<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

桜通信

b0312126_2341391.jpg


嵐に耐えた目黒川の桜、もうすぐ満開です( 〃▽〃)

朝はぴかぴかの白い花だったのに、夜にはこんなに官能的に!
[PR]
by nemo_2014 | 2014-03-31 23:39 | 雑記 | Comments(0)

見つけた!

今年の開花1号(わが家周辺限定)見つけた!
b0312126_16213913.jpg

[PR]
by nemo_2014 | 2014-03-22 16:20 | 雑記 | Comments(0)

Windows8、ねも家に登場!

・・・なんですけれども、ブログ更新が滞っております。

我が家のXPなVaioちゃんをついに買換え、新たにFMVくんに変えたのはいいのですが、Windows8が使えまへん。
いや、使えないのはねもの方です042.gif

今までのように写真を処理したいんですが、変なアプリが立ち上がっちゃってなんかうまくいきません。
ていうか、今までプログラムって言ってたものを、アプリっていうのやめてくれ。
なんで全面的にシステムを変えちゃうんだよう、マイクロソフト。
どこに何をしまっちゃってるのか、さっぱり分からないよ。
スタートボタンのないWindowsなんて、あり得ないよ・・・。

というわけで、もう少々お時間をいただきますです・・・。
[PR]
by nemo_2014 | 2014-03-16 23:43 | 雑記 | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅7 ~Chain of Craters Roadをゆく

◆8月29日◆
おはようございます!
b0312126_18313210.jpg
今日はハレマウマウ真正面です!
ペレ様、今日も豪勢に煙を上げてらっしゃいます。
b0312126_18312287.jpg
こちらも豪勢に!(笑)
もりもり食べて、今日の大移動に備えるのだ!

さて、2泊したボルケーノハウスをチェックアウトする前に、我々には行っておかなければならないところがあります。
ALTIMAちゃんに乗り込み、しゅっぱーつ!

b0312126_18322123.jpg

今日はいいお天気058.gif
昨日の雨のお陰で、今日は一段とキレイです。

ビジターセンターから東回りで南に向かい、キラウエア・イキをぐるっと周り、しばらく行くとクレーター・リム・ロードは通行止めになります。その手前で、南に降りる道路へと左折します。

これが、Chain of Creaters Roadです!
b0312126_18393321.jpg
視界の全部が溶岩!
こんな景色、見たことないよ!!

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードは約20マイル(32キロメートル)。
キラウエアの南東斜面を、標高1,200メートルから一気に海に降りていきます。キラウエア・カルデラから東へ、溶岩大地を突き抜けていく道路です。

道路に入ってしばらくは、カルデラの周囲を同じようにオヒアの森が続きます。木々の間からちらちらとクレーターが見えたりします。
しかし、森が途切れると、景色が一気に開けます。
b0312126_23241091.jpg
見渡すばかりの溶岩の荒野。
1973年の噴火で埋め尽くされた土地です。ものすごい溶岩の質量。
デジタルの眼には白っぽく写るものも、肉眼ではもっと黒く艶々として見えます。
強い日の光も、溶岩の漆黒に吸い込まれているかのようです。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードの左右には、火口が火山活動の順序そのままに、まさにチェーンのように連なって並んでいます。
キラウエアは最初は南方向に、その後は東に向きを変えて活動しているようです。

ここには溶岩台地と展望台の他にはなーんにもありません。下まで降りきっても、レンジャー・ステーションがあるのみです。
お出かけ前にはガソリンチェック必須ですよ~。
b0312126_18345064.jpg
やっほーい。気持ちいい~。
道路はキレイに整備されていて、カーブもそんなにきつくなく、何しろ見晴らしがいいのでとても走りやすいです。
途中、4箇所ほど展望台があって、全部に立ち寄りたくなりますが、時間のない私たちはひとまずまっすぐ海を目指しました。

でも、ここは降りた(笑)

Holei Pali
b0312126_18350029.jpg
垂直な壁から溶岩が流れ落ちた跡を見ることが出来ます。
b0312126_18352604.jpg
写真左側が溶岩流の跡。中央から右の上の方には、溶岩流を免れた森が残っています。すごい迫力なんですが、こんな写真じゃ伝わらないですねえ。
なにしろ空間が広くて、対比するものがないと、ものの大きさがうまく掴めません。
 
b0312126_18364828.jpg
ALTIMAちゃんのお尻(笑)
真正面の海が真っ青!
これが青という色です!というぐらいの青。
とにかく遮るものが何ひとつないので、風も強いし、日差しも強い!地面が黒いので熱い!!

走り続けて1時間半(休憩含む)で、デッド・エンドに到達。
b0312126_18391775.jpg
ここから先は、溶岩に埋もれています。
かつては、このラアエプキの地から、カラパナ、カイム地区を通り、ハワイ島の西側に向かう130号線へと繋がっていた道路です。

b0312126_18371999.jpg
レンジャー・ステーション。
溶岩に関するビデオが流れています。どのようにして、溶岩を見に行った人が行方不明になったかという怖い注意喚起ビデオがね(怖っ)
いやほんとにね、黒い溶岩台地の下には、赤い溶岩が流れていたりするんですから。怖い怖い。
ここには、仮設トイレやスナック類を売っている売店もあります。
この時はレンジャーさんはいませんでした。お昼休みかな。あ、巡回の時間だったのかも。


レンジャーステーションからサインに従ってちょっと道路を戻ると、巨大なマンモスの鼻が見られます(笑)

Holei Sea Arch
b0312126_18374770.jpg
海に達した溶岩が荒波に削られ、こんな形になりました。
日本画の青ですね。この海の色。
ここはひときわ風が強い!
波が岩に当たって、どーん、どーん、とお腹の底に響くような重い音がします。
b0312126_18382411.jpg
振り返った景色。
レンジャー・ステーションしかない景色です。
b0312126_18383174.jpg
海のナウパカが咲いていました。
上半分が引きちぎられたかのような花の形、同じような花が山にも咲いていることから、またまた悲恋の伝説があります。
山のナウパカの方が繊細な花びらなんだそうです。
2つ合わせてやっとひとつの花のように丸くなれるなんて、いろんな想像をしたくなりますよね。
ナウパカっていう名前も可愛い。

さて、私たち、12時にはチェックアウトしなければなりませぬ。
時は11時、そろそろ戻らねば。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードは、車で走ること自体が観光の目的にもなり得るほど面白い道路ですが、展望台から溶岩大地やクレーターを眺めたり、デッド・エンドから少し溶岩の上を歩いてみたり、本格的にトレッキングしたりと、いろいろ楽しめます。
b0312126_00115962.jpg
何しろこういう景色は他にないので、ぼんやりしているだけでも軽く1時間は過ぎてしまいそうです(その前に日差しで焦げますが。笑)
できるなら、もうちょっと時間をとってあちこち見て回りたかったです。

帰りは、行きに寄らなかったマウナ・ウルの展望台に行ってみました。
b0312126_18414975.jpg
自分たちの他に誰もいなければ、風の音しかしません。

b0312126_18420379.jpg
とにかくこの日は天気がよくて、海の青さが素晴らしかった。絵の具で塗ったみたいですよね。
もっと眺めていたいなあと思いつつ、車を走らせていたら、ついにこの方達を発見!
b0312126_18402859.jpg
neneちゃんズ。
人懐っこくて、名前の由来となった「ネーネー」という鳴き声が愛嬌ある鳥です。
ネネはハワイ固有のガチョウの一種。ハワイ州の鳥に指定されています。
どうやら北米にルーツを持つらしく、渡りの途中でハワイ諸島に降りて、天敵もいないし、美味しいオヘロベリーもあるし、ここいいじゃん! と留まることにしたらしいです(笑)
しかしその後、人間が持ち込んだマングースにより、野生のネネは絶滅。個人のお宅で飼っていた30羽からどうにか増やして現在3000羽ぐらい。マングースが来られない高地にしか住んでません。
b0312126_00051905.jpg
せっかく増やしたネネちゃんを、今度は観光客が餌付けしてしまい、車を見ると餌をもらえると思って飛び出してくるので、轢かれてしまう子も多かったのだそうです。
当然ながら、今は餌付けは厳しく禁止されています。
その甲斐あってか、このネネちゃんたち、まったくねも達に無関心。
b0312126_18405179.jpg
携帯の写真でこの距離感ですからね。
こっちがじっとしてると、木か草扱いなのか、何の興味も示さずに餌を探して歩き回っています。
特に近寄ることもなく、逃げることもなく。実にマイペース。

この看板を見たらスローダウンです!
b0312126_00043724.jpg
写真お借りしました。
のんびりし過ぎだよ、ネネちゃん。もう轢かれないでね。

いやー、ボルケーノ来てよかった。
2泊じゃ全然足りなかった。また来なきゃ。

さて、ボルケーノハウスをチェックアウトしたら、コナ・コーストへ大移動開始~!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-03-04 12:08 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅6 ~カラパナ溶岩ツアー

◆8月28日◆その3
ホテルで待ち合わせていたのは、Fuku Hikingのフクさん。
ペレ様の暖炉の前で、流れる溶岩が見られる(かもしれない)カラパナツアー代(ホテル送迎込み)、160ドル×2人分を現金払い(涙)
今日は運よく(?)、お客さんはねも達だけだそうで、早速出発です。

しかしですね。
ずーっと晴れてたのに、雨が!
b0312126_12055596.jpg
17:19 パホアに着いた途端、スコーーール!
b0312126_12060230.jpg
Island Naturals Market & Deli
パホアの町に入ってすぐのところにありました。取り扱う商品は全てオーガニック。ヒロにもあったのですが、行く時間がなかったので、ここで行けて良かった。
失礼ながら、こんなひなびた町にあるのに、店内はとてもキレイ。またまた買い物熱が勃発しそうでしたが、なんとかこらえて、ヒロ産ハチミツと石鹸にとどめました。いやしかし、カサはないけど重いお土産ばかりだわ(笑)

車内で、フクさんがここで買ったジュースとガーリック&オニオン的味付けのマカデミアナッツをご馳走していただきました。
ジュースはグァバだったかな。えらい甘いジュースでした。せっかくのオーガニックなのに、あんなに甘くしては・・・。
マカデミアナッツは、酒のつまみによさそうなしっかり味。おー、ビール持ってこーい!
のんべえなOttoは気に入ってました。ねもは甘じょっぱいハニーロースト味の方が好きだなー。


次に向かったのはお約束の、溶岩樹公園。
b0312126_12062351.jpg
前を行くのがフクさん。後ろがOtto。
フクさんの熱のこもった説明を聞きつつ、公園を歩き回ります。
b0312126_12093862.jpg
これが溶岩樹。
穴が開いているの、分かりますか?
1790年の噴火で溶岩に飲み込まれた木です。
木にぶつかった溶岩が囲むように盛り上がり、その木が燃えながら発した水蒸気が溶岩を冷やし固め、木が燃え尽きた後が空洞になったものです。

何度溶岩に飲み込まれて焼け果てても、やがてオヒアの森は再生します。
でも、燃え尽きた木が蘇ることはありません。
この木が最後までみせた激しい抵抗の跡を見るようで、なんだかちょっと切ない気持ちになりました。
b0312126_12070532.jpg
                          翼竜飛んでこーい!

・・・なんて思いに浸っている場合ではなかったのですよ。
ここ、すんごい蚊がいるんですーーーーー!
いるんじゃないかなあとは思ってたんですよねー。雨も降ってたし。
雨+草むら+高温= ああ、字を見るだけでかゆい。
柔らかそうな下草に覆われた公園の奥に入った途端、うわーんとやってきた!
誰が刺されなくても絶対に真っ先に刺されるねも、まんまとやられました(涙)

しかしここで新兵器登場。
「これ効くんだよ」とフクさんが貸してくれたNU SKINのアロエジェル。
塗り込んだら本当にあっという間に治りました。すごい!欲しいーーー!

さてさて、夕方になったし、そろそろカラパナかな!
と思いきや、次はこちら。

Ahalanui Park
b0312126_13030276.jpg
ハワイ島の温泉でーーーす。
b0312126_12102448.jpg
海水と温水が混じった天然プール。
海側から波がざっぱんざっぱん入ってきます。
晴れた週末ともなれば、ローカルの皆さんで賑わうそうです。
えーーー、言っといてくれれば水着着てきたのにー。
足だけつけてみる。
うん、まあ、ぬるいね。水温30度だからね。暑い昼間に来るのがベターだね。
プールには家族連れや年配カップル、レゲエな兄ちゃんなどいろんな人が来てました。
年配の女性と男性が仲よさそうに泳いでいて、いいなあ、ご夫婦でこの辺に住んでるのかなあと思っていたら、私たち、ついさっきここで会ったのよ、というからびっくり。
うむ。日本の温泉ぽいね。お風呂で交流だね。

道も覚えたし、今度は自分達でも来られるよね、とフクさんにおススメされましたが、ここまで来る道は両側から木が覆いかぶさってくるような一車線道路。街灯もロクにないし、標識もあんましなかったような。
事前にインターネットでも調べていたんですが、この辺はいろんな種類の人が住んでいて、それほど治安がいいわけではないそうです。いかにもレンタカーな我々ともなれば、駐車場に車を停める時も、荷物には注意を払わないと。
来るなら人が多い週末の昼間だなあと思いました。

またパホアの町に戻って、今度は南下。
さあ、次こそカラパナ!?

カラパナに近づくにつれ、路駐の車が増えてきました。
あらら、皆さん溶岩ハイキング?もしかして、すごい人気なのかなあ037.gif

と思ったら、Music Fesでしたー。
毎週水曜に開催されるのだそうです。
少々田舎っぽい電飾っぷりでしたが、バンドは大盛り上がり、ねも達がいる間にも続々と若い子達の車が集結してました。
フクさんでも、車を停めるのに苦労してたぐらい、えらい込みようでした。

あれー。思っていたのとちょっと違うなあ。
溶岩ハイクに行く人、いるのかなあ。

とりあえず夕食はこちらで。
b0312126_12104190.jpg
フクさんおススメのカフェ。
b0312126_12105013.jpg
暗いですが、本当に暗かったので(笑)
このハンバーガー激うま!
パンはカイザーロール系の甘ったるくない皮しっかりパン。
お肉はもちろんビーフ100パーセント!赤身系のしっかりお肉でgooooo!
今まで食べてきた数々のハンバーガーの中で、一番と言えますっ!
添えのサラダまで美味しかった。新鮮ぱりぱり。マンゴービネガーのドレッシングが最高!!

・・・いや待て。我々はハンバーガーを食べに来たのではなかったような気がするぞ。

食後にはとっぷり日が暮れてました。
よ、溶岩は??
と慌て出したねも家。
あ、溶岩ね、という感じでフクさんが駐車場の奥まで連れて行ってくれました。
遠ーーーくの方がほんのり赤くなっているのが分かるでしょう?あれが溶岩が流れてるとこだよ と仰います。
わずかに見える山の稜線のようなカーブに沿って、海に向かって流れる溶岩の光が見えているそうなんですが。
ねもが鳥目だから見えないんでしょうか。
Ottoも、言われてみれば赤いような・・・と、なんともビミョウな感じ。

以上でツアー終了(えっっ)

ええええっ、溶岩ハイクなし?
天気悪いし、溶岩遠いから。

2013年8月現在、溶岩流が海へと注ぐオーシャンエントリーは現れていたものの、近くまで見に行くには、相当な時間歩かねばならないんだそう。それでも、見られる場所に行けるかどうか分からないのだそうです。
それは知ってたのよ。知ってたから、探して探して、ハイキングできるツアーを申し込んだんですがー。
2時間、3時間歩くつもりで来たんですけれどもーー。


カラパナの溶岩大地を見せていただきたかったのですよ。
1990年、溶岩流に飲み込まれたカラパナには、可愛らしい教会があり、美しい黒砂のビーチがあって、人気のある町だったそうです。
つい最近、テレビでも紹介されていましたが、カラパナには今も住んでいる人がいます。
運良く溶岩が避けてくれたので家が残り、家族で暮らしている人もいるし、この地に魅力を感じて引っ越してきた人も。もちろん、それはほんの少数なのですけれど。
そういう訳で、溶岩に覆われているからといって、何もない大地ではなく、人の暮らす土地であり、私有地があるのです。つまり、カラパナにはズカズカ入れないのです。
だから、ちゃんと許可を取った人に案内してもらいたかったのですよ。

ということを最初に伝えるべきでしたな。

結局、赤い溶岩を確実に見るなら溶岩ボートかハレマウマウなんだそうで。
ハレマウマウ・・・自分で行けるし。ていうか、もう行ったし。
溶岩ボートは、高いと思ってやめたけど、結局このツアーより10ドル安かった。嗚呼。


結局この日、雨に付きまとわれて、帰りも豪雨でした。
居眠りするOttoの横で、ねもフクさんのガイドを一生懸命聞いてました。
ツアーのお客さんの話から、ハワイの自然のこと、サメの怖い話(!)などなど、とにかく多彩でとても興味深かったです。
フクさんにお願いするなら、ハレマウマウのトレッキングの方がよかったのかも。

このツアーのハイライトはハンバーガーだった・・・。

21:00 ボルケーノハウスに送り届けてもらったねも達。
そのまま部屋に戻りましたが、なんとも不完全燃焼・・・。
いや、こんな気分ではよろしくない!

行こうじゃないか!ハレマウマウへ!

車のカギをもって部屋を出ました。
もちろん今日は完全防備。ウインドブレーカーの下にフリースを仕込んで万端ですっ!
(だのに、今日も懐中電灯忘れた)

夜な夜な真っ暗ナイトドライビーン。
もうねも、対向車のヘッドライトをビカーっと浴びても平気。フクさんに目の逸らし方を教えてもらったからね!

さっきまで雨が降っていたはずのボルケーノ。
ハレマウマウまで来たら、晴れてました。なんと今日も満天の星空です!
これだから、ハワイ島に世界の天文台が集結するわけですね。
断然標高の高いマウナ・ケア山(4,205メートル)の上なら、さらに好条件ですもんね。

スマホの懐中電灯機能を使いまして、キラウエア展望台へ。

b0312126_18192281.jpg
やはり大迫力のハレマウマウ。
この日はとっても活発で、水蒸気の量ハンパなかったです。
ペレ様、私たち、結局ここに来ればよろしかったということでしょうか・・・?

またゆっくりゆっくり運転してホテルに戻り、シャワーを浴びて午前0時に就寝。

明日はボルケーノを出て、コナ・コーストに向かいます。その前にもう一感動してきます!


[PR]
by nemo_2014 | 2014-03-02 23:02 | 2013_Hawaii | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
カメラ
雑記
未分類

最新の記事

今日も・・・
at 2017-11-24 15:19
かたくなな背中。
at 2017-11-19 22:19
2017夏 沖縄の旅~グルメ..
at 2017-11-14 20:00
so many vaccin..
at 2017-11-12 23:21
2017夏 沖縄の旅~グルメ..
at 2017-11-09 20:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

> shinji1996..
by nemo_2014 at 08:02
今月末からアイスランドに..
by shinji19960121 at 13:31
ふふふ。飼い主の方が楽し..
by nemo_2014 at 20:36
しじみさんハロウィン楽し..
by photo-kioku at 20:13
>enigma85さん ..
by nemo_2014 at 22:43
kimmyです。こんにち..
by enigma85 at 08:32
> sayachan28..
by nemo_2014 at 16:51
nemoさん♪ ワ..
by sayachan28 at 15:40
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 00:17
しじみさんw白目www ..
by photo-kioku at 02:26

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索