カテゴリ:2017_Kenya & Namibia( 20 )

2017冬 ケニア・ナミビアの旅3~ナイロビからサンブルへ

さて、ずいぶん間隔が空いてしまいましたが、アフリカ旅行記を始めたばかりでした。
香港情報もアップしたいのですが、まずはアフリカ頑張ります!

◆12月18日(月)◆
長距離移動明けで、眠くて重い体を何とか起こし、朝ご飯を食べました。Ottoによるとビュッフェだったようですが(そして沢山食べていたようですが)、覚えてない…。
b0312126_00183404.jpg
朝日が眩しい✨朝は結構冷えます。

7:30にお迎えの車で国内線が発着するウィルソン空港へ向かいます。
今日はまた移動。ナイロビから空路サンブルへと向かいます。サファリに辿り着くまでの長いこと(◎_◎;)
b0312126_23595757.jpg
ナイロビのどの辺を通過したのかよく分からなかったのですが、とにかく人が多くて活気がありました。
あと、車にも自転車にも乗らず、ずーっと歩いている人が多かった。

ウィルソン空港はとっても小さいながら、キレイで安全でした。(ナイロビだけに(笑))
おトイレもキレイでしたよ。
b0312126_00032300.jpg
もうすぐクリスマスですもんね~♪

空港ビルディングの入口で荷物をセキュリティゲートに通します。
預け荷物の重量は一人15キロまで。厳格だと聞いていたので緊張の一瞬です(;゚Д゚)
なんとか14キロ未満で行けました。ふうう。
サンブルやマサイマラに飛んでいる軽飛行機を使う場合、機体が小さく、当然ながら荷物スペースが小さいので、形が変えられないスーツケース、キャスターがついたものはだめです。つまり、狭いところにぎゅうぎゅう押し込むんですな。

道祖神のナイロビ駐在員K地さんにチェックインしてもらったところ、渡されたのはこれ。
b0312126_00033385.jpg
これ、エア・ケニアのボーディングパスです。
便によって渡される色が違い、ボーディングのコールの時にも「サンブル行き出ますよ~。ピンクのパス持ってる人~!」という風に言われます。
ええええ、大丈夫なのそれ、と思いつつも、モニターにはちゃんとフライトスケジュールが出ているし、便数がそう多くないのでこれで十分なんでしょうねえ。何回も使えるからエコではあります。

K地さんと別れ、まだ時間があるので、2Fのカフェに入ってみました。
b0312126_00151133.jpg
Domansというキレイなカフェです。街中にもあるそうです。
いただいたのはもちろん、
b0312126_00151750.jpg
ケニアンティー。
ティーバッグがそのまま入ってるよー♥
ちょっとお茶が出すぎでしたが、まあこれも良し。
ケニアはコーヒーが有名ですが、これから飛行機で通過するケニア山周辺には紅茶の産地もあって、なかなか美味しいんです。大昔に初めてケニアに来た時に、紅茶が美味しくてびっくりした覚えがあります。

さて、ピンクのパスを持ってる人たちがコールされました。
私達の飛行機はこれです!
b0312126_00291399.jpg
おおっ。足がかわいいぞ。
b0312126_00292462.jpg
サイズ感はこんな。
b0312126_00355142.jpg
身長150cm余りのワタクシでこのサイズ感。
ええ、10人乗りでした。
なので、パイロットが近い!
b0312126_00303991.jpg
このバス的感覚、伝わります?
こんなとこで超広角レンズがうなりをあげております。ふふ。
なんと奇遇にも、この便のパイロットはお父さんが日本人、お母さんがケニア人なのだそう。(グランドスタッフが勝手に個人情報を教えてくれました(笑))この後のマサイマラからの帰りも彼がパイロットで、別れ際に「お気を付けて」と言ってくれました。

はい、飛びましたー。
b0312126_00421129.jpg
カメラで撮るとプロペラが撮れて面白いですね。
軽飛行機はふわふわ飛ぶので、飛行機嫌いは絶対に乗れないと思う(笑)
あっという間にナイロビを越えて行きます。
b0312126_00435613.jpg
手前はナイロビ国立公園です。
飛行機はまさしく路線バスのようにいくつかのエアーストリップ(飛行場)に停まります。自分の降りるストリップが何番目になるのか覚えておいた方がいいです。もちろん、パイロットが教えてくれますけれどね。

ナイロビからサンブルまでは約1時間。
この日の便は、ナニュキ(ナンユキ?)に停まりました。
サンブルはナイロビの北にあるので、ケニア山を通過します。
b0312126_00552601.jpg
山頂がチラリと見えました。
ケニア山はケニアの最高峰で5,199m。さすがの山容でした。
3日かければ、普通の人も途中まで登れるそうですよ。(山頂は専門の装備を携えた限られたプロしか行けないそうです)

高度を下げて飛んでいる時は、草原にいる大きめの動物が見られます。ゾウやキリンならばっちり、シマウマも見えます。
もうすぐ動物たちに接近できるかと思うと、ワクワクが止まりません!

サンブルに到着すると、ロッジの車が待っていました。
b0312126_01074519.jpg
今日から3泊するSamburu Intrepidsの車です(これはロッジの前で撮ったもの)
ドライバーガイドはドミニクさん。
b0312126_01132083.jpg
物静かながら、分かりやすい英語で丁寧に説明をしてくれ、レアな動物も粘り強く探してくれました。動物を発見すると、ただ接近するのではなく、彼らが歩いて来そうな場所に車を停めて待つというスタイルなので、本当に近くで見ることができました。
さすがは2017年スタッフオブザイヤーです。

ロッジへの道すがらが、すでにサファリ!
b0312126_01173504.jpg
始めは、こーんな遠いキリンにも興奮して写真を撮りまくる!(笑)
b0312126_01185861.jpg
アリ塚さえもフォトジェニック!!!!!!

そして、飛行場のあるバッファロースプリングスNP(国立保護区)からこのエワソ・ンギロ川を渡ると、
b0312126_01191183.jpg
サンブルNP(国立保護区)の入口です。
b0312126_01180009.jpg
サンブルというとキリン形のゲートの写真を見かけるのですが、ここは普通のゲートでした。
b0312126_01180417.jpg
小屋はアミメキリン模様でしたけれども。
サンブルにはメスライオンがインパラだかガゼルの子を育てていたという話があるそうで、ゲートの脇にはその絵が描かれていました。
b0312126_01485629.jpg
ここでガイドに入園料を現金(USドル)で渡して払ってもらいます。サンブル、バッファロースプリングスそれぞれに入園料がかかるので、私たちは1日70ドル×3日分×2=420ドルでした。
今回、入園料はツアー代金に含まれていたので、ナイロビの駐在員さんから現金を渡されました。マサイマラも同じでした。

ロッジへの道の途中でインパラさんのご家族に遭遇。
b0312126_01480227.jpg
遠い…広角レンズ…。

今回、望遠はOttoに任せていました。
センサーサイズの小さなQ10に軽くて小さな望遠レンズ(しかも安い♪)を付けて距離を稼ごうという魂胆です。
b0312126_01515525.jpg
おお。結構寄れてますね。
インパラのベイビーちゃんです。なんとかわゆい♥

何しろOttoはケニアもサファリも初めて、私も大昔に1回来たっきりです。初日の興奮たるや、そりゃもうぶっぎれんばかり。
なのですが、サンブルさん、初めっからすごいものを連発してくれました。
それはまた、次の記事で。

[PR]
by nemo_2014 | 2018-02-18 01:59 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

2017冬 ケニア・ナミビアの旅2~オレ・セレニホテル@ケニア

アフリカ旅最初のホテルをご紹介。

ケニアの首都ナイロビはオソロシイと聞いていたので、泊まりたくなかったのですが、スケジュールの都合で仕方なく到着日1泊のみ、しかも市内を避けて泊まりました。

泊ったのは空港近くのオレ・セレニホテル。

ホームページの写真が素敵ですが、本物もとっても素敵でした。
ホテルはナイロビ国立公園のすぐ脇に立っていて、各部屋の窓から公園が一望できます。
ナイロビ国立公園は市街地のすぐそばにありながら、意外といろんな動物が見られることで人気です。ケニア滞在最終日までサファリも出来ますね。
b0312126_23234795.jpg
ホテルの入口ではセキュリティガードが車を停めて、宿泊予約のチェックと、金属探知機のチェックをしてました。

こちらはレセプション階のレストランのテラスから撮ったもの。
b0312126_23241746.jpg
赤の使い方がアフリカらしい(気がする)。
b0312126_23271831.jpg
おおお、アフリカっぽい。客室に向かうエレベーターもステキなカラーリング。

こちらはダンディなドアマンに迎えられて上がる階段。
b0312126_23282669.jpg
うーん、かわいい。
階段を上がるとこちらに。左側にラウンジ、奥にレセプションがあり、その奥にレストランがあります。
b0312126_23282661.jpg
ケニアに来たなあという高揚感をくれるインテリアです。
賑やかで、でも落ち着いています。
b0312126_23282618.jpg
こちらがラウンジというかカフェというかレストラン。
b0312126_23282636.jpg
窓からはナイロビ国立公園が一望できます。ま、夜になると真っ暗なんですけどね。

あちこちにこんな素敵スペースが。
b0312126_23282505.jpg
ソファでゆったり。お待ち合わせにも。
b0312126_23333525.jpg
部屋のある3階に上がってきたところ。
b0312126_23333665.jpg
クッション可愛いけど、座れませんが!(笑)

お部屋に向かいましょう。
b0312126_00083564.jpg
す、すみません。既にモノが散らばっております。
フカフカのベッドで寝心地良かったです。
b0312126_00083592.jpg
そう広くないかもですが、十分です。
ベッドから入り口を見た感じ。
b0312126_00083517.jpg
クローゼット、ミニバーと冷蔵庫、奥がバスルームです。
b0312126_00083536.jpg
布遣いが素敵。
キリンが水を飲んでいる格好の小物入れ、カワイイですよね。欲しかったけど自重しました。

バスタブ付き♥♥♥
b0312126_00083652.jpg
シャワーは固定で、一般的なヨーロッパのお風呂という感じでしたが、もうね、長ーいフライトを超えてきておりますので、バスタブが有難くて有難くて涙が溢れて止まりません。

窓からはこんな景色が楽しめます。
b0312126_00085078.jpg
電線が邪魔ですが、致し方ない。最上階なら見えないのかも。
牛かなあ、インパラかなあとか考えながら観察してました。双眼鏡出せばいいのにね(笑)

部屋にチェックインした後、道祖神の駐在員の方に「スーパー行きますか?」とご提案していただき、「行きます行きます♥」と、いそいそと連れて行ってもらいました。ナイロビはあんまり出歩かないでね、と言われていたので嬉しかったです。
カメラは持って行かなかったので写真はありませんが、少々閑散とした小規模なショッピングモールの中にあるスーパーで、おススメのマトケチップス、非常時用の食糧(クッキー)、ミネラルウォーターやビール等々を調達いたしました。

マトケチップスというのは、バナナチップスのこと。日本ではフィリピン土産の甘いのが有名だったりしますが、ケニアのは全然違いました。味はほぼほぼというか完全にポテチ。言われないと分からないというより、バナナと言われても全然ポテチ。甘くないバナナを使っているんだそうですが、普通のポテチより素朴でとても美味しいです。自分たち用のお土産に大量に買って帰りました。

リアルタイム記事でも書きましたが、さすがにこの日は疲れ果てました。
レストランに行く気力もなく、部屋でケニアのビール、タスカーを開けて、
b0312126_00224216.jpg
買ってきたお菓子を食べて終了。
b0312126_00224669.jpg
とにかく早く寝たくて、この程度で十分でした。



アフリカ初日の夕焼け。
b0312126_00085849.jpg
空が広い!!!!!!

[PR]
by nemo_2014 | 2018-01-29 00:32 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

2017冬 ケニア・ナミビアの旅1~長ーいフライトを超えて

ようやくアフリカ旅行の写真整理が終わりました。
細部を忘れないうちに、旅行記にしていこうと思います。

◆12月16日(土)◆
早々に年末の仕事を片付け、いよいよアフリカの旅が始まります。

アフリカの旅を計画していた当初、タンザニア&ナミビアのはずでした。その時の旅行代金も一応予算内でした。
しかし、Ottoの仕事の都合で旅が延期になり、2017年になってみたらタンザニアの宿代がいきなり去年比25%もアップ(゚д゚)!元々お高い旅行代金がもう信じられない金額に。あうあう。えーんえーん、セレンゲティ行きたかったよう。

そしてもっと当初は、ツアーはないかね?と検索してたんですが、広大なアフリカの東部(ケニア)と南部(ナミビア)の両方に行くツアーなんてありませんでした。東部なら東部周遊、南部なら南部というのがほとんど。
今回の相手はアフリカ様。そして広大なアフリカ様を旅する期間も2週間しかない。そうなると、個人手配では難しい。
というわけで、アフリカ専門の会社に手配をお願いすることになります。

ねもが以前ケニアに行った際の添乗員は「ボク、アフリカ添乗初めてです」という不安を煽るボクちゃんだったのですが、不安はまんまと的中。トランジット地を出発した飛行機が突如引き返し、何時間も飛行機に缶詰めになってしまうというトラブルが発生したのです。(理由は説明されず)もちろん、そういうトラブルが起きたのはボクちゃんのせいではありませぬが、その時、アワアワして全く役に立たなかった彼とは違い、ものすごく頼りになったのが、道祖神の添乗員さんでした。

そういうわけで、というわけでもないんですが、何しろ昔からアフリカ一筋、現地に駐在員もいるし、アフリカ初心者の我々としては道祖神さんにお願いすることに。相談に行くにも本社もご近所さんでしたし。
お問い合わせには的確に回答し、何度も何度もルートを考えてくれて、テキパキと手配をしてくれました。お陰様でかなりイレギュラーかつ希望どおりの旅程が完成しました。ちょっと高かったけど(◎_◎;)

そんなこんなで無事に手配も済み、予防接種も打って、ビザも持って、まずはケニアに向かいます。
b0312126_00210667.jpg
というか、まずはドーハに向かいます(笑)
ケニアへの直行便などありませんので、アジア・中東かヨーロッパの都市を経由していくことになります。
今回の飛行機はカタール航空。確か、一番安くて比較的時間も短かったんだと思います。

羽田発21:30でナイロビに着くのは、翌日の14:10です。時差はマイナス6時間。
羽田~ドーハが12時間15分、ドーハ~ナイロビが5時間40分、トランジットでの待ち時間も合わせると20時間ほどですかね。
グリーンランドに行くよりは近いかしら。うふふ。

羽田~ドーハ間の飛行機は大きくて快適でした。
b0312126_00211959.jpg
モニターも立派~♥

お待ちかねの機内食は、こんな感じ。
b0312126_00213237.jpg
夜ごはん。まあ普通の和食。
b0312126_00213248.jpg
朝ごはん?
だいたいこういう食事における卵料理はイケてません。でもちゃんと野菜もフルーツもあって、結構頑張っていると思います。

まあもう夜中なので寝たり寝たり寝たりして、中途半端に映画を見始めたところでドーハに到着。
b0312126_00214104.jpg
2014年に完成したハマド国際空港。
広ーいのですが、デザインがすっきりしていてサインが見やすい空港です。帰りなんて乗り継ぎ45分しかなかったのですが、係員が日本か!と思うぐらい手際がよく、サクサクサクサク通してくれて、迷うことなく搭乗口に辿り着けました。素晴らしい✨

で、ハマド空港と言えばこれ。
b0312126_00214697.jpg
ターミナル中央に鎮座する、巨大クマ。
これ、アート作品なんだそうです。「無題(ランプ/クマ)」という、5億5千万円もしたテディベアなんですってー(゚д゚)!
背中からランプが飛び出しておりますよ。
その価値がよく分からない無学なわたくし達ではありますが、なにしろ大きくて目立つので、良き目印だなあと感心しております。

次のナイロビ行きは、多少古さを感じる飛行機。
ちょっぴりガッカリしたのですが、その悲しみを埋めてくれたのがCAちゃんでした。
どうもカタール航空の機内食のメニューの構成がよく分からないのですが、メインがいくつもあるんですね。
メニューの紙に印刷されてないお料理もあるんですよ。
で、沢山あってどれがいいのか分からなくなったので「どれがおススメですか?」と聞いてみたところ、

これがおススメよ♪と教えてくれました。
b0312126_00215513.jpg
???
全然分かりません(笑)が、せっかくなので「それにします!」

で、出てきたのは、これ。
b0312126_00220646.jpg
おおおお。なんだかアラビックな雰囲気!
alooはジャガイモを使った料理、paneer(パニール)はチーズ、bhurji(ブルジ)はスクランブルという意味だそう。
parathaはパラタ、ロティとかナンの親戚のようなもの。sukaはよく分かりませんでした。
b0312126_00220627.jpg

紙に包まれておりまして、開いた写真がないのはあまりに旨くてあっという間に食べちゃったから。
いやーうまうまでした。
左上のがalooですね。ジャガイモのスパイス炒めカレー風味みたいな感じでした。
帰りもそうだったんですが、ドーハ発の機内食はレベル高かったです。

なんとかナイロビはジョモ・ケニヤッタ空港に着き、道祖神の駐在員さんにピックしてもらって、空港近くのホテルへ。
日本人が来ると思ってなかったので、すごくホッとしました。
素敵だったナイロビのホテルは次記事で!

ところで、機内食に盛り上がってみたり、映画を見てみたり、寝てみたり、いろいろしてみても長いフライト時間は持て余しまくりますよね。今回はこいつのお蔭でだいぶ楽でした。

SmartTravelさんの足置き/抱き枕
b0312126_22401438.jpg
画像お借りしています。

この大きさなので、畳んでもそれなりに嵩張ります。あと重さもあるので、荷物を一グラムでも軽くしたい人には向かないです。
足の短いワタクシには足置きに最適。もちろん、抱き枕にしても、背もたれにしても快適。ホント助かりました。
身長170cmでサイズがMとLに分かれていますが、大きさは中に入れる空気の量で調整できるし、こういうものは大きい方が体を預けるには絶対いいのでLサイズがおススメです。私は密林から取り寄せましたよ~。

[PR]
by nemo_2014 | 2018-01-23 19:00 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

ただいま写真整理ちう。

こんなアニマルプラネット的写真が撮れたりもしたアフリカさま。
b0312126_23134935.jpg
Ottoと二人して撮りまくったケニアとナミビア。
一眼やらミラーレスやらスマホやら、その数2,000枚オーバー。。。しろめ。
ひーこら写真整理しております。あー新しいパソコンが欲しい~。

もちろん、ネコ科は余さずゲットしとりますよ。
b0312126_23172946.jpg
引き続き頑張りまーす。

[PR]
by nemo_2014 | 2018-01-10 23:21 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

#生中継#トランジット中@ヨハネスブルク

これが国際空港?
b0312126_01362947.jpg

と思っちゃうかわゆいサイズのウォルビスベイ空港を出発。
b0312126_01364400.jpg

愛すべき国となったナミビアに別れを告げて、

世界最凶都市ヨハネスブルクでトランジット中。
最凶、最凶言ってますが、空港の制限エリア内は安全です(笑)
b0312126_01361374.jpg

よくある大きめの没個性的な空港です。

次はドーハです。
[PR]
by nemo_2014 | 2017-12-30 01:29 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

#生中継#アフリカ旅行最終日@スワコプムント

b0312126_16280430.jpg

ナミビアはスワコプムントの朝です。
陽光は眩しいですが、長袖要な涼しさ。しかし、既に泳いでいる人がいます。
ハクジンの体感温度は驚異的です。

nbc(ナミビアチャンネル?)では「フルーティ侍」というアニメが流れています。セリフも日本語なんですが、これって日本のアニメ??

午後にはウォルビスベイ空港からヨハネスブルク、ドーハを経由して寒い寒い東京に戻ります。お、オソロシイ。
[PR]
by nemo_2014 | 2017-12-29 16:18 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

#生中継#アフリカ旅行ラストナイト@スワコプムント

気温40度超えのナミブ砂漠から、20度のスワコプムントにやって来ました。
b0312126_02364057.jpg

昼間はビーチリゾートらしく見えるは見えるんですが、

夕方にはこんな景色に。
b0312126_02364691.jpg

寒々しい・・・。
これで真夏の海なんですよねぇ。

で、ホテルはこんなです。
b0312126_02365595.jpg

ホントにここ、アフリカなんだろうか。

毎日オリックスやダチョウがすぐそこにいた砂漠が早くも懐かしい。
町に馴染めず(寒いし)、早々にホテルの部屋に戻ってお茶をすすっている私たちです。
[PR]
by nemo_2014 | 2017-12-29 02:23 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

#生中継#ナミブ砂漠!

ようやくWi-Fiが繋がりました。
世界最凶都市から脱出し、無事にナミビアに到着しております。
b0312126_05033941.jpg

夢にまで見たナミブ砂漠にいます。
もう感動の毎日です!
[PR]
by nemo_2014 | 2017-12-28 03:05 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

#生中継#世界最凶都市ヨハネスブルクからメリークリスマス!

皆さま、どんなクリスマスをお過ごしでしょうか。

b0312126_14121866.jpg

これは猫用クリスマスケーキなのだそうです。
b0312126_14122770.jpg

しじみ氏はシッターさん宅にて素敵なクリスマスイブを過ごされた模様。

下僕らは、世界最凶都市と名高い南アフリカはヨハネスブルクにて、クリスマスを迎えております。怖いよう(笑)
b0312126_14123588.jpg

昨夜は遅くに到着したので、恐る恐る空港のスーパーに出向き、食糧を調達して、ホテルの部屋でモソモソ食べました。


もちろんヨハネスブルクはトランジットのための一泊。これから飛行機に乗って、次なる目的地に向かいます。
[PR]
by nemo_2014 | 2017-12-25 14:02 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)

#生中継#眠い猫@マサイマラ

前の手を丸めております。
b0312126_17184018.jpg

サバンナの真ん中で船をこいでました(笑)

[PR]
by nemo_2014 | 2017-12-22 17:14 | 2017_Kenya & Namibia | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
2017_Kenya & Namibia
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
カメラ
雑記
2018_HongKong
未分類

最新の記事

2017冬 ケニア・ナミビア..
at 2018-02-18 01:59
謎の物体X
at 2018-02-13 22:29
写真選定中。
at 2018-02-10 00:18
#生中継#空港・・・
at 2018-02-05 16:38
#生中継#ラストランチ!
at 2018-02-05 13:57

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

> photo-kiok..
by nemo_2014 at 23:46
しじみさん腕長いですなぁ..
by photo-kioku at 12:33
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 00:59
ひゃー!すごいプリント枚..
by photo-kioku at 08:56
> photo-kiok..
by nemo_2014 at 22:39
私はC枠で出します! ..
by photo-kioku at 15:38
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 22:45
しじみさん、その気持ちよ..
by photo-kioku at 18:57
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 18:49
わわわ!!素敵カレンダー..
by photo-kioku at 01:11

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。