カテゴリ:2013_Hawaii( 19 )

2013夏 ハワイ島の旅19 ~ハワイ島、またね。

◆9月2日◆
とうとう帰国日を迎えてしまいました。
ホノルル便が10:04発のため、朝6時起床。

カナロアのラナイで、この旅最後の朝食を。
昨日冷蔵庫の在庫一掃したので、パン、ヨーグルト、コナコーヒーの質素な朝食です(笑)
b0312126_17403078.jpg
ああ、ハワイ島は気持ちいいなあ・・・。
b0312126_17410401.jpg
さて、のんびりはしていられません。
とにかく荷物を詰め込まねば。二人して無言でぎゅうぎゅう詰め込みます。
なんとかスーツケースを閉め、片づけをして7:30出発。


しかし、なんと言いますか、


いやー、本当に今更なんですが、


朝のハワイ島はキレイですなあ!
b0312126_17434604.jpg
空気がクリアで、なにもかもがくっきりしていて、山も空も美しい。
これが、リピーターの皆さんが仰っていた「ハワイ島は朝がとびきり美しいのです。早起きが鉄則です!」ということなのね(猛省)
b0312126_17440008.jpg
あああー、やっぱりハワイ島では早起きせな!

渋滞に当たるとまずいと思って早起きしたのですが、ハイウェイはガラガラ。
ケアウホウからほんの30分で、空港に到着してしまいました。
b0312126_17442482.jpg
ハイウェイから空港に折れる道。帰りでも心が浮き立つような演出が嬉しい。

いくらも走らないうちにレンタカー返却のサインが出てきます。
Hertzのサインのところに入ると、すぐにスタッフが来て最初に渡されたカードのバーコードを読んでチェックイン。
その場でレシートをくれます。
後はゆっくり荷物を出して、忘れ物がないか点検して、カギを返して終了です。
今回の走破距離は454マイル。
5日間で730.6kmですから、トーキョーペーパードライバーとしては結構走りましたねえ。
b0312126_17491312.jpg
5分おきにやってくるHertzのバスでターミナルへ。
バスは大きくないので、荷物置き場はすぐにいっぱいになってしまいます。ピークシーズンはどうなるんだろう。

ハワイアン航空のチェックインは結構混んでいるようでしたが、待つ場所が狭いからそう見えるだけで、そんなには待たずに済みました。
ところで、トランジット有りの場合は、機械でのチェックインができません。
ねもが機械で苦戦しているのを見て、空港の係員さんが代わってくれましたがやっぱりダメでした。
荷物は成田までスルーで行くのに、ホノルルから先のJAL便はチェックインできないんですよねえ。
チェックインのシステムには文句言いたいけど、とーっても親切で丁寧な係員さんに免じて許してあげよう(何様)
b0312126_17413026.jpg
コナ空港。
オープンエアで風が気持ちいい空港です。
ただし、小さいです。
特に見るものもないし、何時間も待てる場所ではありませぬ。

小さい空港は、飛行機が近い!
b0312126_17420504.jpg
垣根の向こうに飛行機が!

b0312126_17415033.jpg
レストランは、カフェテリア方式。まあ、特筆すべきことはない感じ。スナックスタンドに毛が生えたぐらいのラインナップでした。
水とコーヒーを買ったのですが、あまりに店内が暑くてすぐに退散。外のベンチが断然気持ちいです。

ぼーっとベンチに座っていたら、構内アナウンスで呼ばれたことにOttoが気づいて、ボーディングのカウンターに行きました。
ボーディング・パスを見せろと言われたので出すと、特に説明もなく違うパスに交換されました。なんで?
ちゃんと隣同士だったし、短いフライトだから別に場所にこだわりはないんですけど。
英語が通じないと思って説明しなかったのかな(笑)

b0312126_17423436.jpg
ハワイアン航空の飛行機には、一機一機にハワイの鳥の名前がついているそうです。
これはたぶん、’Elepaio。
和名はハワイヒタキ。ハワイの固有種で、他の固有種と同じように絶滅に瀕しています。
写真で見ると、茶色くてまん丸い、可愛らしい小鳥です。
b0312126_18153672.jpg
帰りも美味しいジュースを飲んで、ひと眠りしたら、あっという間にホノルル到着。

International Frightのサインの通りに歩いて行ったら、そのままホノルルから乗る人たちでいっぱいの制限エリア内に入ってしまいました。
ええー、まだJAL便のチェックインしてないのにーーー!?
うろうろしたもののJALのトランジットカウンターなんて制限エリア内にはありません。
だ、誰かに確認しないと!
とりあえずセキュリティーゲートにいた係員の方を捕まえて尋ねたら、
もうセキュリティーチェックは必要ないので、あとは自分のゲートに行って、ボーディング・パスをもらえばいいとのこと。
半信半疑のままゲートに行ったら、離島から来た人向けに、出発1時間前からチェックインできるとの日本語の貼り紙がありました。
うーん、面倒だ。やっぱりコナ空港でJALのチェックインもできればいいのになあ。

ゲートの待合所は出発1時間前にならないとオープンしません。
まだまだ時間があるし、なんだかお腹がすいてきたので、コナで行かなかったKona Brewing Pubに入ってみました。
b0312126_18230750.jpg
Ottoはチキンロースト、ねもはピザを食しました。
b0312126_18231736.jpg
チキンは美味しかったけど(やはりハワイのチキンはうまし)、ピザは味が濃すぎて完食できず。
チキンとピザとソフトドリンクで54ドル!高い(゚д゚)!

なんだか釈然としないままに満腹になり、ゲートに戻って無事にボーディング・パスを発券してもらいました。
待合室はエアコン完備。
まだハワイの風を感じていたいねも家は、空港の中庭をお散歩することにしました。
b0312126_18234642.jpg
ねもはよく、免税店のあるフロアから中庭を見下ろしていますが、お散歩している人は少ないみたい。
どこかでスナックを買って、ベンチで食べた方が気持ちよかったな。
b0312126_18235077.jpg
日差しは強いけど、木陰がとても気持ちいいです。
この日は風も涼しかったです。ホノルルは少し涼しいのかも。というか、コナが暑かったんですね、きっと。

b0312126_18241903.jpg
JALは定刻の13:10に出発。
機内はけっこう寒かったです。ウィンドブレーカー出しとけばよかった。
ボーイング767で席は2-3-2で小さい。
行きと違ってスリッパもないし、座席も普通・・・ただでさえ帰りなのに、少々悲しい・・・。

b0312126_18333473.jpg
そして、灼熱の成田に帰還。蒸し暑いトーキョーに帰りました。


今回のハワイ島旅の戦利品はこちら。
b0312126_18243733.jpg
手前の銀色の丸い蓋の三つは、いずれもハチミツです。
ハチミツの上の金色のパッケージのコーヒーがコーヒー・シャックさんで購入したもの。
その右隣の黒地に赤い模様と緑の模様のパッケージが、マウンテンサンダー農園のコーヒー。
もちろん、どちらもコナ・コーヒー100%です。
ばら撒き用は定番のマウナ・ロアのマカデミアナッツ。
TAZOティーはスタバで採用されているので有名なんだそうですね。スーパーではいろんなフレーバーがあって目移りしました。

ハチミツはどれも美味しかったけれど、特にオヒアレフアのハチミツは味が濃厚で、今まで食べたことのない美味しさでした。
b0312126_18480829.jpg
これにて初めてのハワイ島旅行はおしまい。
長々と(本当にダラダラと)続けたハワイ島旅行記もこれにて終了です。
もう次の夏が来てしまいますね(笑)

最後まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました。
次の休暇の目的地選びに、少しでも参考にしていただけたとしたら、とても嬉しいです。


最後に、ハワイ島に行くにあたりとても参考にさせていただいたサイト様、ガイドブックを感謝を込めてご紹介。

ハワイ島ガイド!アロハ魂クマックス 
 このサイトさんがなかったら、ハワイ島に行っていたかどうか・・・。
 最近は更新されていないようですが、とても詳しくて読みやすくて、隅から隅まで読ませていただきました。

あろは村
 上の”クマ”さんのお姉さんが運営されている本当の姉妹サイト。
 こちらもとっても詳しい。
 お子さんがいらっしゃるので、安全なハワイ島の旅計画にとっても参考になります。

 この2つのサイトさんからのリンクで、たいていの情報が手に入りました。
 本当に感謝感謝です。

■地球の歩き方RESORT ハワイ島&オアフ島
 これは定番。やっぱり1冊あると安心。緊急系の情報はやはり日本語の方が有難いです。
 コラムもなかなか面白いです。お店情報が充実してます。

■地球の歩き方RESORT ハワイ・ドライブ・マップ
 街中の地図はまあまあ使えたけど、目標物のない田舎に行ってしまうと今自分がどのあたりにいるのか、把握しずらい。
 リピーターさんは下のガイドブックの方がおススメです。

Hawaii - The Big Island Revealed: The Ultimate Guidebook (Hawaii the Big Island Revealed)
 日本のガイドブックはレストランとお店情報に偏りがちですが、こちらはハワイ島の自然や歴史に関する情報が多いです。
 ビーチの紹介だけでもすごいボリューム。とっておきの小さなビーチみたいなのまで載ってます。行き方も全部書いてあるし、主要なビーチにはカレント(流れ)や波が立ちやすいなど注意情報もあって、非常に有用です。それと、地図にマイルマーカーが落とし込んであって、ドライブする際にとっても助かりました。
 洋書なので英語との格闘になりますが、目的の場所をチェックするだけなら、なんとか頑張れるかも。カウアイ島編はすでに日本語バージョンが出ているので、そのうちハワイ島も出版されるかしら。

 後はなんと言っても、グーグルさんにお世話になりました。ストビュー万歳。

去年から今年にかけて、ハワイ島のガイドブックがすごく増えてびっくりしています(゚д゚)!
次はカウアイ島と思っていたけれど、どうしようかなあ。
ねも家はどうやら、ハワイの離島の魅力に取りつかれたようです。
あっっっ、でも、オアフはオアフでやっぱり好きです!!


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-09 22:41 | 2013_Hawaii | Comments(6)

2013夏 ハワイ島の旅18 ~激うまポケと最後のコナ・サンセット

◆9月1日◆その3
お腹いっぱいになって車に乗り込み、11号線を北上します。
b0312126_00345034.jpg
KING KAMEHAMEHA Ⅲで海の方に折れて、ALII Dr.へ。
ケアウホウを通り過ぎて、ホワイト・サンド・ビーチパークも過ぎて、もうちょっと行くと、
b0312126_00280695.jpg
コナ・バリ・カイというコンドミニアムがあります。ここが目的地。
ちょうどカイルア・コナとケアウホウの真ん中あたりです。

目的のお店の看板も出ていますが、これじゃ、車からだと見落としそうですよね。
b0312126_00274261.jpg
ここが、トリップ・アドバイザーイチオシのポケ屋さん。
DA POKE SHACK
76-6246 Alii Drive, Kailua-Kona, Island of Hawaii, HI
ウェブサイトもあるけど、場所はストビューで確認した方がよろしいかと。
b0312126_00443275.jpg
敷地に入って右、奥まった場所にお店があります。
b0312126_00275284.jpg
店内は人がいっぱいで写真撮れませんでした。スーパーにあるようなショーケースとちょこっとカウンターがあって、あとはお客さんが並んでいるスペースがあるだけ。飾り気がなくて、デリというよりお魚屋さんぽいです。
10人は並んでいたと思うんですが、元気なお兄さんが次々にお客さんを捌いていくので、早い早い。
ポケ・ボウルなんかもあるので、その場で食べたい人は、外のパラソルで座って食べられます。駐車場の前だけど、さっと食べるぐらいならいいのかも。
ねもも行列に並びましたが、ほとんどがお持ち帰りのお客さんばかりでした。

ウィキによると、ポケとは、
「ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉で、現在では魚介類の切身に、塩、醤油、食用油、海藻、香味野菜などを混ぜ込んで調味した料理を指す。」
とのことで、ポキとも言います。ねもはホノルルに行ったときに初めて食べたのですが、ずっとポキだと思ってました。
ポキというのは英語読みなんですって。

ダ・ポケ・シャックさんは、その日にお魚が採れないとクローズなんだとか。その拘り、ニホンジンにはよーく分かります(笑)
それにしてもすごい人気。
まだお昼過ぎというのに、ねもが店内に入った時には、いろんなポケの名前をつけた、いくつもの金属の大きなバットのほとんどが空になってました。
もうあと3種類ぐらいしか残っていません。それも風前の灯。前の人たちがたくさん買っちゃったら売り切れになっちゃう~。
と思っていたら、shouyu ahi(醤油マグロ)の大きなバットが追加されました。やったーーー!

この日の戦利品はこちら(ディナー時にいただきました💛)
b0312126_00291131.jpg
手前がShoyu、奥がHawaiian。どちらもアヒ(マグロ)です。
どっちも超絶激うま!
マグロの赤身の新鮮さがたまりまてん!
ねも、魚介類の生ものは全般的に苦手。でも、大人になってマグロの赤身は好きになりました。
たぶん前世では猫だったんじゃないかと思うんですが、新鮮じゃないとダメなんですーー。

Shoyuの方は、スタンダードなポケ。マグロ、海藻にごま油と醤油で和えたもの。王道の味です。
Hawaiianは何か賞をもらったようで、おススメマークがついてました。Traditional dry mixとあったんですが、何が入ってるのかな。
醤油よりもマイルドかつコクもあって、これはこれでやっぱり美味しい!
どちらも味はしっかりめ。なんたって箸が止まりません。ああ、白いご飯にかけて漬け丼にしたい。
日本の繊細な刺身とは比べられませんが、いやー美味しいマグロが食べられて満足満足。
2種類で約20ドルと、少々お高めではありますが、次回再訪時にもマストですね。

さて、目的のブツをコンドミニアムの冷蔵庫に保管して、レセプションに向かい、前日チェックアウト。
明日はカギを部屋に置いていくだけです。
結局ねも達はずーっと外をフラフラしていたので使わなかったのですが、レセプション棟では無料でコーヒーが飲めたり、新聞読めたりします。

続きまして、コンドのプールへ。
b0312126_00281589.jpg
カナロアにはプールが3つあって、メインプールは大量のお子様で大変なことになってました(笑)
海水プールもお子様占領状態。そして狭い。
で、ニホンジン中年夫婦が向かったのは、アダルトプール♥
b0312126_00282398.jpg
おおおー、ピースフル♪
こちらも決して広くはありませんが、なんたって静か。
b0312126_00282635.jpg
これは温水のジャグジー。結構熱めでニホンジン好み。
メインランドの皆さんには少々熱すぎるらしく、すぐに出て行っちゃいます。ここはニホンジンの独壇場でございます(笑)
ジャグジーのスイッチは、休憩スペースの柱のところにありました。
b0312126_00283594.jpg
海は見えませんが、とにかくのんびりできます。
ねも達の他には、シアトルから来たというご家族だけ。
なかなか楽しい家族で、プールの方で、家族全員で同じ方向にぐるぐるぐるぐるぐる回って、いわゆる洗濯機やって(分かります?)笑い転げてました。大人ばっかりの家族なんですけどねえ(笑)
どうもお父さんがいじられキャラらしく、しょっちゅう何かやってはお母さんがツッコミ、家族全員が爆笑。
私たちに話しかけてきたのもお父さんで、写真も撮ってくれました。

夕方6時ぐらいまでプールを満喫した後は、この旅最後のコナ・サンセットを鑑賞。
滞在している部屋の前の海っぺりの遊歩道で、夕日を待ちます。
b0312126_00285600.jpg
スマホだと金色になっちゃいますね。
こちらはデジカメ。
b0312126_00323854.jpg
おおー、太陽が!
夕日はすべてをオレンジ色にしていきます。
b0312126_17182316.jpg
私たちのお部屋もオレンジ色に。

b0312126_17183746.jpg
b0312126_23453152.jpg
b0312126_00331163.jpg
最後は雲の向こうから、とびきりのオレンジ色を放ちました。

毎日のように見ていたコナ・サンセットも、ひとまずは今日で見納め。
ああ、良かったなあ。ケアウホウまで来て。
ハワイ島の魅力は尽きないなあ。


サンセットを心ゆくまで堪能した後は、ハワイ島ラストナイトクッキング。
b0312126_17220978.jpg

冷蔵庫在庫一掃ディナーです。
b0312126_00292672.jpg
初めてのコンドミニアム滞在は、思っていたよりずっと楽でした。
食事も自由自在、お洗濯もできるし、メイドサービスも有料でオーダーしない限り入らないので、本当に自分たちのお部屋みたい。
時間の制約もほとんどありません。
もちろん、夜遅く洗濯機や食洗器を使ってはいけないとか、守らなければならないルールはありますが、それは常識の範囲内のこと。
どんな時間に帰ってきても、お掃除の時間に鉢合わせして気まずいなんてことはありません。
外に出ても、ホテルみたいにスタッフに気をつかうこともありません。ご近所さんに挨拶するぐらい。
今回はたまたま広い部屋しか空いてなかったせいもありますが、とにかく広々していて、リラックスできました。

食事を作るのは面倒なんじゃないかと思っていたのですが、これがまたスーパーで買い物する時から楽しい♪
結局毎日キッチンに立ってました。
最初はねもがIHヒーターをうまく使えず、ステーキがカッチンカッチンになったり、素晴らしい白身魚がパサパサになってしまったアクシデントはあったものの(涙)、外で食べ過ぎた時にはサラダだけにしたり、スーパーで吟味したパパイヤが信じられないくらい甘くておいしかったりと、ハワイ島の食材の力を実感できました。

レストランと違って、お風呂上がりにノーメイク、寝間着で食事できるのもサイコーです(^^♪

これはクセになりますねえ・・・。


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-08 23:51 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅17 ~絶景カフェ The Coffee Shack

◆9月1日◆その2
滞在中のケアウホウから、11号線を南下してキャプテン・クック方面に向かいます。
ボルケーノから南回りでケアウホウに来る時に場所をチェックしておいたのが、こちら。
b0312126_22581055.jpg
超人気カフェ、コーヒー・シャックさんです。
The Coffee Shack
83-5799 Mamalahoa Hwy., Captain Cook, Island of Hawaii, HI 96704
b0312126_22574176.jpg
地図を見ても目標物が特になくて、うっかり通り過ぎそうだったので、あらかじめストビューでチェックしてきました。
ま、車がたくさん停まってるから分かるんだけどね。
とにかく大人気で、お店の駐車場は満杯。
この日もなんとか近くに路駐して、幸運にもちょっと待っただけで入れました。

コーヒー・シャックさんの人気は、なんといってもこの絶景。
b0312126_22585398.jpg
広々としたコーヒー農園の向こうに青くかすむ海。
こんなところで、コナ・コーヒーが作られているんだなあ。

コーヒー・シャックさんは自家農園をお持ちです。お店で豆と粉を売っています。ねも家はもちろんお買い上げ。
マイルドで香りの高い飲みやすいコーヒーです。
b0312126_23004343.jpg
写真でこれですから、畑の勾配はかなりのものです。
日系の人々がサトウキビプランテーションの過酷な労働から逃れ、紅茶の栽培を始めたものの失敗し、その次に選んだのがコーヒー。
コーヒーは驚くほどハワイ島の気候風土に合い、先達の努力の賜物で最高級のコナ・コーヒーの産地となったのだそうです。
この傾斜を見るだに、コーヒー栽培だって重労働だと思うのですが、サトウキビは本当に本当に過酷だったんですね・・・。

コーヒー・シャックさんは、自家コーヒー農園を見下ろす高台に建っているカフェです。
ねもは最初コーヒー・シックなのかと思ったんですが、シックでした。
勝手にアメリカらしいなあ、などと思ってました。綴りをよく見ないとね(恥)
シャックというのは掘立小屋の意味で、こちらのお店はもともとコーヒー農園で使われていた小屋なんだそうです。

本当は朝ごはんが人気で、開店は7時半。その頃に来れば、もっと空気がクリアで、景色はもっと美しいそうです。
ハワイ島は活火山があるため、午後には火山ガスで空がなんとなくぼんやりしてしまうのです。
でも、それもまたハワイ島の構成要素のひとつなのですが。
b0312126_22594690.jpg
この建物もお店の一部です。
トタン屋根にかなりの年季を感じます。アメリカンシャビーシックとでも言いましょうか。
建物の中は、水色の壁がカワイイお部屋になっているようです。

でもせっかくここに来たなら、このテラスで食べたーーい!
b0312126_22583621.jpg
この開放的なテラスから見下ろしたのが、上の写真です。
椅子はプラスチックだし、タイルの色もなんだかぼんやりしてるし、センスあるとかオシャレだとかというわけではないけれど、涼しい風が吹き抜けて、なんとも気分のよいダイニング。
ちなみに、お店に入ってすぐはこんな感じ。
b0312126_23154418.jpg
いつも人がいるので全体像が撮れませんでしたが、アメリカンなカウンターです。
クッキー瓶に、パンケース。下のショーケースには大きなケーキ。
感じのいいスタッフが、元気に対応してくれます。

肝心のお食事は、どっかーーん。
b0312126_22593283.jpg
ご自慢の自家製パンを使ったサンドイッチ。
パンは3種類ぐらい(だったかな)から選べます。
これはねもチョイスのルアウというパン。
b0312126_23003491.jpg
Ottoのサンドのピクルスがまるでヘチマ。
こちらはオニオン&ディルというパンをつかったサンドイッチ。
マグカップがお土産屋のダサいカップみたいで、それもまた気分です。上のカウンターで売ってます。

サンドイッチのパンは甘めのふんわり食パン。
パンも中身も普通に美味しかったです。味はやや薄めかも。ねも達にはちょうど良かったですが。
コーヒーはアメリカン(笑)せっかくのお豆が勿体ないような気がするんですけどもね・・・。
本当に人気で、次から次へとお客さんがやってきます。
でもスタッフはとっても感じがいいし、アメリカンらしい大雑把さが居心地の良さに繋がっている気がします。
飛び抜けて美味しいわけではないけれど、あの景色さえあれば、なんでも美味しくいただけてしまいます。
またハワイ島に来ることがあったら、ここには再訪することは間違いないでしょう。

あ、そうそう。
メニューは入口に置いてあるので、自分で取って自分で席に座るスタイルです。
いつも混んでるようなので、席へはスタッフが誘導してくれますけれども。

帰りに、やはり絶景なお店の駐車場で、この旅一番かもしれないショットが撮れました。
b0312126_22595658.jpg
スマホの望遠で精いっぱい撮ったにゃんこ先生。
これ、すんごい遠いんです。急斜面に建つお店の柱の根元にいるんです。すんごい遠いのに、しっかり目線をくれた茶トラちゃん。
呼んでみたら、小さく口を開けてお返事してくれました♥

撮れた写真を何気なくトリミングしてみたら、
b0312126_00565718.jpg
背景の画像の荒さが油絵みたいになって、なんだかとってもメルヘンな感じに♪
スマホの待ち受けにしております。
いやいやいや、スマホのカメラ、侮れません。

お腹いっぱいになったねも家、満腹だというのに次なるお店へ向かいます。


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-07 01:07 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅16 ~Kahaluu Beach Park

◆9月1日◆
昨日寝たのは深夜でしたが、頑張って6時半起床!
b0312126_23581444.jpg
パパイヤ甘くてうまーーーーい!
6時半に起きたのに、どうしてものろのろするねも家、コンドを出たのは9時過ぎ(笑)。

向かったのは、車で5分。コナ・コーストの超人気ビーチ、カハルウ・ビーチ・パークです。
出遅れた~と思ったけど、まだまだ駐車場は空いてました。よかった。
b0312126_23583125.jpg
ビーチせまっ。
ガイドブックの写真と違う~~~よくある~~~
黒砂のビーチエリアは、大きなビーチハウスのあたりだけみたい。
ライフガードもいるし、トイレもシャワーもBBQコーナーもあるけど、とにかく狭い!
b0312126_23583756.jpg
砂の部分は人が多いし、それ以外は岩ゴロゴロのビーチ。奥行きもそんなにないので、居場所がない・・・。
b0312126_00054495.jpg
近所に滞在してるっぽいカップルは、シュノーケルセットだけぶら下げてやって来てました。
おお、それが正解だわ。
張り切っていろいろ携えてきた我々、少々お恥ずかしい。

いやいや、ビーチにケチをつけている場合ではありません。
ハワイ島は溶岩の島なんですから。
こちらは海の中がご自慢なのです。
サンゴ礁に囲まれた波の静かな入り江、色とりどりの魚たち、透明度ではハナウマ湾を超えるとか。

ささ、海にどぼーーーん。
b0312126_00045072.jpg
お、なかなかの透明度。

そして早速ウミガメ発見!

・・・したのですが、ここ、意外と波があるのですよ。そして中途半端に浅いので、カメラが構えられない。
油断するとウミガメにぶつかりそうだし、波で砂が巻き上がって透明度が低すぎ。ウミガメが影にしか見えません(涙)
当のウミガメさんも、波に翻弄されながら、一生懸命海藻をお召し上がりになっていました。
立て続けにもう一匹発見しましたが、やはり写真撮れず。

サンゴはまあまあ。ウニがいっぱい。
奥の方に行くと、色とりどりの・・・、
b0312126_22225954.jpg
ぬーーー、地味。
と思ってたら、あっっっ。
b0312126_00050124.jpg
近寄り過ぎ(爆)
気づけばOttoが魚に囲まれてた!
b0312126_22280077.jpg
写真撮ろうと思って近づいたら、

b0312126_00045575.jpg
わー、こっちにやってくるーーーー。
すごい近くまでくるので、写真が撮れない~~~。
好奇心が強いのか、興味津々でまとわりついてきます。か、かわゆい・・・♥

以上。
サンゴきらきら、お魚いっぱい、というには少々地味であります。

でも、ウミガメさんが気楽に見られるのは、ハワイ島ならでは。
タイドプールになっているから泳ぎやすいけれど、それでも結構波があります。
流れが強い場所もあるので、シュノーケルするにはそれなりに泳力がないとちょっと怖いかも。

そうは言いながら、体が冷え冷えになって上がったら1時間ぐらい経ってました。

コンドにいったん戻って、シャワー&お洗濯を済ませ、再び車に乗り込みます。
次は、やっぱり大人気のあそこへランチしに!


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-02 22:46 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅15 ~Waimeaでうまうまバーガー

◆8月31日◆その3
ワイピオ・バレーから戻り、汗びっしょりのTシャツを着替えて、再びドライブ。
遅いランチをどこで取ろうか迷ったのですが、時刻は既に15:30。
あまりのんびりして、ここから真っ暗ドライブになってしまうのは非常にオソロシイので、ひとまずワイメアまで戻ることにしました。

行きに見えたあまりにも美しい海を見に、ちょっと脇道へ。
閑静な住宅街には車を停められず、ずんずん進んで行ったら、うっかりこちらの敷地に入りそうになりました。
b0312126_20544733.jpg
この看板の手前で車を停めさせていただきまして、一枚だけ。
b0312126_20553920.jpg
本当にすごい青です。宝石のような深くて美しい青色です。
こんな美しい海を見ながら働けるなんて羨ましい・・・なんて思うのはツーリストだからで、これが日常になってしまったら、そうは思わないのかな。

来た道を戻って19号線に合流し、素敵な街並みのホノカアを車窓観光し、また大草原を走り抜けてワイメアまで戻りました。
b0312126_20563522.jpg
ワイピオからは寄り道を含めて1時間ぐらいかかりました。
ワイメアは、ハワイ島第3の町。そしてパニオロ(カウボーイ)の町です。
高原特有の爽やかな風が吹き、草の海の中にぽつんと浮かぶ島のような小さな町は、東京23区の1.5倍もある広さのパーカー牧場とともに発展してきました。
その辺のくだりはガイドブック様にお任せしまして(笑)、町の真ん中のショッピングモールでランチを取りましょう。

内陸にぽつんとある町ですが、ショッピングモールは4つあり、ハワイアンからパシフック・リム、イタリアン、コリアン、タイなどいろんなレストランが揃っています。
中でも、メリマンズはとても有名です。マウイ島にもお店があり、とても洗練されたフュージョン料理がいただけるんだそうです。一度は行ってみたいですねえ。

乗馬帰りのねも達がそんな素敵なお店に入るわけにはいかないので、こちらへ。
b0312126_20554559.jpg
Village Burgerさんです。
ハワイ島産の食材を使うことにこだわりのあるバーガーショップで、店内でお肉のかたまりをミンチにしたり、フレンチポテトも手作業で作っていたりと、なかなか期待度高いお店です。
お店自体はこじんまりしています。イートインスペースもありますが、ねも達はこちらへ。
b0312126_00044782.jpg
逆光ですが(笑)。ショッピングモールの真ん中がフードコートになっています。
ビレッジ・バーガーさんもショッピングモールの中の一店舗で、ほかにコリアンやチャイニーズなど、好きなお店から食べ物を買ってきてここで食べることができます。
のんびりコーヒーを飲みながらお喋りしている地元のお客さんもいました。

ややあって、Ottoが運んできてくれたのがこちら。
b0312126_20555917.jpg
ハワイ・レッド・ベール(と思われる)とフレンチフライ、アイスカフェオレとイチゴのスムージー。
見てくださいな。この美しいバンズ!
b0312126_00151675.jpg
バーガーからはみ出しまくってるシャキッシャキのレタス、ジューシーかつ酸味もしっかりあるトマト、齧りつくと火傷しそうなほどの甘味控えめバンズ、そして、噛むほどに旨味が口の中に広がる赤身がちなしっかりみちみちパティ。
美味しくないわけがないです!
ポテトも外カリッ、中ホクッで、アメリカには珍しく量もちょうどいい。
カラパナのハンバーガーも激うまでしたが、ビレッジ・バーガーもなかなか。
ビレッジの方がシンプルな直球バーガーという印象です。シンプルな食材が美味しいというのは素晴らしい。
大口を開けて齧りつきながら、ハワイ島の食材の豊富さを実感いたしました。
なお、イチゴのスムージーはかなりヘビーでした。ワイメア産のイチゴが美味しいと聞いていたので敢えて注文したのですが、ねも的にはイチゴはフレッシュでいただくのが一番です。

さて、お腹ぱんぱんになって、またドライブに戻ります。
b0312126_00022392.jpg
パラパラと雨が降ったり、雨上がりに虹が見えたりしながら進むのですが、コナに近づくと晴れてくるのが不思議。
b0312126_00024252.jpg
後で調べたら、マウナ・ケアやマウナ・ロアという4000m級の山々が、東から吹いてくる湿った風を遮っているからなんだそうです。

コナまでたどり着けば、暗くなっても大丈夫、ということで、お茶でもしようとパーキングを探しました。
いやー、さすがはカイルア・コナ。夕方ということもあるんでしょうが、車が多くて、空いてるパーキングを探すのも一苦労です。
なんとかパブリックの駐車場を見つけてパーキング。10ドルお支払いしました。

さあ、ぷらぷらするぞ、と思ったら、向こうからトーチを持った人たちが歩いてくる!
b0312126_20570276.jpg
うわわ、なになに?
b0312126_20565631.jpg
なんか分からんけど、みんなすごく楽しそう♪

パレードを見送って、適当なカフェに入ろうと歩き回ったのですが、どうもピンとこない。
どこもオープンエアでリゾートらしい作りにはしているけれど、車がばんばん走ってる道路に面していたりして、ちょっと息がつまりそう。
コナはごちゃごちゃしてるなあ。
町の中心部は狭苦しくて、どこかで見たことのあるようなお店ばかりが並んでいて、つまらない感じがしてしまいました。

ということで、駐車場代10ドルも払ったのに早々に退散してしまうねも家。
ハワイ島のホノルルには馴染めなかったようです(爆)

またしても真っ暗になってしまった道をケアウホウまで戻り、大好きなケアウホウ・ショッピングセンターでお土産と食糧調達。

b0312126_23403755.jpg

風呂上がりに、たっぷりサラダをつまみに一杯飲んで(笑)、お休みなさーい。

明日はウミガメ見に行くぞーーー!


[PR]
by nemo_2014 | 2014-06-01 23:55 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅14 ~お馬のJessieとWaipio Valley散歩

◆8月31日◆その2
b0312126_20444557.jpg
breathtakingな(英語のガイドブックが連発してた(爆))ワイピオ・ルックアウトから戻り、ワイピオ・バレー・アートワークスに集合。

b0312126_20454938.jpg
お店のカウンターの上にはなんと、ふさふさの三毛猫さんがいらっしゃいました!
しかし、ちょっと目を離した隙に、どこぞへお散歩に行ってしまいましたので、写真は撮れず・・・しくしくしく。

ニンゲンは、店の奥の事務室でツアーのチェックイン。
谷底までの4WDでの往復と乗馬で2.5時間のツアー、おひとり様88.54ドル(税込)。
ねも達は送迎なしだったのでこのお値段でしたが、送迎ありだとホテルの場所にもよりますが、おひとり様165ドル程度になります。

全員のチェックインが終わると、陽気なお兄さんが、でっかい4WDに客をぎっしり詰め込んで、谷底へとLet's goooo!!!!

ワイピオ・ルックアウトの脇の道に入ったかと思うと、いきなり車が前後左右にゆっさゆっさと揺れます。
これが、噂に聞いていた25度の勾配!
ブレーキ!ちょっと進む、またブレーキ!の連続で、いやもう、写真なんかまともに撮れません!

ほら、ヒイラヴェの滝!
b0312126_20450683.jpg
と言われてもですね。車内はぎっしりだし、車は斜めなんですってば。
4WDがギシギシ音をたてて揺れながら、300mを降りていきます。ドライバーが何か説明してくれてるんですけど、全然聞く余裕アリマセン。
もうね、ムチウチになりそうでしたよ。

落差390mのヒイラヴェの滝は、展望台からは見えないそうです。
一生懸命水平をとったけど、遠いですなあ。
ただの白い糸ですなあ。
b0312126_01064364.jpg
写真右で見切れてるのは車の窓枠。だいぶ下まで降りたところですが、まだこんなに斜めってるんですってば。

ワイピオ川まで降りてきました~。
b0312126_20453120.jpg
ここまで来れば、ようやく体を真っ直ぐにして座っていられるようになります。
川を降りてすぐ、噂の野良馬たちに遭遇。
野良馬は厩舎にも入ってこようとして、ガイドさん達に追い払われていました。
b0312126_01192751.jpg
ここがワイピオ・バレーの谷底です。
谷の上と何か違うかというと、風が穏やかなことと、緑が一層濃いことでしょうか。湿気も多い気がします。
あと、不安になるほど静か。私たちツアー客やガイド、馬たちが立てる音以外には、あまり音がしません。
時折、住人の方の車や耕運機みたいな音がするぐらいでしょうか。
b0312126_01201203.jpg
さあ、ここからは乗馬ツアーです。各自、体の大きさに合ったお馬さんを選んでもらい、乗せてもらいます。
こういう時にガイドと目が合いがちなねも、いの一番に乗せられました。
b0312126_20510874.jpg
出発進行!
お馬さん達、お散歩が嬉しいのか、ねも達の指示なんてまるで聞かずに、外に歩いて行っちゃいます。
b0312126_20523777.jpg
最初のうちはこんな道を歩きます。
久々の乗馬で、多少キンチョーしております。
b0312126_01231853.jpg
2匹のワンコたちもついてくる。馬はゆっくり歩いているだけなのに、小さな2匹は全速力。超かわゆい💛
b0312126_20533654.jpg
ねもの相棒は、ジェシーちゃん(♀)
いい写真がなかったのですが、とてもカワイイお顔の賢いお馬さんでした。
声をかけてるとずーっと耳を後ろにして聞いてるんだけど、ねもがほかに気を取られると首をぐいっと曲げて噛みつこうとしたり、列を外れようとする油断のならないヤツです。馬って、あの大きな目で乗り手を結構観察してるんですよねえ。
b0312126_20525064.jpg

お子様も一人で乗ります。みんななかなか上手。
途中、馬の胸までの深さの川を渡りました。
腹筋をフル活用して、足を馬の首の高さに上げます。お腹ブルブル震えます。
ジェシーもスタスタ歩くんですが、たまに石に足を取られてガクッとなったりして、ヒヤヒヤします。
なんとか濡れずに済みましたが、いい年の大人には少々きつかったですわ・・・(笑)

で、馬の背の上というのは意外に揺れるもので、
b0312126_01241281.jpg
撮れた写真はこれがベスト(爆)
たぶん美しかったワイピオ・バレー。
雨が多いと聞いていたけど、お天気も上々でしたし♪
なのに、ねもはジェシーのうなじばかり見てました。
ワイピオ・バレーを散策したというより、馬に一生懸命乗った!ツアーでした。
乗馬に慣れてる人なら余裕なんでしょうけどねー。

今度ワイピオ・バレーを観光するなら、車で下まで降りて、歩けるところは歩きたいなあと思いました。
ワイピオ・ビーチに行ったり、映画「ウォーター・ワールド」のロケ地にもなったカルアヒネ滝を見に行ったりしてみたいですねえ。
そういうツアーを探してみようっと。
他のツアーでは、5時間ぐらいの乗馬ツアーで、谷の奥の滝で泳いだりするものもあるらしいので、それはそれで行ってみたい気もします。
乗馬は乗馬で楽しいので、今度はワイメアのだだっ広い牧場でも乗ってみたいなあ。

ところで、

最後にチップを払うんですけども・・・20ドルは高いよ・・・。


[PR]
by nemo_2014 | 2014-05-17 23:46 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅13 ~ケアウホウからWaipio Valleyへの道

◆8月31日◆
目覚ましの時間間違えたーーーー!
6時30分起床のはずが、時計見たら7時33分(゚д゚)!
時差計算間違えたー!1時間押しだーーー!!

ということで朝食をとっとと作って、とっとと食べて9時40分に出発!
b0312126_21502129.jpg
今日はハワイ島の北のパワースポットと呼ばれる、ワイピオ渓谷へ行くのです。
ケアウホウからワイピオまでは、車で2時間弱。
申し込んでいるナアラパ・ステープルズの2.5時間乗馬ツアーの集合時間は12時30分です。
帰りは乗馬で疲れているから、行きに評判のレストランがあるワイメアや、映画で有名になったホノカアに寄ってちょびっと観光しようと思ってたのですが、あえなく吹き飛びました・・・。

真っ直ぐワイピオ渓谷に行くとなると、少々時間の余裕があるので、まずはハイウェイではなく、ケアウホウからカイルア・コナに真っ直ぐ北上するALII Dr.を使ってみることにしました。
b0312126_22040490.jpg
コンドミニアムを出てすぐはこんな感じ。近くにいくつもコンドミニアムはあるんですが、これだけ見ると結構田舎っぽいですよね。
この辺街灯はありますが、道路に接近する建物がないので、夜は本当に真っ暗です。
b0312126_22033504.jpg
カハルウ・ビーチ・パークのあたり。
海も見えて、リゾート気分があがりますね~。
b0312126_20492253.jpg
だんだん建物が増えてきました。もうすぐ、”ハワイ島のホノルル” カイルア・コナです。
b0312126_22093520.jpg
港が見えてきました。カイルア・コナですよ~。
b0312126_20494384.jpg
確かにケアウホウに比べたら建物は沢山建ってるけど、うーーーん・・・ホノルル・・・?
b0312126_20495810.jpg
カイルア桟橋です。やっぱり”ホノルル”っていうのはどうかしら(笑)
何とか銀座、みたいなノリなんじゃないかしら。

でもここで、アイアンマン・トライアスロン世界選手権が開催されるんですよね。
それは壮観だろうなあ。
b0312126_22035177.jpg
コナ・ビーチ・ホテルのあたりかな。なにやらお祭りっぽい雰囲気。

我々はここでPALANI Rd.へと右折し、19号線へ、そして海を離れて190号線に入りました。
b0312126_22241494.jpg
町を離れれば、こんな景色になります。
まずはフアラライ山の裾を少し登って越えます。西海岸のリゾートが見渡せて気持ちいいですが、カーブが多いのと、切れ切れにある集落からふっと人が現れたりするので、気を使います。

山裾を越えると、
b0312126_20473568.jpg
溶岩ゴロゴロの見渡す限りの大平原に。
道路の消失点まで見えます~。
b0312126_20502860.jpg
マウナ・ケア山です。すごい大きさというか、広さなんですよ。4,205mの標高とかもうよく分かりません。対比するものがあまりないので伝わらないと思うのですが、何しろ、対向車が米粒以下です!
b0312126_22280879.jpg
今度は、マウナ・ケア山の裾野を越えて行きます。
ワイコロア・ビレッジ(リゾートではなく、村の方です)へと左折する道を通り過ぎて5マイルほど行くと、有名なサドル・ロードへの右折ポイントがあります。
サドル・ロードは、ハワイ島西部と東部を結ぶ、「馬の鞍のような」道路です。
マウナ・ケアに向かうならここを通るしかありません。
本来ハイウェイとして作られた道なのですが、これが非常な悪路で、舗装はされているものの道幅は狭く、舗装がはがれていたり路肩が崩れていたりするそうです。さらに夜間の照明もなく、雨が降ったり霧が出たりとコンディションが変わりやすいらしく、レンタカー会社によっては走行を禁止しているんだとか。

ねも達が借りたHertzでは何も言われてませんでしたが、どうなんでしょうねえ。マウイ島のハナ・ハイウェイよりも悪路なんでしょうか。
現在、東のヒロ側から少しずつ整備されているようです。ねも達が通った西海岸側からも真新しい舗装道路が見えました。
まだパイロンが立ってましたが、いつか通れるようになるといいですね。

(なので、マウナ・ケアに行くには、ツアーが主流です。サドル・ロードも悪路なら、マウナ・ケアに登る道路は相当な急坂らしく、普通車ではオニズカ・ビジターセンターまでしか行けません。標高4,205mの山なので、高度順応もしていかなければ高山病に罹ってしまいます。大変だわー。)

b0312126_20473926.jpg
もうすぐワイメアのあたりかな。
道路は結構アップダウンがあり、カーブなどもありますが、飛ばし過ぎなければ気持ちよくドライブできます。空間が広いのでスピード感が麻痺しがちなので、気を付けないと。ねもは、早い車にはどんどん追い抜いてもらいました。

木が高くって気持ちよさそうなワイメアの町を通り過ぎ、ノスタルジックなホノカアで240号線に入ります。
240号線に入る道はちょっと分かりずらいですが、ストリートビューと、乗馬ツアーの予約代行をお願いしたアイランドパラダイスのあけみさんからも、メールで丁寧に説明してくださったので、何とか行けました。
b0312126_20482578.jpg
また木が高くなってきた。
30分走るごとに、どんどん景色が変わっていきます。
b0312126_20482917.jpg
これはもう、ワイピオ渓谷のあるククイハエレという集落の近く。
海の色があり得ないくらいに青い!

ここがツアーの集合場所のワイピオ・バレー・アートワークスというお土産屋さん。
b0312126_20454938.jpg
予定よりかなり早い11時40分ごろに到着してしまったので、先にワイピオ・ルックアウトに行ってみることにしました。
b0312126_20455586.jpg
アートワークスの前の道。結構田舎っぽいボロい舗装道路で、この先かなり道幅が狭くなります。
地元車もいるので、ゆっくりゆっくり。
ワイピオ・ルックアウトに近づくと、すごいバイクの集団に出会いました。
老若男女のハーレー軍団です。すごい台数!!!
いったん駐車場まで行ったのですが、駐車場は狭くてとても停められず、少し戻って民家の前を避けて路駐させてもらいました。
そして、徒歩で展望台へ。
b0312126_20444557.jpg
おおおおー、これがワイピオ・バレー!!!!!
思っていたよりずっとずっと美しい!

b0312126_20445091.jpg
紺碧の海と黒砂の海岸がとても美しい💛
そして風が気持ちいい。

ワイピオ渓谷は、ワイピオ川の豊富な水に恵まれたタロイモの栽培や養魚に適した土地なんだそうです。パンの木やグァバなどなどのフルーツも自生していて、食べるのに困らないのだとか。
しかし渓谷は300mの断崖の下です。
この現代でも、4WDでゆっくりゆっくり降りていかねばなりません。ここも、レンタカーの保険の対象外です。
上から見ていたら、人が住んでいる気配などまったく感じません。
そういう土地だからか、ハワイの王族にとっても神聖な土地でした。多くの王たちがここに埋葬され、そのマナ(霊力)が谷を守っているとされています。

谷底にはもちろん徒歩で降りていくこともできます。実際そういう強者を結構見かけました。
ですが、ワイピオは私有地が多く、観光客とトラブルになることもあるそうで、まして英語が不安なねも達はツアーをお願いすることにしました。まあ、300mの谷底に歩いて降りて、歩いて登ってくるだなんて、ねも達には絶対無理ですしね💦

さて、これからここに降りて、馬に乗って観光します。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-05-11 23:37 | 2013_Hawaii | Comments(1)

2013夏 ハワイ島の旅12 ~Kua Bay、Hapuna Beach

◆8月3日◆
ハワイ島は朝がキレイ。だから早起きが一番。
と言われているものの、さすがに8時まで目が開きませんでした。

朝ごはんを作って、ラナイで食べる。
これぞ正しいコンドミニアムでの過ごし方(笑)
b0312126_23343502.jpg
オーガニックのソーセージ激うま!
ハマクア・コーストのトマトうまーーーい!!
パンはちょっと甘め。まあ普通でした。

ささ、今日はコハラ・コーストのビーチに行ってみます。
まずは、Kua Bay(クア・ベイ)攻略!
11号線をびゃーっと北上し、カイルア・コナを通り過ぎると、そのまま19号線に入ります。
空港を過ぎ、1801年の溶岩流の跡を走っていると、こんな双子山が現れます。これが目印。
b0312126_23490977.jpg
似たような丘があっちこっちあったらどうしよう、と思ってましたが、こういうのはこれしかないみたい。
反対側にWEST HAWAII VETERANS CEMETERYというサインが見えたら、左折レーンへ。
カイルア・コナからは15分くらいですかね。結構近いです。

左に折れると、こんなサインがあります。
b0312126_23491362.jpg
Kekaha Kai State Park(ケカハ・カイ州立公園)

そのまま道なりに進んで行きましょう。
ちょっと前までは道路が整備されておらず、レンタカー禁止のダートロードだったとか。
秘境ビーチだったんですねえ。
b0312126_23491820.jpg
BUMPがあるので、気を付けましょう。スローダウン、スローダウン。
道なりに行って、突当りが駐車場です。この日は出遅れたので、駐車場は満杯。手前に路駐させてもらいました。

そこからちょっと歩くと、こんな青い海が053.gif
b0312126_23504570.jpg

Kua Bay (クア・ベイ) / Maniniowali (マニニオワリ)
b0312126_23492276.jpg
なんて青!!!!!!
b0312126_23503585.jpg
なんて白い砂!!!!!

ハワイ島のビーチは、もう少し緑がかっているのが普通だそうです。それに、まだまだ新しいハワイ島は溶岩の色の黒いビーチが多く、こんな白い砂のビーチは本当に少ししかないのだそう。
b0312126_23494822.jpg
まさに水色!
どこを眺めても、目の覚めるようなブルー。
目がおかしくなりそう。
b0312126_00150595.jpg
いやもう、こんなキレイなビーチがあるんですねえ。
結構人もいっぱいいるんですけど、なんかもう、南太平洋のリゾートにいるみたい。
b0312126_23501060.jpg
しかしこのクア・ベイ、午後になると結構な波が立ちます。
なので、午後からはボディボーダー天国に。
近所の若者たちがわいわいやってきて、気軽に楽しんでます。年齢も幅があるみたいで、中学生から高校生ぐらいかな。
もちろん、お目当てはボードだけじゃないんだろうけど、
お兄ちゃんが小さい弟くんに教えてあげたりしていて、微笑ましい。

すっごい上手な子がいるなあと思って眺めていたら、その子、何を思ったかねもの隣にやってきました。
どこから来たの?旅行??ハワイ島は初めて???
この人懐っこさはまだ中学生ぐらいかな。
東京から来たよ。ここ、すっごいキレイなビーチだよね、地元なの??って聞いたら、
この辺に住んでて、毎日来るんだって。
いいなああああ、こんな海で毎日学校帰りにボディボードできるなんてーーーー。

ひとしきりお喋りしたら、じゃあね、ハワイ島を楽しんでね、ってまた海に戻っていきました。
ふむふむ、爽やかでよろしい。
こういう人懐っこさは、日本人にはなかなか真似できないところだなあ。

ところで、クア・ベイはとても美しいのですが、日蔭がありませぬ。
ここはシュノーケルするビーチでもないので、パラソルとクーラーボックス持ってきて、冷たいドリンクなど飲みつつ、時折パチャパチャやるのがよろしいかと思われます。
そして午前中早めからお昼まで過ごすのがよろしい場所ですね(笑)
水シャワー、トイレも整備されております。

パラソルもクーラーボックスも持ってこなかった軟弱な中年日本人夫婦は、暑さに負けて移動することにしました。

少々時間も進んじゃいましたが、次は全米ナンバーワンにもなったHapuna Beach(ハプナ・ビーチ)に行ってみませう。
b0312126_23512596.jpg
19号線をさらに北上していきます。
b0312126_00461969.jpg
フアラライ山にはすでに雲がかかっていました。
午後は曇っちゃうんですよねえ。早起きしないとねえ(爆)
b0312126_23533969.jpg
溶岩大地をひたすら突き進んでいきます。
サウス・コハラ・コーストは、南から、フアラライ、ワイコロア、マウナ・ラニ、そしてマウナ・ケアの各リゾートエリアが並んでいます。世界に名だたる高級ホテルがあるのもこのあたり。
なーんにもない真っ黒な溶岩大地を走っていると、ここに空港やらメガリゾートやらえらいキレイなビーチがあるというのは何か魔法のような感覚さえします。
人間の欲望というのは計り知れないですなあ。

クア・ベイからは30分くらいだったかな。Hapunaというサインが出てきたら左折し、0.6マイル進んで広~い駐車場に到着。
入場料は5$/台でした。

Hapuna Beach State Recreation Area
b0312126_23520194.jpg
トイレ、シャワー、ベンチ、BBQエリア完備。
ビーチも広い!
b0312126_23522647.jpg
奥行きも幅も広いハプナ・ビーチ。
波は静かで、ファミリー向けです。
b0312126_23524926.jpg
これが全米ナンバーワンになったビーチかあ。



・・・来る順番を間違えたな。


広くて気持ちよくてキレイなハプナ・ビーチなのに、クア・ベイの後だと普通に見えてしまう・・・。
b0312126_23492276.jpg
時間帯が違うとは言え、こうだもの・・・。

b0312126_23525625.jpg
見た目の美しさではクア・ベイに負けそうですが、設備やビーチの広さを考えると、ハプナの方が断然いやすいです。
一日のんびりできるのはこっちでしょう。
b0312126_23530686.jpg
パラソルとクーラーボックスとお弁当を持ってきて、のんびりお昼寝したいですねえ。

ねも達は、おやつ持参。
b0312126_23532363.jpg
黒糖クルミだよ!
マチルダ家の沖縄土産。はるばるハワイ島まで持ってきたよ~。
海辺でこういう甘いのはいいよね♡

しばらくハプナでのんびり海水浴と思ったのですが、海に入るとどうもチクチクする。
姿は見えないけど、気配がするーーー。


・・・・・・クラゲ?


天敵出現。
ねもは尻尾を巻いて逃げ出しましたとさ。
違うのかもしれないが、刺されてからでは遅いのだよ。

さっさとシャワーを浴びてあがり、ワイコロア・ビーチ・リゾートへ南下。
ここは一番人気のリゾートだそうです。
ヒルトンとマリオットを中心に、ゴルフ場やショッピングモールがいくつもあって、ここだけで全てが済んでしまうのですね。

ショッピングモールをぷらぷらし、お茶でもしようかと思ったものの、どうにも完璧に整備され過ぎてて馴染めない。
すごくそこにあるというのに、海が感じられないのはなんでだろう。

歩いて歩いて、家族連れで賑わってたアイスクリーム屋さんにin。
b0312126_23540128.jpg
お店のお兄さんがとっても感じよくて、ちょっとほっとしたー。アイスのおいしさも倍増するね。
アイスを食べていたら、ショッピングモールのイベントが始まり、
b0312126_23540463.jpg
フラショーが始まりました。
ちょっとゆるい感じではありますが、若者が真っ赤な顔して一生懸命踊って他ので、3曲ぐらい鑑賞しました。

あんまり見てると遅くなるので、こちらへ。
b0312126_23534796.jpg
ABCストアがやっている、ISLAND GOURMET MARKETSというちょびっと高級なスーパー。
クイーンズ・マーケットプレイスに入ってます。
生鮮食品、デリ、ベーカリーがあって、地元産の美味しいものが満載。超新鮮な魚やお肉が充実してました。
そのほか、ABCストアオリジナル雑貨や衣類、コスメも揃っていて、ここで全部お土産買えちゃうかも。
ちょっと高いですけどね。

楽しすぎて、ついついじっくりお買い物しちゃって、7時半ぐらいにようやく出発。
ハワイ島はオアフとは違い、リゾートを一歩出れば真っ暗。街灯もあんまりありません。
さらに周囲の真っ黒い溶岩で、吸い込まれるような闇です。
センターラインの反射板と、先行車のテールランプを頼りにハイウェイを走るんですが、なんとも心細い。
ボルケーノでも真っ暗ドライブ経験済みでしたが、あそこは20マイルぐらいしかスピード出さないからまだいいんですよね。
まっすぐな道路だからまだ良かったですが、いやー、緊張しました。

カイルア・コナのあたりでようやく街灯が増え、交通量も増えて少し安心です。
町を過ぎるとまた暗くなってしまうのですが、ワイコロアあたりの暗さほどはなく、なんとか1時間ぐらいでコンドに到着。

ワイコロアで買った新鮮な魚の切り身をソテーし、ぱりっぱりのお野菜でサラダを製作。
また魚焼き過ぎたーーーー。IHは難しい~。

b0312126_23540877.jpg
同じくワイコロアで入手したアヒ(マグロ)のポケと、コナ・ビールで乾杯!
うん。やっぱりケアウホウの風に吹かれて、のんびりご飯食べるのが向いてるね。

夕食の間に洗濯3回やって、お風呂入って就寝。
明日は早起きだ!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-05-06 00:39 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅11 ~Outrigger Kanaloa at Konaその3

◆8月29日◆その4
ではでは、少ししかありませんが、カナロアのお部屋の外の様子など。

まずはプーーール!
b0312126_22014946.jpg

あんまり広くはないけど、誰もいなくて快適~。
b0312126_21533870.jpg
ピークシーズンだと思うんですが、みんな海に行ってるのか、ねも家の後からシアトルからのご一家が来たのみ。
席取りなど無用です。
b0312126_22015421.jpg
ジャグジー。
スイッチは、上の写真の休憩スペースのとこの柱にくっついてます。
b0312126_22020223.jpg
プールからは海は見えませんが、よくお手入れされたお庭や空を眺めつつ、まったりできまする。


こちらは、お部屋の前の遊歩道。
b0312126_22025886.jpg
溶岩ごつごつの岩場です。
波が荒いので、もちろん遊泳できません。
b0312126_22030141.jpg
サンゴで何やら文字が描かれております。
この道から建物を見上げると、こんな感じ。
b0312126_22093382.jpg
夕日を浴びるお部屋。
ということは、ここからはこんな景色が見られるわけです。
b0312126_22091971.jpg
コナ・コーストの夕日いっちょ!
うーん、今にもとろけそう。
b0312126_22072314.jpg
遮るものは何もありません。
b0312126_22065734.jpg
なにやら宗教チックですが(爆)、中央で夕日にささってる▲はOttoです(爆)
b0312126_22032728.jpg
毎日夕日を眺めて、ご飯作って、海行って。
ねも家は初めてのコンドミニアムでしたが、かなり堪能しました。
いろいろ迷ったけど、ビルディングタイプじゃないカナロアにしてよかったな~。
タウンハウスを借りて住んでるみたいな気分を味わえました。

ボルケーノも離れがたかったけど、ケアウホウもいいね。
昨日とは全く違う景色と気候。

ハワイ島はほんとスケールが大きい!


[PR]
by nemo_2014 | 2014-05-03 00:38 | 2013_Hawaii | Comments(0)

2013夏 ハワイ島の旅10 ~Outrigger Kanaloa at Konaその2

◆8月29日◆その3
ハワイ島はケアウホウのコンドミニアム、アウトリガー・カナロア・アット・コナのご紹介の続き。

洗濯機と乾燥機は一時代も二時代も前の家電という感じですねえ。
容量もかなり少なめ。
こういうものは、やはりジャパーンに限りますよ。
b0312126_22261346.jpg
でも、毎日お洗濯できるのは嬉しい💛
夕食作りながら、早速お洗濯しました~。

2105室的1階のお風呂。
b0312126_22261738.jpg
無駄に奥まったバスルームです。トイレに入ってると寂しい(笑)
こんなに広いんなら、バスタブも大きくしてくれよ。
シャワーは固定式(だったと思う)、湯量も排水も普通。熱いお湯で、ドライブの疲れを癒しましたわ。

2105号室的1階のベッドルーム。
b0312126_22262977.jpg
シングルベッド2台置いてこのゆったり感。
上のマスターベッドルームが暑いので、ねも家はここで寝てました。
b0312126_23392378.jpg
1階(建物的には2階)のラナイ。
こちらはお向かいのラナイとも向き合っているので、使いませんでした。
でも、ここを開けておくと、お部屋に風が抜けて気持ちよかったです。

では、階段を上がりましょう。
b0312126_22263343.jpg
こちらがメゾネットというかロフト風の、ふたつめのベッドルーム。
b0312126_22250667.jpg
素敵~💛
ヘッドボードの向こうは抜けてて、下のリビングにいる人とお喋りできます。
天井のファンも南国チックでいい感じ~。

・・・なのですが、この2105号室はエアコンなしなのだよ(゚д゚)!
各部屋とも天井のファンと扇風機のみです。
またこの2階のファンと扇風機がうるさいんだわ。

到着したてはちょうど西日がビシバシ。
窓を開けて扇風機回しておいてくれてたけど、暑くて暑くて溶けるかと思ったー。
涼しいボルケーノから来たから余計に暑かったです。
まあそれでも明け方にはすっかり気温が下がって、寒くなって扇風機止めましたが(笑)
ゲッコー(ヤモリ)ちゃん達の、ケケケケッという声を聴きつつ就寝できます(^^♪
b0312126_23363794.jpg
クローゼットもたっぷり。

こちらは、2階のバスルーム。
b0312126_22263796.jpg
カナロア基準で少々狭めですが、それでも洗面台はダブルボウル。
b0312126_22264194.jpg
むしろ庶民にはこれぐらいコンパクトな方が使いやすいです。


そしてややパーシャルながら、オーシャンビューなラナイ。
b0312126_22271514.jpg
気持ちいい~♪
海を見ながら朝食なんてリゾートだね~。

というわけで奮発したかいがありました、カナロア。
近隣にはいろんなコンドがあって、長期滞在のお客さんが多いみたい。
便利なカイルア・コナより、ちょっと離れたケアウホウが人気なのも納得。静かな休日を存分に楽しめます。
超人気シュノーケルスポットのカハルウ・ビーチ・パークもすぐだしね。

ところで、こんな立地なので、夜は波の音がよく聞こえます。
たまにどーん、とすごい音がしたりして。
音に敏感な人は、眠れなかったりするみたいです。
ねも家はいつでもどこでも誰とでもおやすみ3秒なので、無問題でした。

この日は早速買い出し。
すぐ近くのケアウホウ・ショッピングセンターへ。
車で5分もかかりませんが、坂を上がっていくので歩くのはちょっと厳しいかも。
b0312126_22515513.jpg
地元スーパーのKTAや、評判のレストラン、クリニックもあります。
ここの駐車場で、有名なコナ・コーストの夕日を堪能。
b0312126_22522817.jpg
遮るものがほとんどなくて、どっかーんと落ちていく夕日をいつまでも眺めていられます。

今日の戦利品。
b0312126_22221416.jpg
調子に乗って、すんごい買い物しちゃった(爆)
ハワイ島では、ハマクア・コーストやワイメアでの農業が盛んで、新鮮かつ質の高いお野菜が手に入ります。
もうね、リーフレタスなんてちょー元気だよ。

夕食は早速のどっかんステーキ!
b0312126_22221903.jpg
肉、硬かった・・・焼き過ぎた。
いや、その前に筋切りするのをサボった。包丁がね・・・(言い訳)
その上、ねもがIHヒーターを使い慣れないので、火加減がよく掴めず、失敗の巻。

部屋でのんびり作って食べて、だらーんとできるのはコンドミニアムならでは。
二つあるバスルームでそれぞれ湯浴みをして、広~いリビングでゆっくりして、お休みなさーい。

この日、夜中にすんごい雨が降りました。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-04-29 00:10 | 2013_Hawaii | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
雑記
2017_okinawa(8月)
未分類

最新の記事

#生中継#完全アウェー
at 2017-08-23 14:41
#生中継#ゴリラチョーーップ!
at 2017-08-23 11:46
#生中継#朝からドラゴンフルーツ
at 2017-08-23 08:30
#生中継#マイナスイオンたっぷり
at 2017-08-22 11:45
#生中継#朝からマンゴー
at 2017-08-22 09:15

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

最新のコメント

はい!実は香港ランガムプ..
by ぽんこ at 22:41
ぽんこさん、以前にもコメ..
by nemo_2014 at 00:24
>ぽんこさん コメント..
by nemo_2014 at 00:18
こんにちは。香港としじみ..
by ぽんこ at 17:59
> photo-kiok..
by nemo_2014 at 22:17
最終日!これで終わりかぁ..
by photo-kioku at 14:15
>ボーナスぶたさん 面白..
by nemo_2014 at 14:52
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 14:47
イヌイットカフェ、貴ブロ..
by ボーナスぶた at 05:25
先日拝見してきました!\..
by photo-kioku at 22:03

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索