茶してきた私たちが向かったのはこちら(笑)
b0312126_17370163.jpg
中環の公利さんです。

本日のディナーに備えて、アレをいただきますのです。
b0312126_17382746.jpg
亀ゼリー!
これを食べてお腹スッキリですのよ(笑)
サトウキビジュースは、同席した若い女子から勧められたので。ねもはサトウキビジュースは少々苦手です。
ねっとりした喉越しのせいか、なんか喉がイガイガするんですよ。あと、当たり前ですが甘いですし。
やはり、苦うま亀ゼリーですよ!
公利さんの亀ゼリーは中サイズで36ドルと良心的。サトウキビジュースで名を成したお店ですので、キビシロップが激うまなのです。

お店にはこんな方もいます。
b0312126_17384029.jpg
去年会った時より少し大きくなったね。
相変わらずすばしっこいのでうまく写真が撮れませんが、相変わらず美人さんでした♥

腹ごなしに亀ゼリーを食べた後、フェリーターミナルへ。
b0312126_17385228.jpg
期間限定の観覧車、「中環海濱巨型摩天輪」はまだありました。中環のスターフェリー9番乗り場前の広場です。
なんだかもう景色に馴染んできたね。

b0312126_17391950.jpg
尖沙咀のハーバーシティの春節デコレーションはいつも素敵です。
今年はちょっと大人っぽいですね。繊細な切り絵のようで美しい✨

で、ハーバーシティの中で迷いつつもようやく辿り着いたこちら。
b0312126_17392553.jpg
マルコポーロホテル内にある上海料理レストラン、夜上海です。
今日のディナー…ではなく、お目当てはこれです。
b0312126_17393891.jpg
夜上海特製、お茶を使ったチョコレートです。
b0312126_17535793.jpg
こんなスタイリッシュな箱にキレイに詰められていますが、チョコ自体の仕上がりは、コーティングのチョコがはみ出してたり、形が歪だったりと割とラフな感じ(笑)
Ottoと半分こして食べましたが、うーーん、チョコと中国茶を合わせるのはちょっと勿体ないかな。チョコとしては、スタンダードなアニエスベーのチョコの方が好きでした。

さて、今回の香港旅最後を飾るディナーは、
b0312126_17403023.jpg
新東記火鍋店です!
香港旅16回目にして、初めての火鍋体験です!
超人気店のため、マチルダが予約してくれました。
b0312126_17403058.jpg
しかし、マチルダ、ダウンを着たまま??
そうなんです。寒かったんです。

お店に到着し、入口で名前を告げると、案内嬢が何やら席の説明を始めました。「はい?」という顔をしてたんでしょうね。「とにかく見てみて」ということで連れてこられたのは、ビルのルーフトップ(゚Д゚;)
いやー、ルーフトップと言えば聞こえがいいかもしれませんが、屋上ですよ屋上。
b0312126_17403132.jpg

ビヤガーデンじゃあるまいし。
いえね、外席も面白いですよ。面白かったですけど、亜熱帯とはいえ香港の冬はそれなりに冷えるのですよ。まして尖沙咀のビル群のど真ん中わけです。ビルの屋上ですから、ビル風がねえ。
火鍋だし、後ろにストーブ背負ってるし大丈夫、と思ったんですが、やっぱし寒かった…。
「いえ、室内でお願いします」と言うべきでございました。ま、面白かったからいいけど。
背後のホンコンヤンたちはまったくもって薄着ですね。強い(゚Д゚;)

でで、香港の火鍋文化はなかなか楽しいです。
b0312126_17403194.jpg
スープをオーダーシートで選んで注文をすると、こんなセットがゴンッと持ってこられます。
これで各自タレを作るのです。そう、香港スタイル火鍋においては、タレ制作のセンスが問われるのです。
どの調味料がどんな味だか全然分からない中で、マイベスト火鍋のタレを作っていくわけです。しかも、よく気がつくスタッフばかりでですね、「できたかな?」というタイミングを見計らって、ささっとタレ作成キットを他のテーブルに持って行くのです。まさに時間との勝負。寒さも忘れるというものです(もう一回持ってきてもらえばいいのです)

タレの皿は2枚配給されていたので、タレを2種類作りました。
結果、ゴマダレ、木の実ダレ系が無難です。
ねもはポン酢的なものに手を出したら、ポン酢とは似ても似つかない正体不明のタレが出来てしまい、取り返しのつかない状況に陥りました。しゅーん。
b0312126_17403196.jpg
食卓はこんな感じに。
写真がイマイチですが、こんな外席もあっという間に満席になって、後ろに下がってパチリとかできない状況だったのです(言い訳)
お肉が売りのこのお店、牛肉がめちゃ旨でした(でもやっぱり少し高かった💦)
それから、テーブル奥に見えていますが、野菜が山盛りで嬉しい♪上げ底とかじゃなくて、中くらいのボールに山盛りなんですよー。
豆苗が実に美味なんですよーーー。
とにかく火鍋はカスタマイズ料理なので、スープも具もものすごい種類が多いです。選ぶの大変です。楽しいです♪
b0312126_17405117.jpg
こんなのも頼んでみました。湯葉と餃子。
美味しいけど、2人には多いよ(^^;)
火鍋はずっと食べてみたかったのに、なかなか行けなかったのは量の問題があったため。
日本でもそうだけど、鍋料理は4人ぐらいがちょうどいいですよね。

何だかんだ言って、2人鍋、とっても楽しかったです。
そしてすんごい美味しかった!
人気があるのは納得です。
牛肉と豆苗はマストです!!
絶対また行く!今度は屋根のある席にする!!(爆)

せっかく坪洲島で歩いたのに散々食べて台無しにした私たち、大満足で尖沙咀を後にしたのでした。
b0312126_17405659.jpg
ホテルに戻って、テレビドラマを見て寝ました。
ドッロドロの愛憎劇、その名も「乗勝狙撃」。
ラスト見たかったわーーー(笑)(笑)(笑)

[PR]
by nemo_2014 | 2017-04-29 18:37 | 2017_Hong Kong | Comments(0)

2016冬 沖縄の旅10~グルメ編

沖縄旅は、いつもグルメ旅です。食道楽です。
滞在した読谷村グルメとしましては、

ヤッケブースさんでパンケーキ!
b0312126_23361694.jpg
b0312126_23361617.jpg
アメリカーンなモチモチパンケーキ♥(しかしアメリカでパンケーキを食べたことはない。あっ、ハワイで食べたか!)
読谷にしかなかろうあんこラバーはOttoのお気に入り。バナナ嬉しかったっすーーー!

沖縄そばは番所亭で。
b0312126_23172837.jpg
b0312126_23175523.jpg
ここのそば、めためた美味しかった!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
優しいながらしっかりしたかつおダシの上品なスープ、弾力があり過ぎず、実にスープに合う自家製麺。沖縄そばの麺はモチモチ過ぎるとスープと合わなくなる気がします。ちょっとうどんに似た感じもしますです(by讃岐人と宮崎地鶏のハーフ)
ねも家沖縄そば部門で第一位に踊り出ました。

また、お店の雰囲気もいいんですわー。
b0312126_23175631.jpg
次回はあのムラサキな紅芋そばを食べたい。じゅる。

読谷と言えば紅いもタルトのお菓子御殿。
b0312126_23342496.jpg
こんなこともできます。むふふ。
ガラスの向こうでは整然とした工場内で、粛々と紅いもタルトが制作されています。美しいです。
b0312126_23350965.jpg
ニライビーチで、紅いも生タルト!
まだ半分凍ってた(笑)普通のタルトより甘みもイモの味も優しい。うすめの緑茶といただきたいですな。


で、今回、レンタカーで迷いつつ行ったのは、
b0312126_23193556.jpg
見た目ふつーのマンションにあるhidden jemとでもいいたいこちら。
伊計島から引っ越してきた、リトルグリークキッチン。
b0312126_23193612.jpg
いやーん、店内もステキーーーー♥
昼間は奥の窓から青い海が見えるんだそうですよ。
何故に沖縄でギリシャ料理かと仰る方もいらっしゃるでしょうが、美味しいお店があるなら行かねばならないのですよ。
ねも家、ギリシャの離島には2度ほど行ったことがございまして、すっかりギリシャ料理が大好きになって帰ってきました。新鮮な野菜とフェタチーズのグリークサラダ、炭焼きのスブラキ、タラモサラダ…などなどなど。
こちらはアメリカ人のパメラさんが作る超超超美味しいギリシャ料理のお店なのです。
b0312126_23193519.jpg
セッティングが素敵~♥エイジャンブルーのナプキンと白いお皿がギリシャ感たっぷり。
このピタパンが超絶うまいのです!あたし、ピタパンが超美味しいって思ったの、初めてかも知れないわ。
b0312126_23193693.jpg
これ、なんだっけ。タプナードとフムスかな。もうおいし過ぎて記憶が(笑)
b0312126_23193690.jpg
サラダはタジキで和えてありました。
パメラさんはジャジキと言ってました。英語発音だとジャジキなんでしょうか。
なんといっても我々がギリシャでハマったのはタジキなんですよ!
しかも、評判のパメラさんご自慢のヨーグルトを使っているので、コクがありつつさっぱり。これとピタパンがあれば十分生きていける。ような気がする。

メインはギリシャらしく盛り合わせです。
b0312126_23193707.jpg
なぜこんな写真しかないのか理解に苦しみますが、たぶん早く食べたかったんでしょう。
ポテトフライですら激うま。
やはり真ん中にはお手製ヨーグルト。何につけても美味しくなるのです。
あああ、ギリシャ行きたくなっちゃったよーーーー!サントリーニーーー!!!!!!
b0312126_00265281.jpg
こちらもメインの一部。米のように見えるのは小さなパスタ。
ホロホロになるまで煮込んだお肉のソースにフェタチーズが乗っかっていて、箸ならぬスプーンが止まりません。
これ、なんていう料理だったっけ。ミコノスで食べたような気がするんだけどな。

そしてデザートは八角を使ったショコラケーキ。
b0312126_00272296.jpg
ここにもフワフワヨーグルト。
八角は好き嫌いあると思いますが、このケーキだったら食べられるという人はいるんじゃないかな。
薫り高い大人のデザートです。お替りしたいぐらい美味しかったけど、お腹ぱんぱん。
〆にグリークコーヒーをいただいて、ごちそうさま。
これで3千円とは安すぎる。

帰りに「東京にもアポロっていうギリシャ料理店があるでしょ。偵察してきてね」と言われましたのでググってみました。
たたた高い( ̄□||||!!そしてモダンすぎる!
ギリシャ料理はシンプルなところが美味しいと思っているワタクシには、少々モダン過ぎます。あとなんかシステムがめんどくさい。
アポロもまたギリシャ人ではなくてオーストラリアの方がやっているようですが、うむーーー、偵察、行けるかなあ。

この他に、既にご紹介した嘉手納のウミユリ、南部の浜辺の茶屋に行きました。
今回もとても美味しい旅となりました。はー、満足満足。
ヤッケのアキさんゴンさん、ありがとうございましたーーー♥♥♥


そして、旅のシメは、
b0312126_23362707.jpg
空港食堂。
特別美味しいというわけではないのですが、頑張り過ぎてない感じが割と好き(笑)

[PR]
by nemo_2014 | 2017-02-04 00:47 | 2016_okinawa(12月) | Comments(0)

2016冬 沖縄の旅3~パンケーキからの唐揚げ

南部からぐぐっと北上して、またまたやって来ました。
b0312126_23293924.jpg
見よ、この美しいクラシックパンケーキ♥
b0312126_23293913.jpg
あっっ、ホイップバターが流れたっ💦
うーーん、シンプルイズベストだなー。モチモチ生地を思いっきり堪能できるこれはファンになっちゃうなーーーー♥
2回に1回は注文しよう。

Ottoはいつも良きチョイスをします。
b0312126_23293944.jpg
フレンチトースト。
これがまた激うま!!!!!!毎朝食べたいんですけどーーーーv( ̄ー ̄)v

そして夜には、店主に連行されまして、
b0312126_23300982.jpg
…じゃなくて、ずーっと行きたかったこちらのお店に連れて行っていただきました。
b0312126_23300935.jpg
気風の良い姉さんがお一人でやっておられる食堂でございます。
まずは評判の唐揚げ。
b0312126_23305505.jpg
何故これが一人前なのか分かりません。いわゆる唐揚げ用のちっこい肉じゃありません!
そして何故こんなに美味しいのか全然分かりませーん。お肉がジュースィーで衣がカリッカリ。
b0312126_23305539.jpg
ギョーザ!
見た目ワイルドなのは、お店が混んで来たから(笑)
ええ、全然構いませんよ。だって、めためたにうまい! んですから!
あー、今すぐ食べたい…。
b0312126_23305458.jpg
奥さん!見てくださいよ!これがゴーヤチャンプルーってもんですよ。
東京の店で出るのは、もやしチャンプルーゴーヤ添えですから!もしくは玉ねぎチャンプルーだな。
苦うまゴーヤとなんらかのお出汁とちょうどいい油加減。
あーーーー、今すぐ食べたいーーーー!
b0312126_23305574.jpg
おすすめのかしわ飯。この照り♥お腹いっぱいでも食べられちゃうのよん。
もうねー、鶏とご飯て素晴らしいよねー。
世界中にあるんじゃないかしら、この組み合わせ。奄美の鶏飯、海南鶏飯とか、カオマンガイとか。
ワタクシはスペインの美男子の宝庫レオンという町で食べた鳥めし(そういう名前ではない)が忘れられません。あ、そうだ、アロス・コン・ポヨだ。

こんな美味しい思いをして、しかもおごっていただいちゃいました。
アキさん、サチコさん、ご馳走様でした。次はギリシャ料理ご馳走します!

お腹いっぱいで外に出てみたら、
b0312126_00031462.jpg
クリスマスの名残か、嘉手納の町はミステリアスなことになってました。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-01-15 20:26 | 2016_okinawa(12月) | Comments(2)

2016夏 香港の旅12~最終日は唐閣で豪華ランチ!

◆9月22日(木)◆ 文中のドルは香港ドル 1香港ドル=13円くらい。
b0312126_18340990.jpg
ランガムホテルのロビーに飾ってあった、ピンクの紫陽花。美しい~✨

最終日の朝。
b0312126_22540162.jpg
ホテルの窓辺で昨日の老婆餅&ヨーグルトのブレックファスト。
b0312126_18341612.jpg

老婆餅の皮がすっかり崩落しておりますね(笑)
オレンジの蓋のボトルは、セブンのシーココナツドリンク。あんまり甘くなくて美味しかったです。キンキンに冷やすともっと美味しいかも。

朝食後は、堅尼地城方面へ向かってぷらぷらお散歩。海っぺりの道を歩きます。
b0312126_21440662.jpg
左はもうすぐ完成の市民プール。居民でないと使えないのかなー。
b0312126_21440601.jpg
あっ、緑のトラム!
今のトラムのボディは各社の公告ラッピングしまくりですが、昔のトラムって、こんな感じでしたよね。地味だけどセンスいい緑だなあ。

b0312126_21440726.jpg
泳げるビーチはありませんが、海のすぐそばの公園です。
b0312126_21440509.jpg
公園の中では、何やらインストラクターの動きの合わせて体操していたり、独自に太極拳やっていたり、歩いていたり、走っていたり、みな思い思いに過ごしていました。
b0312126_21443923.jpg
海側のプロムナードでまったり。はあ~、こんなお散歩もいいねえ。

ところで、プロムナードで前を歩いていた白Tシャツのおじさん、
b0312126_21443891.jpg
どうやらランチを調達してきたらしい。
スタスタ前を歩いていきます。
前方の黒っぽい柵の左手、銀色の柵のところで海側に向きました。次の瞬間、ひょいっと船の舳先へ飛び乗ったのです(゚∇゚ ;)エッ!?
おじさんが歩く速度に合わせて、船が左から岸に近づいていたのです。接岸もしていない船に軽々と飛び乗ったおじさん。ただモノではありません!

この写真では見えにくいのですが、白いTシャツの背中には、HONG KONG PILOTSと書いてあります。
PILOTというと制服着た飛行機を操縦している人を想像しますが、この場合のPILOTは水先案内人。
東京灣にもパイロットさんが沢山いらっしゃって、日々大きな船の水先案内をしているのです。狭くて混雑するヴィクトリアハーバーのパイロットも大変そうですね。
いやー、びっくりして写真が撮れませんでした。カッコよかったなあ。

さて、時間でござる。
ホテルに戻った私たちは、チェックアウトし、またしてもあっという間にインタウンチェックインを完了。
ホテル~香港駅間がなんと10分でした。

そして最終ランチはこちらへ!
b0312126_22061823.jpg
大好きランガムホテル!(と言う割に、2回しか泊まったことない(◎_◎;))
b0312126_21453211.jpg
この重厚なロビーがいいのよねえ。
あちこち工事が進む香港。かつて尖沙咀駅からランガムに向かうには、大きな九龍公園徑を渡らなくてはならず、渡るためにだけ地下道に降りなくてはならなかったりして結構面倒だったのですが、今は尖沙咀駅から続く地下道のL5出口からすぐになっております。


私たちがランガムホテルに来る理由は、
b0312126_22062659.jpg
ここで食べるためさ!
唐閣(T'ang Court)さんはもう、私たちの間では5つ星級。
味は重すぎない広東料理で、とても丁寧なお料理ばかりで文句なし。スタッフは堅苦しくなく、ものすごく気が配られております。
ミシュランが何と言おうと、絶対5つ星だよ!(`□´)

12時ぴったりに予約しまして(予約した方がいいです!)、アラカルトでいただきました。
お昼は点心がいただけます。前より点心の種類が少なくなってました。私たちが恋い焦がれていたフカヒレ餃子スープがなくなってた!なんでー?(T△T)

気を取り直して、春巻。
b0312126_21452852.jpg
この美しい空間にあって、あまり飾り気のない盛り付けですが、これって自信の現れ?と思うぐらいうまいのだ!
b0312126_21452861.jpg
はあぅうう♥シューマイ!
b0312126_21452978.jpg
もちろん、エビ餃子!!
アメ~~~~イジーーーーンv( ̄ー ̄)v
b0312126_21453029.jpg
大根もちーーーー!XO醤がカリジュワでたまりませーーーーん!!!!!
b0312126_21453015.jpg
フカヒレじゃないけどスープ餃子。餃子の中にはなにやらキノコがたっぷり。
皮はむちむち。もうねー、スープがねー。いい仕事されてますよ!!!

どれもこれも美味しかった唐閣において、今回のビッグサプライズはこちら!
b0312126_21453033.jpg
マーラーカオ!!!!!!
いやー、わたくし、今までマーラーカオには全くもって思い入れのない人だったんですよ。
なんだかシェフのおススメっぽいしで、何の気なしに注文したんですよ。
そしたら、アメーーーーイジ~~~~~ン(* ̄□ ̄*;
もうね。これは食べてみないと分からないと思うの。思うの。
毎日食べたい!ああもう今すぐ食べたい!!!!!!

はあはあ。

デザートはこちら、
b0312126_21453284.jpg
楊枝甘露。
これもね、非常に美味しかったです。
以上、税サ込みで、932.8ドル。だいたい1万2千円ぐらいでしょうか。お一人さま6千円のランチはお高いですが、物価高騰中の香港で、それなりのホテルのランチであれば高くはないのですよねー。つらいわー。
でもでも、何度も言うけどとにかくスタッフがとっても感じがよくて、お茶もどんどん代えてくれて、またそのお茶も美味しくて、もうずーーーっとお茶を飲みながら食べ続けていたいと思えるお店なのですよ。
やっぱり好きだわ、唐閣。大大大満足のランチでありました。

ランガムホテルから九龍駅までは何なら歩いても行けますが、お腹ぱんぱんなので的士♥
あっという間に到着して30ドルでした。
b0312126_21453368.jpg
エアポートエクスプレスからのこの景色を見ると、ああ、旅の終わりが近づいているんだなあと淋しくなりまする。

そして、客待ちで出発が30分遅れたキャセイ。
b0312126_21453345.jpg
さらに悲しみを煽る、しょぼいご飯(´・ω・`)
ああ、スプリングムーンとコラボしていた頃が懐かしいよ。

ということで、香港の旅も無事終了。
今回もマチルダと、食べて食べて食べての旅でありました。マチルダ、いつも楽しい旅をありがとう!多謝!


帰ってスーツケースを開けると、
b0312126_21461107.jpg
猫が入っておりました(爆)
お後がよろしいようで~。ちゃんちゃん♪

[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-03 23:08 | 2016_HongKong(9月) | Comments(0)

2016夏 香港の旅7~ローカルな飲茶 新興食家@堅尼地城 

◆9月20日(火)◆ 文中のドルは香港ドル 1香港ドル=13円くらい。
本日は豪雨(◎_◎;)
b0312126_22574653.jpg
地滑に気を付けて参りますよ。
こちらはMTR堅尼地城駅。雨の中向かったのはこちら。
b0312126_22575378.jpg
最近知名度上昇中の飲茶専門店新興食家
素朴なパンが美味しい祥香茶餐廳の近く、士美非路にあります。
このお店が変わっているのはその営業時間。なんとオープンは朝の3時!(゚Д゚;)閉店は午後4時です。
b0312126_22574521.jpg
こうやって見ると、普通のローカルな飲茶屋さんねーと思うんですが、入口は限りなく入りにくい度120%。
ひしめき合うような丸テーブルには、地元のお客さんばっかり。全然英語が通じる雰囲気ではありませぬ。
小心者の私たち、「いやー、これ、入れるかなー」と入口でモジモジしていたら、入口近くに座っていたお爺さんに「入りなさい」と促され、「お客さんだよー」と招き入れられました。(全部広東語なので想像。でも間違いないと思ふ)
b0312126_22573795.jpg
ぎゅうぎゅうの店内をすり抜けて、強面のおばちゃん達にセッティングしてもらったのは、ラッキーにもおばちゃん達が待機している厨房前。黄色いエプロンのおばちゃんの横に写っているおじさんに相席させていただきました。
このおじさんには「(お味は)いかがですか?」と日本語で話しかけられてびっくり\(◎o◎)/!
香港はどローカルなお店でも、わずかに知っている日本語で話しかけてくれるお客さんがいるんですよね。嬉しいです。
b0312126_22574497.jpg
ぶっきらぼうに見えるワイルドなおばちゃん達も、意外と気を配ってくれます。
さて、こちらのお店は洗杯用の丼を出してくれますので、周りのお客さんの見よう見まねでお箸や取り皿を洗います。ひととおり洗い終わったとみるやおばちゃんはさっと皿を回収していきます。

席を確保して、食器も洗った。さて、どうやってオーダーするのかね?
菜心とかご飯もののメニューは壁に貼ってあるけれど、どうも飲茶メニューではない。

と思っていたら、厨房から蒸籠の山が出てきた!
おばちゃんがその蒸籠を大きなお盆に乗せて、声を張り上げます。
出来上がった点心をおばちゃん達がお盆に乗せて、点心の名前を連呼しながら歩き回る形式なのでした。お客さんは声を掛けたり、手を挙げたりして呼び寄せます。いわゆるワゴン式の変形版ですな。店内狭いからワゴン通らないもんね。
b0312126_22574331.jpg
蒸籠を置きがてら、おばちゃんがこの伝票に丸をつけていきます。値段の安い小點から頂點まで、点心の種類によって丸が振られていきます。
b0312126_22574631.jpg
蒸籠の数はそんなにないので、あっという間に配り終えます。ワゴン式みたいにいつまでも残っていることはないみたい。
出来立て熱々をいただけるのでいいですね。
b0312126_23414237.jpg
ただですね、この形式は、おばちゃん達の近くにいないと、自分の席まで回ってきたときには欲しいものが無くなる可能性大です。広東語ができて、でっかい声で「それくれ!」と言えれば無問題なわけなのですが。
それからそれから、広東語が分からない人には点心の名前が分かりません。
最初に「これはおススメよ!」と言われたこの点心、厚揚げの上に肉餅を塗って蒸しあげたようなものなんですが、名前が分からない。もう一回食べたい!って言いたいけど、モノが残ってないと表現できないのですよ。激ウマなのに!

b0312126_22573863.jpg
広東語ができない我々も、蝦蒸し餃子の蝦餃だけは広東語で「ハーガウ!」と言えます♪
皮はとぅるとぅる、エビぎゅっ、ぷりっ!うっまーい(≧▽≦)!
そりゃそうです。目の前のまな板の上で、熟練のおじさまが皮から手作りしてるんですもん!
b0312126_22574409.jpg
大好き腸粉。
チャイニーズクレープと表現したりもするようですが、そんなスノビッシュなものではありませぬ。アジア料理の粉もんは素晴らしい!
b0312126_22574516.jpg
たぶんこれもお店のイチオシと思われます。
おこわを湯葉のようなもので包んだもの。美味しいには美味しいけど、ねもはおこわが苦手なのでした(笑)

カスタード饅が人気らしかったのですが、ねも達はあまり好みではないのでこれにて終了。
各点心はボリュームがあるので、結構お腹いっぱいになります。
これで二人で101ドル。なんて良心的なのだ。
人気なのはよく分かりますね。かつての添好運ほどではありませんが、かなりイケてます。私的には一點心より好み。
香港らしい飲茶を楽しむなら最適かと思われます。

ところで、とある常連さん。ポケットからお茶の入った小さなビニール袋を出してお店のおばちゃんに渡していました。
なんと、自分の好みのお茶を持ち込んで淹れてもらうんですね。
おおお、カッコいい。
そういう常連になりたいなあ。(どこで?)

お腹いっぱいになって外に出ると雨は小降りになっていました。
さて、次はどこに行きましょうか。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-11-12 23:53 | 2016_HongKong(9月) | Comments(0)

2016夏 沖縄の旅4~初日の夕ご飯@HANAHOU

◆8月11日(木)◆その3
無事にチェックインを終え、一息ついた私たち。
巨大なブルーシールぜんざいのお蔭で、あんまりお腹空いてない。けど、このまま寝たら夜中に空腹で目覚めるに違いない。
お部屋のオーナーさんおすすめのレストランまで行く気力がなかったので、近所のこちらへ出向きました。
b0312126_00000466.jpg
遠くへ行く気になれなかったのに、近いと思って歩いて行ったら店は丘の上だったよ。超汗かいたよ💦
b0312126_00003330.jpg
店内はハワイア~ン。
全然お客さんがいなくて少々不安になったり(笑)
後で近くに住む常連さん的なお客さんが何組か来てホッとしましたー。
b0312126_00003445.jpg
まずはオリオンの生で乾杯だよねー!
b0312126_00003458.jpg
とりあえず、ジーマミー豆腐。
東京で食べるより大きくて嬉しい。味は普通。
b0312126_00003457.jpg
アヒポキ~。
味は普通に美味しかったです。とってもちょっぴりでした。
b0312126_00003407.jpg
あぐー豚の餃子。
うーーーん、味は悪くないけど、ちょっと脂っこかった。
b0312126_00003433.jpg
ボリューム満点コブサラダ。
と書いてあったけれど、それほどのボリュームではありませんでした。
卵とかエビとかアボカドとかいろいろ乗っていて、野菜もシャキシャキで味は良かったです。でもいわゆるコブサラダ的ボリューム感がなかったな~。
b0312126_00003418.jpg
あぐー豚のゴーヤーチャンプルー。
豚が脂っこいのと、ゴーヤの歯触りがフカフカしていてよろしくなく、味付けが中途半端な中華料理みたいになっていて残念。
やっぱりゴーヤは輪切りの方がいいような気がする。

お店の雰囲気はいい感じだし、オーダーもすぐに聞いてくれてすぐに料理も出てきて良いのですが、ここが沖縄であることと、お値段を考えると、あと一歩という気がしてしまいます。
飲んでちょっとつまむというのが丁度いいスタイルなのかもしれません。

また蒸し暑い中を歩いて帰り(下り坂なので楽でした)、お風呂に入って、おやすみなさーい。
明日は早起きだ!


[PR]
by nemo_2014 | 2016-08-28 20:59 | 2016_okinawa(8月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅11 ~YUM CHAで飲茶@中環、そして帰国。。。

◆2月22日(月)◆その2 1HKD=14.6円
これがウワサのエイリアンたちだよ!
b0312126_00320466.jpg

これを見て「あ、あの店ね」とお分かりになる方も多いことでしょう。
b0312126_00334464.jpg
店先にトラックが突っ込んでるあの店です。
b0312126_00335745.jpg
トラックの荷台にあたる場所が厨房になっているという遊び心。
b0312126_00345147.jpg
若いスタッフがキリキリ働いていましたよ。
ちなみに、トラックのナンバーは、
b0312126_00344181.jpg
もちろん YUM CHA!
というわけで、話題のスタイリッシュモダン飲茶、その名もYUM CHAの中環店に行って参りました。
b0312126_00461170.jpg
ご存知の方も多いと思うのですが、唐宮小聚(ソシアルプレイス)にいたチームが、大人の事情でお店を抜けてこちらを作ったということなんですが、大人の事情って・・・(怖)。
b0312126_00345873.jpg

店内はそれこそスタイリッシュ。このビルのテナントもお洒落なお店ばかりで、例えばFRANC FRANCなんかが入っています。
酒楼にあるような大きな円卓はなく、四角いすっきりとしたテーブルがいくつも並んでいます。結構な席数があると思うんですが、平日の昼間というのに香港人のお昼時間(1時過ぎ)には満席になる勢いでした。

で、まずはこいつらですよ。
b0312126_00320466.jpg
中にはトロットロのカスタードが入っていますので、
b0312126_00463739.jpg
あああ、失敗。ホラーになってしまった💦
広東語の記事では「嘔吐流沙包爆紅」などと煽ってます。箸で穴を開けて、口からカスタード~!という、ニッポンの厳しいお母さんに見られたら「食べ物で遊ぶなんて!」と怒られそうな楽しい飲茶です。
要はカスタードまんです。嘔吐するカスタードまん・・・(笑)
思いのほか皮が柔らかくて伸びるので、香港のふっとい箸で上手に穴を開けるには何度か練習が必要かも。
味は普通です。カスタードが少しざらついていたのが気になりました。皮は非常にキレイにキメも整っていて、美味しかったです。

もう一つの人気者がこちら。
b0312126_00462540.jpg
豚さんのチャーシュー包!
こやつらが厨房で大量に待機しているところを想像してみてください。萌え死に確実。だって、大きな蒸籠の縁から、沢山のかわゆいピンクのお耳が見えるんですよ~(≧▽≦)
これは中身のチャーシューが非常に美味でした。可愛いだけじゃなくて、本当に美味しかった。
b0312126_00470675.jpg
蒸籠チーム3点。
バラの花を象った美しい点心は、中身はなかったと思ってたんですが、調べてみたら小豆が入ってたようです。
これは見た目がキレイで食卓が華やぎますが、一度オーダーすれば満足ですな。
b0312126_00462041.jpg
工芸茶など淹れて、ゆっくりいただくのに良さそうです。

YUM CHAさんにかかれば、パイナップルケーキもこんなプレゼンですよ。
b0312126_00460005.jpg
「ボクを食べるの?」
b0312126_00460556.jpg
くうう。かわゆい。
だかしかし、食べたよ。バター(ラードなのかな?)がリッチなパイナポーケーキだったよ。

そして、ソシアルプレイス時代に話題になった龍鬚芥蘭。
b0312126_00463194.jpg
芥蘭を飾り切りしたもの。
見た目も素敵。味も間違いない美味しさ。

有色蝦餃。
b0312126_00464364.jpg
大好きエビ餃子がこんなにオシャレに。
あまりにオシャレな大きさで(つまり小さい)、食べた気がしませんでした。よってあまり印象に残らなかったんですが、普通に美味しかったんだと思います。

金四季豆
b0312126_00464988.jpg
卵黄の衣をまとった四季豆のフリッターです。
これがねー、超美味でした!
衣に何とも言えないいいお味がついていて、下戸なねもでもビールが飲みたくなりましたよ。
ただし、揚げ物なのですぐにお腹いっぱいになっちゃうのが悔しい。
b0312126_00465986.jpg
揚げ春巻き。
これは油っこかった💦
餡はお肉も野菜もしっかり詰まっていて美味しいのですが、とにかく油っこい。完食できませんでした。

あと、残念ながら品切れだったのが、Truffle Mushroom Bun。完全に見た目が椎茸な点心です。次回のお楽しみかしら。

以上、サ・お茶込で590ドル。
高いけど、食べてみたかったので満足。
お茶は玄米茶のような味で、飲茶によく合っていました。ニホンジンには嬉しい味です。
スタッフは皆さんお若いのですが、メニュー名しか書いてないオーダーシートとにらめっこしていたら、さっと写真入りメニューを持ってきてくれたり、お茶もどんどん注いでくれるし、よく気が付いてよく動きます。笑顔も爽やか。だから混んでいるというのではなく「活気のある店」という印象になるのだと思います。
大人気なのも納得のお店でした。
客層は、いわゆるヤンエグ(死語?)のビジネスランチもいるし、年配のお客さんもいるし、家族連れもいるし、当然ながら女子会もやっているという具合で、思ったよりバリエーション豊かでした。
周りのテーブルを見ると、地元っぽい皆さんは、普通のお料理を頼んでいるようでした。
デザイン点心は一度オーダーしたら十分ですもんね。

そうそう、事前に予約サイトを通してテーブルを予約したら、予約サイトからの自動返信メールとは別に、予約日の直前にお店のマネージャーさんから「当日はお待ちしてますね」とメールがやってきました。もちろん、全部のお客さんに同じメッセージを送っているのだとは思いますが、歓迎されていると実感できてやはり気分がいいものです。こういう事、小さなことですけれど大事ですね。見習わなくては💦

お腹ぱんぱんで、中環の町を少しお散歩。
坂を上って下りて。
b0312126_01292812.jpg
何屋さんだか分からなかったのですが、奥が工房になっているお店の看板にゃんこ。
b0312126_01295839.jpg
顔がちっさくて目が大きな美猫さん。
静かな雰囲気が、お店の雰囲気と良く似合っていました。きっと優しい家族に大事にしてもらっているんだろうな。

それから香港駅に戻り、エアポートエクスプレスで空港へ。
b0312126_18340323.jpg
税店をうろうろしたけれど、特に買いたいと思うものもなし。円安だったこともあるし、香港はもうお買い物天国ではありませんね。
Jo MALONEの香水なんて、日本の方が安かったという(-_-;)たったの200円ですが。

することもないのでデリフランスでカフェバニラを買ったら、41ドルもしました(T△T)
b0312126_18335122.jpg
帰りもプレミアムエコノミーで足元もシートも楽ちん♪
b0312126_18333927.jpg
帰りの方が機内食はマシだったかしら・・・そうでもなかったかしら。

お土産はこんな感じ。

b0312126_18475435.jpg
スニーカーはふと立ち寄った靴屋さんで衝動買い。めっちゃ軽くてめっちゃ安かった(笑)
陸羽のお茶の下の4つが輸入バター。これから冬に来る時にはクーラーバッグ持参で買い付けます!

香港旅行はこれにて終了。

2016年2月の香港は、12~19℃くらい。寒い日の昼間で15℃くらいでした。
モンスーンが吹いていて体感的にはもう少し寒く感じます。
ウルトラライトダウン的なダウンは必携。ヒートテックも長袖の方がよかったかも。
60年ぶりの大寒波の後ですから、特殊だったのかもしれませんが。

何度も言っちゃいますが、ホテルジェンの立地は素晴らしかったです。
MTR(香港大学駅)、トラムストップ(山道)、ミニバス(12番か13番)のどこも近い!
裏山に回れば、ショッピングモールのウエストウッドにスーパーマーケットのウエルカム(~23:00)があり、オシャレなカフェが点在。
ホテル前の皇后大道西沿いには地元のお客さんで込み合う食堂があり、お隣の堅尼地城にもオシャレ系からローカルなお店まで沢山のレストランやカフェがあります。
どこに行くにも近いし、尖沙咀や銅鑼湾みたいに混んでないから歩きやすいし、香港迷さん達が絶賛するわけがよ~く分かりました。
次回もこのあたりに泊まりたいなあ。

次回はいつかなあ、マチルダさーん(笑)

[PR]
by nemo_2014 | 2016-05-05 18:57 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
雑記
未分類

最新の記事

リアルしじみ
at 2017-08-17 23:19
2017夏 シンガポールの旅..
at 2017-08-13 00:59
2017夏 シンガポールの旅..
at 2017-08-12 00:31
東京の夜は。
at 2017-08-09 00:05
ありがとうございました!
at 2017-08-06 23:11

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

最新のコメント

こんにちは。香港としじみ..
by ぽんこ at 17:59
こんにちは。香港としじみ..
by ぽんこ at 17:59
こんにちは。香港としじみ..
by ぽんこ at 17:59
こんにちは。香港としじみ..
by ぽんこ at 17:58
> photo-kiok..
by nemo_2014 at 22:17
最終日!これで終わりかぁ..
by photo-kioku at 14:15
>ボーナスぶたさん 面白..
by nemo_2014 at 14:52
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 14:47
イヌイットカフェ、貴ブロ..
by ボーナスぶた at 05:25
先日拝見してきました!\..
by photo-kioku at 22:03

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索