<   2016年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今月のしじみさん。#27

What's this? What's this??
b0312126_11532274.jpg
やどかり?
b0312126_11552012.jpg
はみ出してきた!
b0312126_12002075.jpg
な、何者っ!?(ていうかどの部分なの?)

やだなあ、僕ですよ。
b0312126_11532130.jpg
みなさん、こんばんは。しじみです。
お正月の準備は終わったかな?

というわけで、今月も始まりました今月のしじみさん。
年の瀬を迎え、ますます元気いっぱいの白黒猫でございます。

さて、この不思議なスティックで猫を操ります。
b0312126_12014240.jpg
♪♪♪
b0312126_12014916.jpg
にゃっはーい(≧▽≦)

この不思議スティック、食欲増進月間、丸々と肥えようとする猫防止月間において非常に有効なアイテムです。

もとい、カシャブンスーパーロングの先っぽのおもちゃが取れちゃった状態なのでした。
ちゃんと替えのハチさんとトリさんを買ってあるのに、ヒモだけの状態で楽しんでおられます。カシャブンスーパーロングの紐は、少し重さのある太めのリリアン糸みたいな紐なので、カーペットとかベッドカバーとかの布の上で引きずると、しじみさんには動きが面白く見えるようです。

もう夢中だよ!
b0312126_11532100.jpg
立ち上がる!
b0312126_11532118.jpg
跳ぶ!!!!!!
5.35キロの巨体が舞い踊ります!(笑)

何だかんだ言って、猫にはヒモなんですよねえ。
いろんなおもちゃを買ってあげてるのにねえ。
何なら、カシャブンの羽が取れて、体(っていうの?)のポンポンだけになったヤツが紐の先に付いていると、さらに大興奮です。大喜びで捕まえてガジガジ齧ってヨダレだらけにするので、すぐにボロボロになっちゃいますが。

先月まで流行っていたじゃれ猫パレードはすっかり人気凋落。
出してあげても、大人猫の付き合い程度に手を出すぐらいです。くすんくすん。
猫のおもちゃ業界もキビシイものです。

またこれぐらい跳んでくれるおもちゃを探さねば!
b0312126_12224182.jpg
ばびゅーーーん!


あと、これはどこの猫さんにも見られる傾向かと思われますが、
b0312126_11532261.jpg
布バッグの手提げの部分のニオイが好きですよね。
人間の手あかのニオイが好きなんですかね。
(この写真は写真教室でカワイイ!と褒めてもらえました♪)

ゴロにゃん♥し過ぎて、
b0312126_12170281.jpg
ああっ、ふんわり感出そうとして絞り開いてるんだから、動かないでー!
b0312126_11532333.jpg
とおおおーっ!
バックドロップを決めるしじみさん…。
b0312126_12194452.jpg
はっ。僕、今なにを??
しばらくすると我に返るのが面白い。

さて、今月は下僕1号の不在が多くて写真が少ないので、今年最後ですから、今年のしじみさん特集といきましょうか。
しじみさん的今年の一大ニュースは、
b0312126_12280083.jpg
やっぱりこのベッドを買ったことでしょう。
b0312126_12283180.jpg
すぐに入り、
b0312126_12293367.jpg
すぐに顔を出して、
b0312126_12290180.jpg
すぐに戦う( ̄◇ ̄;)エッ
b0312126_12354647.jpg
こわっ!

キャットタワーも引き続きご利用ちう。
b0312126_12333158.jpg

青菜deファイトも継続中(こら)
b0312126_12303308.jpg
b0312126_12310231.jpg
変顔。

b0312126_12324887.jpg
岩合さんの番組はお気に入り。

b0312126_12313292.jpg
何故かビニール袋に執着を示すしじみさん。
b0312126_12523397.jpg
最近はどんなビニール袋でもかぶって行進するようになりました。スーパーの袋でも何でも、カシャカシャ音を出すと「被りたい被りたい」とよじ登ってきます。このままご飯食べようとして「あれっ?」ってなるのがカワイイ。
b0312126_12300343.jpg
傘に入ってお小言。
b0312126_12265948.jpg
びゅーーーん!
b0312126_12272960.jpg
いつも遊びのとばっちりを食うのはOtto(笑)

今年はちゃちい猫柵を設置したばかりに、しじみさんが玄関から脱走するという重大事件が発生しました。すぐに身柄を確保、収監できたから良かったようなものの、下僕1号の寿命が1日ぐらいは縮んだと思われます。
しかしそれ以外は至極平和な1年でありました。

今年も1年ご機嫌でお過ごしいただけましたでしょうね?しじみさん?
b0312126_12594008.jpg
まあね。…甘えながらドヤ顔する男。

今年も1年、当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございました。
来年も白黒猫溺愛記事と共に、本来の旅記事にも引き続きお付き合い頂けたなら、とても嬉しいです。
良いお年をお迎えくださいませ!

b0312126_13023359.jpg
うん。来年もいいニオイがするよ!

[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-31 20:23 | 白黒猫 | Comments(2)

#生中継#もう帰り・・・

b0312126_20312143.jpg

弾丸沖縄旅も、もう終わり。

今回は、
b0312126_20312466.jpg

城を巡る旅でした。
b0312126_20345651.jpg


そして、沖縄旅に欠かせなくなった、
b0312126_20312739.jpg

ヤッケでパンケーキ!

美味しかったー!
けど、全然足りなーい(>_<)(>_<)(>_<)

また行かないと!(爆)
[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-31 18:30 | 2016_okinawa(12月) | Comments(0)

#生中継#@ニライビーチ

b0312126_11001640.jpg

あったかーい(≧∇≦)
[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-31 10:59 | 2016_okinawa(12月) | Comments(0)

#生中継#浜辺の三毛

b0312126_12383884.jpg

ではなく、(笑)
b0312126_13004392.jpg

南部の超人気海カフェ、浜辺の茶屋に来ています。
あいにくの曇り空、そして、ドン引きとでも言えそうな引き潮ですが、それでも何組もウェイティングしていました。
b0312126_13004690.jpg

まあこのシチュエーションですからね。

海カフェはほかにもあるけど、混んでると思われるここに来たのは、やはり
b0312126_13004923.jpg

にゃんこ先生に会うためでして(笑)

曇りだしね、雨も降りそうだしね、ねむねむな三毛ちゃんでございました。
はー、満足満足。
[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-29 12:37 | 2016_okinawa(12月) | Comments(0)

#生中継#着いた〜。

b0312126_01063470.jpg

やっほーい🎵
沖縄ふたたび。
[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-29 01:03 | 2016_okinawa(12月) | Comments(2)

#生中継#また・・・

ここはどこでしょう?
b0312126_19154849.jpg


こんなこともしてたり(笑)
b0312126_19155221.jpg

[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-28 19:14 | 2016_okinawa(12月) | Comments(0)

セブ島留学(一週間)学校選びと総決算!…とお土産♪

b0312126_19422998.jpg
さて、一週間のセブ島超短期留学、いったいいくらかかったのでしょう。
学校選びのポイントは??

まず学校選びから。
使ったエージェントはこちら。


3社ぐらい見積もりを取って、担当者の提案が早くて一番的確だったフィリピン留学センターにしました。
事前にオフィスで実施される無料レッスンが何回でも受けられて、レアジョブのオンラインレッスンが12回ついてきます。
各エージェントはそれぞれ「推し学校」が違うので、それぞれ違う学校を紹介してくれて参考にはなりました。
自分である程度学校が絞りこめる人には、正直、営業担当者の違いだけで、値段や特典の違いはあんまり無いように思いました。
私は出発までそんなに時間もなかったので、事前にかなりリサーチして学校を絞ってから問い合わせました。

ピックアップした学校は、QQEnglish、TARGET、HOWDYの3つ。いずれも日本資本で、トイレバス付きの個室があって、一週間の短期留学の対応ができる学校です。あと、社会人が多めの学校ですね。当初はスピーキング重視のレッスン内容が良さそうなTARGETが最有力でした。
フィリピン留学センターからはロシア資本のジーニアスを紹介してもらいました。
セブ島に行っても、結局時間がなくて学校以外にどこへも行けないと思ったので、せめて牢獄から海の見えるQQEnglishのシーフロント校とジーニアスの2つに絞り、最終的にはカランメソッドが体験できるQQにしました。
カランについてはこちらをどうぞ。


カランメソッドについては、やってみて良かったです。またどこかで継続してやりたいです。あ、QQのオンラインでもいいんですけどね。

もしまたセブ島留学するとしたら、またQQEnglishにするかどうかは分かりません。セブ市内の様子も知りたいので、TARGETにするかもしれません。
ま、当分行けないと思いますが(笑)

社会人になって、それもいい歳をして、セブ島留学なんてどうなのと思わないでもなかったですが、行ってみて良かったです。
もちろん、たったの一週間で英語力がそんなに伸びるわけもありませんが、一日中英語の勉強だけしていられる環境なんて滅多にありませんし、普通に仕事をしていたら会えないような人にも会えて、いい体験ができました。今後の英語学習の方法について考える良い機会にもなりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて、お次は大変気になる留学費用について。
レートは、1PhP=2.42円(スーパーセーブモアでのレート)でした。

■航空券■
▶フィリピン航空直営サイトで購入
  購入したのが1か月前だったので、LCCでもあんまり値段が変わりませんでした。
   成田~セブ往復 64,210円
   プレミアムエコノミー@1,700円×2
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   計     67,210円

※フィリピン航空からは、すぐに予約確認書がきましたが、Eチケットは最後まで送られてきませんでした。フィリピンのイミグレでは帰りのチケットがないとダメと聞いていたので、かなり不安でした。成田でチェックインした際に、Eチケットが来なかったんですと言ったら、搭乗券の紙に英語で帰国便の内容をプリントしたものをくれましたが、結局イミグレでそれを見せることはなく、パスポートだけでOKでした。滞在期間が短かったからかもしれません。ネットで調べたところ、やっぱり予約確認書しか来ないようで、英語版の確認書をプリントアウトしておけば良いようです。

■語学学校■
▶QQEnglishシーフロント校
 スタンダードコース(マンツーマン6コマ+小グループレッスン2コマ+ナイトクラス2コマ(サービス)
 《事前にエージェントを通じで支払ったもの》
  入学料 15,000円
  デラックスルーム(1週間)114,800円
  空港ピックアップ費用(片道) 3,000円
  食事代(1週間) 5,000円
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   計     137,800円

 《現地で支払ったもの》
  SSP申請費 6,540Php
  IDカード  200Php
  電気代 500Php
  帰りの車代 500Php
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   計     7,740Php
   学校費用計 156,530円

   航空券+学校費用 223,740円

■その他■
▶お土産、お茶代など 1,594Php

      合計 225,334円

ということになりました。
思ったよりかかりましたかね💧GABAのレッスンに割り戻すと37レッスンぐらいかねー。
ホテルに食事に、マンツーマンレッスン26コマ+グループレッスン8コマがついていると思えばやっぱり破格です。欧米留学だったらいくらするか分かりません。
過ごし方にもよりますが、何しろ物価が安いので、その他の滞在費用も微々たるものです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

では最後にちょびっとお土産紹介。
b0312126_17473328.jpg
いずれも学校最寄りのスーパー、セーブモアで購入したものです。
OtapはQQEnglishの先生にもおすすめされたセブの人気お菓子です。うなぎパイとかホームパイみたいな味なんですって(ねもも未食)
先生おすすめのメーカーはShamrockだそうです。
b0312126_19423414.jpg
自分の親族用にはこっちを買うんですって(笑)
Shamrockは小分けされていなかったので、自宅用に、Magic Meltは職場向けに買いました。

Otapの下の石鹸は、オレンジの箱のがパパイヤ石鹸。
上の二つが人気のメーカーので、1個85Phpぐらい。
青いパッケージは美肌効果があるみたい。

右上は入学セレモニーのビンゴゲームで当たったお菓子セット。
セーブモアで売ってました。

緑の缶は、ご存知サンミゲルビール。
スーパードライと瓶の黒ビールを購入しました。

b0312126_19442044.jpg
その他には定番中の定番、7Dのドライマンゴーも買いました。
なんとセーブモアでは普通のが売り切れ。チョコがけのしか売ってませんでした。

ということで、初のフィリピン、初の語学留学でございました。
今後行かれる際の参考にしていただけたら嬉しいです。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-28 14:57 | 2016_Cebu | Comments(0)

QQEnglishシーフロント校 デラックスルームをご紹介!

ではでは、お部屋の紹介をしましょう。
QQEnglishに限らず、どの学校も部屋のカテゴリーと授業のコマ数で一週間毎の値段を設定しています。
シーフロント校は、上からエグゼクティブルーム、デラックスルーム、シェアルームの1人部屋、2人部屋、4人部屋、6人部屋まであります。
エグゼクティブとデラックスは2人以上で泊まれます。

シェアルームはトイレバス共用。
部屋の掃除は週1回なので、各自で出来るように掃除用具があるそうです。
タオル、トイレットペーパーなし、ドライヤーと冷蔵庫は有料で借りられます。

デラックス、エグゼクティブは毎日お掃除が入ります。シーツ交換は週1回かな。
トイレットペーパー1つ、バスタオルも用意されていました。
バスタオルは、普通にご家庭の洗濯機で何回か洗ったような状態を想像されるとよろしいかと。あ、もちろん清潔でしたよ。

ねもはデラックスルームをチョイス。
デラックスな留学を目指していたのではなく、共同トイレに耐えられないため。マイオウントイレがないと生きていけないのです。
もういい歳なので、プライバシーもそれなりに確保したいとか言いたいんですが、いやもうマイトイレ、その一点です(爆)

学校のホームページにも、エージェントの紹介記事にも、何故かデラックスルームの紹介がないので、ねもが詳しく解説いたしましょうねん。ねもが泊ったのは、西棟4階のデラックスルームです。
b0312126_23194432.jpg
写真にするとそれなりに見えますが、JTBでいうところの、古ーいAクラスのリゾートホテルという感じでしょうか。
広~い室内に、シングルベッドを2台くっつけたベッドがどんと置かれています。部屋が広くて、全体に作りがゆったりしていました。

水色のがバスタオル。トイレットペーパーは1巻きだけサービス。
その下は毛布なんですが、ねもは使いませんでした。
上掛けはシーツです。毎日ビシッとベッドメイクしてもらえます。そういう状態で寝られないニホンジンなねもが夜な夜なシーツを全部はがして使っていたら、2,3日経過したところで、ベッドの上に畳んでおいてくれるようになりました(笑)
b0312126_23194975.jpg
窓側に勉強机にもなるカウンターテーブルがあります。
部屋の照明は暗いです。上のベッドの写真がなんとなしにブレているのはかなり暗めだったから。
テーブルの上には蛍光灯が設置してあるので、これを点けるとかなり明るくなります。

ちょうどねもの黒いリュックが置いてある下のところに、エアコン、いや、クーラーがあります。ご覧のとおりベッドに向かって風が吹いてくる位置に設置されているので、冷房を付けっ放しにして寝ると確実に体が痛くなります。
あと、日本製ではあるのですが、作動音がうるさいです。
ねもはお休み3秒な人なので全然構いませんが、デリケートな方はすごーく気になるかも。ねもも滞在後半は何もつけないで寝ていました。寝る前に思いっきり冷やしておけば、夜中に暑くて起きるようなこともありませんでした。
b0312126_23200201.jpg
一応ドレッサー的なものもありました。鏡があるのは有難いですね。
でもこの場所だとメイクするには暗いです。ねもは荷物置きにしてました。
b0312126_23200695.jpg
冷蔵庫はこんな感じ。
外見は傷がついていてえーっ?という感じですが、中はキレイ。ちゃんと冷えます。さすがの日本製♥

b0312126_23195357.jpg
クローゼットは広いです。
ハンガーも沢山ありました。棚の下に入っているのは、洗濯物入れかなあ。
b0312126_23195832.jpg
もう一つの扉を開くと、セイフティーボックスがあります。
収納はたくさんあるし、中もキレイなので、衣装持ちさんでも大丈夫ではないでしょうか。
b0312126_23201153.jpg
そして、私的最重要ポイント(笑)、おトイレ様。
ここのトイレも水圧が弱いので、頑張って流しましょう。
洗面台の下にある白いゴミ箱が、使用済みトイレットペーパーを捨てるゴミ箱です。

洗面台は比較的水の出が良かったです。
b0312126_23201597.jpg
シャワー。
ちゃんとお湯が出ます。水量も少なくはないですが、水圧が低いです。髪が長い&多い人はシャンプーの際になかなか流れなくて困るらしい。シャワーの下のカランは比較的水の出がいいです。セブは年中暑くて水も冷たくないので、顔を洗ったり、アワアワのボディタオルを洗ったり、結構活用していました。

ちなみに、手洗いした洗濯物は、丸一日シャワーカーテンのポールに引っかけておけば、手絞りしたTシャツでも完全に乾きました。
この時期、雨がふったりして湿度も高いですが、ちゃんと乾いてくれました。

12月末は雨季の終わりではありますが、一日に一回はスコールがありました。長いと1時間以上すごい勢いで降ったりもします。
雨が上がれば、晴れてものすごい日差しが降り注ぎます。ただし完全に雲がなくなることはなかったです。到着したての日本人のお肌には優しいですね。
先生たちは「早く雨季終わらないかしら。太陽が見えないわ~!」とぼやいてました。
b0312126_23202010.jpg
ベランダもありますが、狭いし暑いので朝イチぐらいしか出ませんでした。
b0312126_23202680.jpg
デラックス以上の部屋は、全室オーシャンビューだそうです。シェアルームだと海が見えない部屋もあるみたい。
エグゼクティブがオーシャンフロントなんだろうな。
海を見ながら自習するのは良いものです。

ただし、これはデラックスだろうがシェアだろうが同じなんですが、こっち側のホテルのカラオケルームなんだかパーティールームが面しているようで、うるさいうるさい!夜中の12時過ぎまで爆音を流して大騒ぎです。フィリピン人は爆音でカラオケすると聞いていましたが、まさにそのとおり。超うるさい!12時過ぎにパーティーが終わっても、酔って上機嫌になったクレイジーピーポーが外で大騒ぎするのでさらにうるさい!!!
「寝られん!」という人もいました。
フィリピンでは神経が細いと生きていけいんですね。

お部屋についてはこんな感じです。
年中夏なので、虫もそれなりにいます。ねもが入った時はでっかい蛾がいてビビりました。
エージェントのお姉さんに勧められて、夢のアフリカ旅行に持っていくために買っておいたこちらを活用。
部屋にシュッとひと吹きで、ハエや蚊を撃退します。
こんなんで効くの?というぐらいしか薬剤が出ないんですが、効果絶大。
説明書きにはハエと蚊しか書いてありませんが、でっかい蛾にも効きました。苦しんでバタバタしていたので慌てて外に逃がしてやりましたが、翌朝にはあえなく…ごめんよごめんよ(T△T)
お蔭さまで、部屋では刺されませんでした。レッスンルームとカフェでは刺されたので、これとは別に、虫よけスプレーもマメに使った方がいいです。
ねもは日本でも外国でも、ずっとこちらを愛用しております。
蚊に刺されやすい人は必携です。

部屋についてはこんなところでしょうか。
外のカラオケを別にすれば、隣の音が気になることもなく、快適に過ごせました。
お掃除も「フィリピン基準で」頑張ってキレイにしてくれていました。ゴミも毎日回収してくれるので、部屋に蟻が出ることもなく清潔でした。

4人部屋の人に聞いたところ、お掃除が週1回しかはいらないので、自分でマメに掃除をする人がいないと、髪の毛だらけになってすごいことになるようです。シャワーも同様で、髪の毛やら虫やら流してからじゃないと入れないそうで、彼女曰く「汚い❗」
でー、お菓子なんかを不用意にその辺に置いておくと、蟻んこが列をなしてやってくるそうです。スナック菓子の袋も食い破るんだって(゚Д゚)

シェアルームのいいところは、お友達ができることでしょう。あと、費用がかなり抑えられること♪
ルームメイトは日本人とは限らないので、英語は必須になりますが、それも練習になっていいですよね。
と思ったら、「初心者にはキツい!沈黙が辛くて部屋にいたくない」とのご意見も。
まあ、本人の英語力の前に性格もあるし、相性もあるしねえ。

清潔度は人によって感じ方が違うところはあるけれど、うーん、ねもはやっぱりダメかも。
と言いつつ、順応性が高いので、シェアルーム自体には慣れちゃいそうではあります。
ただし、マイトイレだけは譲れないんだな!(しつこい)

以上、お部屋のご紹介でした~。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-27 15:13 | 2016_Cebu | Comments(0)

QQEnglish シーフロント校を解説!

セブ島留学といえばのQQEnglishですが、エージェントのサイト以外での体験談はそう多くないような気がします。
自分が調べた時には、個人ブログ等々あまりヒットしませんでした。
であればですね、学校から金をもらっていない立場のねもが、QQEnglishシーフロント校を大解剖してみようではないか。(大げさ)

b0312126_00265507.jpg
海側から見た外観。これは学校ホームページと同じ。
手前の茶色い木枠は、カフェ前テラス拡張工事のようでした。


まずは空港のお出迎えから。
b0312126_23333322.jpg


小さいマクタン空港なので、行けば分かると思ってたら、学校のお迎えは2箇所程度に分散されていました。QQは出口を右に行ったところの柵の向こうで待ってます。他の学校のように看板を高く掲げていなかったので、見つけるのに少々難儀しました。だって、左の人みたいにされてたら、見えないって。
空港建物を出たところの道路の反対側にも沢山の学校が待っているので、惑わされないように。←惑わされた(爆)

この時期は学生が少ないそうで、シーフロント校のお迎えは2名のみでした。人数が多いと学校のバスを出すようです。セブシティにある同じくQQEnglishのITパーク校の方はそれなりに人数がいたらしく、学校のバスでした。
シーフロント組はタクシー。迎えに来たインターンが普通にタクシー捕まえて乗りました。

空港から学校までは、タクシーで30分程度です。
着いた時は夜だったので暗くて周りが見えませんでした。帰りに見てみたら、大きな教会とか、バラックのような家々とか、建設中のビルとかがごちゃごちゃに散在しているような風景でした。リゾートホテルが立ち並ぶ通りに来ても、タイやバリみたいにキレイに整備されたものを想像してはいけません。ある意味、活気に溢れる通りでした。
学校の貼り紙には、一人で外出しないように、との注意がありました。
一番近いスーパーセーブモアまでは徒歩3分程度で、ねもも夕食終わった7時台に一人で歩いてみましたが、まあ、通りは暗いです。通りに出れば車がいっぱい走っていますが、ジプニーにクラクションを鳴らされるし(乗るんか?と聞かれているのだと思います)、トライシクル、タクシーやバイク、マッサージ店等々の客引きに声を掛けられます。それほど怖い感じはありませんでしたが、その先に進むなら、やはり複数で、できれば男性に来てもらった方が良いと思います。慣れれば全然平気という人もいますが、そこは自己責任ですね。


さて、学校に到着。少々遠いですが、一番奥の白い枠がエントランスゲートです。
b0312126_00265753.jpg
これは内側から撮ったもの。
ちょうどゲートのところを工事していて、働いている人が大勢いたので、近寄って撮れませんでした。
白いゲートの右側にはセキュリティガードがいて、外出記録を書いたときにもらえる番号札がないと出入りできないようになっています。

b0312126_00265998.jpg

建物入り口。手作り感あふるるサイン(笑)

b0312126_00270148.jpg

ブレいていて申し訳ありませぬ。人がいない隙にとったので。
これはプール側から撮ったものです。
奥がフロント(クリスマスの飾りに囲まれている窓口)、手前がセキュリティガード。
帰国日の出発時間がフロントの対応時間以外の場合、ここにいるセキュリティガードにチェックアウトする旨を伝え、ハウスキーパーに連絡してもらって部屋を点検してもらいます。(事前に日本人スタッフからちゃんと説明してもらえます)

b0312126_00270379.jpg
ガラスの向こうが自習室。
クリスマスの飾り付けで可愛いことになっています。
室内では私語禁止のためとーっても静かで集中できます。校内はとにかく賑やかなので、静かなのはここと自室だけでした。
日によって冷房がものすごく寒い時があるのと、少々暗いのが難点。

初日のレベルチェックテストとオリエンテーションはここで行います。
天井が高くてガラス張りのため、ものすごく音が響きます。リスニングテストが聞き取り難かったです。

b0312126_21160282.jpg
プール。
ここが結構式場だった頃は、新郎新婦がこの橋を渡って向こう側のガゼボで愛を誓いあっていたのでしょうかねえ。
右側が生徒が3食の食事や授業の間の休憩時間に集まってくるカフェです。左側はダイビングショップ。
カフェの先の拡張工事をやっていたこともあり、かなりの人がうろうろしていました。工事がなくても、先生や生徒がカフェにいるので、ここで水着になる勇気はねもにはありませんでした(笑)

とある日の夕方に、勇気ある男子が数人頑張って入ってましたが、すぐに出ちゃってました。いたたまれなかったんでしょうねえ(笑)
だいたい、プールもエクササイズ目的に泳げるサイズでもないし、プールからゆったりできる場所もないですし。なんなら、そんなに皆が入っていない水質にも少々不安があったり。

ちなみにプールサイド(写真左手前に見切れているスツール的なものの辺り)に喫煙して良いスペースがあります。

b0312126_21160476.jpg
食事はビュッフェスタイル。この絵は準備中です。ご飯時は人がたくさんいて撮れません(笑)
一応、学校の貼り紙には、ご飯かパン、メイン一種とおかず二種、お茶かジュースという組み合わせで取るように、とありましたが、皆適当に取ってました、ビュッフェのテーブルは2列あって、どちらにも同じものがおいてあります。

メイン料理は肉系がほとんど。唐揚げだったり、煮込みみたいのだったり。おかずは基本的に野菜炒め2~3種類くらいと生野菜サラダ、スープは、中華系やお味噌汁、クラムチャウダー的なものが出たりします。フルーツは常にスイカとパイナップル。入学式の日だけは特設テーブルにマンゴーが出ました。

ご飯は長粒米で、いわゆるタイ米のような長くてパサパサしたものですが、タイ米のような香りはなく、柔らかめにしっかり炊いているようで、比較的食べやすいと思います。
ま、ねもはタイ米好きなので、当てにならないですね(笑)
パンは正直言って美味しくなかったです。数人にリサーチしてみたところ、皆さん同じ意見。ココナッツフィリングが入ったような甘いパンはまだしも、チーズ入りロールパンとか、とってもビミョウです。発酵のさせ方が違うのではと思われます。でも、気温湿度ともに高いから難しいのかしら。

味の好みは人ぞれだと思いますが、思ったよりは食べられました。メニューが一巡する二週目以降はキツいかもしれませんが。
最初っから「不味くて食べられん❗」という女子たちもいました。
一週間3食5000円、単純に割り戻すと240円ぐらいですからね。ゼイタクは言えません。
料理人は時々変わるらしく、先週まではもっと美味しかったんだとか。私が行った時はちょうど料理人が変わったところで、皆さんには不評だったようです。

ビュッフェテーブルの先の柱の奥が、QQカフェのカウンターで、別料金でコーヒーやスムージー、スナックなどが買えます。
マンゴスムージーは美味しいです。作るのに時間がかかるけど。
オリエンテーションでは、カフェではIDカードにチャージして支払いですと言われますが、現金で全然OKでした。

ちなみに、一週間の短期留学生には、専用のIDカードは発行されず、入学当日に渡される臨時カードで過ごします。オリエンテーションで写真撮られたけど、使わなかったってことですね。
臨時カードにもチャージは出来るようです。

b0312126_23413926.jpg
カフェはプールと海に面していて、寒いトーキョーから来ると蒸し暑いですが、朝夕は海風が気持ちいいです。
食事時間の後はテーブルにスイカの種が落ちていたり、パン粉が落ちていたり、正体不明にペタペタしてたりします。
ずっとペタペタしているわけでもなさそうなので、1日に1回ぐらいは拭いているのかも。

ランチや夕食の混雑緩和のため、授業のスタートは8時からと9時からに分けられています。
ねもは9時スタートだったので朝はのんびりでもよかったのですが、混むのが嫌だったので7時ちょうどぐらいに行ってました。
7時ジャストだと一部まだ出来ていなかったりしますが、ご飯が炊き立てで美味しいです。
b0312126_23414587.jpg
すでにご紹介済みですが、カフェにはこんな可愛いのもいます。
猫にエサをやるなという貼り紙もあるし、フィリピン人スタッフは追い払ってましたが、生徒たちはこっそりいろいろあげています。慣れてくると可愛い♥

カフェから海へと出るとこんな感じ。
お隣はホワイトサンズというリゾートホテルです。ホワイトサンズの向こうが、EGIというリゾートコンプレックス。ねもが最後までQQと迷ったロシア資本のジーニアスという学校と、ブルーオーシャンアカデミーという韓国系の学校があります。前を通ってみたら、敷地内はかなりキレイそうでした。外観だけですけどね。
b0312126_21160726.jpg
一応、学校のプライベートビーチ。
ここに座っている人を見たことはありませぬ。暑いしね。
b0312126_21160983.jpg
目の前の島に上陸するとお金を取られます。これは左隣のブルーウォーターホテルのものらしい。

写真に撮ると、それなりにキレイに写るのがナゾ。
b0312126_21161109.jpg
左右のリゾートホテルにお泊りの皆さんが楽しんでいる海と同じはずですが、泳ぐ気にはならないビーチです。
それこそ天然そのままで美しいビーチは別として、遊泳用のビーチというものは、手入れせずには美しさが得られないのだということを学びました。

校内へ戻りまして、

b0312126_00023639.jpg
最近出来たばかりのジムとくつろぎスベースへの階段。西棟エレベーターの横にあります。
ジムは一度だけ利用しました。マシンもなかなか揃ってましたよ。ジムの隣が朝夕無料のズンバレッスンを行っているスタジオがあり、裸足でくつろぐ、ルーフテラス風なスベースがあります。

教室は、東棟(なのかな?)の2階と3階。建物入り口からの廊下の途中に階段があります。
この棟の1階には、トイレ、洗濯室、教室があります。ちなみに、学校のトイレには紙がありません。自分で用意します。
さらに、全館トイレに紙は流せません。
ニホンジンはついつい用が終わると便器に落としそうになりますが、グッと堪えてゴミ箱に捨てましょう。
またですね、水圧がものすごく弱いです。これはもう絶望的に水圧が弱い。そういうわけで、おトイレが流れにくく、アタクシは授業前に慌てたことがございます。面妖なお話ではありますが、意外と笑えませんのでご注意を。

フロントは基本的にフィリピン人スタッフなので、まずは英語です。オフィス内とアカウンティングルームには日本人が誰かしらいるので、助けてもらえます。
フィリピン人スタッフや先生たちは、そこら中の椅子やソファーにだらりと座って賑やかに喋ってます。ていうか誰までがスタッフで誰がそうでないかの見分けはつきません。スタッフ以外の人が入ることはないんでしょうけれども。
勤勉に見える事を気にする民族からすると、おいおいと思うことも多々ありますが、ここはフィリピンですので寛容に(笑)

レッスンスペースは学校のホームページで確認できるとおりです。でも、全部の先生のところにパソコンがあるわけではありませんでした。
オンラインレッスンをやっていない先生もいるということなんでしょうか。
各ブースはかなり狭くて、初めて座るとすごく圧迫感があるかもしれません。でもまあ、マンツーマンレッスンであればこんなものかなという感じではあります。衝立で仕切られているだけなので、周りからの声も良く聞こえますが、却って集中できるのが不思議。これは私が今も通っているGABAでも同じなんですよね。
先生は各ブースを固定で持っているようで、いろんな雑貨を置いていたり、壁に生徒からの手紙を貼ってあったり、思い思いにデコレーションしているのが可愛かったです。
ブースの場所によっては、エアコンの風が直撃して寒いところもあるようです。薄手のパーカーなど、上着を一枚持っていれば安心です。

施設の話ではないですが、ついでに先生のお話。
先生の質はマチマチです。
教えることへの熱意か伝わってくるいい先生もいれば、そうでもない先生もいます。
50分ずーーっとフリーカンバセーションの先生もいるんだそうです。他の生徒さんの話を聞いていると、ねもは比較的いい先生に当たっていたと思います。例えばSpeakingのレッスンを発音のレッスンに替えてもらうなど、途中で習いたい科目が変わった場合は、先生に直接お願いすれば良いそうです。2週間以上滞在する場合は、先生を変えてもらうこともできるので、遠慮なく変えた方が良いと思います。

各階にはウォーターサーバーがあって、いつでも冷えた水とお湯が自由に飲めます。
水道水は飲めないので、水筒などを持っていくと便利です。
ねもは、サーモスに飲み水を入れ、たまたま日本から持って行ったミネラルウォーターのペットボトルを歯磨き用の水入れにしていました。

学校のホームページの写真は、出来たばかりのキレイなものなので、ついついワクワクしてしまいます。
実際はそれまで日系の結婚式場だったところをちゃちゃっと改装しただけなので、写真ほどはビカビカキラキラではありません。
東南アジアの田舎の最高級ではないリゾートを経験している人なら、十分だと思えるレベルでしょうが、初めての皆様にはくれぐれも夢を見ないようにと申し上げたいです。虫もそれなりにいますし、いろいろフィリピン基準なので、あちこち気になる人もいると思います。
ねもはすぐに慣れました(諦めが早いともいう。)

長くなりましたので、お部屋については次の記事で。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-26 14:56 | 2016_Cebu | Comments(0)

#生中継#帰国!

b0312126_14592764.jpg

朝焼けがキレイであった。

本日は4時起き。
フライトが朝の8時、空港まで30分かかるとして、5時半にはチェックアウトを済ませなくてはなりませぬ。
全然目が覚めないまま、ひと通りの準備をしたら、階下に降りてフロントにいるセキュリティのお兄さんにチェックアウトしたい旨を伝えます。
お兄さん、寝てました(笑)
セキュリティからハウスキーピングに連絡してくれるので、部屋で待機します。ハウスキーパーはすぐに来てくれました。ものの1分で部屋の中をチェックして、IDカードを返して完了。
b0312126_14592972.jpg

さよなら、W402号室。

帰りは普通タクシー使うそうですが、学校でも高価で(笑)手配してくれます。タクシーはだいたい200〜300ペソぐらい、手配車は500ペソ(*_*)ぼったくりじゃないのか!とも思いますが、タクシーでもしっかり交渉しないとぼったくられるんだそうです。セブに来たときに出迎えてくれた慣れているはずのインターンでも、かなり強く交渉してました。

それでも500ペソは高いなぁと思いましたが、なにしろ早朝でそもそもタクシーが少ないし、さらにクリスマスイブでもありで、来て欲しい時間に来てもらえないことも十分考えられるので、ねもは手配をお願いしました。
車はちゃんと時間より前に来ていましたよ。
b0312126_14593219.jpg

結果として、手配車で良かったです。
料金交渉不要で車もキレイ、ドライバーのおっちゃんは安全運転でとっても快適でした。

そしてこの日、早朝のクリスマスミサがちょうど終わる時間帯だったため、教会近くの道路が大混雑!
教会の中に入りきれないほどの人が来らしく、自分が座るために持って来た椅子を担いだ人たちが狭い国道をうじゃーっと歩いています。路上で乗り合いバスのジプニーに乗る人々も大勢いるので、その都度車が止まります。ジプニーも満席になるまで客を拾いたいからトロトロ走っているし、バイクやらトライシクルやら、車線が入り乱れてまさにカオス状態(°Д°)一時は完全にスタックしてました。

教会を過ぎれば車は流れるので、空港には予定通り6時ちょうどに着けました。
b0312126_14593505.jpg

いやー、良かった。もたもたしてたら、チェックインぎりぎりになっちゃうかもですね。
お陰さまで、チェックインの列もまだそんなに長くなく、20分ぐらいで荷物を預けることが出来ました。ねもの後ろにはかなり長い列ができてましたよ。
b0312126_14593811.jpg

手荷物チェックを済ませると、イミグレーションの手前で空港施設使用料750ペソを支払います。ここは現金オンリーです。
イミグレーションは空いていたので、世界最強のジャパンバスポートであっさり通過。この時点で6時半過ぎでした。

マクタン空港は、制限エリア外にもお土産屋や水やスナックを売る店、ファストフード店があります。
制限エリア内にも、免税店、お土産屋、キレイなカフェがありました。留学エージェントからは「空港には何ありませんよ。時間を潰すのは大変ですよ」と聞いていたのですが、そうでもありませんでした。確かにショッピングは楽しめないと思いますが、椅子もたくさんあるし、思ってたより寒くないし、快適に過ごせました。地方の空港としたらいい方じゃないかなあ。エージェントのお姉さんはホノルル空港とでも比べていたのでしょうか。

さて、持ちペソが少ない中、値段をチェックしながら入ったのがこちら。
b0312126_14594084.jpg

キレイで落ち着いた雰囲気です。
飲みたかったシーズンスペシャルが予算オーバーだってので、持ちペソを見せて「これで飲めるのはどれですか?」お姉さんは笑ってカフェラテを勧めてくれました。
b0312126_14594325.jpg

アイスカフェラテ165ペソ。
これで持ちペソが残り5ペソ。使いきったと言えるでしょう(^-^)v

搭乗ゲートが12番から11番に変更になりましたが、すぐ隣なので問題なく、飛行機は定刻にテイクオフ。
一度も入れなかった美しい海を見下ろしながら、セブを後にしました。くすん。(笑)
b0312126_14594854.jpg


b0312126_14595193.jpg

しかし、これじゃあ津波が来たらひとたまりもないね。位置的にセブ島は他の島に守られているのかな。

行きはねも一人だったプレエコも、帰りは3席毎の列に2人や1人座っているという感じで、ねもの横にはおっさんが来てしまったので、行きみたいに横にはなれませんでした。残念。

フィリピン航空のプレエコはいいですね。シートも違うし、エコノミーに比べたらかなりゆったりしているし、しかも片道1700円❗(シーズンによって違うのかもしれません)
フライト時間は4、5時間なのでエコノミーでも全然行けますが、やっぱり大人は少しでも楽をしたいもの。次にフィリピン航空を使うことがあったら、またプレエコにすると思います。

ちなみに、ねもは最初、プレエコの一番先頭の席を予約していました。ビジネスの後ろなので、プレエコの中でも前が広いかと思ったんですね。
その考えは誤りでした(°Д°)
ビジネスとプレエコはかなり接近していて、当然ながらビジネス座席が大きいため、ものすごい圧迫感があるんです。しかもほとんどの時間、カーテンが閉じられて圧迫感増し増し。
テーブルはひじ掛けから取り出す方式なので、ひじ掛け自体が固定されています。つまり、自分の隣に誰も居なくても、ひじ掛けを上げて横になることができないんですね。満席の場合は、お隣との間にひじ掛けの壁があるので、それはそれでいいかもしれませんが。
b0312126_14595395.jpg

これが21列の座席。
前のビジネスの座席が迫ってますよね。

そういうことに乗ってから気づいたねもは、すぐさまCAさんにお願いして、一つ後ろの席に移動させて頂きました。いやもう、圧迫感が全然違いますよ。
という事で、教訓。
成田発着便のプレエコは、ビジネスのすぐ後ろの21列ではなく、22列より後ろを取るべし。
今後の参考にしていただけましたら、幸いでございます。

さてさて、台風がフィリピンに近付いていたせいか、帰りの飛行機はかなり揺れました。
ねもの列は飛行機が揺れ始める前にご飯が来たのでセーフでしたが、一時間ほど中断していました。
フィリピン航空は、ご飯もまあ食べられるレベルだし、CAさんたちは優しいし、聞いていたよりいい感じでした。
そう言えば、食後の飲み物で緑茶を頼んだら、「お砂糖?」と聞かれました(笑)
座席にモニターがなく、映画や音楽は機内のWi-Fiでの提供なのが面倒と言えば面倒。
ねもは本を読んでました。もちろん、英語の参考書だよ❗(爆)

そして飛行機は気温30℃のセブ島から、11℃の成田へと我々を護送していったのでありました。

これにてねもの初海外ひとり旅が終了。
なかなか面白い体験が出来ました。

さー、しじみさんが待ってるぞー♥

[PR]
by nemo_2014 | 2016-12-24 14:34 | 2016_Cebu | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
雑記
未分類

最新の記事

2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-27 20:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-25 20:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-23 21:23
Shijimi,Happy ..
at 2017-06-21 08:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-13 20:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>えりさん 坪洲島、行..
by nemo_2014 at 19:20
>えりさん いやいやい..
by nemo_2014 at 19:10
キレイな海に異国情緒溢れ..
by eriricom at 15:14
あ~~っ香港! 私が香..
by eriricom at 15:02
こんにちは~、ねもさま。..
by うちゃぎ at 14:56
>fumixparisさ..
by nemo_2014 at 23:51
わぁ~夜桜綺麗ですね!!..
by fumixparis at 05:09
>えりさん ダラ子氏は..
by nemo_2014 at 23:28
>うちゃぎさん テネリ..
by nemo_2014 at 23:21
>えりさん ぜひぜひ目..
by nemo_2014 at 23:03

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索