<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

猫ブログではないのだが、

ついつい白黒の牛柄が目の前を横切ると、シャッターを押してしまいます。
b0312126_22351759.jpg
冷んやりマットでご休憩中。

猫バカは頼まれもしないのに、どんなキャットタワーを買って差し上げたらお気に召すか、どんな水飲み皿がお好みかしら等々、昼間っから悩み中です。仕事も手につきません(それはいつものこと)
日々我が家に増殖しゆく、猫様グッズ。
夏の旅行に向けて節約してたのに・・・してたのに・・・もう5,6万使ってるのではーーーー。

旅ブログであるからには、何か旅ネタを書かねば💦

只今、過去のスペイン旅行のフォトブックを製作中です。
マチルダに「いつかね」と言い続けて早や4年。ようやくマヨルカ島のフォトブックを注文しました。
出来上がりは今週末。
どんな仕上がりになっているかな。

旧ブログでも宣伝しましたが、ねもがいつも使っているフォトブックのサイトはこちら。
アスカネットのマイブック http://www.mybook.co.jp/
b0312126_23061098.jpgb0312126_23060496.jpg今やインターネットでフォトブックを扱う会社はたくさんありますが、割と昔からあったのではないかと思います。今はなきCASツアーという東京発の格安航空券を扱っていた会社のサイトで発見したような気がします。今回も新たに製作するにあたって、いろいろ比較検討してみましたが、安くはないけど、システムの使いやすさ、デザインの自由度の高さは群を抜いていると思います。

他のサイトを使ったことがないので、仕上がりの差は分からないですが、アスカネットさんが言うには、普通に売ってる写真集のクオリティなんだそうですよ。素人のへっぽこ写真も、それなりに見えるのが不思議です。
ねも家は結婚式の写真集もここで作って親戚にばら撒きました。そういう使い方だと全然安上がり♪
海外挙式で誰も呼ばなかったからね(笑)

今作ってるのは、一昨年行ったアンダルシア~バレンシアの旅。
なにしろ写真が多くて、その割にイケてる写真が少なくて(笑)、取捨選択に苦労しております。
さっきアスカネットさんのサイトを見に行ったら、
「頑張りすぎないイマドキのフォトブック作り」
なんてキャッチが踊っていました。それって、ねもは諌められているということでしょうか。
どうしても偏執的B型の血が騒ぎがちなねもではありますが、心して一日も早く刊行いたしたいと思っております。

ので、もうちょっと待っててね、マチルダ。


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-30 23:00 | 白黒猫 | Comments(2)

あらためまして。

みなさんこんばんわ。
b0312126_22231926.jpg
しじみ です。
(仮)が取れました。

この一週間、飼い主さんに情報をお届けするべく、あちこちに連絡しましたが、残念ながら何の手がかりも、お申し出もありませんでした。
動物病院の先生ともお話ししましたが、一週間経って、何にも連絡がないということは、やはりそういうことなんじゃないかと。
迷い猫ではなく、捨てられてしまったのかなと。

まあ、拾った時からそうだろうなとは思っていたので、それじゃ里親さんを探すか! というところだったのですが、なんともショッキングな事実が判明しました。

今後去勢手術を受けさせるつもりで、身体検査と血液検査をしてもらったところ、



FeLV(猫白血病ウイルス)陽性 との結果が出ました。



現在のところ、FeLVには完治の方法がありません。
つまり発症すると、治せないということです。

外を彷徨っている間に他の猫との接触でうつってしまったのか(目の下に傷を負っていたので)、
もともと母子感染でキャリアだったのかは分かりません。

今日の検査は簡易な検査キットによるもので、精密な検査をするとまた違った結果が出ることもあるそうです。
でも、そこに期待するわけにはいきません。

それに、陽性=発症ではありません。
病院と連絡を取り合って、室内飼いを徹底するとか、ストレスの少ない生活をさせるとか、健康診断を受けさせるとか、少しでも長く、元気でいてくれるように努力することはできます。

FeLV陽性と聞いて、ねも家も腹を決めました。
ウィルスのキャリアではとても里子に出すことなどできません。
まあ、貰ってくれる人もいないでしょうし。
後日精密検査したらFeLVも猫エイズも陰性でした!
も、もしや、うちの子になりたくて血液レベルで仮病??
おぬし、やりおるな・・・。

なので、本日、正式にねも家メンバーとしてお迎えする ことに決めました。
b0312126_22231114.jpg
もう(仮)じゃないよ、しじみ。
・・・この写真はちょっとぶちゃいくだね(笑)

目もきらきらしてるし、ちょっとふっくらして体もパンとしてきたし、猫じゃらしに飛びついたりひっくり返ったり、元気いっぱいでとても病気の因子を持っているようには見えないしじみ。
改めて生き物の命のデリケートさを感じました。

しじみがこの先、どれだけ生きてくれるのか分からないけれど、
とにかく、最後の最後まで、
安心して楽しく暮らせるように、ねももOttoも最大限の努力をするつもりです。
人の手が大好きなしじみを、それこそ猫可愛がりします!!

これからよろしくね、しじみ。

一日でも長く、私たちのそばにいてね。

b0312126_22231515.jpg
僕、もう離れないもん!





********************************************
もし、もしも、元の飼い主様がこの記事をご覧になっていたら、お伝えしたいことがあります。
警察、区役所、動物愛護センターには届出済みです。近所の動物病院には迷い猫のポスターも貼っています。
もしかして、すぐに申し出られない事情がおありかもしれませんね。
白血病のリスクがあっても、それでも引き取りたいとのお申し出があれば、もちろんお返しします。
その際は、大変失礼ですが、この子の写真や病院の診察券など、飼育していたことを証明するものを確認させてください。
また、今後定期的に、この子の様子が分かる動画を送っていただきたいと思います。
私たちが支払った医療費やトイレやごはん代を請求しない代わりに、それだけはご協力ください。
この子が二度と恐ろしい思いをしないように、最大限の努力をしてくださるよう、強くお願い申し上げます。

********************************************
↑我が家の一員となりましたので、削除させていただきます。
 もうどなたがお申し出になられても、しじみはどこにもやりませぬ!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-28 23:35 | 白黒猫 | Comments(4)

吾輩は猫である。名前は・・・、

そこのすっかり寛いでいるキミ、
b0312126_2313371.jpg
扇風機独り占めしてるキミ!

b0312126_23193582.jpg

やっぱり名前がないと不便だよね。

えっ、
b0312126_231538.jpg
そうだなあ・・・。
b0312126_23151133.jpg
”しじみ(仮)” ってのはどうだい?
次に我が家に猫が来ることがあったら、つけようってOttoが用意していた名前なんだよ。

b0312126_23222096.jpg
えっ!?
僕、しじみ(仮)!???
b0312126_23332320.jpg
えーん、もっとカッコいい名前がいいよう。


・・・文句はOttoに言ってね。しじ。


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-26 23:06 | 白黒猫 | Comments(2)

夏旅2014

今年の夏旅。

実は、2月からすでに手配を始め、後は飛行機に乗るのみになっております。

ま、行くのは8月下旬なんですが。

そのせいもあって、今年はスペイン年にもかかわらず、マチルダとはアジアを攻める予定。
こっちは決まってません。
お互い、そんなにお休みが取れないので、3~4日ぐらい・・・となると、香港かー?
シンガポールに行こうかとも思ったんですが、F1もあるし、なんだかホテル代が高騰している様子。
今更韓国でもないので、台湾とか??




となると、この人はどうしましょう。

b0312126_23161915.jpg
いまだ飼い主さんからの連絡はありません。
ホットタオルで体を拭いて、ブラッシングして、もうすっかりきれいになりました。
甘えん坊にも拍車がかかって、可愛くて仕方ありませぬ。

どうしよう・・・。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-24 23:15 | たび | Comments(2)

猫を保護しました!

このびっくりお目目の彼を、本日保護いたしました。
b0312126_22080917.jpg
ただいま、我が家に猫がおります\(◎o◎)/!

b0312126_22081476.jpg
お手手のポツポツはシミではなくて、模様です(笑)
手足の先の方から、ヒョウ柄の消し残りみたいに、斑点がついております。こういう模様の猫って見たことなかったなあ。
b0312126_22081920.jpg
ちょっと曲がってますが、背中にハートも背負っております。
尻尾は黒くて長いですが、先がちょっと曲がってて、先っぽがちょっとだけ白いです。

目黒川と山手通りの間、品川区から目黒区の間のあたりで保護しました。首輪はありませんでした。
病院に連れて行ったところ、月齢は8か月から12か月。オスの未去勢の雑種。
ちょっとお腹を下している以外は、ノミもついていず、いたって健康です。

どうも肝が据わっているというか、諦めが早いというか、
連れてきた数時間は誰もいない部屋でじっとしていましたが、もううちのソファでお腹出して寝てます(笑)
b0312126_22432994.jpg
超がつく甘えん坊で、人に触ってもらうのが大好き。そしてよくお返事します。
先生いわく、間違いなく飼い猫だったであろうと。

あまりにフレンドリーな捨て猫は逆に危ないので、放っておけずに我が家にお連れしました。

ずーっと大きな声で鳴きながら歩き回っていました。
飼い主さんを探していたのだと思います。

交番には届け済み、保健所や区の関係団体には月曜日に連絡します。
迷い猫の掲示板にも情報を出してもらえるよう申請中です。
警察に預かってもらうと、保健所に直行になってしまうので、我が家で保護します。

心当たりの方は、このブログにご連絡くださいませ。
我が家の一員になりました!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-21 22:32 | 白黒猫 | Comments(4)

旅の記録と記憶

ホームページや旧ブログに載せていた今までの旅メモをこちらに移してきました。
自分の忘備録的に作っているのですが、年がバレますね、これ(笑)
17回目のニューカレドニア以降は、旅行記にリンクをはりました。

1回目
*訪問先 :イギリス、ギリシャ、イタリア、ヴァチカン市国、フランス、ドイツ
*期 間 :1990/2/5~3/12 (36日間)
*旅の形態:フリー+現地ツアー
*航空会社:JL、BA、OA
*ルート*
 成田~ロンドン~アテネ~ローマ~ナポリ~ニース~パリ~フランクフルト~ローテンブルク~フュッセン~ザールブリュッケン(友人宅)~パリ~(経由)デュッセルドルフ、アンカレッジ~成田
*こんな旅だった*
 卒業旅行にして、初の海外旅行。いきなり完全個人旅行で(大汗)
 時は米ソ冷戦時代。なので飛行機はアンカレッジ経由だった(ソ連の上は飛べなかったのだよ。)
 旅の計画中(前年)にベルリンの壁が崩壊。そしてこの年の10月、東西ドイツは統合。
 いまや世界史の一ページです。うひゃー。
 当たり前ですがユーロなどありません。
 国境を越える度に両替をしなければならず、通貨に慣れるのが大変でした。

2回目
*訪問先 :グアム島(グアムグランドホテル)
*期 間 :1992/4/24~4/28 (5日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:NW
*ルート*グアム島滞在(グアムグランドホテル)
*こんな旅だった*
 38℃の高熱にうなされていたので、何も覚えてない…ラッテストーンとか…?

3回目
*訪問先 :香港
*期 間 :1992/7/26~7/29 (4日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:NW
*ルート*香港滞在(華商酒店?)
*こんな旅だった*
 猛烈に蒸し暑かった。ホテルのお風呂の栓が壊れた。エッグタルト美味しかった。
 深夜着、早朝帰りで疲れた。機内食強烈にまずかった…。

4回目
*訪問先 :香港
*期 間 :1992/11/1~11/4 (4日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:UA
*ルート*香港滞在(粤海酒店)
*こんな旅だった*
 ねも家初の家族旅行。季節は最高。
 レパルスベイでリッチなハイティー。その後、食べすぎで香港の街中で胃痙攣起こした。とほほ。

5回目
*訪問先 :バリ島
*期 間 :1992/12/3~12/6 (4日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:GA
*ルート*バリ島滞在(ヌサドゥアビーチホテル)
*こんな旅だった*
 雨季。半日は雨に降り込められた。
 けれどライステラスの緑や蓮の花が雨に映えて美しかった。
 果物は美味しかった。現地ガイドがドリアンで腹を壊し、タナロット行きが中止に。
 とほー。

6回目
*訪問先 :オーストラリア
*期 間 :1993/12/24~1994/1/2 (10日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:QF、AN
*ルート*
 成田~シドニー~エアーズロック~アデレード~カンガルー島~アデレード~ケアンズ~成田
*こんな旅だった*
 毎日がびっくり箱。さすがワンダー大陸。楽しかった。
 カンガルー島では激寒のあまり夜のペンギン見学に行けなかった。残念。
 ケアンズでのラフティングで酷い日焼け(ほぼヤケド?)
 あまりの痛みに一時歩行不能に。
 帰国できないかと思った。

7回目
*訪問先 :タイ
*期 間 :1994/12/8~12/12 (5日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:UA
*ルート*バンコク滞在、アユタヤ半日
*こんな旅だった*
 職場の若者総勢6名で行った。
 日を追うごとにひとり、またひとりと腹を壊していき、最後に残ったのは2人(含む私。)
 大勢で行く海外旅行というのもかなり楽しい。
 象乗りは楽しかったなー。

8回目
*訪問先 :ケニア
*期 間 :1994/12/24~1995/1/3 (11日間)
*旅の形態:ツアー(添乗員つきのはずが、現地ガイドのみに)
*航空会社:PK
*ルート*ケニア滞在(経由)マニラ、バンコク、カラチ(半日観光)、ドバイ
*こんな旅だった*
 一度は行ってみたかったサバンナ。圧倒的なスケールと自然の美しさに言葉も出なかった。
 サバンナの真ん中で車故障、その上発熱。
 車は親切なインド人ファミリーに牽引してもらって事なきを得、熱は現地薬で恐ろしいほど簡単に治った。ラッキー?
 帰路、カラチを飛び立った飛行機は、1時間ほどでまたカラチに引き返した!
 全員厳しいボディチェックを受けた。お陰で帰りは40時間の旅に。ふー。

9回目
*訪問先 :アメリカ、メキシコ
*期 間 :1996/4/22~5/3 (12日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:NH、AS
*ルート*成田~(経由)ロス~ロスカボス~ラスベガス~成田
*こんな旅だった*
 砂漠に囲まれたロスカボスはのんびりしていて、お魚美味しくていいところだったー。
 街並みはスペイン的。
 ラスベガスではアトランタオリンピックの聖火ランナーが来たにも関わらず、みんなカジノで真剣勝負。ちょっと可哀相だったな。

10回目
*訪問先 :モルディブ
*期 間 :1996/11/2~11/8 (7日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:SQ
*ルート*モルディブ滞在(フルムーンビーチリゾートホテル)
*こんな旅だった*
 職場の友人と4人で。この頃のモルディブはまだ珊瑚礁も綺麗で、まさに龍宮城。
 何にも嫌なことがなくて、ものすごく楽しかった。
 毎日の食事はビュッフェ。全然飽きない。美味しかったー。

11回目
*訪問先 :オーストラリア
*期 間 :1996/12/30~1997/1/6 (8日間)
*旅の形態:フリー+現地ツアー
*航空会社:QF
*ルート*
 成田~(経由)ダーウィン~パース
 パースを基点に、シェルビーチ、モンキーマイア、ピナクルス、ロットネスト島、フリーマントル
*こんな旅だった*
 まさにワンダー大陸。
 奇岩にイルカに砂丘滑りに小麦粉並みのパウダーサンドビーチ。
 フリーマントルでカプチーノの美味しさに開眼。
 ロットネスト島のクォッカ可愛いかった~。

12回目
*訪問先 :サイパン
*期 間 :1997/4/25~4/30 (6日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:CO
*ルート*サイパン島滞在、マニャガハ島、ロタ島
*こんな旅だった*
 職場の友人と4人で、メゾネットのお部屋で大盛りあがり。チャモロ料理が意外に口にあった。
 帰り、航空会社の都合で、出発が午後から夕刻に変更という嬉しいオマケつき。
 もちろんわざわざお金まで下ろして、めいっぱい遊んできましたー。

13回目
*訪問先 :タヒチ
*期 間 :1997/9/8~9/16 (9日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:AF、VT
*ルート*
 ランギロア島(キアオラビレッジ、キアオラソバージュ)、タヒチ島(ハイアットリージェンシー)
*こんな旅だった*
 憧れのランギロア島へ。まさに青インクを流したような海。
 離島(キアオラソバージュ)では小笠原以来の月明りの眩しさを実感。
 夢のような日々だった。また行きたいけど、全てが高価…。

14回目
*訪問先 :タイ
*期 間 :1997/12/3~12/7 (5日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:NW
*ルート*バンコク滞在
*こんな旅だった*                      
 またまた職場の友人と4人でバンコク再訪。
 楽し過ぎて記憶が飛んだか、タイスキが美味しかったことしか覚えてない…。

15回目
*訪問先 :チュニジア
*期 間 :1998/5/1~5/10 (11日間)
*旅の形態:ツアー(添乗員同行)
*航空会社:SU
*ルート*
 成田~(経由)モスクワ~チュニス~カルタゴ~ドゥッガ~ブッラレージア~カイラワーン~スベイトラ~トズール~ジェリド湖~ドゥーズ~マトマタ~エルジェム~シディブサイド~チュニス~(経由)モスクワ(半日観光)~成田 
  ※既に忘却の彼方につき、ルートも自信なし…やっぱり旅は自分の足で回らないと記憶に残りにくいですね…。
*こんな旅だった*
 ねも初めての、そして最後の添乗員つきツアー。
 クスクス美味しかった。サハラ砂漠の広さと色の美しさは、全てを吹き飛ばすくらいの感動。でも、砂嵐の中のラクダ乗りは拷問。
 ツアーの目玉、トズールのダルシュライトホテルは、ヨルダンの王族が急遽やって来たとかで泊まれず。
 しかし疲れた。詰め込み過ぎて、どこがどんなだったかもう思い出せない…また行かなきゃ。

16回目
*訪問先 :韓国
*期 間 :2000/10/7~10/9 (3日間)
*旅の形態:ツアー(職場旅行)
*航空会社:JD
*ルート*ソウル滞在
*こんな旅だった*
 鮒焼きとサムゲタンが美味しかった。深夜の東大門市場で買い物しまくった。
 汗蒸幕とかカジノとか、いろいろ回ったけど…あんまり覚えてない。

17回目
*訪問先 :ニューカレドニア
*期 間 :2001/11/1~11/12 (12日間)
*旅の形態:フリー+一部手配
*航空会社:AF、TY
*ルート*
 成田~ヌーメア(メリディアン)~イルデパン(メリディアン)~ウベア(パラディドウベア)~ヌーメア(ノボテル)~成田
*こんな旅だった*
 南の島で写真だけ…のつもりが式を挙げることに。
 なにより大変だったのが、ドレス等々の荷物。
 行きからスーツケースはパンパン。腕が抜けるかと思った。
 イルデパン、ウベアの海は本当に美しい。フランス料理は美味しいし。
 結婚○周年記念旅行を狙っているけど、高価で…(号泣。)

18回目
*訪問先 :ギリシャ
*期 間 :2002/5/31~6/11 (12日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:TG
*ルート*
 サントリーニ島滞在
 成田~(経由)バンコク~アテネ~サントリーニ~アテネ~(経由)バンコク~成田
*こんな旅だった*
 旅のテーマは、ギリシャで海水浴。
 テーマどおり、毎日バスタオル持って海に行ってた。
 オリーブオイルもフェタチーズも好きなので、ギリシャ料理は大好き。
 人も景色も犬も猫も、全て絵になる島。本当に行ってよかった。

19回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2002/9/19~9/22 (4日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:JD
*ルート*香港滞在(逸東酒店)
*こんな旅だった*
 魂の旅友、マチルダとの初の旅行。
 ベトナムに行くはずが、いつの間にか何故か香港に行くことに。
 行き先を適当に決めたわりに、ものすごく充実した旅になった。
 この年はたまたま中秋節に当たってマンダリンオリエンタルの伝統的月餅にハマり、以降の香港巡礼が始まることに。

20回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2002/12/27~12/30 (4日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:NH
*ルート*香港滞在(九龍酒店)
*こんな旅だった*
 牛乳プリンが忘れられず、Ottoを連れて早くも再訪。
 クリスマスイルミネーションがど派手だった。
 初めてビクトリアピークへ。寒かったよ~。

21回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2003/9/5~9/8 (3日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:JL
*ルート*香港滞在(朗廷酒店)※成田前泊
*こんな旅だった*
 マチルダと第2回月餅買い付け旅行。
 念願のマンダリンオリエンタルホテルの月餅をゲット。
 九龍城へ行って糖水を食べお茶をゲット。
 ホテルは立地最高。ロビーがゴージャスで大好き。

22回目
*訪問先 :ギリシャ
*期 間 :2003/9/26~10/3 (8日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:TG
*ルート*
 ミコノス島滞在
 成田~(経由)バンコク~アテネ~ミコノス~アテネ~(経由)バンコク~成田
*こんな旅だった*
 今度はミコノス島で海水浴。ビーチ巡りは色んな意味で(?)楽しかった。
 すでにバカンスシーズンを過ぎていたので、やや淋しい場所も。
 やはり真夏に来た方がもっと楽しかったかも。
 でも、どこも空いているので、のんびりするにはいい季節。

23回目
*訪問先 :ハワイ
*期 間 : 2003/11/20~11/25 (6日間)
*旅の形態:フリー+現地ツアー
*航空会社:JL
*ルート*オアフ島滞在(ハレクラニ)
*こんな旅だった*
 ねも実家の家族旅行第二弾。初ハワイでした。ハワイはいいとこだ~。
 現地ツアーで連れて行ってもらったカイルア、ノースショアが素敵だった。

24回目
*訪問先 :タイ
*期 間 :2004/3/17~3/22 (6日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:TG
*ルート*プーケット島滞在(ヒルトンアルカディア)、ピピ島(1日観光)
*こんな旅だった*
 初のマイレージ特典旅行で、Ottoとアンダマン海の真珠プーケット島へ。
 アジアリゾートを大満喫。
 二人とも辛い物好きだから、タイ料理は大大大好き。なに食べても美味しかったー。

25回目
*訪問先 :スペイン
*期 間 :2004/8/6~8/17 (12日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:BA
*ルート*
 成田~(経由)ロンドン~セビリア~カディス~ロンダ~グラナダ~ネルハ~マラガ~(経由)ロンドン~成田
*こんな旅だった*
 情熱のアンダルシア編。マチルダとフラメンコの旅。
 あまりに美味しくて楽しかったので、これ以降のスペイン巡礼が決定。
 フラメンコの迫力も、一面の(枯れた)ヒマワリ畑も、大西洋の夕日も、アルプハラの絶景も…
 どれも素晴らしくて書ききれない!

26回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2004/9/10~9/12 (3日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:CX
*ルート*香港滞在(城市花園酒店)
*こんな旅だった*
 マチルダと第3回月餅買い付け旅行。JTBの格安ツアー。
 キャセイの機内食は嘉麟楼のメニューでびっくり!北角の下町暮らしもいいのう。

27回目
*訪問先 :ハワイ
*期 間 :2004/12/10~12/19 (10日間)
*旅の形態:ツアー(マラソンツアー+延泊)
*航空会社:JL
*ルート*オアフ島滞在(パシフィックビーチホテル)
*こんな旅だった*
 なななんとホノルルマラソン参加!
 いきなりのフルマラソンながら、一応完走(完歩)。
 翌日はホノルルに筋肉痛なロボット歩きが溢れてました。
 レンタカーで東海岸に行ったり、サーフィンやったり。
 プレートランチにハマっていろんな店のを食べまくった。
 マラソンで消耗した以上に、いろいろ摂取して帰国。

28回目
*訪問先 :香港、マカオ
*期 間 :2005/8/31~9/4 (5日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:CX
*ルート*
 成田~(経由)香港~マカオ(葡京酒店)~香港(朗豪酒店)~成田
*こんな旅だった*
 マチルダと第4回月餅買い付け旅行。
 今年はアジア年なので、マカオもおまけ。マカオは暑かった。
 リスボアホテルは改装済みのお部屋。
 ねも、超モダンなシャワー操作が分からず、バスタオルいっちょでマチルダにSOS。
 ランガムプレイスホテルも新しくて、とてもセンスが良くて素敵。また泊まりたい~。

29回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2006/2/2~2/5 (4日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:CX
*ルート*香港滞在(九龍香格里拉酒店)
*こんな旅だった*
 中秋節でもないのにマチルダと第5回香港旅行。
 ホテルはねものマイレージでちょっとゴージャスにシャングリラ。
 冬の香港も、土鍋ご飯が美味しくて夜景が派手で楽しい。また行かないと…。

30回目
*訪問先 :スペイン
*期 間 :2006/8/15~8/26 (12日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:AF
*ルート*
 成田~(経由)パリ、バルセロナ~レオン~オビエド~ビルバオ~オンダリビア~サンセバスチャン~バイヨンヌ~(経由)パリ~成田
*こんな旅だった*
 マチルダとスペイン巡礼第二弾。
 スペイン北部はいわゆる赤い大地のスペインとは全く違っていた。
 端正な町並みや、緑滴る森。それに美味しいバスク料理。
 情報集めに苦労した甲斐があったなー。

31回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2006/9/22~9/24 (3日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:JL
*ルート*香港滞在(悦来酒店)
*こんな旅だった*
 マチルダと第6回香港旅行。
 初のホテル選び失敗。
 パンダホテルは清潔だけど、いかんせん市街地から遠い。5千円ケチったために…くうう。

32回目
*訪問先 :フランス
*期 間 :2007/6/20~6/27 (8日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:KL
*ルート*
 パリ滞在
 成田~(経由)アムステルダム~パリ~(経由)アムステルダム~成田
*こんな旅だった*
 ねも母と二人旅行。
 憧れのサンジェルマンのプチホテルに泊まって、ヴェルサイユ見て、
 美味しいスウィーツ食べて、美術館めぐりして…楽しんでもらえたかな?

33回目
*訪問先 :上海、香港
*期 間 :2007/9/5~9/11 (7日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:MU
*ルート*
 成田~上海(錦江飯店)~香港(金域假日酒店)~(経由)上海~成田
*こんな旅だった*
 マチルダと第7回香港旅行。
 今年はアジア年なので、上海をトッピング。初の大陸にドキドキ。
 上海は、古い建物が格好よいし、人も意外にのんびり。香港とはちょっと違う感じ。
 でも、どっちの街も食べ物は美味しいー!

34回目
*訪問先 :スペイン
*期 間 :2008/6/26~7/7 (12日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:AF
*ルート*
 成田~(経由)パリ~セビリア~サフラ~メリダ~カセレス~アルカンタラ湖~プラセンシア~サラマンカ~プエブラ・デ・サナブリア~アヤリス~オウレンセ~ア・コルーニャ~サンティアゴ・デ・コンポステーラ~ヴィーゴ~(経由)パリ~成田
*こんな旅だった*
 マチルダとスペイン巡礼第三弾。
 アンダルシアから銀の道を通ってエストゥレマドーラ、カスティーリャ・イ・レオンを抜け、西に折れてガリシアへ。
 プジョー308でスペインの大地を爆走。
 初のレンタカー旅は今まで体験したことのない楽しさだった。
 いやしかし、スペインの街中は迷路だ。

35回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2008/9/5~9/7 (3日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:NH
*ルート*香港滞在(南洋酒店)
*こんな旅だった*
 マチルダと第8回香港旅行。
 サウスパシフィックホテルは、立地、お値段ともに選んで正解。
 久々の香港島滞在で超快適。
 どんどん変わっていく香港。
 近未来的なビルも好きだけど、懐かしい景色もなくならないで欲しいな。

36回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2009/2/6~2/9 (3日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*ルート*香港滞在(百樂酒店)※成田前泊
*こんな旅だった*
 マチルダと第9回香港旅行。
 冬だというのに、長袖Tシャツでまだ暑い香港を堪能。
 香港マラソン、ランタンフェスティバルも見られて満足。
 初めて赤柱に行ってリゾート気分。そして、パークホテルは超便利&快適。
 いやぁ、冬は土鍋ご飯だねえ。

37回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2009/9/21~9/27 (6日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:CX
*ルート*香港滞在(朗廷酒店)※成田前泊
*こんな旅だった*
 マチルダと第10回香港旅行。
 連日ピーカンで焦げそうだった。
 ランガム香港は再訪。リノベーション後のお部屋は超快適。
 唐閣の美肌御膳でコラーゲンを充填し、南Y島を初訪問。
 島はゆる~くてまったりしてて、今まで見たことのない香港だった。

38回目
*訪問先 :サイパン
*期 間 :2009/11/13~11/17 (4日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:NW
*ルート*サイパン島滞在(ハイアットリージェンシーサイパン)、※成田前泊
*こんな旅だった*
 Ottoとマイレージ特典旅行。
 久々のサイパンはさびれてたけど、海の美しさは健在。
 マニャガハ島も相変わらずキレイだった。
 だけど、ご飯がおいしくないのはつらいよう…。

39回目
*訪問先 :スペイン
*期 間 :2010/7/23~7/30 (8日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:AF
*ルート*
 マヨルカ島滞在
 カラ・ミヨール~フォルナルッチ~パルマ・デ・マヨルカ
*こんな旅だった*
 マチルダとスペイン巡礼第四弾。
 今回は『ヨーロッパのハワイ』マヨルカ島でリゾート三昧。
 東海岸のカラ・ミヨールではキレイなビーチで海遊び、山のフォルナルッチでは美しい山の風景を、マヨルカいちの大都市パルマでは最先端のグルメをたっぷり堪能。
 いやーマヨルカはいいとこだ~。

40回目
*訪問先 :マレーシア
*期 間 :2010/9/17~9/23 (6日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:MH
*ルート*レダン島滞在(ベルジャヤリゾート)
 成田~クアラルンプール~レダン島~クアラルンプール~成田
*こんな旅だった*
 Ottoと「海の透明度はモルディブ級」と名高いアジアリゾートを堪能。
 モルディブ級は言いすぎだけど、東南アジアとしては素晴らしく青くて透明な海だった。
 おいしいご飯、優しい人々…と、レダン島までの道程は長いけれど、行くだけの価値あり。
 ホテルのキャパがないので、ピークシーズンを外れていたのは吉だった。

41回目
*訪問先 :マルタ
*期 間 :2010/10/8~10/14 (7日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:EK
*ルート*
 ゴゾ島(ケンピンスキーホテルサンローレンツゴゾ)、マルタ島(フェニシアホテル)
*こんな旅だった*
 聖ヨハネ騎士団ゆかりのマルタ共和国へ。
 ゴゾ島もマルタ島も、想像に反してワイルドだった。
 街は古びていてとにかくハエが多かった。
 雨季に入ってしまい、天気も良くなかったため、ご自慢の美しい海にも入れず。残念。
 でも、アズレ・ウィンドゥのダイナミックな景観、古都イムディーナの美しさは格別だった。

42回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2011/1/29~31 (3日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:CX
*ルート*香港滞在(九龍酒店)
*こんな旅だった*
 マチルダと第11回香港旅行。
 旧正月前の香港は寒かった~。
 久々のカオルーンホテルは、リノベートされていて快適だった。
 今回も冬の味覚&評判の点心をばっちり堪能。冬の香港もやめられません・・・。

43回目
*訪問先 :バリ島
*期 間 :2011/9/3~9/9 (7日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:GA
*ルート*
 バリ島滞在 ※成田で足止め(マロードインターナショナルホテル)
 サヌール(バリハイアット)、ウブド(フォーシーズンズリゾートバリアットサヤン)
*こんな旅だった*
 マチルダとアジア年旅行。ねも20年ぶりのバリ島。
 のっけからフライトキャンセルという貴重な体験。
 久々のバリ島は、すっかり世界のリゾート地と化していた。
 お洒落なカフェや雑貨屋さんにびっくり。
 バリハイアットのバリらしい演出が素晴らしかった。
 フォーシーズンズのスケールには口あんぐり。

44回目
*訪問先 :モルディブ
*期 間 :2011/12/20~12/30 (10日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:MH
*ルート*
 成田~(経由)クアラルンプール~モルディブ(マクヌドゥ・アイランド)
*こんな旅だった*
 Ottoと結婚10周年記念旅行のつもりだったが、実はもう11年目だった。間違えた(爆)
 いつの間にか世界のトップリゾートになっていたモルディブ。セレブなホテルの数々に溜め息。
 久々のモルディブはサンゴがやられてて悲しかった。
 でもやっぱり海のきれいさは、他とは比べ物にならない。
 マクヌドゥ・アイランドは評判どおりアットホームでご飯美味しくて超楽しかった~。

45回目
*訪問先 :イギリス、フランス
*期 間 :2012/4/10~15 (6日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:AF
*ルート*
 ロンドン(ルーベンスアットザパレス)、パリ(ルレ・サンジェルマン)
*こんな旅だった*
 初のライブ追っかけ旅行。こういう旅も悪くないですね。目的のある旅。
 ロンドンもパリも寒かった~。
 かなり弾丸な個人旅行だったわりに、いろんなことした気がする。
 衛兵交代、ロンドン・アイ、虹仲間との出会い。
 ルーブル、オルセー、オペラ座、凱旋門、ラスパイユのオーガニック市、ノートルダム。
 ロンドンのルーベンスホテル、パリのオテル・ルレ・サンジェルマン、どっちも大当たりだった。

46回目
*訪問先 :ハワイ
*期 間 :2012/5/29~/6/3 (6日間)
*旅の形態:ツアー(FCオフィシャルツアー)
*航空会社:JL
*ルート*オアフ島滞在(ヒルトンヴィレッジワイキキ)
*こんな旅だった*
 追っかけ旅行第2弾。
 ねも、咳が止まらず初めて海外旅行保険を利用。眠れないほどだったから助かった~。
 FCオフィシャルツアーだけど、自由時間はバッチリ使ってあちこち回った。
 ダイヤモンドヘッド登ったり、パンケーキにがっかりしたり、アサイボウルにハマったり。
 ハワイはいつ行ってもいいトコだな~。

47回目
*訪問先 :スペイン
*期 間 :2012/9/7~16 (12日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:AF
*ルート*
  成田~(経由)パリ~マドリード~コルドバ~ハエン、バエサ~ウベダ~マドリード~クエンカ~バレンシア~(経由)パリ~成田
*こんな旅だった*
 しましまアーチのメスキータ、見渡すばかりのオリーブ畑、山の上のお城、奇岩と断崖の町、中世の箱庭、海辺のパエリア(笑)
 食ははっきり言って北部に負けるけど、
 アンダルシアの夏にはガスパチョ、バレンシアの夏にはオルチャータがあればいいのです。あー、パエリア美味しかったな~。

48回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2013/2/23~25 (3日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:NH
*ルート*香港滞在(麗景酒店)
*こんな旅だった*
 マチルダと第12回香港旅行。
 旧正月前でもないのに香港は寒かった。
 ホテルパノラマは、まだ新しくてキレイで立地もよろしい。広めのお部屋をアサインしてもらってラッキー。
 ヴィクトリア・ピークに初登攀。緑が多くて眺めがよくて気持ちよかった。
 今回の食は新規開拓。美味しい麺と点心に出会えてシアワセだった。冬の味覚土鍋ご飯は次のお楽しみだね。

49回目
*訪問先 :ハワイ島
*期 間 :2013/8/27~9/3(8日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:JL、HA
*ルート*ハワイ島滞在
     ボルケーノ(ボルケーノ・ハウス)、ケアウホウ(アウトリガー・カナロア・アット・コナ)
*こんな旅だった*
 Ottoと初のハワイの離島へ。ワイルドなハワイ島はまさにスケールの大きいビッグアイランドだった。
 満点の星空と赤く燃え上がるハレマウマウ火口、オレンジ色のコナ・サンセット、緑が美しいワイピオ渓谷。
 静かで落ち着いたケアウホウで、初のコンドミニアム滞在。
 巨大スーパーでお買い物して、毎日キッチンに立つのが楽しかった~。

50回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2013/9/11~15(5日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:JL
*ルート*香港滞在(彌敦酒店)
*こんな旅だった*
 マチルダと第13回香港旅行。
 今回は趣向を変えて、遠足な香港旅。
 バスに乗って海水浴に行ったり、大仏にお参りしたり、何の目的もなくトラムの終点まで乗ってみたり。
 グルメは今回も新規開拓。
 町のお豆腐屋から超モダンホテルのダイニングまで、やっぱり香港は美味しい!

51回目
*訪問先 :マウイ島
*期 間 :2013/12/23~30(8日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:JL、HA
*ルート*マウイ島滞在
     キヘイ(マウイ・カマオレ)
*こんな旅だった*
 ハワイの離島旅第2弾。
 初めてVRBOを使ってコンドミニアムを予約。オーナーさんの思い入れがたっぷり詰まった素敵なコンドミニアムだった。
 凍えながら見たハレアカラの日の出、悪路の先にある天国のハナ、独特の雰囲気のあるイアオ・ニードル。
 自然のスケールはハワイ島に負けるけど、程よく便利で、程よく田舎。居心地良かったなあ。

52回目
*訪問先 :台湾
*期 間 :2014/9/19~23(5日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:JW
*ルート*台北滞在(丹迪旅店大安森林公園店)
*こんな旅だった*
 マチルダと初台湾。ねもは台湾初上陸。
 初めてのLCC体験は、かなり快適だった。しかしバニラ・エアはそんなに安くはなかった。
 ホテルは部屋に窓がなかったけど、キレイだったし、立地が超便利だった。
 激混み九ふん、温泉に癒された北投、烏来。食事はやっぱり香港のが好みだったなー。
 なんと滞在中に台風16号をお迎えしてお見送りした。

53回目
*訪問先 :グリーンランド
*期 間 :2014/8/20~31(12日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:SK、GL
*ルート*成田~コペンハーゲン~カンゲルルススアーク~イルリサット
     コペンハーゲン(ヒルトン・エアポート)、イルリサット(ホテル・アークティック)、
     カンゲルルススアーク(ホテル・カンゲルルススアーク)
*こんな旅だった*
 初の北極圏突入!オーロラチャレンジ第一弾。
 完璧未知の世界は、アメージングの一言。
 海にぷかぷか浮かぶ氷山、巨大なアイスフィヨルド、グレイシャーブルーの海、崩落する氷河、そして瑞々しい大地。
 イルリサットでは世界遺産のアイスフィヨルドを見ながらハイキング、エキ・キャンプでは夢のように快適なヒュッテで氷河を眺め、キラキラと輝くばかりの北極圏の夏を体いっぱい堪能してきた。見るものすべてが信じられないくらい美しかった。
 世界一晴天率の高いカンゲルルススアークではオーロラ見られず。
 何度も行きたくなる場所ではあるけれど、なにしろ全てが目ん玉飛び出るぐらい高価。
 ねも家は初めて、まじめに貯金していきました・・・。

54回目
*訪問先 :アイスランド
*期 間 :2014/12/22~30(9日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:SK、FI
*ルート*成田~コペンハーゲン~レイキャビク
     レイキャビク(レイキャビク・レジデンス・ホテル)
*こんな旅だった*
 オーロラリベンジの旅!
 何もクリスマス期間にヨーロッパに行かずとも…とも思いつつオーロラ観測好適地中、グリーンランドの次におもしろそうだったアイスランドに初上陸。グリーンランドのすぐ隣というのに、まったく印象が違った。
 銀世界の中、ゴールデンサークルを回り、間欠泉にビビる。ブルーラグーンではほぼ吹雪。耳が取れるかと思ったよー!
 吹雪をついて南部へ向かい、氷河湖で遊び、氷河トレッキング、そして星空に踊るオーロラに遭遇!
 オーロラは思っていたような雲のようなものではなく、とても存在感があって、まるで意志を持った生き物みたいだった。
 ホテルはキッチン付きのアパートメントタイプ。これはもう楽でやめられん。
 思っていたより物価も高くなく、これなら夏にも行ける…かな? 

55回目
*訪問先 :カウアイ島
*期 間 :2015/7/31~8/8(9日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:DL、HA
*ルート*カウアイ島滞在 ポイプ(クヒオ・ショアーズ)
     オアフ島1泊(ザ・ブレーカーズ・アット・ワイキキ)
*こんな旅だった*
 ハワイの離島旅第3弾。これでハワイの主要4島制覇!
 今回も0VRBOでコンドミニアムを予約。まるで海の上にいるかのようなお部屋だった。
 真っ赤なワイメア渓谷、ナ・パリの息を飲むような絶景、むき出しのカララウ・トレイル。
 そして史上最高のシェイブアイス!!
 どこに行ってもニワトリがいるカウアイ島は、主要4島の中でいちばん田舎でのんびりしていた。
 ハワイの離島はどこも似ているようで(同じ地名がいっぱい💦)、雰囲気がまるで違うのが不思議。
 なんかいいなあ、カウアイ島。ふらっと行きたい島だな。
 帰国前夜のワイキキで、憧れのブレーカーズに1泊。アロハな風がそよぐオールドハワイの雰囲気を満喫した~。
 

56回目
*訪問先 :カナリア諸島(スペイン)
*期 間 :2015/9/15~24(10日間)
*旅の形態:フリー
*航空会社:AF、I2、NT、VY
*ルート*
  羽田~(経由)パリ~マドリード~ランサローテ島~テネリフェ島~バルセロナ~(経由)パリ~成田
*こんな旅だった*
 ヨーロッパのハワイ島と呼ばれるランサローテ島、スペイン最高峰を擁するテネリフェ島の2島めぐり。
 ランサローテ島では海の近くのアパートメントで楽しい自炊生活、テネリフェ島ではテイデ山のパラドールで、質の高いグルメを堪能。
 自然の驚異に浸りつつ向かったバルセロナでは、ガウディを見ても感動できなかった。


57回目
*訪問先 :香港
*期 間 :2016/2/19~22(4日間)
*旅の形態:フリープランのパッケージツアー
*航空会社:CX
*ルート*香港滞在(香港今旅)
*こんな旅だった*
 マチルダと第14回香港旅行。
 初めて西環地区に宿泊。あまりの足回りの良さに感動。
 60年ぶりの大寒波のすぐ後だったため、暖房のないホテルの部屋が一番寒かった。
 下町のお粥、ユニーク点心、オシャレなカフェなどなど、新規開拓でまたまた美味しいお店を発見。また行かないとー!

 さあ、次は、どこ行く??


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-19 00:15 | 旅のアーカイブ | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅19 ~ハワイ島、またね。

◆9月2日◆
とうとう帰国日を迎えてしまいました。
ホノルル便が10:04発のため、朝6時起床。

カナロアのラナイで、この旅最後の朝食を。
昨日冷蔵庫の在庫一掃したので、パン、ヨーグルト、コナコーヒーの質素な朝食です(笑)
b0312126_17403078.jpg
ああ、ハワイ島は気持ちいいなあ・・・。
b0312126_17410401.jpg
さて、のんびりはしていられません。
とにかく荷物を詰め込まねば。二人して無言でぎゅうぎゅう詰め込みます。
なんとかスーツケースを閉め、片づけをして7:30出発。


しかし、なんと言いますか、


いやー、本当に今更なんですが、


朝のハワイ島はキレイですなあ!
b0312126_17434604.jpg
空気がクリアで、なにもかもがくっきりしていて、山も空も美しい。
これが、リピーターの皆さんが仰っていた「ハワイ島は朝がとびきり美しいのです。早起きが鉄則です!」ということなのね(猛省)
b0312126_17440008.jpg
あああー、やっぱりハワイ島では早起きせな!

渋滞に当たるとまずいと思って早起きしたのですが、ハイウェイはガラガラ。
ケアウホウからほんの30分で、空港に到着してしまいました。
b0312126_17442482.jpg
ハイウェイから空港に折れる道。帰りでも心が浮き立つような演出が嬉しい。

いくらも走らないうちにレンタカー返却のサインが出てきます。
Hertzのサインのところに入ると、すぐにスタッフが来て最初に渡されたカードのバーコードを読んでチェックイン。
その場でレシートをくれます。
後はゆっくり荷物を出して、忘れ物がないか点検して、カギを返して終了です。
今回の走破距離は454マイル。
5日間で730.6kmですから、トーキョーペーパードライバーとしては結構走りましたねえ。
b0312126_17491312.jpg
5分おきにやってくるHertzのバスでターミナルへ。
バスは大きくないので、荷物置き場はすぐにいっぱいになってしまいます。ピークシーズンはどうなるんだろう。

ハワイアン航空のチェックインは結構混んでいるようでしたが、待つ場所が狭いからそう見えるだけで、そんなには待たずに済みました。
ところで、トランジット有りの場合は、機械でのチェックインができません。
ねもが機械で苦戦しているのを見て、空港の係員さんが代わってくれましたがやっぱりダメでした。
荷物は成田までスルーで行くのに、ホノルルから先のJAL便はチェックインできないんですよねえ。
チェックインのシステムには文句言いたいけど、とーっても親切で丁寧な係員さんに免じて許してあげよう(何様)
b0312126_17413026.jpg
コナ空港。
オープンエアで風が気持ちいい空港です。
ただし、小さいです。
特に見るものもないし、何時間も待てる場所ではありませぬ。

小さい空港は、飛行機が近い!
b0312126_17420504.jpg
垣根の向こうに飛行機が!

b0312126_17415033.jpg
レストランは、カフェテリア方式。まあ、特筆すべきことはない感じ。スナックスタンドに毛が生えたぐらいのラインナップでした。
水とコーヒーを買ったのですが、あまりに店内が暑くてすぐに退散。外のベンチが断然気持ちいです。

ぼーっとベンチに座っていたら、構内アナウンスで呼ばれたことにOttoが気づいて、ボーディングのカウンターに行きました。
ボーディング・パスを見せろと言われたので出すと、特に説明もなく違うパスに交換されました。なんで?
ちゃんと隣同士だったし、短いフライトだから別に場所にこだわりはないんですけど。
英語が通じないと思って説明しなかったのかな(笑)

b0312126_17423436.jpg
ハワイアン航空の飛行機には、一機一機にハワイの鳥の名前がついているそうです。
これはたぶん、’Elepaio。
和名はハワイヒタキ。ハワイの固有種で、他の固有種と同じように絶滅に瀕しています。
写真で見ると、茶色くてまん丸い、可愛らしい小鳥です。
b0312126_18153672.jpg
帰りも美味しいジュースを飲んで、ひと眠りしたら、あっという間にホノルル到着。

International Frightのサインの通りに歩いて行ったら、そのままホノルルから乗る人たちでいっぱいの制限エリア内に入ってしまいました。
ええー、まだJAL便のチェックインしてないのにーーー!?
うろうろしたもののJALのトランジットカウンターなんて制限エリア内にはありません。
だ、誰かに確認しないと!
とりあえずセキュリティーゲートにいた係員の方を捕まえて尋ねたら、
もうセキュリティーチェックは必要ないので、あとは自分のゲートに行って、ボーディング・パスをもらえばいいとのこと。
半信半疑のままゲートに行ったら、離島から来た人向けに、出発1時間前からチェックインできるとの日本語の貼り紙がありました。
うーん、面倒だ。やっぱりコナ空港でJALのチェックインもできればいいのになあ。

ゲートの待合所は出発1時間前にならないとオープンしません。
まだまだ時間があるし、なんだかお腹がすいてきたので、コナで行かなかったKona Brewing Pubに入ってみました。
b0312126_18230750.jpg
Ottoはチキンロースト、ねもはピザを食しました。
b0312126_18231736.jpg
チキンは美味しかったけど(やはりハワイのチキンはうまし)、ピザは味が濃すぎて完食できず。
チキンとピザとソフトドリンクで54ドル!高い(゚д゚)!

なんだか釈然としないままに満腹になり、ゲートに戻って無事にボーディング・パスを発券してもらいました。
待合室はエアコン完備。
まだハワイの風を感じていたいねも家は、空港の中庭をお散歩することにしました。
b0312126_18234642.jpg
ねもはよく、免税店のあるフロアから中庭を見下ろしていますが、お散歩している人は少ないみたい。
どこかでスナックを買って、ベンチで食べた方が気持ちよかったな。
b0312126_18235077.jpg
日差しは強いけど、木陰がとても気持ちいいです。
この日は風も涼しかったです。ホノルルは少し涼しいのかも。というか、コナが暑かったんですね、きっと。

b0312126_18241903.jpg
JALは定刻の13:10に出発。
機内はけっこう寒かったです。ウィンドブレーカー出しとけばよかった。
ボーイング767で席は2-3-2で小さい。
行きと違ってスリッパもないし、座席も普通・・・ただでさえ帰りなのに、少々悲しい・・・。

b0312126_18333473.jpg
そして、灼熱の成田に帰還。蒸し暑いトーキョーに帰りました。


今回のハワイ島旅の戦利品はこちら。
b0312126_18243733.jpg
手前の銀色の丸い蓋の三つは、いずれもハチミツです。
ハチミツの上の金色のパッケージのコーヒーがコーヒー・シャックさんで購入したもの。
その右隣の黒地に赤い模様と緑の模様のパッケージが、マウンテンサンダー農園のコーヒー。
もちろん、どちらもコナ・コーヒー100%です。
ばら撒き用は定番のマウナ・ロアのマカデミアナッツ。
TAZOティーはスタバで採用されているので有名なんだそうですね。スーパーではいろんなフレーバーがあって目移りしました。

ハチミツはどれも美味しかったけれど、特にオヒアレフアのハチミツは味が濃厚で、今まで食べたことのない美味しさでした。
b0312126_18480829.jpg
これにて初めてのハワイ島旅行はおしまい。
長々と(本当にダラダラと)続けたハワイ島旅行記もこれにて終了です。
もう次の夏が来てしまいますね(笑)

最後まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました。
次の休暇の目的地選びに、少しでも参考にしていただけたとしたら、とても嬉しいです。


最後に、ハワイ島に行くにあたりとても参考にさせていただいたサイト様、ガイドブックを感謝を込めてご紹介。

ハワイ島ガイド!アロハ魂クマックス 
 このサイトさんがなかったら、ハワイ島に行っていたかどうか・・・。
 最近は更新されていないようですが、とても詳しくて読みやすくて、隅から隅まで読ませていただきました。

あろは村
 上の”クマ”さんのお姉さんが運営されている本当の姉妹サイト。
 こちらもとっても詳しい。
 お子さんがいらっしゃるので、安全なハワイ島の旅計画にとっても参考になります。

 この2つのサイトさんからのリンクで、たいていの情報が手に入りました。
 本当に感謝感謝です。

■地球の歩き方RESORT ハワイ島&オアフ島
 これは定番。やっぱり1冊あると安心。緊急系の情報はやはり日本語の方が有難いです。
 コラムもなかなか面白いです。お店情報が充実してます。

■地球の歩き方RESORT ハワイ・ドライブ・マップ
 街中の地図はまあまあ使えたけど、目標物のない田舎に行ってしまうと今自分がどのあたりにいるのか、把握しずらい。
 リピーターさんは下のガイドブックの方がおススメです。

Hawaii - The Big Island Revealed: The Ultimate Guidebook (Hawaii the Big Island Revealed)
 日本のガイドブックはレストランとお店情報に偏りがちですが、こちらはハワイ島の自然や歴史に関する情報が多いです。
 ビーチの紹介だけでもすごいボリューム。とっておきの小さなビーチみたいなのまで載ってます。行き方も全部書いてあるし、主要なビーチにはカレント(流れ)や波が立ちやすいなど注意情報もあって、非常に有用です。それと、地図にマイルマーカーが落とし込んであって、ドライブする際にとっても助かりました。
 洋書なので英語との格闘になりますが、目的の場所をチェックするだけなら、なんとか頑張れるかも。カウアイ島編はすでに日本語バージョンが出ているので、そのうちハワイ島も出版されるかしら。

 後はなんと言っても、グーグルさんにお世話になりました。ストビュー万歳。

去年から今年にかけて、ハワイ島のガイドブックがすごく増えてびっくりしています(゚д゚)!
次はカウアイ島と思っていたけれど、どうしようかなあ。
ねも家はどうやら、ハワイの離島の魅力に取りつかれたようです。
あっっっ、でも、オアフはオアフでやっぱり好きです!!


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-09 22:41 | 2013_Hawaii | Comments(6)

2013夏 ハワイ島の旅18 ~激うまポケと最後のコナ・サンセット

◆9月1日◆その3
お腹いっぱいになって車に乗り込み、11号線を北上します。
b0312126_00345034.jpg
KING KAMEHAMEHA Ⅲで海の方に折れて、ALII Dr.へ。
ケアウホウを通り過ぎて、ホワイト・サンド・ビーチパークも過ぎて、もうちょっと行くと、
b0312126_00280695.jpg
コナ・バリ・カイというコンドミニアムがあります。ここが目的地。
ちょうどカイルア・コナとケアウホウの真ん中あたりです。

目的のお店の看板も出ていますが、これじゃ、車からだと見落としそうですよね。
b0312126_00274261.jpg
ここが、トリップ・アドバイザーイチオシのポケ屋さん。
DA POKE SHACK
76-6246 Alii Drive, Kailua-Kona, Island of Hawaii, HI
ウェブサイトもあるけど、場所はストビューで確認した方がよろしいかと。
b0312126_00443275.jpg
敷地に入って右、奥まった場所にお店があります。
b0312126_00275284.jpg
店内は人がいっぱいで写真撮れませんでした。スーパーにあるようなショーケースとちょこっとカウンターがあって、あとはお客さんが並んでいるスペースがあるだけ。飾り気がなくて、デリというよりお魚屋さんぽいです。
10人は並んでいたと思うんですが、元気なお兄さんが次々にお客さんを捌いていくので、早い早い。
ポケ・ボウルなんかもあるので、その場で食べたい人は、外のパラソルで座って食べられます。駐車場の前だけど、さっと食べるぐらいならいいのかも。
ねもも行列に並びましたが、ほとんどがお持ち帰りのお客さんばかりでした。

ウィキによると、ポケとは、
「ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉で、現在では魚介類の切身に、塩、醤油、食用油、海藻、香味野菜などを混ぜ込んで調味した料理を指す。」
とのことで、ポキとも言います。ねもはホノルルに行ったときに初めて食べたのですが、ずっとポキだと思ってました。
ポキというのは英語読みなんですって。

ダ・ポケ・シャックさんは、その日にお魚が採れないとクローズなんだとか。その拘り、ニホンジンにはよーく分かります(笑)
それにしてもすごい人気。
まだお昼過ぎというのに、ねもが店内に入った時には、いろんなポケの名前をつけた、いくつもの金属の大きなバットのほとんどが空になってました。
もうあと3種類ぐらいしか残っていません。それも風前の灯。前の人たちがたくさん買っちゃったら売り切れになっちゃう~。
と思っていたら、shouyu ahi(醤油マグロ)の大きなバットが追加されました。やったーーー!

この日の戦利品はこちら(ディナー時にいただきました💛)
b0312126_00291131.jpg
手前がShoyu、奥がHawaiian。どちらもアヒ(マグロ)です。
どっちも超絶激うま!
マグロの赤身の新鮮さがたまりまてん!
ねも、魚介類の生ものは全般的に苦手。でも、大人になってマグロの赤身は好きになりました。
たぶん前世では猫だったんじゃないかと思うんですが、新鮮じゃないとダメなんですーー。

Shoyuの方は、スタンダードなポケ。マグロ、海藻にごま油と醤油で和えたもの。王道の味です。
Hawaiianは何か賞をもらったようで、おススメマークがついてました。Traditional dry mixとあったんですが、何が入ってるのかな。
醤油よりもマイルドかつコクもあって、これはこれでやっぱり美味しい!
どちらも味はしっかりめ。なんたって箸が止まりません。ああ、白いご飯にかけて漬け丼にしたい。
日本の繊細な刺身とは比べられませんが、いやー美味しいマグロが食べられて満足満足。
2種類で約20ドルと、少々お高めではありますが、次回再訪時にもマストですね。

さて、目的のブツをコンドミニアムの冷蔵庫に保管して、レセプションに向かい、前日チェックアウト。
明日はカギを部屋に置いていくだけです。
結局ねも達はずーっと外をフラフラしていたので使わなかったのですが、レセプション棟では無料でコーヒーが飲めたり、新聞読めたりします。

続きまして、コンドのプールへ。
b0312126_00281589.jpg
カナロアにはプールが3つあって、メインプールは大量のお子様で大変なことになってました(笑)
海水プールもお子様占領状態。そして狭い。
で、ニホンジン中年夫婦が向かったのは、アダルトプール♥
b0312126_00282398.jpg
おおおー、ピースフル♪
こちらも決して広くはありませんが、なんたって静か。
b0312126_00282635.jpg
これは温水のジャグジー。結構熱めでニホンジン好み。
メインランドの皆さんには少々熱すぎるらしく、すぐに出て行っちゃいます。ここはニホンジンの独壇場でございます(笑)
ジャグジーのスイッチは、休憩スペースの柱のところにありました。
b0312126_00283594.jpg
海は見えませんが、とにかくのんびりできます。
ねも達の他には、シアトルから来たというご家族だけ。
なかなか楽しい家族で、プールの方で、家族全員で同じ方向にぐるぐるぐるぐるぐる回って、いわゆる洗濯機やって(分かります?)笑い転げてました。大人ばっかりの家族なんですけどねえ(笑)
どうもお父さんがいじられキャラらしく、しょっちゅう何かやってはお母さんがツッコミ、家族全員が爆笑。
私たちに話しかけてきたのもお父さんで、写真も撮ってくれました。

夕方6時ぐらいまでプールを満喫した後は、この旅最後のコナ・サンセットを鑑賞。
滞在している部屋の前の海っぺりの遊歩道で、夕日を待ちます。
b0312126_00285600.jpg
スマホだと金色になっちゃいますね。
こちらはデジカメ。
b0312126_00323854.jpg
おおー、太陽が!
夕日はすべてをオレンジ色にしていきます。
b0312126_17182316.jpg
私たちのお部屋もオレンジ色に。

b0312126_17183746.jpg
b0312126_23453152.jpg
b0312126_00331163.jpg
最後は雲の向こうから、とびきりのオレンジ色を放ちました。

毎日のように見ていたコナ・サンセットも、ひとまずは今日で見納め。
ああ、良かったなあ。ケアウホウまで来て。
ハワイ島の魅力は尽きないなあ。


サンセットを心ゆくまで堪能した後は、ハワイ島ラストナイトクッキング。
b0312126_17220978.jpg

冷蔵庫在庫一掃ディナーです。
b0312126_00292672.jpg
初めてのコンドミニアム滞在は、思っていたよりずっと楽でした。
食事も自由自在、お洗濯もできるし、メイドサービスも有料でオーダーしない限り入らないので、本当に自分たちのお部屋みたい。
時間の制約もほとんどありません。
もちろん、夜遅く洗濯機や食洗器を使ってはいけないとか、守らなければならないルールはありますが、それは常識の範囲内のこと。
どんな時間に帰ってきても、お掃除の時間に鉢合わせして気まずいなんてことはありません。
外に出ても、ホテルみたいにスタッフに気をつかうこともありません。ご近所さんに挨拶するぐらい。
今回はたまたま広い部屋しか空いてなかったせいもありますが、とにかく広々していて、リラックスできました。

食事を作るのは面倒なんじゃないかと思っていたのですが、これがまたスーパーで買い物する時から楽しい♪
結局毎日キッチンに立ってました。
最初はねもがIHヒーターをうまく使えず、ステーキがカッチンカッチンになったり、素晴らしい白身魚がパサパサになってしまったアクシデントはあったものの(涙)、外で食べ過ぎた時にはサラダだけにしたり、スーパーで吟味したパパイヤが信じられないくらい甘くておいしかったりと、ハワイ島の食材の力を実感できました。

レストランと違って、お風呂上がりにノーメイク、寝間着で食事できるのもサイコーです(^^♪

これはクセになりますねえ・・・。


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-08 23:51 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅17 ~絶景カフェ The Coffee Shack

◆9月1日◆その2
滞在中のケアウホウから、11号線を南下してキャプテン・クック方面に向かいます。
ボルケーノから南回りでケアウホウに来る時に場所をチェックしておいたのが、こちら。
b0312126_22581055.jpg
超人気カフェ、コーヒー・シャックさんです。
The Coffee Shack
83-5799 Mamalahoa Hwy., Captain Cook, Island of Hawaii, HI 96704
b0312126_22574176.jpg
地図を見ても目標物が特になくて、うっかり通り過ぎそうだったので、あらかじめストビューでチェックしてきました。
ま、車がたくさん停まってるから分かるんだけどね。
とにかく大人気で、お店の駐車場は満杯。
この日もなんとか近くに路駐して、幸運にもちょっと待っただけで入れました。

コーヒー・シャックさんの人気は、なんといってもこの絶景。
b0312126_22585398.jpg
広々としたコーヒー農園の向こうに青くかすむ海。
こんなところで、コナ・コーヒーが作られているんだなあ。

コーヒー・シャックさんは自家農園をお持ちです。お店で豆と粉を売っています。ねも家はもちろんお買い上げ。
マイルドで香りの高い飲みやすいコーヒーです。
b0312126_23004343.jpg
写真でこれですから、畑の勾配はかなりのものです。
日系の人々がサトウキビプランテーションの過酷な労働から逃れ、紅茶の栽培を始めたものの失敗し、その次に選んだのがコーヒー。
コーヒーは驚くほどハワイ島の気候風土に合い、先達の努力の賜物で最高級のコナ・コーヒーの産地となったのだそうです。
この傾斜を見るだに、コーヒー栽培だって重労働だと思うのですが、サトウキビは本当に本当に過酷だったんですね・・・。

コーヒー・シャックさんは、自家コーヒー農園を見下ろす高台に建っているカフェです。
ねもは最初コーヒー・シックなのかと思ったんですが、シックでした。
勝手にアメリカらしいなあ、などと思ってました。綴りをよく見ないとね(恥)
シャックというのは掘立小屋の意味で、こちらのお店はもともとコーヒー農園で使われていた小屋なんだそうです。

本当は朝ごはんが人気で、開店は7時半。その頃に来れば、もっと空気がクリアで、景色はもっと美しいそうです。
ハワイ島は活火山があるため、午後には火山ガスで空がなんとなくぼんやりしてしまうのです。
でも、それもまたハワイ島の構成要素のひとつなのですが。
b0312126_22594690.jpg
この建物もお店の一部です。
トタン屋根にかなりの年季を感じます。アメリカンシャビーシックとでも言いましょうか。
建物の中は、水色の壁がカワイイお部屋になっているようです。

でもせっかくここに来たなら、このテラスで食べたーーい!
b0312126_22583621.jpg
この開放的なテラスから見下ろしたのが、上の写真です。
椅子はプラスチックだし、タイルの色もなんだかぼんやりしてるし、センスあるとかオシャレだとかというわけではないけれど、涼しい風が吹き抜けて、なんとも気分のよいダイニング。
ちなみに、お店に入ってすぐはこんな感じ。
b0312126_23154418.jpg
いつも人がいるので全体像が撮れませんでしたが、アメリカンなカウンターです。
クッキー瓶に、パンケース。下のショーケースには大きなケーキ。
感じのいいスタッフが、元気に対応してくれます。

肝心のお食事は、どっかーーん。
b0312126_22593283.jpg
ご自慢の自家製パンを使ったサンドイッチ。
パンは3種類ぐらい(だったかな)から選べます。
これはねもチョイスのルアウというパン。
b0312126_23003491.jpg
Ottoのサンドのピクルスがまるでヘチマ。
こちらはオニオン&ディルというパンをつかったサンドイッチ。
マグカップがお土産屋のダサいカップみたいで、それもまた気分です。上のカウンターで売ってます。

サンドイッチのパンは甘めのふんわり食パン。
パンも中身も普通に美味しかったです。味はやや薄めかも。ねも達にはちょうど良かったですが。
コーヒーはアメリカン(笑)せっかくのお豆が勿体ないような気がするんですけどもね・・・。
本当に人気で、次から次へとお客さんがやってきます。
でもスタッフはとっても感じがいいし、アメリカンらしい大雑把さが居心地の良さに繋がっている気がします。
飛び抜けて美味しいわけではないけれど、あの景色さえあれば、なんでも美味しくいただけてしまいます。
またハワイ島に来ることがあったら、ここには再訪することは間違いないでしょう。

あ、そうそう。
メニューは入口に置いてあるので、自分で取って自分で席に座るスタイルです。
いつも混んでるようなので、席へはスタッフが誘導してくれますけれども。

帰りに、やはり絶景なお店の駐車場で、この旅一番かもしれないショットが撮れました。
b0312126_22595658.jpg
スマホの望遠で精いっぱい撮ったにゃんこ先生。
これ、すんごい遠いんです。急斜面に建つお店の柱の根元にいるんです。すんごい遠いのに、しっかり目線をくれた茶トラちゃん。
呼んでみたら、小さく口を開けてお返事してくれました♥

撮れた写真を何気なくトリミングしてみたら、
b0312126_00565718.jpg
背景の画像の荒さが油絵みたいになって、なんだかとってもメルヘンな感じに♪
スマホの待ち受けにしております。
いやいやいや、スマホのカメラ、侮れません。

お腹いっぱいになったねも家、満腹だというのに次なるお店へ向かいます。


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-07 01:07 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅16 ~Kahaluu Beach Park

◆9月1日◆
昨日寝たのは深夜でしたが、頑張って6時半起床!
b0312126_23581444.jpg
パパイヤ甘くてうまーーーーい!
6時半に起きたのに、どうしてものろのろするねも家、コンドを出たのは9時過ぎ(笑)。

向かったのは、車で5分。コナ・コーストの超人気ビーチ、カハルウ・ビーチ・パークです。
出遅れた~と思ったけど、まだまだ駐車場は空いてました。よかった。
b0312126_23583125.jpg
ビーチせまっ。
ガイドブックの写真と違う~~~よくある~~~
黒砂のビーチエリアは、大きなビーチハウスのあたりだけみたい。
ライフガードもいるし、トイレもシャワーもBBQコーナーもあるけど、とにかく狭い!
b0312126_23583756.jpg
砂の部分は人が多いし、それ以外は岩ゴロゴロのビーチ。奥行きもそんなにないので、居場所がない・・・。
b0312126_00054495.jpg
近所に滞在してるっぽいカップルは、シュノーケルセットだけぶら下げてやって来てました。
おお、それが正解だわ。
張り切っていろいろ携えてきた我々、少々お恥ずかしい。

いやいや、ビーチにケチをつけている場合ではありません。
ハワイ島は溶岩の島なんですから。
こちらは海の中がご自慢なのです。
サンゴ礁に囲まれた波の静かな入り江、色とりどりの魚たち、透明度ではハナウマ湾を超えるとか。

ささ、海にどぼーーーん。
b0312126_00045072.jpg
お、なかなかの透明度。

そして早速ウミガメ発見!

・・・したのですが、ここ、意外と波があるのですよ。そして中途半端に浅いので、カメラが構えられない。
油断するとウミガメにぶつかりそうだし、波で砂が巻き上がって透明度が低すぎ。ウミガメが影にしか見えません(涙)
当のウミガメさんも、波に翻弄されながら、一生懸命海藻をお召し上がりになっていました。
立て続けにもう一匹発見しましたが、やはり写真撮れず。

サンゴはまあまあ。ウニがいっぱい。
奥の方に行くと、色とりどりの・・・、
b0312126_22225954.jpg
ぬーーー、地味。
と思ってたら、あっっっ。
b0312126_00050124.jpg
近寄り過ぎ(爆)
気づけばOttoが魚に囲まれてた!
b0312126_22280077.jpg
写真撮ろうと思って近づいたら、

b0312126_00045575.jpg
わー、こっちにやってくるーーーー。
すごい近くまでくるので、写真が撮れない~~~。
好奇心が強いのか、興味津々でまとわりついてきます。か、かわゆい・・・♥

以上。
サンゴきらきら、お魚いっぱい、というには少々地味であります。

でも、ウミガメさんが気楽に見られるのは、ハワイ島ならでは。
タイドプールになっているから泳ぎやすいけれど、それでも結構波があります。
流れが強い場所もあるので、シュノーケルするにはそれなりに泳力がないとちょっと怖いかも。

そうは言いながら、体が冷え冷えになって上がったら1時間ぐらい経ってました。

コンドにいったん戻って、シャワー&お洗濯を済ませ、再び車に乗り込みます。
次は、やっぱり大人気のあそこへランチしに!


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-02 22:46 | 2013_Hawaii | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
雑記
未分類

最新の記事

2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-27 20:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-25 20:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-23 21:23
Shijimi,Happy ..
at 2017-06-21 08:00
2017初夏 沖縄の旅ダイジ..
at 2017-06-13 20:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>えりさん 坪洲島、行..
by nemo_2014 at 19:20
>えりさん いやいやい..
by nemo_2014 at 19:10
キレイな海に異国情緒溢れ..
by eriricom at 15:14
あ~~っ香港! 私が香..
by eriricom at 15:02
こんにちは~、ねもさま。..
by うちゃぎ at 14:56
>fumixparisさ..
by nemo_2014 at 23:51
わぁ~夜桜綺麗ですね!!..
by fumixparis at 05:09
>えりさん ダラ子氏は..
by nemo_2014 at 23:28
>うちゃぎさん テネリ..
by nemo_2014 at 23:21
>えりさん ぜひぜひ目..
by nemo_2014 at 23:03

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索