<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今月のしじみさん。#2

皆さんこんばんは、

b0312126_23351046.jpg
しじみです。ふふ。



今月もやってきましたこの企画。
皆さまお待ちかねの、今月のしじみさん です。

どうですか、このドヤ顔。
なんかもうすっかりおっさんになってきたわ・・・^_^;



さてさて、そんなしじさん。今月もパワー全開です。
b0312126_23341946.jpg

ばびゅーん。
・・・すごいお尻(-_-;)

b0312126_23342516.jpg

も、ももにく・・・。

b0312126_23345091.jpg

窓に激突2秒前。




水遊びが大好き♥

b0312126_23484231.jpg

ジョウロの水が気になるのだ。

b0312126_23485228.jpg

ぺろり。
なんでしじ様専用のお茶椀(陶器のいいやつ!)のではなく、こういう水を好むのか。




我が家では、ここのはみ毛をジョーと呼んでます。ジョー・シシドへのオマージュとして・・・ぷっ。
b0312126_23440777.jpg


男たるもの、身だしなみにも気を配るべき。
まずは白い歯を保たないとね。

b0312126_21320116.jpg

あれ?
そうじゃなくて、

b0312126_23433849.jpg

ガジガジ。
相変わらずマタタビの効き目は1分ほどです。淡泊なオトコです。

爪もお手入れお手入れ。

b0312126_23450509.jpg

カンペキだにゃ♪


酔っぱらって帰ってきた家族のケアもいたします。

b0312126_23443914.jpg

兄やん(Otto)大好き♥




だけどね、しじみ。

b0312126_23450886.jpg

ん?

寒くなってきたから、キミ専用のベッドを買ってあげたじゃないか。

b0312126_23474310.jpg

ふむふむ。

それはさあ、

b0312126_23475509.jpg

ぶちっ、むしっ。

それはそういう使い方をするもんじゃないんだけど(`Д´) ムキー!

どういうわけかしじさん、ボア生地に異様な攻撃性を示すことが判明しました。
このあとこのベッドを抱え込み、ボア部分を何度も何度も食いちぎり、
さらには中のクッションを引きずり出し、さらに食いちぎるという攻撃を繰り出しました!

我を忘れて鼻にしわを寄せ、クッションを引きず出す姿、
アフリカの草原の大型ネコ科のようでオソロシかったんですけど!しじさん!!


実はこのベッドは2個目です。1個目はこんなのでした。

b0312126_21094190.jpg

peppyさんから写真お借りしてます。

いかにも暖かそう。かわいい・・・♥
・・・でも全部ボア生地(-_-;)


宅配で届くこと数分でゴミ袋行きに。
食いちぎった繊維が口に入っちゃうんですよね。あんなの食べて、胃にどっさり溜ったりでもしたら堪りません。

なんでなんだよう、しじ。
b0312126_23485594.jpg
んー、自分でも分かんないんだよねえ。

というわけで、だんだん寒くなるこの時期に、
いまだ自分のベッドがない11月のしじみさんなのでした~。
b0312126_00595661.jpg
早く買ってよう!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-30 21:47 | 白黒猫 | Comments(4)

2014夏 Greenlandの旅15 ~4 hours Hike to the lagoon, the moraine and the glacier

◆8月24日(日)その4◆1DKK=20.25円
快適なコンフォートヒュッテを渋々出て(笑)、こちらも不安ながら楽しみだった4時間ハイクへ。
15:00にカフェ前に集合したのは、全部で7人。
b0312126_22502525.jpg
まずはガイドさん。彼は行きの船からガイドや食事の準備や、宿泊のご案内など一人何役もこなしていました。
彼は多分デンマーク人なのだと思うのですが、英語、デンマーク語、ドイツ語、グリーンランド語が出来るんだそう。すごい!
ここで働いている若者たちは実によく気づくし、よく働きます。いつも楽しそうに見えるのが気持ちいいですね。

後ろを歩くのが中国系アメリカンのおっちゃん。人懐こいおっちゃんで、Ottoの職場の人に似ているので、私たちは勝手に「アベちゃん」と呼んでました。どこへ泊りに行くのかと思うようなデカいバックパックには、食べ物が詰まってます。
すぐに「疲れた~、休憩した~い」と言い、休憩のたびにフルーツやらお菓子やらを取りだしてバリバリ食べてました。あんなに食べるから疲れるんじゃないかと思うんだけどなあ(笑)
b0312126_22503142.jpg
そして前を行く白いパーカの子とちらりと見えている青いジャケットの人がスウェーデン父娘コンビ。
最初に話しかけてきてくれたのが彼らで、「スウェーデンてグリーンランドと比べて寒い?」と聞いたら「今年は35度もあったんだよ!」って言うので「東京の夏はいつもそうだよ・・・」と答えたら「うえええ」という顔をしてました。

アベちゃんが「スウェーデン人はよく歩いてるからな~」と言っていた通り、お父さんはすっごい健脚。
b0312126_22504928.jpg
ほらね、どんどん先に行っちゃう。
娘ちゃんのペースはゆっくりなんだけど、構わず先に進んで行っちゃいます。それじゃ、子供も健脚になるよね。
b0312126_22533494.jpg
そしてこちらがドイツからのご夫婦。
ダンナさまは足がよろしくないらしく、杖をつきながらの参戦。ニホンジンだったら4時間ものハイクなんて尻込みしちゃいそうですが、時々ガイドの手を借りながらも頑張って歩いてました。すごいなあ。
赤いジャケットの奥様は超健脚。自転車をやってるんだそうで、なるほど鍛えられた体でした。カッコいい~💛

ハイキングコースはいきなりの急な下りからスタートします。
この時点でかなりビビっていた軟弱中年ニホンジン夫婦。
杖をついてゆっくり歩くオジサマに救われる思いでついていきます。
b0312126_23202990.jpg
コースにはちゃんと踏み固められた道があって、そうアップダウンもないように見えるのですが、なにしろ昨日までの雨でぬかるみまくりです。道が水路になってしまっている状態で、迂回すること多数。道を外れるとフッカフカの下草や苔で、これまたたっぷりお水を含んでいて、間違いなく足を取られます(◎_◎;)
私たちのシューズは完全防水でなかったので、徐々に浸みてしまって、少々不快でございました・・・装備は大事ですね。
b0312126_22505646.jpg
少し歩くと、湖が見えてきます。手前にたくさんの水溜りが見えますね^_^;
b0312126_22510608.jpg
岩山からは幾筋も水が流れ落ちていました。
これがたっぷりと苔や下草の根っこに蓄えられているんですね。
b0312126_22511481.jpg
足元は不安ながら、景色は最高です!!!!
水が溢れる平原は、キラキラしていてそれこそ瑞々しい。湖のミルキーブルー、苔や草の緑や紅葉のオレンジ、黒々とした岩肌を流れる透明な水・・・、イルリサットのハイキングも素晴らしかったですが、エキはまた一味違う景色でした。
なにしろ、人が住んでいないので、ハンターがアザラシを撃つ銃声が聞こえることもなければ、ボートの音もしません。
自分たちが話す声や歩く音を除けば、ここに存在しているものたちが立てる音しかしないのです。
体力に余裕があれば、もっともっとうっとりしていたと思います(苦笑)
b0312126_22521939.jpg
この岩山の上には、何があるのでしょう。こんなにたくさんの水が流れてくるなんて。
b0312126_22522639.jpg
誰も住んでいないので、この川の水は飲めるんですよ♪
un_voyageさんのブログでチェックしていたので、ちゃんと空のペットボトルを持って行きました!
日本の高山で飲む、柔らかくて甘みを感じる水とは違い、少し硬質なクリアな味の水でした。そうそう、雪の味に似てました。
b0312126_22523492.jpg
この写真の奥に見える、砂利山みたいなところまで行きます。
見えてからがまた遠いんだ・・・。
b0312126_22525074.jpg
これが最後から2番目の登り。壁か!と思うような山です。
上から見るとこんな感じです。
b0312126_22580538.jpg
うーん、あんまり伝わりませんかね。人の大きさの違いで、かなりの高低差が伝わるといいのですが。
この写真の湖の向こう岸をずーーーっと回って歩いてきました。
歩き始めて2時間40分、ようやく目的地に到着。
b0312126_22532769.jpg
エキ氷河の端っこの山に着いたのでした。
こんなに歩いたのに、まだまだエキ氷河の端っこ。
b0312126_22535404.jpg
でも、歩いて到達すると、何やら嬉しいものですね(*´▽`*)
風もなく、ポカポカした日だったので、頂上でティーブレイクが楽しめました。
ガイドさんが温かいお茶を入れてくれて、チョコを何個も出してくれて、普段あまりチョコを食べないねもも美味しくいただきました。
チョコレートって、こういう時の食べ物なんですねえ。
b0312126_22571168.jpg
ざらざらした砂利山の上でしばしの休憩の後、夕ご飯目指して帰ります。
帰りは早いかと思いきや、やっぱりそれなりに時間ががかかって、19:40頃エキ・キャンプに帰還。
b0312126_22580929.jpg
到着の喜びを表すの図(*´▽`*)
ここがハイキングコースの入口なんだと思いますが、この先の岬を越えたところがエキキャンプです。
この日は迂回の連続で、結局11kmぐらい歩いたんだそうです。
コースをサクサク歩ければ、もうちょっと楽だったのかもしれませんが、とにかく美しい景色にすっかりデトックスしてもらえました。
デトックスはできましたが、膝も腰もヨレヨレ、足が痛いのなんのって。
でもまた行きたいかと言われたら、「行きたい!」と即答すると思います。それほど楽しい体験でした。

さて、お待ちかねの夕食はCafe Victorでビュッフェ。
b0312126_22543528.jpg
ご、ご飯~~~~~~!
お皿をもってビュッフェコーナーに行くと、スタッフがお料理をひとつひとつ説明してくれます。
どれもこれも、ぜーんぶここの厨房で作ったもので、ものすごく美味しい💛♥♥
特に手前のチキンカレーは絶品でした(≧▽≦)
b0312126_22543952.jpg
ご飯の下に添えた白いハリバットの燻製も美味しかったです。
写真には写っていませんが、この辺で採れたという小さな茶色いキノコが、もんのすごくいい香りでびっくり。小さいので味はあんまり分からないのですが、口に入れるとキノコらしい香りと共に、なんとも言えない華やかな香りがふわーっと広がります。
土の中で育つトリュフとは香りの種類が違うのですが、トリュフを超えるのでは!と思うぐらいでした。忘れられない香りでした。
b0312126_23555840.jpg
水は上の湖から引いている水です。これまたクリアでお食事に良く合います。
なんでこんなところでというと失礼ですが、はっきり言ってイルリサットのホテルより断然ハイレベルでした。
厨房はお当番で回しているのかもしれませんが、本日のコック長(?)のボン・ジョヴィ似の彼が仕切ってどんどん美味しいお料理を作ってくれていました。筋肉もりもりの腕でパン生地こねたり、ちっさな木の実を剥いていたり、本当によく働くー!うちの職場に欲しい~!

あまりに美味しいのでカレーをお代わりしたらもうお腹ぱんぱん。
快適なお部屋に戻って、シャワー浴びてソファで夕焼けを見ていたらそのまま撃沈してしまいました。
b0312126_22555928.jpg
22:30頃にOttoに起こしてもらって(寒かった💦)、あったかベッドで再びぐっすり。

エキキャンプ、お金的にもスケジュール的にも無理してでも来てよかった。
お天気が良くて本当に良かった~~~~!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-25 00:11 | 2014_Greenland | Comments(2)

新酒解禁!

またまたグリーンランド旅行記を中断して、日常の小ネタ(?)です。

先週は世界中がボジョレー・ヌーボーで沸きましたが、我が家も新酒をオープンしました!
b0312126_00501405.jpg
2013年11月10日に漬け込んだ、カリン酒です!!!!!

最初は透明だったお酒も、つややかなべっこう飴のような色に変化。
カリンの種の色にも似てますね。
皆さまご存知のとおり、カリンは喉に良いということで、この時期から春本番まで、風邪が蔓延するシーズンを乗り切るために漬け込んでみました。
でも、冬の間になくなってしまいそうな予感が(笑)
何故なら、ソーダ割り等にすると、とーーーっても美味しくて、ついつい進んじゃうんだなー。

ということで、今年も漬けました。
b0312126_00552618.jpg
最初はこんなでした。
氷砂糖とカリンを交互に詰めて、ホワイトリカーを1.8リットル。
どうやら半年ぐらいで飲めるようにはなるそうなんですが、やっぱり冬の時期にいただきたいので、また1年待ちたいと思います。


ねえねえお母さん、マタタビ酒は作らないの?
b0312126_00595661.jpg
おお、晩酌のお供をするつもりかい?
b0312126_01021545.jpg
ばんしゃく・・・、

しじに嗅がせたら、目をしばしばしてました(笑)
b0312126_01004107.jpg
・・・考えさせていただきます・・・。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-24 01:08 | ごはん★おやつ | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅14 ~Ice Camp Eqip Comfort hut

◆8月24日(日)その3◆1DKK=20.25円
ではでは、エキ・キャンプのコンフォートヒュッテをたっぷりご紹介いたしましょう。

私たちのお部屋は#13でした。4棟が並んでいるうち、内側の2棟のひとつです。
なので、ベランダからはお隣が見えちゃいます。
b0312126_23312805.jpg
写真だとペンキ塗りたてみたいにキレイですが、本当にキレイでした!
b0312126_23313576.jpg
では、中に入りましょう。
扉を開けた瞬間に、

 「来てよかったーーー!」
b0312126_23503600.jpg
b0312126_23503986.jpg
窓一面に、淡いミルキーなブルーの海。
グレイシャーブルーと呼ぶそうですね。
空の色が優しい水色だからでしょうか。シャーベットのような、クリーンで美しいブルーでした。

奥にはエキ氷河。時折遠雷のような崩落の音が聞こえてきます。
こんな素敵なソファに寝そべって、日がな一日氷河を眺めていられるのですよ。
b0312126_23512289.jpg
あちこちに置かれている白や黒のフワフワは、ジャコウウシの毛皮ではないでしょうか。
これ、めちゃめちゃ暖かいんです。
最初に触れた瞬間は外気で冷えている感じがするのですが、しばらく触れているとどんどんどんどん暖かくなってきます。もうね、不思議なくらい暖かいです。
ジャコウウシの毛は、毛糸にもなり、軽くてあたたかな編み物になります。
その希少性と群を抜いた暖かさに、毛糸のプラチナと呼ばれているのだとか。
お値段もびっくり(゚д゚)!レベルです!
b0312126_23511588.jpg
仮に絶景がついてこないとしても、確実に「素敵!」と言うであろう、クリーン&スタイリッシュなお部屋です。
真っ白なお部屋に、スタイリッシュなストライプがよく映えます。
b0312126_23500355.jpg
ベッドも同じファブリック使い。ヘッドボードの色もニクイ。
壁にはちゃんと絵が飾られているのがヨーロッパですね(*´▽`*)
なにしろこのベッドの寝心地はよかったです。お布団はあったかいし、リネンはぱりっと気持ちいいし、スプリングもちょうど良くて、グリーンランドで一番よく眠れました。
b0312126_23495178.jpg
これは中から入り口ドアを見たところ。奥の白が入口ドア、手前のグレーのドアがバスルームです。
コートハンガーも素敵。服を引っかける場所はここだけです。ハンガーがひとつついていました。
b0312126_23513262.jpg
もうちょっと部屋の奥から見た感じ。
右のクローゼットの中は棚になっていて、服とか小物がしまえます。下の段には予備の備品が入ってました。

b0312126_23501176.jpg
ピカピカな水洗トイレと、洗面台。
写真では見切れてますが、洗面台の鏡の前のグリーンの箱とボトルは、とても香りのいいシャンプーと小さな石鹸でした。オーガニック系なんでしょうか。
シャンプーは持参していたのですが、せっかくなので使ってみたら、なかなか良かったです。ねもの超ドライ毛でもバリバリになりませんでした。

b0312126_23500882.jpg
シャワー!!!!!!
もちろん湯量は少ないです。チョロチョロという感じです。でも、こんな場所で暖かいお湯が使えて、髪も体も洗えるなんてシアワセですっ(*´▽`*)
電気に限りがあるため、ドライヤーは使えないと表示されていました。ねもは事前に調べ済みだったので、髪が乾きやすいマイクロファイバーのタオルを持参しましたよ。
b0312126_22591685.jpg
部屋の中は、外から帰ってくると暖かいですが、しばらくじっとしているとやっぱりしんしんと冷えてきます。
片面が全面窓ガラスになっているので仕方ないですね。
でも、ちゃんとあったかグッズが揃えられているので大丈夫。
b0312126_23510729.jpg
ねもはこの手前のこげ茶の毛布が超気に入りました。マイクロファイバーなんでしょうかね。フカフカで柔らかくて、体に巻き付けているとじわーっと暖かくなって、間違いなく眠りに落ちます(笑)


ベランダからの眺めは、もう文句なし。
b0312126_23503334.jpg
はあ・・・なんてゼイタク。
写真では氷河が遠くに見えますが、実際はもっと近くに見えます。
b0312126_00573928.jpg
ここに座って、心ゆくまで氷河を眺めることができます。ジャコウウシの毛皮を膝に乗せて、ダウン着て帽子かぶって、完全防備でね。

いやー、そりゃ大変高価ではありましたが、正直、こんな快適なお部屋に泊まれるとは思いませんでした。
事前にホームページの写真は見ていましたが、本当の本当にこんなに素敵で、しかもお掃除がいきわたっていてとっても清潔な部屋が、誰も住んでいないこんな場所にあるなんて、思ってもみませんでした。
今となっては、本当に夢を見ていたんじゃないかと思うような体験でした。
1泊にしてしまったこと、この後ハイキングを申し込んでしまったことを、速攻で後悔しました・・・。

エキ・キャンプに到着したのが午後2時ごろ。
部屋に入ったのが午後2時40分ごろ。
すでに申し込み済みのハイキングの出発は午後3時。
もう今日はずーっとここにいたいという気持ちでいっぱいでしたが、泣く泣く(?)簡単な荷物を作って、部屋を後にしたのでした。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-16 22:39 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅13 ~Ice Camp Eqipへ

◆8月24日(日)その2◆1DKK=20.25円
ランチをたっぷりお腹に詰め込んだ私たち、船室から出て氷河を眺めます。
b0312126_22275169.jpg
いいお天気になりました。
b0312126_22592830.jpg
と、いきなりの崩落!
b0312126_23003480.jpg
・・・分かります?
写真中央で水煙が立ってるの。
崩落した、後です(苦笑)

あっ、また!
b0312126_23001607.jpg
こっちも!
b0312126_23011492.jpg
むー。
あちこちで崩落するので、所詮素人のカメラ捌きはまったく間に合いません。
この日は暖かかったためか、本当にあちこちで氷が崩れていました。大きい崩落は見られませんでしたが、それでも十分堪能できました。

船のエンジンを止めると、ゴーっという氷が崩れる雷のような音と、パチパチ、シュワシュワという氷の溶ける音、そしてわずかなさざ波の音だけになります。
天気も良いし、風もほとんどなく、絶好の氷河クルーズ日和でした。

氷河も素晴らしいけれど、なにしろこの景色です。
b0312126_22102752.jpg
つやつやに磨かれた鏡のような水面に浮かぶ氷。氷はパチパチと溶けて太古の空気を吐きだします。
何も動いていないと思うほど静かなのに、氷は常に動いています。
大きな氷山はずっとそこにいると思うのに、いつのまにか遠ざかっています。
なんだかもう、あまりに現実離れしていて、ここにいるという実感がわきません。

午後1時半ごろになって、船は動き出しました。
私たちの今日の宿泊地へ向かうのです。
そう、ワタクシたち、憧れのIce Camp Eqip(エキ・キャンプ)に、泊まるのです(≧▽≦)
b0312126_22282769.jpg
これは山側から撮ったもの。右奥に見えるのがエキ氷河です。

お泊りでエキ氷河を眺めて過ごせるエキ・キャンプは、なかなかの高嶺のお花様です。
しかも、大人気につき、私たちが2月に予約した時には、10棟だか12棟だかあるスタンダードヒュッテはすでに満室でした(◎_◎;)
スタンダードヒュッテは電気もシャワーもついてないし、トイレも環境トイレなのに!
我が家はむしろトイレに不安を持っていたので(ねもが)、シャワー、水洗トイレ完備の太陽光パネル付きのコンフォートヒュッテに泊まることを決断いたしました。ちなみにコンフォートヒュッテは4棟しかありません。
当初2泊するつもりだったのですが、あまりのお値段にお目目がぽーん∑(゚∇゚|||)はぁうっ!
Glacier Lodge Eqip Comfort hut 1泊 お一人さま 1,875DKK
いいですか?
お一人さまですよ?
もちろん、往復のボートトリップ、船中の朝昼ビュッフェ、翌日の朝食はインクルーシブですけれども。
この時点で1泊は飛びました。無理無理、2泊なんて絶対無理。
そして、二人分の宿泊費や夕食やら翌日のランチやら4時間ハイクをコミコミった合計のお値段たるや、

9,049.31DKK( ̄□ ̄;)!!

あ、カードの手数料も入ってます(もうそんなのゴミみたいなお代・・・)

ありえません、コンフォートヒュッテ。高過ぎる💧
でもでも、スタンダードヒュッテでも、お一人さま1,435DKK。
さして変わらない・・・ことはありませんが、何しろ高価です。

なお、エキ・キャンプに上陸できるのは、宿泊者のみです。
エキ・キャンプの周りには自然以外に何にもありません。
そんな場所で、氷河の前で一晩過ごせる上に、快適な部屋で、ご飯も食べられて、シャワーもトイレも使えるのですよ。当然ながら、ここには上下水施設などありませんし、ゴミ処理場もありません。全ての廃棄物は船に積んで帰らねばなりません。
食料も、新しいシーツも、何もかも船で持って行って、船で持って帰るのです。
そう考えたら、高くはないとは言えないけれど、妥当なお値段だという気もします。
実際、スタッフの働きっぷりを見ていたら、高過ぎるだなんて思えませんでした(いや、高いけど💦)

どうしてもどうしてもどうしてもエキ・キャンプに泊まりたかったねも、涙をこらえつつカード決済いたしましたよ。
ねもは、本当はエキ・キャンプに泊まりたくて、グリーンランドを、そしてイルリサットを選んだのでした。
そうじゃなきゃ、カンゲルルススアークにもう1泊できたはずなんですよね。
Ottoよ、ごめんよ。オーロラは二の次だったんだ。

あ、そうそう。
エキ・キャンプのお取り扱いはWorld of Greenlandという会社のみです。リンクはこちら→
そして、このツアーはキャンセルききません(T△T)
本当に旅立てるまでドキドキでした・・・。

さて、氷河の前から見ても、どこにエキ・キャンプがあるのか全然分かりません。
un_voyageさんのブログで拝見したとおりのヒュッテが見えたのは、10分ぐらい進んでからでした。

・・・ん?
b0312126_23015898.jpg
何か見えてきた・・・?
b0312126_23162132.jpg
b0312126_23021237.jpg
ほ、本当にあるんだーーー!
本当に周りには何にもないよ!

船は当たり前のようにPort Victorへと接岸しました。
b0312126_23101123.jpg
ここから先に進めるのは、お泊り客のみ。デイツアーの皆さんはこのまま船で折り返します。多少の優越感を持ちつつ、上陸いたします(笑)
b0312126_23101925.jpg
い、意外と急でございます。1泊分とは言え、荷物を背負っておりますので、結構キツいです💦
b0312126_23102750.jpg
スタッフさんはスイスイですな。さすが。
エキ・キャンプの管理棟とも言うべきCafe Victorは一番上にありました。ひいい。
b0312126_23105838.jpg
少々寒いですが、外のテーブル席は気持ち良さそう。
b0312126_01042139.jpg
朝ごはんは意外とゆっくり。
カフェは夜の11時までやってるんですね。すごいなあ。

b0312126_23104394.jpg
中は暖かいです。とてもキレイなダイニングです。
ガラス越しに見える景色がとんでもない絶景です。ああ、なんてゼイタク。
b0312126_23104693.jpg
ダイニングから入口すぐのサロンスペースを見たところ。お食事時にはここがビュッフェコーナーになります。この奥がオープンキッチンと、スタッフの控室になっている模様。
ほんとによくお手入れされていて、どこもかしこもキレイにしています。

まずはお茶とケーキ(ここのキッチンで手作り!)でウェルカム。
その後スタッフが一組一組に予約内容と滞在中の注意、そして部屋番号の確認をして、各自で部屋に向かいます。
スタンダードヒュッテの人たちは、ストーブの使い方を後で説明してもらっていたようです。
コンフォートヒュッテは太陽光パネルによって電気が使えます。underfloor heatingがあるということなんですが、オンドルみたいなものなんでしょうか。
英語ではありますが、ゆっくり丁寧に説明してくれるので、ねもでもなんとか理解できました。
エキ・キャンプの各ヒュッテ(スタッフはハットと発音してました。デンマーク語ではハットなのかな)にはカギがありません。
そりゃ、こんな場所だったら、そんなもの不要ですね(*´▽`*)

こちらが、スタンダードヒュッテ。
b0312126_23102338.jpg
皆さん、続々と入っていきます。

我々のコンフォートヒュッテは、もうちょっと下の方。
b0312126_23110685.jpg
太陽光パネルをのっけた少し大きめのヒュッテです。下の方ということは、前を遮るものがないということ。
つまりはオーシャンフロントならぬ、氷河フロントです。

さて、またしても記事が長くなってしまったので、我らがお部屋は次の記事でたっぷしご紹介いたします。引っ張る引っ張る(笑)

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-10 23:55 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅12 ~崩落する氷河へ Eqip Sermia

◆8月24日(日)◆1DKK=20.25円
イルリサット滞在4日目。
b0312126_23363655.jpg
あ、青い空が見えてるーーーー!
いつも静かな海に小さなさざ波がいくつもできるほど風は強いですが、でも、雲が切れてます!

予定どおり早起きをして、6:40発のシャトルバスに乗り込んで向かった先はここ。
b0312126_23364368.jpg
街の中心、World of Greenlandのお店の前。早朝の冷たい空気の中、皆さんお集まり。
これから私たち、1泊2日のツアーに参加するのです。ふふふ。

2台のバスに分乗して、どこへ行くのかと思ったら、ただ下の港に下りて行くだけでした。わざわざバスに乗るほどでもない距離でした(笑)
b0312126_23365326.jpg
写真が近過ぎて全容が分かりにくいですが、この船に乗っていきます。
船にはたくさんの食糧が積まれていました。
b0312126_22333085.jpg
ミルクと・・・洗剤かな?
手前はパンです。
b0312126_22332680.jpg
ビールも!手前の白い箱は卵でした。

船内はこんな感じ。
b0312126_23370596.jpg
特急列車のボックスシートみたいに、向かい合わせの席が左右にあります。狭いと思ったけど、帰りの船に比べたら全然広かったです。
この日は満員でした。

さあいよいよ、5時間の船旅が始まります!
b0312126_23373774.jpg
船はディスコ湾をぐんぐん北上します。
行き先は、ここ!
b0312126_23395455.jpg
そう、崩落する氷河が見られる、エキ氷河です!
5時間も船に乗るんだから相当北の方に行くと思ったんだけど、地図だと大したことないですねえ・・・グリーンランドは大きいなあ。
b0312126_23172157.jpg

船に乗るとすぐに、朝ごはんが供されます。
狭い船内を上手に使って、パンとコールドミールの簡易ビュフェを設置してました。コーヒーも紅茶のお湯も、どんどん足してくれます。
b0312126_23390574.jpg
b0312126_23372275.jpg
食べかけですみません💦ブラックベリーのジャムが美味しかったです。

風の強い日だったので、船に酔わないようにトラベルミンを飲んで来たら眠くて眠くて(笑)
確かに、イルリサットを出てすぐは少々揺れました。
b0312126_23031410.jpg
おトイレはとてもキレイにお掃除されていましたよ。

船はディスコ湾をどんどん北上していきます。
b0312126_23375132.jpg
こんな大きい氷山を見たり、
b0312126_23090579.jpg
荒野にぽつんと佇む家(小屋?)を発見したり、

なんとなんと、
b0312126_23112494.jpg
ぶしゅーーー!
b0312126_23454163.jpg
クジラも!
これはだいぶ遠い写真を拡大して切り取ったものですが、この直前には、すごく船の近くまで来たんですよ!慌ててカメラを構えたけど、ピントが合う前に海に潜られてしまいました💧

それから、滝に船の舳先を突っ込んで(?)みたり。
b0312126_23181216.jpg
昨日までの雨により絶賛大増水中につき、マイナスイオン浴びまくりです!!

だんだん氷の数が増えてきました。
b0312126_23493712.jpg
すると、
b0312126_23505672.jpg
海の色が変わりました。
b0312126_23510850.jpg
b0312126_23511595.jpg
海の青さが淡くなっていきます。
風にあれだけ巻き上げられていた波が消えました。
b0312126_23542667.jpg
b0312126_23495262.jpg
巨大な氷山や空に広がる雲まで映り込む、鏡のような海です。
海で鏡張りが見られるとは思いませんでした。
もっとたくさん写真を撮ったと思ったのですが、あまりの景色にシャッターを押すのも忘れたようです(笑)

船が進行方向を右に変えた時、巨大な氷河が現れました。
b0312126_23574010.jpg
エキ氷河です!
b0312126_23585585.jpg
思っていたよりはるかに大きい!
5時間の旅などあっという間でした。飽きる暇なんてありませんでした。
この氷河を見に来たのです。船は氷河の前で2時間停泊し、崩落の瞬間をみんなで待ちます。
b0312126_22275169.jpg
さ、その瞬間を・・・!というところで、
「お昼ご飯できたよ~!」の声。
迷わず、お昼に向かう私たち(爆)
氷河よりメシ。まずは腹ごしらえしてからですとも!
b0312126_22301660.jpg
おいしそーーーーーー♪
なんでホテルで野菜が出なかったのに、こんな船の中でお野菜が食べられるのでしょうか!?
b0312126_22303325.jpg
パンとサラダのビュッフェでした。
野菜は新鮮だし、味付けもちょうどよくて、特に茹で甘エビのサラダが美味でした。後でお代わりしちゃいました。
こんな船の上で、氷河の前で(氷河も見ずに)ランチだなんて、なんてゼイタクなんでしょう(笑)

長くなったので、崩落する氷河は次の記事で。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-05 22:56 | 2014_Greenland | Comments(4)

キラウエアの溶岩流、パホアへ。

グリーンランド旅行記をまたしてもお休みして、ハワイ島の話題を。というか、話題にせずにはいられません。
6月から流れ始めたキラウエアの溶岩流が、ついに人の住むパホア村に到達しそうです。
アロハブリーズさんの記事はこちら→

パホア、ねも家は訪れております。カラパナ溶岩ツアーで、溶岩樹公園に行く前に立ち寄りました。到着後即スコールに襲われましたっけね(-_-;)
b0312126_12055596.jpg
とてものんびりした村で、でも、オシャレなオーガニックなスーパーがあって、

b0312126_12060230.jpg
石鹸とかハチミツとか買ったっけ。
ちょっとヒッピーライクな雰囲気のある、こなれたオシャレな村という印象のパホア。
あの村がなくなってしまうんでしょうか。

カラパナ溶岩ツアーに連れて行ってくれたフクさんが、火山がいまだかつてないほど膨らんでいる、もうすぐ噴火するのでは、とおっしゃっていましたが、その通りになりました。そしたら絶対見に行きます!なんて言ってたんでしたっけ。
ハワイ島にはキラウエア火山があって、過去にいくつもの村が溶岩流に覆われてしまったというのはガイドブックにも書いてあるし、そういう場所に観光しに行こうとも思って、ツアーに申し込んだのでした。

なのですが、うーん、何だろう。

ただ行ったことがあるというだけなんですけど、自分が行ったことのある場所が、あのチェーンオブクレーターズロードで見た溶岩大地のようになってしまうというのは、とても想像し難いのですが、非常に重苦しい気持ちになるものなんですね。

キラウエアにお住いの火の女神ペレ様は、決して住民を傷つけたりはなさらないそうです。
もちろん噴火の際には噴石も飛ぶし、ガスも発生しますが、溶岩の流れはゆっくりなので、退避することができるのだそうです。

「ペレ様にお借りしている土地をお返しするだけ、その日が来たら家のお掃除をし、きちんと服装を整えてお別れをするのだ」と聞いて、とても切ない気持ちになったと同時に、その振る舞いにとても近しいものを感じました。
自然に畏敬と畏怖の念を抱きながら、万象に神さまを見つけながら寄り添って暮らしていく、というのは厳しい自然への対峙の仕方という点で、日本人の振る舞いととてもよく似ていると思います。

たとえ溶岩流がゆっくりでも、思い出のたくさん詰まった家ごと移転できるほどの時間があるわけでもありません。
できたら、村を避けて流れてくれたらと思うのですが。

しかし今年は何でしょう。
日本、パプアニューギニア、アイスランド、ハワイ島の各火山が次々に噴火。
なんとも計り知れないものです・・・。




重苦しい気分で終わるのはなんなので、しじみさんにご登場願いましょう。
b0312126_00481549.jpg
ぬん。
すごい遠近感(笑)少々変顔ですな。
変顔だけでは癒されませんね。ではこちらはいかがでしょう。
b0312126_00464105.jpg
オトコの横顔。うむ、まだちょっと幼いか。

ではでは、癒しの写真をもういっちょ。
b0312126_00472212.jpg
ゴマ入りモフモフおてて、黒豆つき。
しじみの手は、若いせいかとっても柔らかいです。関節くにゃくにゃ。肉球ぷにぷに。
触り心地はとっても良いのですけれども、しじ、おトイレ行った後、手洗ってないよね・・・💧

○んちの後は、とっ捕まえて拭いてます!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-02 01:00 | たび | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
カメラ
雑記
未分類

最新の記事

今日も・・・
at 2017-11-24 15:19
かたくなな背中。
at 2017-11-19 22:19
2017夏 沖縄の旅~グルメ..
at 2017-11-14 20:00
so many vaccin..
at 2017-11-12 23:21
2017夏 沖縄の旅~グルメ..
at 2017-11-09 20:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

> shinji1996..
by nemo_2014 at 08:02
今月末からアイスランドに..
by shinji19960121 at 13:31
ふふふ。飼い主の方が楽し..
by nemo_2014 at 20:36
しじみさんハロウィン楽し..
by photo-kioku at 20:13
>enigma85さん ..
by nemo_2014 at 22:43
kimmyです。こんにち..
by enigma85 at 08:32
> sayachan28..
by nemo_2014 at 16:51
nemoさん♪ ワ..
by sayachan28 at 15:40
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 00:17
しじみさんw白目www ..
by photo-kioku at 02:26

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索