<   2015年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今月のしじみさん。#4

皆さんこんばんは、

b0312126_22451689.jpg


しじみです。
毎日寒いけど、僕は元気だよ。
なんたって、僕のおうちはエアコン完備だからね。


あっ、もしかして気づいてくれた?

b0312126_22454266.jpg


僕、ちょっと痩せたよね?ね??

と言うので、比べてみましょう。

12月のしじみ氏。

b0312126_22493857.jpg


そして、

今月のしじみ氏。

b0312126_22510074.jpg


ちょっと遠めにしてみた(笑)


どうかしら???

b0312126_23044214.jpg


お腹も少しすっきりしてないかしら?かしら??

しじみさんは多分お気づきになっておられないと思うのですが、
朝ごはんを5gだけダイエットさせられております。

b0312126_22473055.jpg

しじみさんももうすっかり成長期を終え、大人猫になりました。
これからは肥え過ぎに気を付けねばなりませぬ。

スレンダー&スタイリッシュな白黒猫を目指して、

b0312126_23070216.jpg


数か月間、放置されていたけりけりクッションも、ブーム再来。
これだから、おもちゃもうっかり捨てられません。

b0312126_23072450.jpg


腰をひねりつつ、蹴り飛ばし運動。
気になる脇腹に効果的。

b0312126_23112550.jpg

カシャカシャブンブンで激しくジャンプもしてます。
でもお尻はまだぷりぷり(*´▽`*)


そんなしじみさんに、下僕はいそいそと献上品を購入してまいります。

b0312126_23120013.jpg

段ボールの爪とぎ兼ベッド、カシャカシャブンブン、歯磨き用おやつ。

b0312126_23171138.jpg


どれどれ。

b0312126_23172726.jpg

あ、こりゃいいね。

b0312126_23173681.jpg

わーい♪

猫グッズだからって、猫の顔型にする必要はどこにもないと思うのです。
が、意外と気に入っていただけているので良しとします。
ただですね、これはソファで爪とぎしてもらいたくなくて献上したのですが、

b0312126_23174634.jpg

もっぱら、寛ぎのスペースとなっております。
ここで爪とぎらしき動きをしたのは1回だけ。ソファでの爪とぎは絶賛続行中です(T△T)
下僕の思いは届かないようです…。


ちなみに、歯磨き用のおやつGreeniesですが、歯垢を取ってくれるそうで、1日24粒あげてます。
口臭も抑えてくれるやに記載されてます。
効き目があるのかないのか分かりませんが、しじみさんもお気に入りのようで、カリポリいい音たてて食べてます。

本当はおデブ用のカリカリをメインにしたいところなのですが、
便秘症が相変わらずなので、消化器サポートは欠かせません。
最近は1.5日に1回のペースで巨大なうん〇をしています。消化器サポートさまさまです。
b0312126_23121172.jpg

相変わらず両手を投げ出して寝る猫…野性味ゼロ。

毎朝4時から5時に起こしに来るのも相変わらず。

b0312126_23205898.jpg

えへへ。


というわけで、今月も元気なしじみさんでした。
今月はインフルに倒れていたので写真少なめ(-_-;)

b0312126_23204704.jpg


じゃあね~!


[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-31 23:47 | 白黒猫 | Comments(4)

2014冬 Icelandの旅3 ~腐ったエイを食べる日@レイキャビク

◆12月23日(火)◆1ISK=0.97円
おはようございます。
日本との時差はマイナス9時間。ねもは時差ボケで眠れず、朝の5時過ぎから目が覚めて、寝たり起きたりしてました。
朝と言っても、こんなです。
b0312126_00363083.jpg
これでも明るく撮れてます(◎_◎;)
日の出の気配すらない午前7時。真夜中の気分で朝ごはんです。
b0312126_00345672.jpg
バスケットのゆで卵はクリスマス🎄
可愛いなあ。でもマジックの色が白身に染みてたよん(笑)気にしないけどね♪
b0312126_00355008.jpg
焼き立てパンと、ハードボイルドゆで卵、ちっさいトマトにチーズ、グレープフルーツにアイスランドの国民食スキール。
野菜は毎日この小さいトマトだけでした。ま、冬のアイスランドですからね。でも毎日フルーツを丸々1個入れてくれるのでビタミン補給できました。どれも美味しかったです。アイスランディックハーバルティーは不思議な味でした。苔とか入ってたと思います。
b0312126_00453582.jpg
Skyr(スキール)は、スキムミルクから作られるチーズの一種だそうですが、見かけも食感もヨーグルトに近いです。
低脂肪かつカルシウムたっぷり。しかも、プロテインが通常のヨーグルトの2~3倍とかなり優秀な健康食です。NYあたりではおっしゃれ~なパッケージで売られているそうですよ。
話は逸れますが、アイスランド人てプロテイン好きなんだそうです。スーパーに行くと、普通にプロテインが山と積まれています。種類も沢山あります。筋肉好きなんでしょうかね。どうでもいいですが。
NYのは知りませんが、ねもはこれはダメでした💧水分を濾して作るのでかなり濃厚なのはいいとしても、とにかく甘い。
プレーンであれば甘さがないので、自分でハチミツなりジャムなり乗せていただけるところなんですが、ご覧のとおりブラックベリーとリンゴの味付き。いくら健康食ったって、こんなに甘くしちゃダメだよ。糖が多過ぎだよ。
なにしろクリスマス期間だったため、レストランもスーパーもお休みだったので、この商品以外にチャレンジする機会がなかったのですが、5口ぐらいでギブアップしてしまいました。ごめんなさーい。
機会があれば、プレーンのスキールにチャレンジしたいです。

たっぷりの朝ごはんの後、ホテルのフリーWi-Fiにつないでアイスランドの天気予報をチェックしてみたら、どうやらお天気がいいのは今日だけみたい(T△T)
うーむ、それじゃあオーロラチャンスは今夜だけかい?
前夜眠れなかったねも的には少々ツラかったのですが、アイスランドエクスカーションズのNorthern Lights Mystery Tour (一人6,400ISK)をホテルのレセプションで申し込みました。
出発は19:00と20:00の2回。ねも達はもちろん19:00便をチョイス。せっかく日の入りが早いこの時期ですからね。早く出発して早く帰ってきて早く寝たいですもの。
レセプションのお姉さんは、ものすごく感じよく、サクサク予約してくれました♥

ちなみに、ねもがチェックしていたサイトはこちら。アイスランド各地のお天気はもちろん、オーロラ予報が見られます。
アイスランドの気象庁のオーロラ予報http://en.vedur.is/weather/forecasts/aurora/
それから、オーロラに興味のある皆様には有名な、
アラスカ大学のオーロラ予報http://www.gi.alaska.edu/AuroraForecast

この日(12月23日)は、クリスマス直前のショッピング若しくはレストラン食のラストチャンス。
予約していたランチと、オーロラツアー以外はフリーなねも家。レイキャビクの町の様子を把握するため、適当にぷらぷらしてみることにしました。
b0312126_01114911.jpg
Hverfisgata(クヴェルヒスガータ通り)。これで午前10時です。あと1時間で日の出です。向こうの空が少し明るくなっています。
手前が暗くて見えずらいですが、車が停まっているあたりに雪が残っています。Hverfisgata通りは比較的大きな通りで雪かきもされているのですが、Laugavegur(ロイガベーグル通り)に上がるために路地に入ると雪が結構残ってました。雪はもれなく夜中に凍ってますから、雪かきしてない場所は、当然カチカチのつるんつるんです。うっかり気を抜くと、両足つるっと行きます。寒いっちゅーのに、冷や汗ものです。
b0312126_01150680.jpg
ロイガベーグルってなんだか美味しそうな名前ですよね。
b0312126_01190380.jpg
アイスランド随一の目抜き通り、ロイガベーグル通り。
夜明け前という雰囲気ですね。
b0312126_01202320.jpg
名前が長過ぎて絶対覚えられない、Skolavordustigur(スコゥラヴォルススティーグル通り 本当はoの上にはウムラウト、そしてdではなくθみたいな字が入ります)。この通りの方がカフェやショップの灯りが密集していて明るい感じでした。
この通りの先が、レイキャビクのシンボル的教会、Hallgrimskirkja(ハトルグリームス教会)です。
b0312126_01261523.jpg
ロケットみたい。
b0312126_01265360.jpg
教会の向かいの通り。観光案内でよく紹介されているカフェLokiがあります。Lokiに向かう小道もつるんつるん✨
b0312126_01292087.jpg
ツーリストインフォメーションで地図をもらい、海に出てみることにしました。
b0312126_01301277.jpg
さらに雪増量。ツルツルな上にびちょびちょ。
夏のグリーンランド旅行での反省をいかして、我々完全防水防滑蓄熱シューズを履いてきております。大正解でございました。
b0312126_01302177.jpg
レイキャビクと言えばの、バイキング船のモニュメント。
モニュメントの周りは究極に凍ってました。もはやスケートリンクです。
皆つるつる滑りながら写真撮ってましたが、これってば海にせり出してますからね。不用意に暴れてはいけませんよ(◎_◎;)

朝たっぷり食べ過ぎて、まだお腹空かないのですけれど、せっかく予約したのでレストランに向かいます。
b0312126_01304059.jpg
トリップアドバイザーで、特に日本人のレビューが良かったこちらにしました。日本からお店のサイトに直接予約していきました。すぐにお返事がありましたよ。
Sjavargrillid (Seafood Grill)
Skolavordustigur 14, Reykjavik 101, Iceland
http://www.sjavargrillid.com/#!en-heim/ctv3
b0312126_01370793.jpg
口コミどおり、やや暗い店内でしたが、木を多用した温かみのあるインテリアがとっても素敵です。クリスマスの飾りつけも大人っぽくてお店に良く似合っていました。
b0312126_01424581.jpg
さーて、何食べよう。
と思ったらですね、まずは入口で「何食べる?今日はskataの日だからビュッフェがあるわよ、おススメよ。」と言われました。
そう、本日12月23日はアイスランドで腐ったエイskataを食べる日だったのです。あ、腐ったというと語弊がありますね、発酵させたエイと言わなくては。
このskataというのは、エイを長い間外に吊るしておき、いろんな段階の腐敗、いえ発酵具合を楽しむものなんだそうですが、なにしろ臭い!あまりに臭いので家庭で料理することに難色をしめす奥様方も多く、アイスランド人でも食べないという人も結構いるんだそうです。レストランでも臭いが残ってしまうことを嫌って取り扱うところも限られており、なかなかハードルの高い食べ物です。こちらのお店のHPにも、わざわざ「fermented ray(sting rayって書いてあったかも)のビュッフェは〇時から始まります」と書いてありました。

そんなskata、さすがの新しもの好きなねももご辞退申し上げました。お店に一歩入って、「おおう( ̄Д ̄;;」と思ってしまいましたです。
日本でいえばくさやみたいなものなんでしょうが、くさやはくさやにしなくても美味しく食べられるお魚を使ってるじゃないですか。
どうもエイっていうのがねえ…。あちこちの海でお見かけしますが、美味しそうじゃないんだよねえ。fermentしなくてもニオイそうな気がするし…偏見ですが。ちなみに腐ったサメも食べる習慣があるらしいです。サメの方がまだいいような気がする。
このお店、地元のお客さんにも人気があるようで、狭いskataのビュッフェコーナーには行列が出来てました。
皆さん、お皿を持って嬉しそうに列を作ってました。美味しいのかなあ…。

私たちはお魚のグリル。
b0312126_22305186.jpg
一つはお肉を頼んだつもりだったのですが、二人ともお魚が出てきました。
鱈だったかと思われます。すごい量です(笑)
魚はぷりぷり、甘めのソースが良く合います。見た目よりも優しい味で、洗練されている印象を受けました。お野菜もたくさん乗っていてとても美味しくて、ペロッといってしまいました。
b0312126_22305509.jpg
暗くてうまく写真が撮れなかったのですが、キャンドルの向こう側に見えている白いのが、評判のバター。発酵バターなのかな、ハーブ入りで爽やかでした。銀色のバケツに入っているのがパンです。バターに良く合うのでね、ついつい止まりません。お蔭でデザートに行きつきませんでした。スタッフはキビキビ働いて感じがよかったです。メインだけでも嫌な顔されませんでした。
Ottoがビール、ねもがスプライトで6,010ISK。
ランチと思えば高いんですが、とても美味でしたので満足満足。
グリーンランドの後だと、何でも安く感じてしまいます…。

ランチの後もレイキャビク歩きは続きます。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-25 22:52 | 2014_iceland | Comments(4)

nemo Bakery & Cafe@武蔵小山

給湯器直りました。
着火するための部品がイカレていたらしく、メカニックのおじちゃんがサクッと交換してくれました。
確か、この給湯器つけてすぐにも同じとこがダメになって交換したんだよなあ。
その時は保証期間内だったのでフリーでしたが、今回は出張費プラス部品代で1万ちょっと没収されました(T△T)

ところで、アイスランド旅行記を少々お休みしまして、どーしても記事にしたかった話題を!
b0312126_22451937.jpg
見て見てー!nemoって書いてあるーーーー!

「おっ、ねもときたらついに脱サラしたか!」
と思われたかもしれませんが(思いませんね)、雑で不器用なねも、パンなどという難しいものは作れません。もっぱら食べるのみです。
それは置いといて、

その存在を知ってから、ずーーーっと行ってみたかったnemo Bakery & Cafeさんに行ってきました!
b0312126_22451969.jpg
言うまでもありませんが、nemoというのはねもではなく、シェフの根本孝幸さんのこと。
「オーバカナル」や「アトリエ・ドゥ・リーヴ」のベーカリーシェフを歴任され、なんと縁もゆかりもない武蔵小山でお店を開かれたのだとか。
武蔵小山をご存知の方は分かると思うんですが、駅前にいきなり立ち飲みの焼き鳥屋があって(いつも混んでる)、すっごく活気のある商店街なんですよね。すごーく普段着な感じ。
なのに、こんなオシャレなパン屋さん兼カフェがあるなんて・・・うう、目黒は負けているっ。

お店に入ってすぐがパンコーナー、その奥にとーっても居心地のいいカフェがあります。
パンコーナーはいつも人がいっぱいなので写真撮れず。
b0312126_22451991.jpg
この写真の奥がパンコーナー。手前の一人以外の立ってる人は、パンを買いに来たお客さんです。
見ていると、地元のお客さんが次々やって来ていました。全然お客さんが途切れません。中にはシェフの顔見知りもいらっしゃるようで、シェフも奥からちょいちょい顔を出されていました。

これが店の一番奥の席。カウンターにもお席があります。
b0312126_22451955.jpg
インテリアは古き良きフレンチカントリーでしょうか。
アイアンや古びた木、味のあるフローリングに、ちょっとだけモダンな照明が似合っていました。うーん好みだ!
トイレなんてもうね!すごい素敵でしたし!!
すでに食事を済ませていたことを後悔。
お腹いっぱいだけど、無理無理お茶しましたわよ。
b0312126_22451912.jpg
この時期ならではの、ガレット・デ・ロワと紅茶。
Ottoはソーセージ盛り合わせとビール(笑)パン屋さんなのに。
そう、このお店、営業時間が9:00から22:00と長く、夜はバーメニューがあって飲みながらつまめるのですよ。
ガレット・デ・ロワは、サックサクのパイでした。バターの香り満載で、これだけでポリポリ食べたいくらい。アーモンドクリームは重すぎず、甘すぎず。どっしりしたものがお好みの方には少々物足りないかもしれません。ねもには十分でした。
Ottoのソーセージも美味しかったようです。お相伴にあずかったザワークラウトは、酸味が強くてクローブの香りが高くて、肉に合う合う。肉の脂が浸み込んだりしたら、たまらんおつまみになりそう。
今度は19:00からのバータイムに行ってみようっと。

この日ねもたちが購入したnemoのパンはこちら。
b0312126_00321597.jpg
バタールです。
アイスランドのうまいバターには、あっさりしたフランスパン系が合うのではと思いまして。
そしたらやっぱりうまかったーーーー(≧▽≦)
b0312126_00321822.jpg
手前の明らかにバタールではない、黒豆入りのパンは別のパン屋さんのものです💦
美味しくて美味しくて、翌朝全部食べちゃいました。
皮はパリパリ、中もっちもち。塩気はそれほど強くなく、小麦の味がしっかりして、まさにお食事パンという感じ。

カフェの雰囲気や、カンパーニュやクロワッサンみたいなハードパンにはいわゆるお高いブーランジェリーのような雰囲気もあるのですが、下町っぽい武蔵小山に合わせてか、あんぱんやメロンパン、カツサンドなんかもあって、気取らず親しみやすいお店です。
まさに普段使いしたいパン屋さん。
いいなあ、こういうお店、目黒にできないかなあ。

nemo bakery&cafe (ネモ・ベーカリー&カフェ)
品川区小山4-3-12 TK武蔵小山ビル1F
営業時間 9:00~22:00(水曜日休)
東急目黒線武蔵小山駅 東口徒歩2分(武蔵小山の地理が分からないと、もうちょっとかかるかも)
http://www.nemo-bakery.jp/

b0312126_00371850.jpg
僕にはくれないよね…。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-24 00:41 | ごはん★おやつ | Comments(2)

2014冬 Icelandの旅2 ~Reykjavik Residence Hotel

今回のお宿紹介。
b0312126_22500773.jpg
Reykjavik Residence Hotel
Hverfisgata 45, 101 Reykjavík
キッチン付きのアパートメントタイプのお部屋のあるこのホテルをチョイスしました。
レイキャビクはいろんなホテルが沢山あって迷いましたが、トリップアドバイザーでも評価が高かったこちらに。

レイキャビクレジデンスホテルはレストランやショップの集まるロイガベーグル通りLaugavegurから1本海寄りの、Hverfisgata通りに面しています。この通りは市外へ出る道路にも繋がっているので、ツアーの車も目の前に停まってくれます。


向かって右側にエントランスがあります。
b0312126_22421829.jpg
門扉はだいたい開いていることが多いです。

この赤い扉が入口。
b0312126_22422592.jpg
ホテル名のプレートの上にインターフォンがあります。ベル(電話だったかな)のマークを押せば、開けてもらえます。アパートメントは管理人さんがいないと部屋に入れなかったりもしますが、こちらは24時間チェックインOK。
自分たちの屋と、入口の扉は共通のカギです。夜間は自分でカギを開けて入ります。自分ちみたいでいいですよね。

レセプション周りは広くないですが、ほっこりしたインテリアで居心地いいです。ツアーの時はここで待っていればガイドさんが迎えに来てくれます。
b0312126_22482623.jpg
スタッフの皆さんは英語も上手だし、滞在中の相談やツアーなどの手配も、いつでも気持ちよく応じてくれました。
とても相談しやすいので、いつも誰かがレセプションで話しているという感じでしたよ。
b0312126_22482977.jpg
荷物が置いてあって少し見えずらいですが、アイスランドの地図の下にゲスト用のMacが置かれています。
左側の棚には、アイスランドの地図やツアーのパンフレットがあります。

私たちのお部屋はレセプションから階段を上がってすぐの#303でした。

こちらが寝室エリア。ベッド小さいですよねー。これって北欧スタンダードなんでしょうか。北欧の人って大きいと思うんだけどなあ。
b0312126_22423335.jpg
リネンはパリッとして気持ちいいし、掛け布団タイプなのでニホンジンには嬉しいです。窓辺のオイルヒーターで部屋はちょうどいい暖かさでした。いいなあ、オイルヒーター。エアコンみたいに風もないし、音もしないし、ほんわり暖かくて♥うちにも欲しいなあ。

こちらがダイニングエリア。小さなキッチンつき。
b0312126_22423668.jpg
自分自身が事前に大変気になっていた、キッチンの装備を大公開。
b0312126_22452422.jpg
真っ白なお皿が一通り揃っています。3~4人ぐらいまでは対応できそうです。
b0312126_22463990.jpg
グラスをこんなとこに並べるなんて…アイスランドって地震あるのになあ。
b0312126_22452201.jpg
イケアの洗剤ボトル。スポンジじゃなくてブラシでした。スポンジに慣れていると、使いにくいのよねえ。
b0312126_22451115.jpg
IHヒーターは二口。
b0312126_22441208.jpg
意外と火力もあって、炒め物もできましたよん。この日はでっかいマッシュルームを炒めております。手前は白菜と(白菜売ってた!)、マッシュルームのミルクスープ。牛乳はホテルのサービスで冷蔵庫に入ってます。
b0312126_22455640.jpg
カトラリーはこんな感じ。
b0312126_22455139.jpg
キッチンツールは最低限ですが揃っています。一応お料理はできます。菜箸代わりに割り箸を持って行くといいかも。ナイフはちゃんと切れました!
まな板は、ツールの入ったグレーのトレーの手前に立ててある白い板です。B5を少し細くしたぐらいのサイズ。白菜切るのに苦労しました(笑)でもないよりは全然マシです。
ふきんと台ふきんは毎日替えてくれます。
b0312126_22460314.jpg
鍋は片手鍋とフライパンのみ。まあでも、コンロが二口ですからね。
片手鍋は割合と深くて容量があります。3枚上の写真で、鍋に半分くらいのスープが入っていますが、たっぷり2人分あります。
b0312126_22460060.jpg
トースターとボウル。水切りボウルも有り。
b0312126_22454230.jpg
シリアル、紅茶、粉コーヒーはホテルのサービス。シリアルの後ろがオリーブオイル(ローズマリーの香りつき)、手前の青いのがお砂糖で、その隣の銀色が塩コショウ、コーヒーフィルターもあります。
b0312126_00305055.jpg
コーヒーメーカーと電気ケトル。クッキングペーパーは有難い。
b0312126_22460666.jpg
今回は使いませんでしたが、電子レンジもキレイでした。
b0312126_22460912.jpg
冷蔵庫は有料のミニバーも兼ねています。中段に翌日の朝食を入れておいてくれます。
b0312126_22480726.jpg
ある日の朝食。こんなにたっぷり!
基本セットは、食パン2枚セットが2パック、ゆで卵、チーズ数種、チーズスプレッド数種、バター(アイスランドのバターは激うまです!)、ジャム数種、ヨーグルトかスキール、小さいトマト、フルーツ、アイスランディックハーブティー、インスタントコーヒー。
内容は日によって少々変わります。
これにプラス、牛乳とオレンジジュースが各1パックずつ。なくなれば補充してくれます。
とても食べきれないので、ツアーに行くときにサンドイッチにして持って行ったり、前日のお部屋ディナーでパンを食べたりしてました。この朝食のおかげでかなり外食代が浮きましたよ。

そして、翌朝7時過ぎには焼き立てパンが届けられます。
b0312126_22432986.jpg
こんな風に、ひっそりとドアノブに掛けていってくれます。
b0312126_22433702.jpg
このパン、激うまでした!
ヨーロッパのハードパンが大好きなねも家は毎日狂喜乱舞(≧▽≦)毎日違う種類のパンが届けられます。これは押し麦がのっていて、少し酸味のある、皮しっかり中身しっとりパン。バターとの相性が抜群でした。もうねー、美味しくて美味しくて、二人で全部食べちゃってましたから!
b0312126_00390654.jpg
どこのパン屋さんなんだろうと思っていたら、ホテルからすぐのロイガベーグル通りのパン屋さんでした。
時間がなくて行けなかったけど、カフェもあって賑わってました。うっかり中に入ってしまったら、スーツケースがパンでいっぱいになるところでした(笑)

さて、お部屋に戻りまして、
キッチンの対面には、テーブルがあります。素敵なんですけど、食卓には幅が狭かったです(-_-;)テーブルというよりデスクですね。
b0312126_22423976.jpg
こちらは、クローゼット。
b0312126_22431291.jpg
ふんわふわのバスローブも!
小物入れにドライヤーが入ってます。この小物入れがあるお蔭で、下着等々細かいものを収納できるのですが、その分吊り下げ物の数が少なくなります。冬物は嵩張りますからねえ。とても2人分は入らないので、ねもが主にここを使わせてもらって、Ottoの小物はスーツケースに入れたまま出し入れしてました。下の段にはセイフティーボックスもあります。
b0312126_22424555.jpg
こちらがバスルーム。このカテゴリのお部屋にはバスタブはありません。レインシャワーとハンドシャワー…だったのですが、切替がうまくできず、レインシャワーのみ使用していました。湯量はたっぷり(*´▽`*)もちろん、お湯は少し硫黄の香りのする温泉です!すんごい暖まります!!
b0312126_22430967.jpg
洗面台周りはあまり広くありません。お化粧品の多い人はちょっと困るかも。
b0312126_22462753.jpg
このタオルウォーマーが超暖かかったので、シャワーしかなくても寒い~なんてことはありませんでした。
b0312126_22461469.jpg
アメニティは、その名もgreenland(笑)
シャンプー、コンディショナー、ボディバターと石鹸(メリノ種の羊の箱)。その他の消耗品、例えばティッシュとか綿棒とかいったものはありませんでした。

部屋からの眺めは、Hverfisgata通り。
b0312126_01142141.jpg
眺望という点では、今一つかもしれませんが、暮らしている感覚が嬉しいお部屋です。
この通り沿いに1011という24時間営業のスーパーがあります。ロイガベーグル通りにもピンクのブタちゃんが目印のBONUSというスーパーがあって、食糧調達には困りません。

この素敵な部屋の唯一の欠点は、暗いこと。
ヨーロッパのホテルにはありがちなんですが、とにかく暗い。室内の写真が暗いのはそのせいです。
よりによって、日が最も短い時期(日の出は午前11時、日没は午後3時)に行ってしまったせいもあって、いつでも暗いという印象でした。ですが、この部屋はベッドの上に天窓があるので、ホテルのHPを見ると、夏は明るいみたいです。
私たちが行ったときは、天窓に雪が積もっていました。

もし、またねも家がレイキャビクに行くことがあったら、またこのホテルを予約したいなあと思います。
レイキャビクには他にも素敵そうなアパートメントタイプのホテルが何軒かあるのですが、値段と立地とあの朝食を考えると、やっぱりレイキャビクレジデンスがベストではないかと思っています。

お金に余裕があったら、同じHverfisgata通りの21番地にあるレジデンススイーツの方に泊まってみたいです。2ベッドルームやスイートのお部屋があって、バスタブつきの部屋もあるようです。
b0312126_01290359.jpg


[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-18 01:34 | 2014_iceland | Comments(2)

一年で一番寒い季節

ぷはーっ(  ̄▽ ̄)
いい湯だった~♪
b0312126_21115672.jpg


大井町のスーパー銭湯に来ています。

なんとですね、

このめっさ寒いこんな時期に、

給湯器壊れましてん。Σ( ̄□ ̄;)

リペアーマンは明日でないと来られないそうで。そんでもって明日で直ればいいんですけど。
この時期毎日銭湯はキツいですぅ。

まあでも、土曜日で良かった・・・。
[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-17 21:10 | 雑記 | Comments(0)

2014冬 Icelandの旅1 ~レイキャビクへの道

◆12月22日(月)◆
さあ、アイスランドへの旅立ちの朝でございます。
b0312126_00172169.jpg
成田エクスプレスさん、品川駅にご入線~♪

b0312126_00173032.jpg
成田のクリスマスツリー。すっきりシンプルで素敵ですね。

さて、夏のグリーンランド旅でも使用したスカンジナビア航空に再び搭乗でございます。
b0312126_00174368.jpg
もう、変わばえなし。
飛行機乗るのにワクワクしないエアラインなんて、デルタとスカンジナビアぐらいではないですかね。相変わらずゴミ落ちまくりでしたし。もー。
b0312126_00175492.jpg
もうね、エサも無理せずこの程度でいいんですよ。どうせパンも乾いてるんですけど。

席はちらほら空いてました。
私たちの座席は43AB。途中から機体の形に添って狭くなっているので、やや圧迫感がある席です。
子供がたくさん乗っていて、主にお父さん達(デンマーク人かな)が上手にあやしていたのが印象的でした。
狭かったせいでもないんですが、ねもは珍しく飛行機に酔ってしまい、もうほんと危なかったです。早く着陸してーーー!と心の中で叫びながら、なんとか耐えてコペンハーゲンはカストラップ空港に到着。

機中でほとんど眠れなくて、眠くてたまらんなあと思っていたら、おあつらえ向きのスペースを発見!
b0312126_00180875.jpg
ゲートCから出てきて、エスカレーターを上がったところの中2階のようなスペースです。
どなたかが、長椅子を組み合わせて作成していったんですね。お子さん連れだったのかしら。
ねも家が来た時には誰もいなかったので、そのまま拝借させていただきました。2人して横になって足を伸ばせました。

ここからの眺めはこんな感じ。
b0312126_00272291.jpg
ゲートA、Bへ行く通路が見えます。階下のザワザワがふんわり上がってくるので、静かすぎず、いい具合に眠れます(笑)
実際、2時間ぐらいマジ寝しました。
お蔭さまで疲れが取れましたよん。

さて、乗り継ぎのアイスランド航空はゲートB7だったのですが、ゲートCから行こうとすると、入国審査の出口しかありません。
入国審査のブースはいくつもあるけれど、どれも出口で、ゲートCから入れる入口がないのです。
デンマークのガイドブックを持っていなかった私たち、大変戸惑いました。
結局、入国審査のブースが立ち並ぶ右端に、国境警察のブースがあって、そこで入国スタンプを押してもらえるのでした。
思い切って国境警察の怖いおねいさんに尋ねてみて良かった。

この先乗り継ぐアイスランド航空は、飲食ともに有料なので、ここで腹ごしらえします。
b0312126_00183714.jpg
baresso coffeeで、サンドイッチとファラフェルサラダを購入。139DKK。
デンマーククローネを持っていなかったのでカード決済です。
b0312126_00184069.jpg
ファラフェルぎっしり。トマトとパプリカのマリネが激うまでした。ユダヤ飯はうまし。

20:10発のアイスランド航空はレイキャビクまで3時間、飲まず食わずで過ごします(笑)
b0312126_00184878.jpg
クリスマスの飾りだと思うんですが、お正月飾りにも見えますね。

アイスランド航空の機体は新しくて、モニターも美しかったです。座席も座り心地良かったです。
なんですが、まさかのイヤフォン有料。900円ぐらい。マジっすか。
自前のヘッドフォンをつなげてる人も結構いました。でもでも、なんと差し込み口はUSBです。スカンジナビア航空からイヤフォンをパクッてきても使えませんのでご注意を。
美しいフライトマップを無音で眺めながら、アイスランドはケプラヴィーク国際空港に到着。
b0312126_00190336.jpg
あちこちにツリーがありました。
b0312126_00190674.jpg
ところでこの空港、行きから免税店でお買いものできます!
バゲージクレームの対面が免税店で、荷物待ちの間、みんな酒を買う買う。
Ottoもビールを買い込んでました。VikingとTuborgそれぞれ6本パックで3,070ISK。
町中で買おうとすると税金がかかる(アルコール度数に合わせて税率が上がるらしい)のも嫌なんですが、ライセンスを持ったお店しかアルコールを販売できないので、店を探すのも面倒ということもあります。

無事荷物をピックアップし、酒も買い込んで外に出ると、
b0312126_00191702.jpg
レイキャビクは雪が降っていたんですねぇ。
このバスが、空港と市内を結ぶFly Bus(フライバス)です。レイキャビーク・エクスカーションズというツアー会社が運行しています。
他にも、アメリカのグレイライン社がやってるアイスランド・エクスカーションズ等々が空港連絡バスを運行していますが、運行本数はフライバスが一番多いです。ただ、フライバスは乗るお客さんも多いので、客待ちやホテルのドロップオフに時間がかかるため、空いてるグレイラインの方が早くホテルに着くという話もあります。ねも達はフライバスしか使わなかったのでわかりませんが。
b0312126_00192440.jpg
フライバスにはホテルまでの送迎をするフライバス+(プラス)というのがあり、主要ホテルをカバーしています。
ただし、でっかいバスで全員引き連れてホテルを回るのではなく、市内のBSIバスターミナルで小さいバスに乗り換える必要があります。ホテル毎にグループ分けして連れて行かれるので、よく確認しましょう。

ねもは何しろ初アイスランドでしたので、アイスランドドリームさんを通じて日本語でフライバス+を予約しました。
しかしですね、バウチャーの登録ミスとやらで、発着共に空港になっていました。ケプラヴィーク国際空港発、ケプラヴィーク国際空港着となっていたのですよ。なんじゃこらということで、まだ時間的に余裕もあったし、修正して欲しいと申し入れたのですが、「大丈夫です、当日の運転手にも伝えますから」とのこと。えー、と思いつつもそのままアイスランドに乗り込んだわけです。
そしたらですね、案の定、バウチャーをチェックした車掌さん、顔が???ですよ。
だよねえ…私たちがその日のどのバスに乗るか分からないんだし、そんなん伝達してるわけないよねえ。
結局何度も何度もホテル名を確認されました。もー。
なお、フライバスは当日空港でもチケット買えます。到着ロビーに出るとすぐにフライバスのブースが見えます。
チケットはどの時間帯のバスにも乗れるし、仮にその時間のバスが満員になったら増発するそうなので、とても便利です。

さてさて、フライバスが空港を出たのは深夜12時近くでした。
BSIバスターミナルで乗り換え、ホテルに到着したのは午前1時20分頃。
ホテルには事前に深夜到着になる旨メールはしていましたが、ドアの呼び鈴を鳴らしたら、すぐに飛んできて気持ちよく迎え入れていただきました。よく気の利くお兄さんがサクサクチェックインしてくれて、部屋まで案内してくれました。あんなに爽やかに対応してくれると、疲れが取れちゃいますね。
荷物を少しほどいて、温かいシャワーを浴び、ぽかぽかのベッドで眠りに落ちたのは午前2時半を回っていたと思います。
総移動時間は約26時間( ̄◇ ̄;)
長い長いレイキャビクへの道でした。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-13 22:30 | 2014_iceland | Comments(2)

2014夏 台湾の旅4 ~またまた温泉へ

◆9月22日(月)◆
b0312126_22211664.jpg
朝起きたらまだ雨風強かったのですが、10時ぐらいになったらすぱっと上がってました。
b0312126_22213655.jpg
晴れてきた~♪
ということで、
b0312126_22213804.jpg
台北からバスに乗って遠足に行きます。
b0312126_22215446.jpg
延々バスに揺られて到着したのは、烏来。
b0312126_22303044.jpg
写真で見た、青緑色の美しい川は、濁流でございました!
b0312126_22311898.jpg
ま、しょうがないですね。台風一過でございますし。
b0312126_22220784.jpg
日本の温泉街みたいな景色に、タイヤル族の模様の橋。
b0312126_22222026.jpg
台風のせいでしょうね、閑散としてました。
ランチはこちらで。
b0312126_22222884.jpg
タイヤル族のレストランです。お客さんがいないので、開いている店は少なかったです。
b0312126_22224679.jpg
竹筒に詰めたご飯。もち米があまり好きでないねもには、あまり訴求力ありません。
ほんのり竹の香りと、薄味のお出しの味で、好きな人は好きだろうな~と思いましたが、既に冷えて硬くなっていたのが残念でした。
b0312126_22225711.jpg
イノシシと山菜の炒め物。
うーん、これもなんというか、ぼやんとした味でしたねー。今日は料理人、やる気なしかなー。
このほかに月桃粽を頼んでTWD350/2人。
まあ、口に合う合わないは、経験しないと分かりませんからねん。

b0312126_22230882.jpg
そんじゃ、腹ごなしにトロッコ乗りに行きますか。
b0312126_22232124.jpg
がらーん。やってるんですかー?
b0312126_22232768.jpg
TWD50で、お山の上に向かいます。
b0312126_22241462.jpg
こんな感じね。コトコトのんびり走っていきます。
到着したのは、烏来瀑布。
b0312126_22235965.jpg
キレイですねえ。
周りにはお土産屋やレストランが何軒もあるのですが、やっぱりこの日は閑散としていました。
帰りは歩いて下りました。
b0312126_22242370.jpg
温泉街も閑散としてます。
b0312126_22242912.jpg
店番ワンコ。ちょーぷりちー♥

美人の湯と名高い烏来で、どこでひとっ風呂浴びるか迷ったのですが、ずんずん降りて行ってこちらに行くことにしました。
b0312126_22243674.jpg
Voland Urai Spring Spa&Resort
烏来随一のスパです。
個室は満杯だったので、大浴場4HでTWD750。
中はさすがに写真撮れませんので、ホームページでご覧くださいませ。
なかなか素敵な作りでしたよ。
大浴場はそれほど大きくはないですが、露天風呂もあり、いろいろ趣向を凝らしています。川を眺めながら、癒されつつ温泉を楽しめます。
が、
地元のおばちゃん達がワイワイやって来てましてね(笑)、そりゃもう元気いっぱいでしたのよん。
やっぱ、個室取りたかったな~。

帰りはこのバス停から。
b0312126_22250173.jpg
なんと、ワイワイおばちゃん達もちょうど同じタイミングだったのですが、ねも達の前に待っていたおばちゃんが、バスが来るや否や中に飛び込んで、ねも達の席まで確保してくれたんです!
「あの人たちはね、順番守らないから。さ、ここ座りなさい」と日本語で。なんて優しいのーー。
何しろここまで山道をくねくね来てますし、長旅なのですよ。座れると座れないでは大違い。本当に助かりました。

長旅の後は、新店駅からMRTで忠孝敦化駅に行って、こちらへ。
b0312126_22252923.jpg
フルーツかき氷TWD180をいただきまーす♪
b0312126_22254298.jpg
爽やか~。普通に美味しかったです。
伝統デザートも食べたい、ということで、デザートのはしご。
b0312126_22255240.jpg
東区粉圓氷店。
b0312126_22255817.jpg
仙草ゼリー+小豆・黒タピオカ・芋圓トッピングでTWD70。
温かいので、お腹に優しいです。少々量が多いのですが、甘みも控えめでちょうどよく、とても美味しかったです。

その後永康街でお買い物しつつ、師大市へ。
b0312126_22262555.jpg
焼き小籠包の屋台でつまみ食い。
b0312126_22265905.jpg
上海の生煎再び!と思ったけど、ちょっと脂っこかった。

この旅ラストディナーは、お粥屋さん。
b0312126_22270413.jpg
「粥屋街」にあるお店、小季子。
お粥屋さんは昼から夕方に開店して、翌朝まで営業しているお店が多いので、夜遅く飢えた時に助かります。
お粥は食べ放題。おかずは1品TWD50~70ぐらいです。沢山あるので選ぶのが大変。
b0312126_22270820.jpg
これでTWD320/2人。
野菜もたっぷり食べられるし、お肉もお魚もあるし、これはいいシステムですね~。日本にもあればいいのになあ。

以上で台湾旅はおしまい。
b0312126_22272968.jpg
翌朝のバニラエアで、ばびゅーんと帰国いたしました。
b0312126_22274355.jpg
富士山が見えた♪

台風襲来があった割に、やりたいことはできた旅でした。
いつでも同じペースで動けて食べられるマチルダに感謝感謝(≧▽≦)
初めての台湾、人の温かさが一番印象に残りました。
日本人に対してとても親切ですし、町中に日会話教室の看板があるとおり、日本語を話せる若い世代も多い。とても旅がしやすいと思いました。
ただし、お料理については好みの問題で、ねもは香港に軍配。
香港に温泉がついてたら、台湾に勝てるのになあ。
癒しを求めるなら台湾、エネルギーを求めるなら香港。
うーん、ねもはまだエネルギーを求めたいのかも。
茶館巡りもしたいし、温泉も巡りたいし、台南も行ってみたいし、と思いつつも、次はやっぱり香港に行くんだろうなと思ってしまったねもなのでした~。ちゃんちゃん。

ということで、次回からは氷とオーロラのアイスランド旅行記を始めまーす。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-12 23:14 | 2014_Taiwan | Comments(0)

2014夏 台湾の旅3 ~台風接近中!

◆9月21日(日)◆
引き続き台風接近中の台湾でございます。
風が強くなってきたので、いつでも帰って来られる範囲へお出かけ。
b0312126_19085584.jpg
北投にて乗り換え、新北投へ。
b0312126_19091608.jpg
新北投温泉に到着~♪
b0312126_19094671.jpg
温泉宿立ち並ぶ街は、日本的。
b0312126_19102611.jpg
お向かいの川は温泉です。
b0312126_19102999.jpg
足湯してる~(*´▽`*)
b0312126_19103233.jpg
すごく分かりやすい。こういう時、漢字圏の民族で良かったと思うのです。
b0312126_19105471.jpg
湯気立ってます。早く入りたーい!
こちらは90度もありますので、入れません。昔は温泉卵を作れたらしい(今は禁止。)

もうね、待ちきれないので立ち寄り湯にGO!
b0312126_19110326.jpg
水美温泉會館さんです。
新北投温泉には、有名な加賀屋旅館とか、三二行館など素敵そうな場所があるのですが、いかんせん高いです。
1日ゆったりしていられるなら三二行館を事前予約して行くところですが、なにしろ台風接近中ですので(笑)、さくっと立ち寄り湯にしてみました。
b0312126_19111375.jpg
フロントでお金を支払い、お部屋のカギをもらいます。
個室TWD1,080で、1時間半だったかな。プライベート湯船って言い方がナイスですわん。

個室はこんな感じです。
b0312126_19114777.jpg
プライベート湯船がありまして、ちゃんと洗い場があります。風呂桶があるよ。嬉しい~(≧▽≦)
b0312126_19115494.jpg
反対側がお休み処といいますか、着替える場所と言いますか、荷物置き場と言いますか、まあそんな場所です。
b0312126_19115146.jpg
自分でお湯をためます。
硫黄のニオイのする、やや白濁したお湯でした。加水してるのかな。
これがね~、なかなか良かったですよ~。
眺望なしだし、部屋はこれだけなんですけど、水着を着なくていいし、他人の目がないのでなんたってリラックスできますです。
家のお風呂を大きくした感じですかね。
マチルダとはいまや家族のようなものですので(笑)、まあリラックスしまくりました、私たち。
何度も出たり入ったり、お喋りしながら、ダラダラと。
翌日、烏来では温泉リゾートも体験しましたが、疲れが取れるのはこっちの方かもしれないなあ。

たっぷり温泉に浸かった後は、冷たいものが食べたくなりますよねー。
ということで、こちらへ。
b0312126_19121129.jpg
かき氷の有名店、ICE MONSTER。国父紀念館駅から少々歩きました。
こんな日でも行列しておりますが、私たちもおのぼりさんなので並びます。
b0312126_19122739.jpg
どすこーい!マンゴーかき氷TWD220。
って、見切れてますがな!湯に入ってねものネジが弛んだね。
ふわっふわな氷が口の中でしゅわーっと溶けます。それなりには美味しかったけど、マンゴーの美味しさは香港の勝ち~。マンゴーが少々酸っぱくてスジスジしてました。

甘いものを食べたら、しょっぱいものが食べたくなります。
というわけで、こちらへ。
b0312126_19123829.jpg
台南料理の名店、度小月さんです。
b0312126_19124814.jpg
担仔麺と、
b0312126_19125051.jpg
山蘇というお野菜の炒めもの。なんかくるくるっとしていて不気味ですが(今にも動きそうじゃないすか!?)、全然クセがなくて非常に美味でした♥
こちらのお店はサービス料取られてTWD396/2人でした。

いよいよ雨が沢山降ってきたので、地元へ戻ります。
永康街の素敵なお茶やさん。
b0312126_19130309.jpg
回留さん。
b0312126_19131849.jpg
うおおお、インテリア超素敵ーーーー!
b0312126_19133429.jpg
b0312126_19134655.jpg
始めに出されたこのお茶、いわゆる烏龍茶なんだと思うんですが、素晴らしく香りが高く、ほのかに甘みを感じてまろやかな美味しいお茶でした。真ん中のは大根の漬物です。切り干し大根ぽい味でした。

下午茶をいただきました。TWD380。
b0312126_19135686.jpg
第一のお茶。こちらのお店は、スタッフがお湯を注いでくれます。
それはいいんですけど、混んでくると自分のペースで飲めなくなっちゃうのが難点。
b0312126_19135996.jpg
手前は季節のフルーツ、奥がお茶菓子です。ドライフルーツを使ったナチュラルなお菓子で、お茶にとても合います。
b0312126_19141345.jpg
第二のお茶。
これが甘くておいしくて、買って帰りました。TWD820もした( ̄□||||!!
白ゴウ烏龍と書かれていました。発酵を進めたお茶で、紅茶の範疇に入るお茶だと思います。

言わずもがな、台湾は銘茶の産地であり、台北だけでも素敵な茶館があちこちにあります。
今回の旅では何軒か候補があったのですが、天候の都合もありここにしか行けませんでした。
茶館のセンスや茶藝については、台湾は香港とは比べものにならないくらい高レベルです。ただし、お値段は高いです。お茶は希少なものですので致し方ないのですけれども。
茶館めぐりだけに旅行を費やしたいぐらいでした。

さてさて、とうとう本格的に降り出した雨の中、次に向かったのは瑞庭足體養生館。
足つぼ+首・肩マッサージでTWD899。たっぷりほぐしていただきました。ねもは少々痛かったですが💦

本日のディナーはこちら。
b0312126_19141916.jpg
え?セブン??
b0312126_19141621.jpg
温めますか?で温めてもらって、鶏肉飯とジュースでTWD78。やっすー。
ホテルの下のセブンで、イートインいたしました(笑)
だってすでに台風襲来。どこへも行けないんだもーん。
でも意外と美味しかったですよ。ふはは。

台風16号は台湾各地に被害をもたらしながら、この夜台北にやって来ました。
なにせ窓のない部屋ですので(笑)、外の様子はよく分かりませんでしたが、雨風ともにかなり強かったようです。
明日は台風一過で晴れるといいなあ。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-12 10:00 | 2014_Taiwan | Comments(2)

2014夏 台湾の旅2 ~九ふん、台北うろうろ

◆9月20日(土)◆
折しも台風16号「鳳凰」が接近していた台湾。
明日以降はどこも行けないかもしれん、と考え、この旅のハイライトを先に持ってくることにしました。
b0312126_23544222.jpg
九ふん[ふんは人偏に分]です。
期せずして乗合タクシーに乗り、台湾の若者たちと遠足気分。
b0312126_23542477.jpg
6人でTWD1,200でした。早くてラクで良かったです。かわゆい女子からクッキー貰ってしまいました(笑)

さて九ふんですが、
b0312126_23575983.jpg
あまりの人の多さにぐったり。
あの狭い場所に、観光バスでガンガン来るんだもん。そりゃライブ後の原宿駅みたいになっちゃうよ。
しかも台風接近中で蒸し暑いのなんのって。
ということで、風情もへったくれもありませんでした。
やっぱり1泊して、人気のない九ふんを歩いてみたかったです。

人ごみに疲れ、
b0312126_23591944.jpg
その辺にいた植木鉢受け猫に癒してもらいました(*´▽`*)

芋圓食べました~。TWD40。店も激混みでしたー。
b0312126_00465773.jpg
b0312126_00004614.jpg
筑前煮みたいね。
暑くて暑くて冷たいのにしたけど、これは温かい方がよいかも。餅がカチカチでした。

さらにお茶が飲みたくて、
b0312126_00020045.jpg
水心月茶坊へ。
b0312126_00023984.jpg
テラスは絶景ですが、なにしろ暑いので店内席を所望。
b0312126_00032741.jpg
こうして見ると、民芸風に見えますねえ。
オーナーがアーティストということで、作品群なわけですね。
b0312126_00025276.jpg
お茶とチーズケーキでTWD1,000/2人 それなりにいたしましたが、残ったお茶は持ち帰れるし、エアコン効いてるし(これ最重要)、良いことにいたします。お茶はすごく美味しかった。チーズケーキは普通でした。
b0312126_00063173.jpg
この猫が可愛くなくて可愛かった。お香立てなんでしょうか。

もうこれ以上九ふんにいても暑くて暑くて暑苦しいばかりなので、バスで脱出。
b0312126_00074389.jpg
瑞芳駅で電車に乗り換え。
b0312126_00075302.jpg
自強号にて台北に戻りました。
b0312126_00081837.jpg
台風が来る前にやりたいことはやっておかねば、ということで、魯肉飯を食べに行きました(笑)
b0312126_00125577.jpg
中正記念堂駅からすぐ。
b0312126_00135858.jpg
魯肉飯(小)TWD30、青菜TWD30 青菜は二人でわけっこ。
初めて食べたけど、美味しかったっすー!
飯についてる奈良漬みたいのもいい味出してました。これはまた食べたいかも。

台北101に登ろうと思いましたが、
b0312126_00170067.jpg
絶望的長蛇の列に断念。この日は夕焼けも素晴らしかったし、景色良かっただろうな。

歩いて誠品書店へ。
b0312126_00175025.jpg
ウワサには聞いておりましたが、本屋なのに雑貨から何から売っているし、フードコートもあるし、すごいですねー。しかも24時間営業だなんて、本好きには夢のようじゃないすか。こういう本屋、日本にできないかな。
雑貨はデザインも優れているし、お土産になりそうなものは沢山あるんですが、どれも高かったです💦

ので、地下に降りてタピオカミルクティー。TWD150。結構しますね。
b0312126_00320169.jpg
ガムシロ少な目でオーダーすればよかった。

夕食はインターネットで評判のエビのお店に行こうと思ったけど満席で入れず、永康街の鼎泰豊も激混みで断念し、こちらへ。
b0312126_00363999.jpg
金鶏園。永康街をずんずん進んで行ったとこにあります。
まずは台湾と言えばの、小籠包。
b0312126_00385518.jpg
普通に美味しかったです。ねもが小籠包自体にそんなに思い入れがないせいか、あまり感動しませんでした。
b0312126_00410669.jpg
シイタケご飯定食(的な名前のもの)
アジア圏はやっぱりこういうのが美味しいと思う♪
b0312126_00390317.jpg
定食のご飯。これはかなり美味しかったです。
キュウリの漬物と、蒸し鶏と昆布の煮もの、ご飯の上の肉味噌の味のコンビネーションがナイス。こういうご飯好きだー♥
b0312126_00385962.jpg
えびワンタンスープ。こちらもうまし。
しめてTWD360/2人。素晴らしいコスパ。人気があるわけだわ。

ということで台湾初日が終了。
いつ台風が来るのかと心配しつつ、割といろんなことができました。

台湾で驚いたことその2
MRTのホームで、皆さん列を作ってきちんと並んでおられました!
電車の乗り降りの際、無言で後ろから押されたりすることもありませんでした。声を掛けて、譲り合って乗り降りするのです。なんて気持ちいいんだ!
やばいよ、東京負けてるよ…。
[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-11 14:00 | 2014_Taiwan | Comments(2)

2014夏 台湾の旅1 ~Dandy Hotel(丹迪旅店)大安森林公園店

さて、満を持して、今更、2014猛烈熱風アジア編の始まりでございます。
旅のスケジュールは、9月19日夜出発、23日午前帰りという、一見長そうなのに実は短期決戦。
相変わらずマチルダしか友達がいないので、今回も一緒に行ってもらいました(笑)

今回のお宿はこちら。
b0312126_22574685.jpg
Dandy Hotel(丹迪旅店)大安森林公園店。
台北にいくつかあるダンディーホテルのうちのひとつです。
ホテルの直営サイトから予約しました。
場所は、MRT信義線大安森林公園駅徒歩1分。
b0312126_22575160.jpg
なんと台湾ラバーに大人気な永康街へも一駅。歩いても10分程度です。
b0312126_23011387.jpg
ホテルから出たところ。
左角にはセブン。
道路の向こうにもMRTの出口があります。駅の向こうは大きな公園になっているので、開放感があります。
b0312126_23090775.jpg
右角はサブウェイ。
この道をまっすぐいくと、永康街です。

ホテルを決めるにあたり、台北駅周辺にするかどうか、最後まで迷いました。
大きな駅は、東京駅や新宿駅みたいに、目の前の建物に行くにも結構歩かされるのが常だろうということでここにしたのですが、大正解でした。
駅はきれいだし空いているので、例えば大荷物を持っていてもスイスイ移動できますし、なにしろ1回乗り換えれば、中心地のどこにでもすぐに行けてしまうので、台北駅にこだわる必要はまったくありませんでした。
ねもは初めて、マチルダも超久々な台北だったので、空いている駅でゆっくり路線図を眺めて行先を確認できた点も非常に快適でした。
b0312126_23140568.jpg
2013年12月に開通したばかりで、駅はピカピカ。
b0312126_23143029.jpg
公園を意識しているのか、こんなアトリウムもあり、地元民が子供の写真を撮りまくってました。ほほえましいですなあ。
b0312126_23143914.jpg
駅の出口はライトアップされます。青、緑、ピンク…と次々にライトの色が変わっていきます。こういう感覚はニホンジンにはないですね。いいですよね、地下鉄の駅も、街の景色を作るというのも。

ホテルのご紹介に戻りましょう。
こちらが、我らがDeluxe Twin Room TWD13,330(TWD1≒JPY3.71)
だいたい12,500円くらいですかね。台北のホテルは意外と安くないなと思いました。
b0312126_23244587.jpg
だってこの部屋、窓がないんだもの(T△T)
窓の代わりにキレイな青空の壁紙って…余計悲しいんですけど。
まあね、夜寝に帰ってくるだけだし別に、なんて思ってたんですが、意外とダメージ大きいです。やっぱ外見たい。
今回台風をお迎えしたので、外の様子が分からないというのは不安でもあるし、つまらないものです。

ところが、朝になって気づきました。
b0312126_23335341.jpg
こんなところに窓(の一部)がーーー!
余計に独房感を増しますね…この明かりの漏れ具合。
わたくし、浴槽の縁にあがって外の様子を伺っておりました。か、悲しい。

気を取り直して、バスルームです。
b0312126_23250638.jpg
嬉しいバスタブつき。
しかしシャワーの湯量は心もとなかったとメモにあります。
内装はどこもかしこもきれいにリノベートされていましたが、建物自体は古いんでしょうね。水圧を上げられないのかも。
b0312126_23251080.jpg
アメニティは、シャンプー・コンディショナー、ボディソープ(据え付けタイプ)、ボディミルク、ブラシ、歯磨きセット、石鹸、シャワーキャップ。ドライヤー有り。
b0312126_23251414.jpg
日本語表記もあり。台湾では日本語に触れる機会が本当に多いです。
b0312126_23251764.jpg
細長~いクローゼットには、セイフティーボックスと、
b0312126_23434632.jpg
スリッパもありましてよ!
b0312126_23245698.jpg
無料のミネラルウォーターは毎日補充されます。
電気ケトルがあるので、お茶が飲めます。冷蔵庫が空なのも嬉しい。
b0312126_23252235.jpg
「お掃除してください/起こさないでください」の札はマグネットシートなので、ドアの外にぺたりとくっつけておきます。
今どきホテルらしく、枕元にスマホのお化けみたいなリモコンがあって、空調や照明をコントロールします。
wi-fiフリー、レセプションの横にもPCが2台あり、コーヒーやお茶を飲んでゆっくりできるスペースもあります。

朝食は地下1階のレストランで。
b0312126_23254427.jpg
b0312126_23254018.jpg
ビュッフェは意外と充実いていました。
b0312126_00062671.jpg
野菜もあるし、洋風おかず、中華おかず、お粥などなど、種類はそう多くないはずなのに選択肢が多く感じられます。やっぱしアジアはいいですなあ。

なんと、金曜日には、
b0312126_23263995.jpg
生演奏のサービスまで♪
いろいろ非常に頑張っているホテルです。

実はホテル到着にあたり、少々トラブルがございました。
リアルタイム更新記事にも書いたのですが、空港到着が深夜になるため、事前にお迎え車(有料)をお願いしていたのに、何分待っても来ず、怒りの電話をするにも誰も出ず、怒りのメールをぶん投げて、自分たちでタクシーを捕まえてホテルに突入したわけなんです。
それからのホテルの対応は丁寧でした。
まず、タクシーが門前につくや否やas soon as possibleなスピードでお兄さんが飛び出してきました。
ごめんなさいーーーー!運ちゃんがターミナル間違えてたんですーーー!とのこと。
どうやら一人で店番してたから電話には出られなかったけど、メールは迅速に確認していた模様。
後で気づいたんですが、この日のバニラエアがいつもと違うターミナルに到着してたんですね。運ちゃんはそれに気づかなかったみたい。
もう平謝りという感じ。このお兄さんの誠意ある対応で、ひとまず怒りは沈静化しておりました。
そして翌朝。
朝食をとっていたら、マネージャーと思しき女性がやってきて「大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪がありました。おお、ちゃんと報連相がなされているのだね、と思いさらに気分はアップ。
後でレセプションに寄ってくれというので、ゆっくりご飯食べてから行ったら「帰りの車は無料にいたします」と。
私は客もホテルも対等な契約相手であって、「お客様は神様」だとは思っていないので、ミスがあったからと言って帰りの車を無料にするのが当たり前だとは思いませぬ。ですが、だからと言って断るのもなんなので(どっちなんじゃい)、有難く使わせてもらうことにしました。
いやあ、台湾の人は謝るんですね。
日本以外の国では自分のミスを認めないというのがスタンダードだと思っていたので、これは驚きました。
ミスは誰にでもあることで、それをいかにカバーするかということを、このホテルはよく考えているんだなと感心しました。

そんな感じで、スタッフは皆さんよく気が付くし、感じがよかったです。
日本語対応のスタッフも置いていて、今後日本人のお客さんを増やしたいんだろうなと思いました。こちらとしても、万が一の時に心強いです。

次にもし台北に行くことがあれば、間違いなくこのホテルの窓付き公園ビューを予約します!

b0312126_21013020.jpg
朝食のチェックを済ますと、このタマゴちゃんで席をリザーブしてくれます。
なんともかわゆいやり方ですねん♪

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-11 08:00 | 2014_Taiwan | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
カメラ
雑記
未分類

最新の記事

山に行ってきました。
at 2017-10-17 23:06
so many vaccin..
at 2017-10-14 23:13
2017夏 沖縄の旅~観光編
at 2017-10-13 23:43
Hong Kong in M..
at 2017-10-09 18:33
猫、帰還。
at 2017-10-09 16:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

>enigma85さん ..
by nemo_2014 at 22:43
kimmyです。こんにち..
by enigma85 at 08:32
> sayachan28..
by nemo_2014 at 16:51
nemoさん♪ ワ..
by sayachan28 at 15:40
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 00:17
しじみさんw白目www ..
by photo-kioku at 02:26
>mikoさん ええ、..
by nemo_2014 at 20:42
こんにちは。東京タワーは..
by miko at 11:24
はい!実は香港ランガムプ..
by ぽんこ at 22:41
ぽんこさん、以前にもコメ..
by nemo_2014 at 00:24

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索