タグ:ホテル ( 27 ) タグの人気記事

2017冬 香港の旅1~Hotel Jen Hong Kong 3回目!

b0312126_21334159.jpg
2月10日から13日まで、また香港に行ってきました。もちろん、旅のお供はマチルダ♥

そして今回のお泊りもホテルジェンでした。
Hotel Jen Hong Kong(香港今旅酒店)
香港西環皇后大道西508號
b0312126_20560771.jpg
レセプションのミネラルウォーター用のミニ冷蔵庫がなくなって、お茶サーバーになっておりました。
ミネラルウォーターは毎日部屋に補充してくれるので、レセプションになくても良いと言えば良いのですが、何かあったのかしら。

さて今回、キャセイホリデーのキャンペーン中だったので、問答無用でスタンダード→デラックスルームにアップグレード(≧▽≦)

しかーし。
b0312126_20553442.jpg
建築中ビルビュー(笑) 近っ!
シティビューのデラックスルーム、2001号室。
2001号室なのに角部屋ではない不思議。角部屋は2003号室でしたかね。部屋番号の振り方がよく分かりません。

そして室内。
b0312126_20545883.jpg
…おや?
ひょっとして、狭くないかい??


参考までに、これが去年の夏のハーバービューデラックスルーム1905号室。↓
b0312126_17103198.jpg

b0312126_17103194.jpg



そして、今回の2001号室。↓
b0312126_20550074.jpg
青いスーツケースの向こうはもうドアです。
デラックスなのはクッションなのだろうか。
b0312126_20555861.jpg
ステキですけれどもね。

間取りが今までとちょっと違いました。
b0312126_20545983.jpg
デスクの左奥がバスルームになっています。
今まで泊まった部屋は一つの四角い部屋の中に洗面所からトイレから全部が収まっていたのですが、普通のホテルの部屋のように、バスルームが個室になっていました。
b0312126_20545988.jpg
見た通り、狭いんですけどね。独立してる部分を合わせると、他の部屋と同じ面積になるのかも知れませぬ。
b0312126_20545908.jpg
部屋からのドアを開けると、いきなりお便器様が鎮座。
これは、同行者がよっぽど仲が良くないとかなり気になりますね。
b0312126_20545932.jpg
ま、マチルダさんは友達っちゅーか、もう今さら家族みたいなもんですから何にも気になりませんが。
いろいろ言ってますが、やはり清潔で快適。
相変わらず寒い部屋ですが、なんとヒーターの貸し出しが。私たちはあらかじめ防御策を講じていたので頼みませんでしたが、やっぱり「寒いよ~」と訴えるお客さんが多かったんでしょうね。

さて、デラックスルームの様子はよく分かったので、次はスタンダードのハーバービューをリクエストしようと思います。やっぱりバスタブ欲しいニホンジンなのであります。

b0312126_20553426.jpg
空中に浮かんでいるみたいな朝食はジェンならでは。
窓から見えるのは、建築中のビルだけではありません。
b0312126_20551110.jpg
この密集具合。香港だわー、という眺めです。
b0312126_20553418.jpg
窓の下に伸びる高速道路は、蛇がうねっているようです。
シティビューはシティビューで面白いのが香港のいいところです。
b0312126_21331615.jpg
今回もこの超便利な立地を生かして、あちこち動き回りました。
西環地区はどんどん開発されて、そのうちホテルも増えるのでしょうかね。今のまま落ち着いた感じでいてほしいですが、ジェン以外のホテルの選択肢も欲しいところではあります。素敵なマンションも沢山建ってるし、少し長い滞在の時は、エアビー使ってもいいかもしれないなー。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-03-02 20:00 | 2017_Hong Kong | Comments(0)

#生中継#またホテルジェン香港

b0312126_01594011.jpg

ということで、またまたまた・・・∞ 香港、そして三たびのホテルジェン滞在です。
b0312126_01594202.jpg

今回初めてのシティビュー、一応デラックスルームにアップグレードだけど狭いというお部屋に泊まっております。
狭い、と言ってもTST辺りの狭さから比べたらゼイタクというものですが。

さー、明日から食べるぞう( ̄¬ ̄)


[PR]
by nemo_2014 | 2017-02-11 01:51 | 2017_Hong Kong | Comments(0)

2016冬 沖縄の旅5~不思議なホテル ローヤルホテル@読谷村

那覇のアルモントホテルから移動してきたのはこちら。
b0312126_00155938.jpg
怪しさ満点のエントランス。(知らなかったら絶対予約しないよ!)
b0312126_00152927.jpg
どのあたりを目指しているのか分からないインテリア。(象が好きなの?)
その名も、
ロイヤルホテルではなくてローヤルホテルです。その辺のこだわり方は好きです。
b0312126_00143868.jpg
場所もすごいんです。
b0312126_00200456.jpg
写真が斜めってるのはお許しを。
車の屋根の向こうに赤いの見えます?
b0312126_00212926.jpg
そう、トリイステーションの真ん前!(これ、部屋ビューです)

七色のジャグジーバスから眺める赤い鳥居。
b0312126_00230364.jpg
なんというか、ニホンジンとしてはかなりトリッキーなシチュエーションではあります。
こういうの、バチが当たんないの??
かなりの重要施設だそうですが、見た目はねもが幼少期を過ごした神奈川県某市の米軍住宅みたい。そうなんです、ねもも米軍が身近なところで育ったのでした。

ところで、ここは交差点の真ん前です。なので、聴覚障碍者向けの「ピュウ、ピュウ」という音がかなり気になります。一晩中鳴っているわけではないのかもしれませんが、窓を閉めていてもよく聞こえます。ねもは図太いのですぐに慣れてしまいましたが、デリケートな方は眠れないかも知れまへん。

さて、お部屋は新館(サウスヒル)のローヤルオーシャンです。
ちょっと奮発しました、というか、予約した時にはすでにこの部屋しか空いてませんでした。

何故かロクな写真がないのですが、
まず部屋に入ったところ。
b0312126_00440257.jpg
左のドアが入口で、普通のマンションのドアみたいでした。右のルーバードアがトイレ。新品ピカピカなサティス様が鎮座されております。
トイレと洗面所が分かれているのは有難いです。
b0312126_00440213.jpg
上の写真の場所から振り返るとこうです。
応接セットのようなまた異国情緒のあるテーブルセット。椅子はアンティークなのかジャンクなのか、こだわりのある家具揃い。しかし、長椅子の方の座り心地はあんまり良くなかったです(笑)

テレビの左側がクローゼット。これまた不思議な方向にバーがついていて、あまり洋服をかけられません。
使い勝手より雰囲気重視なのかな。

応接セットの横が、ベッドです。
b0312126_00440201.jpg
写真ではちょっと伝わらないんですが、このベッドものすごく高さがあるんです。
ちびなねもは毎晩よじ登っておりました。落っこちたらケガするよ!
マットレス私好みではなかったです。ユラユラするタイプは得意じゃないのです。
そしてこのベッドは、ビミョーに狭いんですよー。
うーーん、やっぱりダブルベッドは嫌でございます。せめて掛け布団は分けたい。

ベッドの向こうがバスルーム。
b0312126_00440319.jpg
相当気合いが入っているようで、部屋の可動面積と変わらないのではと思うほど広いです。
b0312126_00440264.jpg
こちらが評判の(笑)七色のジャグジー。スイッチを入れると浴槽内部の照明が点いて、色が変わっていきます。
七色はまあなんというか、○ブホテル見たいという気もしないではありません。
がしかし、ジャグジーバスとしての基本性能はなかなか良かったですよ。浴槽が大きいので小さい人は体が泳いでしまいますが、ブクブクが非常に気持ちよかったです。
米軍に中年の裸体を晒すわけにはいきませんので、入浴中はさすがにブラインドを下げましたが、ここのブラインドの上げ下げが今一つスムーズでなかったのは残念。ロールスクリーンの方が簡単で良かったと思います。

リノベーションして間がないのか、とてもキレイな室内でした。エアコンの効きも良かったし、タオルやアメニティも揃っているし、とても快適でした。家具がオリエンタル趣味なガイジンの別荘みたいなのはホテルの特色でしょうからまあいいでしょう。

トリイステーションの向こうにばばーんと海が見えるのが気持ちよかったです。
b0312126_00430492.jpg
しかし、いただけないのは朝食。
b0312126_00424865.jpg
鳥居を見ながら朝食なのはよいとしてもですね。
b0312126_00424884.jpg
左から、目玉焼き、スクランブルエッグ、スパム、ウィンナーだったかな。
b0312126_00424828.jpg
うーーーん・・・。
タコスはなかったですよ、アキさん!

結果、こんな朝食・・・。
b0312126_00424855.jpg
か、悲しい・・・。
一応ご飯や味噌汁や佃煮(的なモノ)、パンなどもあるんですが、見た目も味も給食レベルでした。
あ、いや、イマドキの学校給食って美味しいんでしたっけ。
スペース3分の1ぐらいだったアルモントホテルの朝食の方が全然よかったよ。
コーヒーはハワイのライオンコーヒーです。ロビーにもコーヒーマシンがあって、いつでも飲めるようになっています。味は好き好きでしょうけどもね。ねもはまあまあ。

というわけで、2日目以降は朝食の権利は放棄いたしました。
旅において、限られた回数の食事を無為に過ごすわけにはいかないのですよ!

そんなローヤルホテル、我が家的にはちょっとお高いので、一度泊まってあの景色を楽しめたから十分というところでしょうか。
この時は、早期予約(60日前)割引適用 朝食付きローヤルオーシャン(禁煙ルーム)で、1泊目が一人11,690円、2泊目が12,390円でした。すごく高くはないけど、お手頃というわけでもない微妙なプライス。
b0312126_01080480.jpg
立地が抜群に良いので使いたいところではあるんですけどね。
コンドミニアムもあるけど古そうだし、やっぱり少しお高いし、だったらもう少し奮発してプールのあるリゾホにするか、Airbnbの方がいいかなーと思っております。
ま、面白い空間を体験できたので満足であります。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-01-19 00:48 | 2016_okinawa(12月) | Comments(4)

2016冬 沖縄の旅4~アルモントホテル那覇県庁前

今回の那覇のお宿も、
b0312126_17035647.jpg

8月に行った時も、こちらにお泊りしました。
価格とお部屋のレベルと立地のバランスが良く、スタッフが感じいいので他の宿にする理由がないのです。
あと、大浴場があるのがかなりのポイントですねん。

1年の間に二度の宿泊だったからか、単に空いていたのか、お部屋をアップグレードしてくれました。
2階の208号室です。
b0312126_23033478.jpg
8月に泊まったお部屋はこんな感じでした。
b0312126_17093150.jpg
あれ?あんまり違いが分からないかな。
ベッドの向こう側にコーナーソファがあるんですよ。
b0312126_23033561.jpg
コンパクトですが、こういう空間があるのですよ。
208号室は作りがバリアフリーなので、全体に広いのです。
b0312126_23033540.jpg
なにせ、お風呂は引き戸で段差なし。
b0312126_23033529.jpg
あちこちに手すりがついています。車イスを取りまわせるようにバスルームが広いのです。

8月に泊まった部屋は普通のユニットサイズでした。
b0312126_17094546.jpg
どっちにしろ、大浴場に行ってしまって使わなかったのですが。ピッカピカにキレイなのにもったいなかったですね。
b0312126_23033574.jpg
入口も広々。
たぶん、右側の扉でコネクティングルームになっているのだと思います。
b0312126_23033618.jpg
ベッドサイドにはコンパクトながらデスクもあり。
ノートPCを置いて作業するには十分。
b0312126_23033614.jpg
ねもはPCではなく、さんぴん茶を置いておりましたが。風呂上がりの一杯ですもん。

今回は朝食付き。
b0312126_23033481.jpg
こうして見るとパッとしませんが(笑)、ビュッフェコーナーは狭いところに清潔に効率的に配置されていて、お料理もなかなか頑張ってましたよ。
今回も、日本人と韓国や中国からの観光客が半々ぐらいでした。個人客ばかりなので、落ち着いた雰囲気でした。

他にもいいホテルはあるのでしょうが、次に行く時もまた使うと思います。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-01-17 20:00 | 2016_okinawa(12月) | Comments(0)

2016冬 沖縄の旅1~南部を巡る。

年末の沖縄旅は、ほんの4日間。
と言っても初日は夜中に到着したので、実質は3日間でした。
雨に当たった2日目は多少肌寒かったですが、後はほぼ良き天気でした。

今回は暑くない沖縄でできることをしてみました。
まずは、南部へ。
b0312126_23143598.jpg
平和記念資料館の入口に佇むシーサー。素晴らしいお顔でした。

今まで何度も沖縄に訪れながら、まだ行っていなかったのが南部の平和記念公園でした。
b0312126_23281887.jpg
こういう場所にも来ようと思える年になったのかな。
などと思いつつ、ガラガラの駐車場に車を停めたのですが、
b0312126_23284321.jpg
一番見たかった資料館は、この日(12月29日)から3が日いっぱいお休み(T△T)
だから空いてたのか!
事前調査の甘さを露呈してしまった次第でございます。
b0312126_23224470.jpg
でも祈念堂や公園内は回れますので、少し時間を取って歩いてみました。
b0312126_23335902.jpg
私ごときがちょこっと公園を回ったからって何かを言うなどとはおこがましいことですが、何をどう言おうと戦争にはいいことなんてひとっつもないってことだけはしっかり理解しました。


その後向かったのは、沖縄の世界遺産のひとつ。
b0312126_23374166.jpg
琉球王国最高の聖地、斎場御獄です。
こちらも観光客気分で軽々しく訪れて良いのでしょうかと思っていたのですが、中に入る前に、ビジターセンターで映像を見て、ボランティアの方にいろいろ教えて頂くことができました。
b0312126_23512260.jpg
御獄の中は、もっとワイルドなものを想像していたのですが、とても綺麗にされていて、順路に沿って石畳の道が続いていました。
b0312126_23514529.jpg
この日は時折雨も降る、風の強い日でしたが、御獄の道を歩いている間、風ははるか樹上で鳴るばかり。
b0312126_23481907.jpg
奇岩とも言えそうな大きな岩々や、生い茂る亜熱帯の植物が海から吹き付ける風を和らげていました。
b0312126_23382171.jpg
あちこちに今も島の人々が祈りを捧げる場があり、本来なら静謐な場所なのでしょうが、私たちのような観光客が大勢いて賑やかでした。
b0312126_23401201.jpg
一番人気の三庫理(サングーイ)では、人が多過ぎて常にこの状態。観光のトップシーズンにはどうなっていることやら。
b0312126_23584308.jpg
時間があったら、定時に出発するボランティアガイドツアー(300円)に参加したかったです。

岩の形とか、生い茂る木々とかいった自然にも感動しておりました。パワースポットとかいうことに疎いもので。
b0312126_00082865.jpg
オーバーユースによる自然生態系への影響も懸念されているとのことで、いずれは保護の観点から立ち入りが制限されるのかもしれません。今の状況を見るに、やはり少し制限した方が良いのかもしれないと思いました。
スペインのテイデ山のように、一日に訪れる人数を制限するとか、事前に許可証を取るとか。
何かうまい方法があるといいですね。

出口近くで、こんなハイビスカスが見られました。
b0312126_23510137.jpg
風鈴仏桑華という名前のハイビスカスです。
ブッソウゲというのがハイビスカスのことなんだそうです。こんなハイビスカスもあるんですねえ。
ちょっと曼珠沙華のような雰囲気もありますね。
強い風にあおられて、まさに風鈴のように揺れていました。

[PR]
by nemo_2014 | 2017-01-09 00:22 | 2016_okinawa(12月) | Comments(2)

湯治に来ています@星野リゾート界日光

夏の香港旅行記を書き終えたばかりですが、
b0312126_21363321.jpg

ただ今中禅寺湖の湖畔におります。
湯治♨でございます。

着いて早々温泉に浸かり、たらふく夕食を食べ、
b0312126_21363884.jpg

すぐに湯あたりしちゃうねも母を部屋に残して、また風呂へ。

サウナ20分、露天、内風呂、サウナ15分、内風呂を終えて、ただ今巨大マイクロビーズクッションが並んでいるお休み処でまったりしています。
b0312126_21364461.jpg

ここしばらくサウナ修行していなかったので、最初はなかなか汗が出ませんでした。今はホカホカを通り越して汗ダラダラです。
は〜、これで肩凝りが治りそうだわ〜。

初の星野リゾート滞在。噂どおりスタッフのホスピタリティが素晴らしく、ご飯も美味しいし、お風呂もキレイだし、大変に満喫しております。

明日は華厳の滝でも見に行こうかな。
それとも、ふやけるまで温泉に浸かってようかな。
ねも家、日光に来て、権現様に挨拶もなく帰る予感(笑)
[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-04 21:34 | 国内旅行 | Comments(0)

2016夏 香港の旅2~Hotel Jen Hong Kong 2回目

今回のお宿も、
b0312126_20442696.jpg
ネコ天ちゃんカワイイですなあ♥

Hotel Jen Hong Kong(香港今旅酒店)
香港西環皇后大道西508號

2月に来て、その足回りの良さにすっかり魅了されてしまいました。
前回の様子はこちら↓
レセプションやロビーの様子は変わりなし。
たぶん、前回も対応してくれたお姉さんがサクサクっとチェックインしてくれました。動きもしゃべりもテキパキしていてビジネスライクなのかと思いきや、welcome back! と言ってくれましたよ♥

でで、今回はデラックスルームへのアップグレード提案が。
キャセイホリデーでは、9月20日以降の宿泊にはアップグレードというキャンペーンをやっていたんですよね。18日スタートの私たちは「惜しいっ!」と思っていたところだったのです。

「でもね、デラックスにはバスタブがないの。それでも良ければなんですけど」
それは知っていたのねん。ホテルジェンは、スタンダードルームにはバスタブがついているのに、なぜかデラックスルームはバスタブなしなのよね。変ですよねえ。
何で?って聞いたら「さあー、デザイン性優先なのかしら??」とのこと。
バスタブの魅力度について少々葛藤したものの、夏だし、そんなに長くない旅行だし、デラックスルームにも興味あるし、ということで、アップグレードしてもらいました。

お部屋はハーバービューの1905号室。前回から2フロアアーップ(≧▽≦)
まずはこの眺め。
b0312126_17050481.jpg
前回(2月)の1706号室はこの眺め↓
b0312126_17055985.jpg
おや?前回と変わりない??
あらら、写真では同じように見えますねえ。実際にはかなり高くなった感じだったんですよ。
なので、
b0312126_17084085.jpg
窓際のここで座っている感覚も、より空中遊泳感が増しております。楽しい♪

さて、室内ですが、
b0312126_17103194.jpg
デラックスもスタンダードも広さは同じということで印象は変わりませんが、ベッドの間のミラー付きの棚が、グレードアップ感?

スタンダード↓では、ベッドとベッドの間にミラーのない棚があるだけでした。
b0312126_17143307.jpg
ベッドは同じかな。このクラスのホテルで、シモンズのベッドを入れているのはポイント高いです。
寝心地よいですよ~。
b0312126_17103198.jpg
スタンダードと違うのは、ベッドの向こうに引き戸があること。
茶色の引き戸をゴロゴロ閉めると、玄関・洗面所・シャワー・トイレのあるスペースと仕切ることができます。洗面所の奥はもういきなり外に出るドアなので、ここが閉められると、ちょっとした安心感が得られますね。
ちなみに、この部屋はコネクティングルームだったので、左側の赤茶色の壁の間にはお隣への扉がついています。

洗面台はこんな感じ。
b0312126_17103147.jpg
すごいですねー。ドライヤーの横のノブを開けると外ですのよ。ていうか、部屋に入るといきなり洗面台なんですよー。

前回↓はこんな感じでした。
b0312126_17205481.jpg
デラックスの方がカウンターが狭いのかな。でも、それなりに物は置けるので、問題なし。
使いにくかった蛇口の位置が真正面になっているので使いやすかったです。

洗面台の反対側はこのようになっております。
b0312126_17103166.jpg
手前からクローゼット、トイレ、シャワーブース。
クローゼットの扉が鏡になっているので、反対側の洗面台が映り込んでいます。

クローゼットはこんな感じ。
b0312126_17103174.jpg
これは同じかな。
前回のクローゼットはこんな感じ↓でした。
b0312126_17251614.jpg
今回はバスローブが2枚ついてました。薄めのワッフル生地なので、軽くて着心地いいです。

トイレは幅が狭いですが、奥行きがありますね(笑)
b0312126_17103183.jpg
ガラスの扉には上下に隙間があるので、お友達同士だといろいろ気になるかも。
その場合はベッドルームとの仕切り扉を閉めておくんでしょうかね。

そしてシャワーブース。
b0312126_17103114.jpg
ハンドシャワーでした!
前回は固定式だったので、わざわざ100均の手桶を持ってきたのに!(笑)
お湯は熱いのがたっぷり。温度調節もスムーズです。排水も全く問題なし。
シャンプーなどの物を置く棚は小さいです。シャワーの場合、カランがつかないのは世界標準なんでしょうか。
むしろ、カランがつくのはニッポンオンリーなんでしょうか。カラン、あるといいですよねえ。

シャワーを使っていると湿気はお隣のトイレにも入ってきますが、エアコンがガンガンに効いていることもあって、翌朝までにはどっちの室内もだいたい乾いていました。
なのでカビ等もなく、清潔です。

部屋の大きさは変わらないというので、バスタブがない分、水回りスペースが広くなっている感じでしょうかね。
スーツケースの置き場所は一つしかないので、もう一つは洗面所の前のスペースで広げるしかありません。
使わない時は、コネクティングの扉のスペースに押し込んでおくことはできます。
クローゼットの引き出しもそう大きくはないので、衣装持ちさんには収納が足りないかも。

立地は文句なしだし、部屋は清潔、スタンダードなシティホテルに求める条件をこれ以上なく満足している(と思っている)ホテルジェンですが、唯一ともいえるお困りごとは、ホテル全体が寒いこと(ぐらいかな。)
ショッピングモールや空港のエアコンによる寒さがマイルドになったというのに、ここのホテルだけは激寒です。ロビーや廊下が冷え冷えなせいか、部屋のエアコンを切ってもうすら寒い。
まあ、それも香港らしいといえばらしいんですけども。
暑がりな私たちでも、蒸し暑い外から帰ってくるとホッとするにはするけど、しばらくじっとしていると肌寒くなってきます。
弱冷房車でないと凍死する寒がりな方には向かないと思います。

というわけで、今回もMTR香港大学駅徒歩1分なホテルジェンから、15回目の香港旅を繰り出すことになりました。
さてさて、まずはどこに行きましょうか。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-10-12 20:52 | 2016_HongKong(9月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅3 ~Hotel Jen Hong Kong

今回のお宿は、
b0312126_22331072.jpg
Hotel Jen Hong Kong(香港今旅酒店)
香港西環皇后大道西508號
日本語サイトあります。日本語ちょっぴり変ですが(笑)
b0312126_22333416.jpg
シャングリ・ラホテルで有名なゴールデンサークルのカジュアルラインのホテルです。
1階のパン屋さんの横の入口からエスカレーターで2階に上がると、ロビー階。
カウンターの反対側にはLobby Barがあります。
b0312126_22181334.jpg
お酒には縁のない私たちですので利用しませんでしたが、明るくてキレイでした。
レセプションカウンターの端っこには、
b0312126_22333448.jpg
反射しちゃって見えにくいですが、無料のミネラルウォーターとコーヒーが用意されています。
お手頃ホテルにしては、素晴らしいサービスです。お部屋にも無料のミネラルウォーターが毎日補充されるので、こちらを利用することはありませんでしたが、暑い夏なんかは助かりますよね。

レセプションは若いスタッフばかりでした。キビキビしていてビジネスライクでもなく、親切で感じよかったです。
ただですね、事前に予約確認の意味もあってメールを送ったのですが、返事が返ってきませんでした。
禁煙のツインルームを希望していた点は伝わっていたようなんですが、レストランの予約のお願いはスルーでした。部屋についてはキャセイホリデーを通じてリクエストしていたので、話が通っていたのでしょうね。
忙しいのかもしれないけど、まったく反応がないと心配になりますよね。この点だけが残念でした。

エレベーターはレセプションカウンターの奥です。客室のカードキーをかざさないとフロアのボタンが有効になりません。

今回のお部屋は1706号室でした。
b0312126_22325465.jpg
海側の部屋でした!ちょうどビルの谷間だったので、ヴィクトリアハーバーがばっちり。
写真真ん中のビルの屋上では、洗濯物を干したり、太極拳をやっていたりする住民の皆さまがいらして、こっそり観察させていただきました。太極拳いいですよね。香港ではお年寄りもやっていて、ゆったりした動きですが、全身をよく使っていて、絶対に体にいいと思うんですよね。私も覚えたいなあ。

話が逸れました(笑)
お部屋は希望通りのツインルーム。
b0312126_22325441.jpg
ベッドは普通サイズのデュベタイプ。
鏡やコンセントがあちこちにあって、女子旅としてはとても便利でした。
窓際のベンチシートがいい感じでした。ここに座ってお茶を飲んでいると、空中に浮かんでるみたいでしたよ。
b0312126_22325319.jpg
天井が高いので広く見えます。狭い香港で、このクラスのホテルとしてはゆったりしている方ではないでしょうか。尖沙咀や中環あたりのホテルに比べると、少しゆとりがあるように思います。カオルーンホテルなんて、ドアを開けるとすぐそこに窓っていう感じですもんね。
部屋はもうそれほど新しい感じはありませんが、清潔です。
b0312126_22325498.jpg
クローゼットにはハンガーもそれなりにあって、アイロン、アイロン台、引き出しの中にはスリッパが用意されていました。
セイフティーボックスもちゃんと使えました。
b0312126_22325310.jpg
緑のペットボトルが無料のミネラルウォーターです。毎日2本補充してくれます。
お茶セットの下に小さい冷蔵庫があります。お水しか入っていないので、買ってきたものを入れられて便利。今回、自宅用のお土産にバターを仕入れたので非常に助かりました。
b0312126_22325417.jpg
洗面台は新しくてキレイなんですが、洗面ボウルがやや小さく、さらに蛇口の位置が端っこ過ぎ。顔を洗うだけで、洗面台に水が飛び散りまくりました💦
鏡の前と、洗面台の下が棚になっていたのはポイント高し。女性二人のこまごました物をいくらでも置けます。
アメニティは、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、石鹸、歯磨きセット、コットン、ティッシュなど。
石鹸の香りが良かったです。ジャスミンだったのかな。
b0312126_22325464.jpg
残念ながら、シャワーは固定式。
かなり浅めのバスタブ付き、かなり浅いです。部屋が寒かったので、お湯を溜めて浸かりたかったのですが、かなり平べったくならないと浸かれませんでした(笑)
何故かバスタブの栓が上がり切らなくて、溜めたお湯を流すために手で引っ張り上げていないとすぐに水圧で閉まってしまうという残念ポイントもあり。排水はゆっくりめです。

ビジネスホテルよりはレベル上で、シティホテルというにはシンプルという感じ。キャセイホリデーのカテゴリではスタンダードでした。
私たちにとっては必要十分で、後で紹介しますが朝食も良かったし、なにしろ立地が素晴らしくて、リピートしたくなるホテルでした。
そう、なんと言っても、ホテルジェンのイチオシは立地です。

初めて香港の方には向かないと思いますが、ある程度トウの立ったリピーターなら堪らん立地です。
私たちも西環地区には初めて泊まったのですが、いやー、超がつく便利さ。
まず、地下鉄港島線の香港大学駅のB2出口がすぐそば。
b0312126_22335420.jpg
ホテルから山道(Hill Road)に出たところ。
少々見えずらいのですが、写真右中央の緑の建物の対面がB2出口です。
乗り場からB2出口までがとーっても遠いというウワサをキャッチしていたのですが、私たちはそれほど遠く感じませんでした。
トーキョーのダンジョン的地下鉄を思えば全然OKです。
いつも混んでる港島線も香港大学駅までくると空いてくるし、駅も町も比較的空いていて歩きやすいのでとっても楽です。銅鑼湾あたりに泊まるのも楽しいと思いますが、駅の周りはごちゃごちゃしているし人も多くて、ホテルまで行きつくのは結構大変。それも香港旅の醍醐味ではありますが、寄る年波を感じつつある中年二人旅にはこれぐらいの町が丁度いいのです。

そして、前の記事でも書きましたが、ホテルが面している皇后大道西にはバスが走っています。
b0312126_13194596.jpg
エアポートバスことCity Flyerのバス停もすぐそこ。

そして、この山道を海側に降りて行くと、
b0312126_23182523.jpg
トラムが行き交う徳輔道西に突き当たります。
一番近いのはこちら。
b0312126_23170410.jpg
石塘咀ターミナルです。
b0312126_23163424.jpg
私たちはこちらも使っていました。その名も山道 Hill Road。これは西側へ向かう方の駅です。
b0312126_23174051.jpg
トラムは香港らしい乗り物ですよね。乗り場も近かったし、今回は久々の香港ということもあって、トラムに乗りまくりました。

さらに、ホテルジェンには無料のシャトルバスがあります。
b0312126_23482415.jpg
1時間に1本程度ですが、ほんの数分でエアポートエクスプレスの香港駅に連れて行ってもらえるので、時間が合えばとても便利。
チェックアウトの日、10:30発のシャトルバスに乗って、香港駅でエアポートエクスプレスのチケットを買って、インタウンチェックインを済ませて時計を見たら、10:57でした\(◎o◎)/!

これはやめられまへん。
今回は寄らなかったのですが、ホテルの周辺には食べ物屋さんも沢山あって、夜には地元のお客さんが並んで待っているようなお店も見かけました。
さすがはリピーターに人気のホテルジェン。
この辺りはまだまだ魅力的なホテルもあるし、次回はもっと開拓してみたいです。


ところで、今年は60年ぶりの大寒波がやって来たということで、比較的寒い香港でした。
なのにホテルの中はやはり冷房が入っていました。部屋のエアコンを切っても肌寒く、ユニクロのフリースのルームウェアを着てちょうどいいくらいでした。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-03-19 00:14 | 2016_Hong Kong | Comments(0)

2015夏 カナリア諸島の旅11 ~Parador de Las Canadas del Teide

テネリフェ島でのお宿をご紹介。
テイデ国立公園内唯一の宿泊施設、スペインが誇る国営ホテルです。
b0312126_23520603.jpg
b0312126_23521127.jpg
このパラドールの特徴といえば、
b0312126_22071872.jpg
テイデ山の真ん前に建っていること。
というより、ここは既にテイデ山の山中でして、
b0312126_00013959.jpg
標高はすでに2,000mを超えております。
なので、夜は星がキレイです。テネリフェ島もハワイ島と同じように大西洋にぽっかり浮かんでいる島ですので、周りに天体観測を邪魔する光源はありませぬ。各国の望遠鏡など設置されているそうですよ。
こちらのパラドールでも、お願いすると望遠鏡を貸してもらえるようです。
ただし、風がすごいですけどね。
私たちが泊まった時はそれなりに星は見えていましたが、ハワイ島の時の方が条件が良かったのか、期待していた「降るような」星空ではありませんでした。

ささ、中に入ってみましょう。
b0312126_22054267.jpg
玄関ホールです。
左側がレセプションで、奥がバルとレストラン、右側が小さなサロンのようになっています。
セルフで自由にいただけるウェルカムドリンクが置いてありました。
b0312126_22055670.jpg
私たちのお部屋は階段を上がって(エレベーターもあります)、
b0312126_22060311.jpg
スペイン式の1F(日本式では2F)の114号室でした。
b0312126_22062757.jpg
ベッドはパラドールらしい温かみのあるシンプルなもの。
b0312126_22063202.jpg
小さいながらソファコーナーもございます。
こちらのお部屋はバルコニー付きです。
b0312126_22064645.jpg
バルコニーというよりかは、サンルームのようです。
上手く写真が撮れなかったのですが、デッキチェアとテーブルがあって、外を眺めながらお茶などできます。
残念ながら、テイデビューのお部屋ではないのですが、窓から身を乗り出せばこのように見えます。
b0312126_22065944.jpg
ガラスに映って、半分しか見えないはずの山が完全に見えているように(笑)
到着日は本当にお天気が良かったんですよね~。くー。
b0312126_22070740.jpg
こちらのパラドールにはミネラルウォーターのプールもあります!
あるのですが、非常に残念ながら、私たちの到着日から改修工事に入ってしまいました(涙)なんでだよー。テイデ山を眺めながら泳ぎたかった~。

室内に戻りまして、バスルームでございます。
b0312126_22063926.jpg
いかにもパラドールらしい、洗面台。ドライヤーはいつもの掃除機みたいなホースではありませんで、ちゃんと髪を乾かせました。
b0312126_22064213.jpg
パラドールらしいお風呂。パラドールの水回りはどこも特にゴージャスではありませんが、キレイに維持されていて気持ちよく使えます。
b0312126_22292701.jpg
アメニティは変わったんですね。リップクリームがあったのがびっくり。
正方形の箱はシャワーキャップ、長細いのは・・・クシかな?
右端の青緑のは石鹸です。

こちらはレストランへ行く途中にあるサロン。
b0312126_22315435.jpg
雰囲気たっぷり。こんなところで、日がな読書でもしてみたいですなあ。
一段上には暖炉も見えます。標高も高いですし、冬は冷えるんでしょうね。
すごく明るく映っていますが、実際にはもう少し暗くて落ち着いた雰囲気です。

そしてこちらがレストランです。
b0312126_22323696.jpg
朝食、夕食を取りました。
b0312126_22324119.jpg
窓からはテイデ山がばっちり。
離島で、しかもこんな山の中での料理には期待していなかったのですが、
b0312126_22324778.jpg
こんなスタイリッシュなお料理が出てきました!
しかも、どれも美味しい(≧▽≦)
b0312126_22325161.jpg
今までいくつかパラドールでお食事してきましたが、一番と言ってもいいぐらいの美味しさでした\(◎o◎)/!

地の野菜を使った素朴なスープもあり、
b0312126_23133396.jpg
サーディンがオシャレになって缶に収まっていたり、
b0312126_23133669.jpg
何やらスポイトが刺さっていたり、
b0312126_23134091.jpg
でも、奇をてらっているだけではなく、本当に美味しい。
b0312126_23134496.jpg
シンプルイズベストのステーキも王道の美味しさ。ヨーロッパにしては肉が柔らかかったと思います。
一泊2食付きのプランでは、夜はプリフィクスのコース、朝はビュッフェでした。
朝のビュッフェもかなりの品数です。
b0312126_22384219.jpg
こちらはコールドミール。ハムやチーズ、フルーツなどなど。
b0312126_22384710.jpg
こちらはホットミール。
b0312126_22385974.jpg
お食事パンもデニッシュも、朝からケーキも(笑)、充実しております。

だいたいどこのパラドールも観光案内所を兼ねています。宿泊客だけでなく、立ち寄ったお客さんでもレセプションでいろんなご案内をしてもらえます。スタッフはもちろん英語が話せますし、非常に感じがいいです。

こんなパラドールのスーペリアルームが朝夕2食付きで1泊153.44ユーロでした。
なんてお得!
本土だったら確実に200ユーロ台後半だよ!
マチルダがパラドール友の会(違)のAMIGOカードを持っているので、直営サイトから予約してもらいました。
スペインのパラドールは本当に面白くて、素晴らしい立地だったり、歴史的な美しい建物だったりするのですが、こちらもとてもユニークな立地で、山小屋風なインテリアがとっても素敵でした。
アスリートが高地トレーニングに訪れることもあるそうです。

パラドールの敷地というわけではありませんが、近くにはすんごい景勝地もございます。徒歩でぷらぷら行けますのですよ。
ただし、高地であるという点にはご注意を。
特に到着日はゆっくり過ごした方がよろしいかと思われます。
マチルダは連日のお仕事疲れで少し具合が悪くなってしまい、お部屋で小休止することに。

というわけで、次の記事ではねもが一人で歩いて回った巨大なカルデラや奇岩の風景をお届けいたします。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-01-11 23:08 | 2015_Spain(Canarias) | Comments(0)

2015夏 カナリア諸島の旅2 ~COSTA SAL Apartamentos y Bungalowsお部屋編

さてさて、ランサローテ島でのお宿COSTA SAL Apartamentos y Bungalows、お部屋の紹介です。
私たちのお部屋はこちらの2階でした。
b0312126_16334615.jpg
作りが可愛くてテンションあがりますが、この階段をえっちらおっちらスーツケース持ち上げますので、血圧もあがります(爆)
緑の木のドアは素敵なのですが、オートロックではなく、家の鍵みたいな鍵でした。スペインのホテルにありがちな、どっちに何回転すれば開くのかなかなか覚えられない、コツがいる鍵です(ねも達だけかも💧)

こちらがリビングスペース。
b0312126_16340471.jpg
ホテルのHPの写真のとおりでした。広いんですよ~♪
こちらは2ベッドルームです。カテゴリとしてはスーペリアで、最近改装した模様。
b0312126_16340428.jpg
奥の白い扉からテラスに出られます。
右端に見切れてますが、テレビもございますよ。

こちらがキッチンカウンター。
b0312126_16340490.jpg
お食事するのに十分な広さのカウンターです。カウンターが低めで、とっても使いやすかったです。夢のマイホームの参考にいたしましょう(爆)
カウンターの両側の柱が棚のようになっているんですが、漆喰塗りで素敵。日用品をキレイに飾りたいですねえ。
b0312126_16340498.jpg
手前が4口のIHコンロとどでかいオーブン、奥の冷蔵庫の上には電子レンジも完備。食洗機はありません。だのにシンクは小さめ。鍋が洗いにくかったです。こんなに作業スペースがあるんなら、もうちょっと大きいシンクにして欲しいなあ。
清潔なキャビネットの中にはお皿やカトラリー、お鍋やボウル、ザル、こまごましたキッチンツールも揃っております。トースターや電気ケトルもあります。珍しく食器洗い用のスポンジまで用意されていました。お鍋はあまり大きなものはないですが、大中小揃っていて、フライパンもありました。
足りなかったのは、お皿を拭く布巾とサランラップぐらいかな。布巾はあるにはあったんですが、どれが台布巾なのか分からず、SPARで安い3枚入りの布巾を買って、1枚は現地で使い、残りは自分たちのお土産にしました。
例によって包丁は切れ味がすこぶる悪いのですが(でもハワイよりマシだった)、そしてまな板も究極的に小さかったのですが、まあなんとか使えました。やっぱり研ぎ器は必要ですね。

私たちは夜な夜なキッチンに立って、このようにお食事を楽しんでおりました。
ある時はテラスで食べたり(これで夕方です。日が長いので。)、
b0312126_23171622.jpg
ある時はキッチンカウンターで食べたり。
b0312126_23180796.jpg
いやー、こう見えて(?)主婦二人ですからね。準備も片づけも早い早い(^^♪
すっかり家メシにハマって、「晩御飯何にするー?」と言いながら、スーパーに車を向けるのが日課に(笑)

ベッドルームはもちろん2つ。
こちらと、
b0312126_16342162.jpg
こちら。
b0312126_16342193.jpg
なんだか間違い探しのようですね(笑)
それぞれのお部屋にクローゼットがついています。
b0312126_16342147.jpg
もちろん、一人一部屋ずつ使わせていただきました。
友達と泊まると、シェアハウスみたいで面白いですね。夜中にトイレ行くにも気兼ねがないです。ま、マチルダとの旅に、もはや気兼ねという文字はありませんけれども。

セーフティボックスもございますが、レセプションでactivatorを借りる必要があります。私たちは面倒なので使いませんでした。

バスルームはこんな感じです。
b0312126_16342188.jpg
残念ながらバスタブはなし。カテゴリによっては、バスタブがあるお部屋もあるようですので、どうしてもの方は直接お尋ねになるとよろしいかと思われます。ハンドシャワーなのは嬉しいですが、シャワーフックが異様に高い場所にあるので、ワタクシ結構苦労して引っかけておりました。
洗面台はあまり広く見えませんが、女子二人がこまごましたモノを置くスペースは十分ありました。
ちなみに右奥の茶色のオットセイみたいなのは、タオルアートのたぶんクジャク。白鳥かな。黄色いチュールの袋(カワイイ♥)に入ったアメニティが折り込まれています。
シャワージェル、シャンプー&コンディショナー、だったと思います。

タオルは大中小のセットが4組ありました。
交換してもらいたいタオルはシャワーブースに入れて意思表示します。ビーチタオルは持参したため借りませんでしたので、貸し出しがあるのかは不明です。

テラスにはテーブルと椅子、パラソルとサンベッドがございます。
b0312126_16342283.jpg
b0312126_16342211.jpg
ここで寝てる暇はありませんでしたけどね。
サンベッドの横の洗濯干しは超有効でした。これで折り畳まれている状態なので、広げると洗った水着とか、タオルとか布巾とかかなり干せます。洗濯バサミがちゃんとついているのが更にポイント高いですよね。

お部屋掃除は週5回(たぶん平日)、タオル交換は週2回、シーツの交換は週1回です。
タオルは一人2組もらえたので、十分でした。

Wifiは有料です。1日3ユーロ。一週間で18ユーロでした。私たちは使わなかったので、どのくらい「使えた」のかは不明です。

インテリアは超カッコいいスペインモダン!というわけにはいきませんで、キッチンの赤い椅子なんかはそこそこ頑張ってるけど、全体としては普通という印象です。でも、モダン過ぎて使いにくいこともなく、ダサ過ぎることもなく、誰かの家のような力の抜け加減で、却って居心地が良かったです。
このお部屋が1泊129ユーロ。
もちろん、1部屋のお値段です。5人まで泊まれることになっているので、割り返したらすごいことになります\(◎o◎)/!
なんてお手頃なんでしょう。円安でも十分お得感ありですよね。
他のホテルやアパートメントでも、200ユーロ超えるとえらいゴージャスな部屋に泊まれます。
ブラボー免税の島♪

さて、大満足のこちらのお部屋なんですが、
唯一と言っていい欠点は、お掃除が甘かったこと。
これは日本人だから気になるのかなと思うんですが、床掃除がイマイチ。滞在中に何回かお掃除に入ってくれるうちに少し改善しましたが、初日はホコリとか糸くずとか残ってました。お掃除のカートを見ていると、使っているお掃除道具がイマイチなんだろうなあという気がします。たぶん掃除機を使ってないんですよ。でっかいホウキでさーっとやってるだけで、隅っこまで掃けてないんじゃないかな。
ま、アタクシ達はそう神経質ではありませんので、持ってきたスリッパ履いて解決(爆)
でも、水回りはとーーってもキレイで清潔でしたのでご安心を。

それからそれから、もう一つ注意点を。
レストランでは夜な夜なディナーショーが開催されております。すんごい下手な唄あり、上手な唄あり。マジックショーなども開催されます。オープンなレストランで、かなりの音量で音楽を流しているので、レストランに近いプール周りのお部屋だとかなりうるさいと思います。ヘタだったのは素人のカラオケ大会だったのかもしれません(爆)
私たちの部屋はプールから一段降りた400番台だったのですが、それでもかなり響いてました。だいたいみんな窓開けてるでしょうしね。
宵っ張りスペインには珍しく、夜中には終わるので、眠れなくて困るということはありませんでしたが、デリケートな方はその点も考慮してお部屋をリクエストするとよろしいかもです。

やっぱり記事が長くなってしまいました💦
次からようやくランサローテ島の観光です。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-11-14 19:49 | 2015_Spain(Canarias) | Comments(2)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
雑記
未分類

最新の記事

2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-27 20:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-25 20:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-23 21:23
Shijimi,Happy ..
at 2017-06-21 08:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-13 20:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>えりさん 坪洲島、行..
by nemo_2014 at 19:20
>えりさん いやいやい..
by nemo_2014 at 19:10
キレイな海に異国情緒溢れ..
by eriricom at 15:14
あ~~っ香港! 私が香..
by eriricom at 15:02
こんにちは~、ねもさま。..
by うちゃぎ at 14:56
>fumixparisさ..
by nemo_2014 at 23:51
わぁ~夜桜綺麗ですね!!..
by fumixparis at 05:09
>えりさん ダラ子氏は..
by nemo_2014 at 23:28
>うちゃぎさん テネリ..
by nemo_2014 at 23:21
>えりさん ぜひぜひ目..
by nemo_2014 at 23:03

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索