カテゴリ:2016_Hong Kong(2月)( 22 )

#生中継#雨上がった(^o^)

b0312126_18053418.jpg

午後からは晴れてきました。

エクレア食べた〜。
b0312126_02083499.jpg

イマイチだった・・・( ・∇・)

[PR]
by nemo_2014 | 2016-09-20 18:02 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅11 ~YUM CHAで飲茶@中環、そして帰国。。。

◆2月22日(月)◆その2 1HKD=14.6円
これがウワサのエイリアンたちだよ!
b0312126_00320466.jpg

これを見て「あ、あの店ね」とお分かりになる方も多いことでしょう。
b0312126_00334464.jpg
店先にトラックが突っ込んでるあの店です。
b0312126_00335745.jpg
トラックの荷台にあたる場所が厨房になっているという遊び心。
b0312126_00345147.jpg
若いスタッフがキリキリ働いていましたよ。
ちなみに、トラックのナンバーは、
b0312126_00344181.jpg
もちろん YUM CHA!
というわけで、話題のスタイリッシュモダン飲茶、その名もYUM CHAの中環店に行って参りました。
b0312126_00461170.jpg
ご存知の方も多いと思うのですが、唐宮小聚(ソシアルプレイス)にいたチームが、大人の事情でお店を抜けてこちらを作ったということなんですが、大人の事情って・・・(怖)。
b0312126_00345873.jpg

店内はそれこそスタイリッシュ。このビルのテナントもお洒落なお店ばかりで、例えばFRANC FRANCなんかが入っています。
酒楼にあるような大きな円卓はなく、四角いすっきりとしたテーブルがいくつも並んでいます。結構な席数があると思うんですが、平日の昼間というのに香港人のお昼時間(1時過ぎ)には満席になる勢いでした。

で、まずはこいつらですよ。
b0312126_00320466.jpg
中にはトロットロのカスタードが入っていますので、
b0312126_00463739.jpg
あああ、失敗。ホラーになってしまった💦
広東語の記事では「嘔吐流沙包爆紅」などと煽ってます。箸で穴を開けて、口からカスタード~!という、ニッポンの厳しいお母さんに見られたら「食べ物で遊ぶなんて!」と怒られそうな楽しい飲茶です。
要はカスタードまんです。嘔吐するカスタードまん・・・(笑)
思いのほか皮が柔らかくて伸びるので、香港のふっとい箸で上手に穴を開けるには何度か練習が必要かも。
味は普通です。カスタードが少しざらついていたのが気になりました。皮は非常にキレイにキメも整っていて、美味しかったです。

もう一つの人気者がこちら。
b0312126_00462540.jpg
豚さんのチャーシュー包!
こやつらが厨房で大量に待機しているところを想像してみてください。萌え死に確実。だって、大きな蒸籠の縁から、沢山のかわゆいピンクのお耳が見えるんですよ~(≧▽≦)
これは中身のチャーシューが非常に美味でした。可愛いだけじゃなくて、本当に美味しかった。
b0312126_00470675.jpg
蒸籠チーム3点。
バラの花を象った美しい点心は、中身はなかったと思ってたんですが、調べてみたら小豆が入ってたようです。
これは見た目がキレイで食卓が華やぎますが、一度オーダーすれば満足ですな。
b0312126_00462041.jpg
工芸茶など淹れて、ゆっくりいただくのに良さそうです。

YUM CHAさんにかかれば、パイナップルケーキもこんなプレゼンですよ。
b0312126_00460005.jpg
「ボクを食べるの?」
b0312126_00460556.jpg
くうう。かわゆい。
だかしかし、食べたよ。バター(ラードなのかな?)がリッチなパイナポーケーキだったよ。

そして、ソシアルプレイス時代に話題になった龍鬚芥蘭。
b0312126_00463194.jpg
芥蘭を飾り切りしたもの。
見た目も素敵。味も間違いない美味しさ。

有色蝦餃。
b0312126_00464364.jpg
大好きエビ餃子がこんなにオシャレに。
あまりにオシャレな大きさで(つまり小さい)、食べた気がしませんでした。よってあまり印象に残らなかったんですが、普通に美味しかったんだと思います。

金四季豆
b0312126_00464988.jpg
卵黄の衣をまとった四季豆のフリッターです。
これがねー、超美味でした!
衣に何とも言えないいいお味がついていて、下戸なねもでもビールが飲みたくなりましたよ。
ただし、揚げ物なのですぐにお腹いっぱいになっちゃうのが悔しい。
b0312126_00465986.jpg
揚げ春巻き。
これは油っこかった💦
餡はお肉も野菜もしっかり詰まっていて美味しいのですが、とにかく油っこい。完食できませんでした。

あと、残念ながら品切れだったのが、Truffle Mushroom Bun。完全に見た目が椎茸な点心です。次回のお楽しみかしら。

以上、サ・お茶込で590ドル。
高いけど、食べてみたかったので満足。
お茶は玄米茶のような味で、飲茶によく合っていました。ニホンジンには嬉しい味です。
スタッフは皆さんお若いのですが、メニュー名しか書いてないオーダーシートとにらめっこしていたら、さっと写真入りメニューを持ってきてくれたり、お茶もどんどん注いでくれるし、よく気が付いてよく動きます。笑顔も爽やか。だから混んでいるというのではなく「活気のある店」という印象になるのだと思います。
大人気なのも納得のお店でした。
客層は、いわゆるヤンエグ(死語?)のビジネスランチもいるし、年配のお客さんもいるし、家族連れもいるし、当然ながら女子会もやっているという具合で、思ったよりバリエーション豊かでした。
周りのテーブルを見ると、地元っぽい皆さんは、普通のお料理を頼んでいるようでした。
デザイン点心は一度オーダーしたら十分ですもんね。

そうそう、事前に予約サイトを通してテーブルを予約したら、予約サイトからの自動返信メールとは別に、予約日の直前にお店のマネージャーさんから「当日はお待ちしてますね」とメールがやってきました。もちろん、全部のお客さんに同じメッセージを送っているのだとは思いますが、歓迎されていると実感できてやはり気分がいいものです。こういう事、小さなことですけれど大事ですね。見習わなくては💦

お腹ぱんぱんで、中環の町を少しお散歩。
坂を上って下りて。
b0312126_01292812.jpg
何屋さんだか分からなかったのですが、奥が工房になっているお店の看板にゃんこ。
b0312126_01295839.jpg
顔がちっさくて目が大きな美猫さん。
静かな雰囲気が、お店の雰囲気と良く似合っていました。きっと優しい家族に大事にしてもらっているんだろうな。

それから香港駅に戻り、エアポートエクスプレスで空港へ。
b0312126_18340323.jpg
税店をうろうろしたけれど、特に買いたいと思うものもなし。円安だったこともあるし、香港はもうお買い物天国ではありませんね。
Jo MALONEの香水なんて、日本の方が安かったという(-_-;)たったの200円ですが。

することもないのでデリフランスでカフェバニラを買ったら、41ドルもしました(T△T)
b0312126_18335122.jpg
帰りもプレミアムエコノミーで足元もシートも楽ちん♪
b0312126_18333927.jpg
帰りの方が機内食はマシだったかしら・・・そうでもなかったかしら。

お土産はこんな感じ。

b0312126_18475435.jpg
スニーカーはふと立ち寄った靴屋さんで衝動買い。めっちゃ軽くてめっちゃ安かった(笑)
陸羽のお茶の下の4つが輸入バター。これから冬に来る時にはクーラーバッグ持参で買い付けます!

香港旅行はこれにて終了。

2016年2月の香港は、12~19℃くらい。寒い日の昼間で15℃くらいでした。
モンスーンが吹いていて体感的にはもう少し寒く感じます。
ウルトラライトダウン的なダウンは必携。ヒートテックも長袖の方がよかったかも。
60年ぶりの大寒波の後ですから、特殊だったのかもしれませんが。

何度も言っちゃいますが、ホテルジェンの立地は素晴らしかったです。
MTR(香港大学駅)、トラムストップ(山道)、ミニバス(12番か13番)のどこも近い!
裏山に回れば、ショッピングモールのウエストウッドにスーパーマーケットのウエルカム(~23:00)があり、オシャレなカフェが点在。
ホテル前の皇后大道西沿いには地元のお客さんで込み合う食堂があり、お隣の堅尼地城にもオシャレ系からローカルなお店まで沢山のレストランやカフェがあります。
どこに行くにも近いし、尖沙咀や銅鑼湾みたいに混んでないから歩きやすいし、香港迷さん達が絶賛するわけがよ~く分かりました。
次回もこのあたりに泊まりたいなあ。

次回はいつかなあ、マチルダさーん(笑)

[PR]
by nemo_2014 | 2016-05-05 18:57 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅10 ~卓記でお粥、期間限定の観覧車に乗る!

◆2月22日(月)◆ 1HKD=14.6円
b0312126_22530364.jpg
香港旅行も最終日を迎えました。
外は真っ白、もやだか霧だか知りませんが、対岸が全然見えませぬ。
b0312126_22535739.jpg
帰りのキャセイは16:20発です。
ちゃっちゃと動いて、残り時間をたっぷり楽しむぞう!

というわけで、またしてもトラムでGO!
b0312126_22561229.jpg
あっという間に堅尼地城に到着。
やー、この機動性の高さ♥もう尖沙咀とか銅鑼湾とか泊まれないかもしれない。
b0312126_22593307.jpg
卓記さんで朝粥です。
見よ、この良心的なお値段。
b0312126_23001984.jpg
柴魚花生粥17ドルをいただきました。
b0312126_23002457.jpg
なみなみ♥
士美非路街市の熟食中心にあるお粥屋さんなので、なんとも騒々しいというか活気がある店先なんですが、お粥はスーパーうまいです。
ふわっふわとトロトロの中間ぐらいのお粥で、お魚の出汁とピーナッツのこっくりした味がよく合っていて、最後までレンゲが止まりませんでした。
朝ごはんの後は、昨日パンを食べた祥香茶餐廳で、持ち帰りパンを購入。
b0312126_23284383.jpg
売り子のおばちゃんは広東語オンリーでしたが、なんとか買えました。2個で8ドル。
日本まで持って帰ったら見事につぶれましたが、
b0312126_00094424.jpg
やっぱり美味しかったです。パイナップルパンも好みの味でした。

そしてまたトラムで戻り、
b0312126_23183986.jpg
部屋でホテルプレゼンツのフルーツをいただいて、ひと休み。
b0312126_23425750.jpg
ホテルの紹介記事にも書いたとおり、チェックアウトの後からが圧巻でした。
サクサクっとチェックアウトして、10:30のホテルのシャトルバスでエアポートエクスプレスの香港駅へ。この間10分弱。
b0312126_23284801.jpg
エアポートエクスプレスのチケットを買って、インタウンチェックインして、改札を出てもまだ10:57(゚д゚)!
ホテル出てから全部終わるまで、たったの27分!
尖沙咀のホテルだったら、まだぐるぐる市内を回ってるとこだったんじゃなかろうか。
すごいよホテルジェン。えらいよ香港。

身軽になった私たち、ランチまで間があるからスターフェリーにでも乗ろうと思って歩いて行ったら、見つけちゃいました。
b0312126_22530364.jpg
期間限定の観覧車、「中環海濱巨型摩天輪」
場所はセントラルのスターフェリー9番乗り場前の広場です。
高さは20階建てビル相当の約60メートル。政府から3年限定で借りている土地なんだそうです。オープンが遅れて遅れて去年の12月だったそうなので、あとどれくらい借りられるんでしょうかね。
搭乗時間は1回約15~20分で、2周か3周するらしい。この辺のアバウトさがいい感じです(褒めてます)
料金は大人HK$100、結構高い(◎_◎;)
スターフェリーなんて、土日の2階席でも3ドルちょっとだよ!

しかし、なんだかんだ言って、こういうのに弱い私たちでございます。
b0312126_23362202.jpg
乗っちゃうもの(爆)
b0312126_23374414.jpg
天気が良くなかったせいか、すでにホンコンヤンは飽きたのか、乗り場も観覧車自体もガラガラでした。スタッフの子たちも暇そうでした。
b0312126_23370394.jpg
観覧車自体はどうということもありませんが、セントラルのビル群をこうして眺められるのは貴重。
シンフォニーオブライツの時間に乗ったら盛り上がりそうですね~。
b0312126_23370852.jpg
海はもやっておりますね~。

で、観覧車よりも貴重ではないかと思われるのが、期間限定で営業していた遊園地の取り壊し風景。
b0312126_23372770.jpg
遊園地を取り壊すところって、そうは見られないですよね。
割合乱暴に壊してました(笑)
b0312126_23371592.jpg
この時は空いていたからか、3周、15分も乗せてもらえました。
ロンドンアイに乗った時も思ったんですが、観覧車は長く乗っていると飽きます(笑)
「もうちょっと乗りたかった」と思っているぐらいが丁度いいのかもしれません。

次に行った時にまだあったら、ネオンビッカビカな夜に乗るか、夜のスターフェリーから眺めるかしたいと思います。
うん、スターフェリーから眺める方が良さそうだ。

ところで、中環海濱巨型摩天輪のチケットはなかなか素敵です。
b0312126_00053394.jpg
観光客のツボをカンペキに押さえておりますね。
大事に取っておこうっと。

観覧車で期間限定の眺めを楽しんだ後は、この旅最後のランチでございます。
わざわざ日本から予約していきましたよ~。


[PR]
by nemo_2014 | 2016-05-03 00:14 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅9 ~茶。家 IIでひと休み、CAFE Malaccaでシンガポール&マレーシア料理

◆2月21日(日)◆その3 1HKD=14.6円
トラムで香港大学駅近くに戻り、只今大人気のティーハウスを覗いてみました。
b0312126_23183449.jpg
水色のティーポット形の看板がかわゆいですねん。
素敵な女性オーナーが開いたオシャレカフェの2号店で、こだわりのお茶と手作りのお菓子がいただけます。
店内はほぼ満席。場所柄か若い人でいっぱいでした(なので写真撮れず💦)クリーンで明るいちょっと北欧っぽいインテリアのお店で、パソコンを開いている人、ガールズトークで盛り上がっている子たち、ヘッドフォンをして勉強をしている人などなど、全体には賑やかめに皆さん楽しんでいました。
私たちは運よく入れ替わりでカウンター席に座ることが出来ましたが、この寒いのに外席で頑張っている人たちもいるくらいの人気でした。
b0312126_23190135.jpg
鴛鴦茶をオーダーしたかったのですが、今日はもう品切れとのことで、私はマサラチャイを、マチルダはキームンローズティーをオーダー。
マサラチャイは、甘さ控えめでスパイスが効いていてとても温まりました。アイスでいただいても絶対に美味しいと思います。
キャセイの香港スタイルの記事によると、マサラチャイはお店のシグニチャー的存在で、アッサムティーに、生姜、カルダモン、フェンネル、シナモン、薔薇の花びらを毎朝煮込んで作るというスパイスのスープベースを加えて作られるのだそうです。
ひゃー、そんなにいろいろ入ってたなんて分からない舌でごめんなさい💦

お手製のケーキもいただきたかったのですが、オーナーさんおススメのドロップスコーンをいただきました。
b0312126_23190663.jpg
かわゆい。
熱々で出てきましたよ。これはイチジク入り。他に何種類かあって選ぶことができます。
お茶とセットでスコーンが半額になります(20ドル→10ドル)
二人でサ込146ドルと、なかなか良いお値段ではありますが、新しいけれどもイマドキ過ぎない、落ち着くお店でまったりできるのは嬉しい。これもまたこのエリアの醍醐味です。
また近くに来ることがあったら、ぜひぜひ寄りたいお店になりました。

ホテルに戻ったら、なんとなんと、冷蔵庫の中にホテルからのプレゼントが!
b0312126_23425750.jpg
連泊したからかしら。
こういうことは全く期待していなかったので、とっても嬉しい。お腹いっぱいだったけど(笑)
少し部屋で休んでから、近所を散策してみました。
ウエストウッドのウェルカムでは、東京でお留守番をしているしじみさんにウォルサムのTemptationというすごい名前のおやつをゲット。
Ottoには亀ゼリーを購入(うちは二人とも亀ゼリーファンなのです)
町中をぷらぷらしてみたら、そこここに魅力的な飲食店があるじゃないですか。
すごい人気の土鍋ご飯の食堂や、蛇スープ屋、テイクアウトのおかず屋さんなどなど。ホテルのレストランを予約しちゃっていたので寄れませんでしたが、どローカルでもなく入りやすそうなお店がいくつもありました。残念。

というわけで、ホテルに戻り、ディナーでございます。本日は食べてばかりでございますね。
b0312126_23194356.jpg
朝食会場にもなっているCAFE Malacca
ミシュランガイド2014、2015で、ビブグルマンとして推されているのだそうです。
スタッフは若い人ばかりで元気でとっても感じがいいです。日本語ワカルヨ的な会話もあったりして、本当に楽しい雰囲気です。
寒いからか、オーダーしたドリンクの他に白湯を出してくれたのが嬉しい♪

気になるお料理は、シンガポール&マレーシア料理ということで、こんなものをオーダーしてみました。
Rojak
b0312126_23193265.jpg
ひっじょーに不思議な味のサラダ?でした。
フルーツを深煎りした八丁味噌で和えた感じとでも言いましょうか、なんともクセのある香りとともに摩訶不思議な味わいの一皿でした。
懐かしい人はとっても懐かしいんだろうなあ。
和食で言ったら、納豆とかなめろうとかクサヤとか、かちょっぴりディープな味わいのあるものが当たるかな。
私たちには少々ローカル過ぎるお味でした。

Satay Chicken
b0312126_23194990.jpg
ピーナッツソースは悪くないのですが、サテー自体が脂っこいのが残念。

Nasi Lemak
b0312126_23195333.jpg
普通に美味しかったけど、クリスピーチキンがヘビーでした。
飢え死に寸前くらいにお腹が空いていないと完食は無理。

Assam Laksa
b0312126_23195936.jpg
マチルダがオーダー。これはさっぱりしていて美味しかったそうですよ。

最初の写真のドリンクは、黒っぽいのがChin Chow、緑のがLemongrass Drink。
Chin Chowは仙草ゼリーのドリンクで、ゼリーが水に入ってるだけのものでした。シロップをくれたけど、これは飲み物ではないでしょう。面白かったからいいけど。

以上、サ込で2人で462ドル。
味はイマイチ合いませんでしたが、これは好みの問題のような気がします。
好きな人は大好きなんじゃないでしょうか。
いろいろ面白いものが食べられて、お勉強になりました。

さて、香港旅行も明日で最終日。
期間限定の眺めを堪能してきましたよ~。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-04-25 22:22 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(3)

2016冬 香港の旅8 ~SOHOFAMA@PMQ、IFCでバターを鬼買い

◆2月21日(日)◆その2 1HKD=14.6円
地下鉄で上環に向かい、またしても坂を登ります。今更なんですが、香港島は坂ばっかりですねえ。
b0312126_00560280.jpg
途中でこんなかわゆいお正月飾り(なのかな?)を発見。
色合いもデザインもラブリー♥
上環、中環あたりの坂の傾斜はかなりのものだと思うのですが、それは私が年を取ったからなのでしょうか。
いやー、きついきつい。
上環の駅を出てから20分弱。延々を坂道を登って辿り着いたのはこちら。
b0312126_23150382.jpg
サインがオシャレ過ぎて見えませんね(笑)
2014年にオープンした、PMQ元創方(ピーエムキュー)です。
1941年に建設されたPolice Married Quarter(警察官家族寮)を大改修して、香港の若手デザイナーのショップやイベントスペース、こだわりのレストランや大手ブランドも入った「クリエイティブスポット」なのだそうです。
b0312126_23161774.jpg
ここのイベントスペースで知り合いが個展を開いていたのでPMQ見学も兼ねて見に行ってみました。
オープン当初はどのレストランやショップにも人が押し寄せてなかなか入れなかったそうですが、そこは移り変わりの激しい香港、すっかり落ち着いていました。家族寮だったころの区画そのままを生かして、小さなショップがちょこまか入っているので、人ごみを気にせずぷらぷら見て回れたのは楽しかったです。でも、日曜日にあんなに人がいなくて大丈夫かなあ。イベントがなかったからかなあ。

知り合いの個展は、アートな雑貨屋さんの奥の真っ白なスペースで開催されていました。
b0312126_23163113.jpg
中は写真撮影禁止だったので、お店の外観だけこっそりと。
始めてみる彼女のアートは、彼女の見た目そのままの可愛らしさが炸裂していました。
キュートでちょっぴりブラックかつユーモラス。
色使いがラデュレのマカロンみたいでとにかく可愛い♥♥♥
あまりの可愛さに、しじみさんみたいな白黒猫が描かれた小さな原画をお買い上げしちゃいました。
b0312126_01242196.jpg
初の個展ということで、これから羽ばたいていく彼女への応援という意味もありますが、とにかくとにかく可愛らしくて手元に置きたかったのです。ただ今、どう額装しようか検討中です♪

さて、いろいろ歩き回ればお腹も空いてまいります(笑)
b0312126_23165213.jpg
香港きっての人気雑貨屋G.O.DとコラボしたオーガニックレストランSOHOFAMAに入ってみました。
こだわりの内装は、インダルトリアルなコンクリ打ちっぱなしの壁だったり、そこに緑を合わせてオーガニックなイメージを作ったり、棚にスパイスを並べて田舎風レストランの雰囲気を醸し出したりと、なかなか面白いことになっていました。外のテラス席が気持ちよさそうでしたが、この日は寒かったので中へ。
b0312126_23165847.jpg
素敵ですが、席も席間も狭いです。茶餐廳と思えばなんてことないですけど。
この席はお店の一番奥だったかと思うのですが、近くに厨房のドアがあって、スタッフがそこを出入りするたびにものすごい空調の音がしてました。巨大なエスプレッソマシンが噴いてるような音といいますか、結構気になる音でした。あれ、構造上仕方ないのかもしれませんが、なんとかした方がいいと思うんだけどなあ。お隣に来たお客さんは早々に出て行ってしまいましたよ。(席が狭かったせいかもしれませんが)

肝心のお料理ですが、
b0312126_23170464.jpg
見るからに美味しそうな麻婆豆腐じゃありませんか?
えらいうまかったっす!(≧▽≦)
花椒の香りも華やかで、こだわっているだけあってひき肉もぎゅっとしっかりしていて美味しい。麻婆豆腐のひき肉が水っぽくてゆるいと、とてつもなくまずいですもんねえ。
b0312126_23171021.jpg
セロリの前菜。
しゃっきりしたセロリ、人参、キノコがたっぷり。味はしっかりめでしたが、野菜の歯ごたえがよくて爽やかでした。
b0312126_23171546.jpg
季節の野菜炒め。
ニンニク炒めにしてもらいました。こちらは味がやさしめながら、しっかりとお出汁の味が効いていてとーっても美味しかったです。
白飯も上手に炊けていて、麻婆豆腐に合う合う。
ベジタリアン対応もしてくれるので、今度はお肉なしの麻婆豆腐にもチャレンジしてみたいな。
ランチ2人で341ドルは安くはありませんが、美味しかったので良しとします。野菜が食べたくなったら絶対行く。デザートも食べてみたいし。若いスタッフばかりでしたが、皆さん気持ちよく、きびきびと働いていました。活気があるお店は、それだけでお料理も美味しくなるというものですよね!ね!

再びお腹いっぱいな私たちは、歩いて中環へ。
b0312126_23172860.jpg
ここにはいつも日曜に来ているような気がする。いつもお休みの玉葉甜品。
まだ営業しているのかな。
b0312126_23175640.jpg
お正月飾りの赤が、どんよりした空にいいアクセントになってくれました。
上環から中環への坂道は、まだ古い香港の面影も少し残っています。
昨日亀ゼリーをいただいた公利の古い店舗、新しいチョコレートショップ、見るたび値上げしているエッグタルト屋などなど、新旧が交差していて見ているだけでも楽しい。

次の目的地はIFCモールのシティスーパーです。
ここでフランスからの輸入バターを鬼買い。
ご存知のとおり、香港はフリーポートですので、関税の高い輸入品はお得です。香港迷さんたちがこぞって仕入れておられました。
今まで全然気づきませんでした。
冬でないととてもじゃないけど持って帰れないので、この時期のみの限定自分土産です。
クーラーバッグとジップロック、念のため保冷材があれば心強いです。
LE GAL CRU、LE GAL mini、エシレ、PAYSANのゲランドの塩入りバターをゲット。
もしかして世界一美味しいかもしれないイズニーのバターも欲しかったのですが、無塩しかなくて断念。
ワタクシ、バターに含まれる塩分をこの上なく愛しているので、無塩バターにはまったく興味ありません。
籠入りエシレが250gで69ドルですから1,000円ちょっと。それでも十分高いですが、日本で買うと2,000円くらいしますからね。
この後、香港セレブがお買いものするという金鐘のパシフィックプレイスにあるGREATというスーパーにも行ってみましたが、品揃えはシティスーパーの方が断然良かったです。

たっぷりお買いものをした私たち、トラムでホテル近くに戻りました。
次なる目的地は、新たな人気店です。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-04-24 22:47 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅7 ~トラムでGO! 堅尼地城から香港大学へ

◆2月21日(日)◆ 1HKD=14.6円
b0312126_23112768.jpg
二日目の朝は、どす曇り(T△T)
b0312126_23104371.jpg
ヴィクトリアハーバーがもやもやっておりました。

またパンケーキマシンでパンケーキ焼いて、
b0312126_23233076.jpg
さっと食べてお出かけ。
今日は香港大学駅より西方面へ向かいます。
b0312126_23112117.jpg
今回の旅ご愛用のトラムに乗りまして、堅尼地城(ケネディタウン)に向かいました。
トラムは海沿いをゴトゴト走ります。立ち並ぶ小さな工場、公園で太極拳をやっている皆さん、建築中のプール施設など眺めていると、トラムは不意に停まりました。ぼんやり座っていると、運転手さんが「終点だよ!」と教えてくれました。
b0312126_23300661.jpg
中環や銅鑼湾あたりで見かけていた堅尼地城行きのトラムの最終ストップは、ただの通りでした。ターミナル的なものを想像していたのですが、それはまた別の場所にあるのかな。

ガイドブックで目を付けていた茶餐廳で二度目の朝ごはんです。
b0312126_23114167.jpg
祥香茶餐廳
1967年創業。焼き立てパンが地元のお客さんに人気だそう。店先のショーケースには奥の厨房からバットごと出された焼き立てパンががんがん出されております。そこへお客さんが次から次へとやってきて、手前のお姉さまが手前の白いポリ袋に焼き立ても構わずぽんぽん放り込んでいきます。ブーランジェリーなどというオシャレなシロモノではありません。形がつぶれるとか崩れるとか気にしている場合ではありません(笑)
店内もお客さんでいっぱい。タイミングよく空いたくボックスシートに座れました。
b0312126_23114530.jpg
一番人気の蓮蓉雛尾飽をいただきます!お飲み物はもちろん熱奶茶(ミルクティー)で。
普通の雛尾飽の中身はココナツ入りカスタード餡なのですが、こちらは名前の通り蓮餡なのです。
蓮餡は優しい甘さで、伝統的月餅が好きな私たちにはたまらん美味しさ♥
パンも素朴ながら、香港にしては甘すぎないしっかりめの生地。なにしろ焼き立てなので美味しいに決まっております。いやー、これは好きだ!
19ドルの大満足朝ごはんでした。

二度の朝ごはんをいただいたからには、燃焼させねばなりませぬ。
ということで、お散歩です。
b0312126_23121341.jpg
科士街にあるストーンウォールツリーズ。
b0312126_23590447.jpg
樹齢100年を超える榕樹の根っこが石壁に貼りついているのが見られます。
アユタヤとかアンコールワットみたいなイメージ。樹冠からは小鳥の囀りが聞こえて、なんとも気持ちのいい道です。
キレイに枝を伸ばした木々の反対側はアパートが立ち並んでいます。
b0312126_23132722.jpg
オシャレなお店がちらほら入っていました。
町中にもオシャレなカフェやレストランがチラチラありました。MTRが延伸されて町が変わっている途中なのかもしれないですね。
MTRの駅の近くでこんな一団を発見。
b0312126_23133361.jpg
トラックの中、見えるでしょうか。
獅子舞の獅子の頭が山積みになっています。これからイベントがあるのかな。
見たかったけれど、まさにこれから準備を始める様だったのでお散歩を続けることにしました。
地図を見ると、山側を伝っていくと香港大学に行けるみたい。
まずはこんな階段を登ります。
b0312126_23134957.jpg
ひとしきり登って振り返ると、なんとも香港らしい風情のある眺め。
b0312126_23140368.jpg
今日はもやってますが、視線の先に見えるのは海です。
さらに登っていきますよー!
b0312126_23141504.jpg
登って登って、
b0312126_23142108.jpg
息があがりそうになりながら白い螺旋階段を登ると、薄扶林道に出ます。
そこからは緩やかに下りながら香港大学の前に出ます。
b0312126_23143889.jpg
一旦林道から香港大学駅に入って、エレベーターで上がって構内に入ります。
b0312126_23145435.jpg
香港大学(HKU)
卒業生には孫文も名を連ねる香港の最高学府です。龍虎山の中腹に研究室や講堂、食堂から学生寮までみっしり建てられています。創立記念日(3月16日)が近かったせいか、大学の歴史を物語る写真パネルなどがあちこちに展示されていて興味深かったです。アジアの近現代史を振り返ってみたり、すっかり忘れていることに今さら驚愕してみたり。←世界史専攻でした(-_-;)
いかにも賢そうな学生が、分厚い本を抱えて歩いているのを見かけました。図書館にも沢山の学生がいるようでした。日曜なのにお勉強するなんて偉いなあ。授業厳しいんだろうなあ。

構内にはショップはレストランもあって、何かお買いものをしてもよかったんですが、日曜日とあって閑散としていましたし、、何しろ山の上なので風が強い!そして寒い!!
今年の香港、マジ寒い!
ということで、愚民たちはお山を下りて、次なる目的地に向かいます。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-04-24 00:39 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅6 ~タイムズスクエアでdragon & lionに会う&夏宮で豪華ディナー?

◆2月20日(土)◆その3 1HKD=14.6円
湾仔から銅鑼湾に歩いて戻ってきた私たち。
久々にタイムズスクエアに行ってみたら、
b0312126_18523676.jpg
まだまだお正月気分でした。
なんだか楽しそうなので中に入ってみることにします。

お!これは火龍では?
b0312126_18530044.jpg
おおおっ。
b0312126_18531126.jpg
ふわふわほわほわのチャイニーズライオンたち(*´▽`*)
この色彩感覚はすごい。
バックの壁の赤が、とってもシックで効果的でした。
b0312126_18531610.jpg
ねものお気に入り配色ライオン。カッコいい色使いですよねえ。
おでこから鼻筋についてるポンポンが可愛い。何を表しているんでしょうか。

リアルタイム記事でもアップしましたが、タイムズスクエアでは旧正月のイベント「龍獅盛宴」The blessing of dragon & lion exhibitionが開催されていました。特設会場が作られていて、たくさんのdragon&lionが展示されていました。
ライオンと言われると、ついつい、
b0312126_01325843.jpg
・・・かわゆい💛 画像お借りしています。
こっちのライオンちゃんを想像してしまうねもです。獅子と言われるとサバンナは思い浮かばないんですよねえ。
虎=タイガーはしっくりくるんだけどなあ。タイガースのおかげ?

特設会場の中にはそれこそ沢山の展示があって、それぞれ説明プレートがついていました。イベントで獅子舞を見ることは多いですが、こんなに近くでじっくり見られることはないですもんね。遠くから見ていても思っていましたが、やっぱりチャイニーズライオンたちはふわふわがいっぱいでキュートです。
その中でもねものお気に入りはこちら。
b0312126_18532044.jpg
鼻毛がキュート過ぎ❤
お気に入りなのに名前を失念したのですが、このライオンさんは、お金をもたらしてくれるばかりか、キープまでしてくれるんだそう。
我が家に必需であります。キリッ。

銅鑼湾では他に、イケアに行って日本でも売ってるような雑貨を買ったり、お茶を買ったりしましたが、ライオンたちを見てるのが一番楽しかったです。
お茶を買ったのは、三思堂さん。香港ナビやオールアバウトでも紹介されている日本語対応な茶荘です。お茶の味見もさせていただけます。場所柄お値段は高め。パッケージもお茶の種類にもよりますが、30~50gぐらいのものが主流です。
いつも行く(と言いながら最近行ってないな)九龍城のお茶屋さんだと結局いろいろ1キロぐらい買って1,000ドル弱散財してしまうのですが、そこまでの情熱は湧きませんでした。やっぱり、どデカい錫製の茶筒がずらりと並んでいて、いくらでも葉っぱを見せてくれるお店の方が私は選びやすいです。次に行ったら絶対寄ろうっと。

銅鑼湾からは地下鉄で香港大学駅に戻り、西寶城(ウエストウッド)に入っているスーパーのウェルカムに寄ってお買い物。
b0312126_01213385.jpg
ここのウェルカムは広くて滾りました!
b0312126_01220340.jpg
陸羽のお茶やチューブ入りオイスターソースを購入。
帰りは少し歩いてみようかなんて歩いてみたら、何のことはない、ホテルのすぐ裏でした。どこまで便利なんだ、ホテルジェンよ。九龍側のウェルカムを探すのは結構大変なのだよ。
ウエストウッドからホテルに戻る道沿いには超オシャレなカフェやレストランも。セレブな秀才が集っているのかしら。

一旦ホテルに荷物を置いて、再び地下鉄で金鐘へ。
b0312126_01252342.jpg
パシフィックプレイスの旧正月のデコレーション。
やはりといいますか、金鐘は落ち着いていますね。デコレーションもシックで素敵です。
今日はは奮発ディナーの日。アイランドシャングリラホテルの夏宮さんへ初入店です。
b0312126_01264485.jpg
今回何かとシャングリラ繋がり。カオルーンシャングリラの香宮には以前行ったことがあるので、両方制覇です!
香宮は朱赤と金ぴかなザッツ重厚中華なレストランでしたが、こちらはその名の通り夏の離宮といった感じでもう少し素軽い。素敵な六角堂的インテリアが店の面積を圧迫しておりまして、席が少々狭かったです。し・か・も!日本から予約していったのに、通路みたいな席でした。全然混んでなかったのに。

一抹の不安を覚えつつ、いくつかのオーダーをいたします。
b0312126_01291536.jpg
大根の漬物と、湯葉の何たら。レシートの料理の名前が英語のため、今一つ味の再現に至りませぬ。
b0312126_23533225.jpg
大好き四季豆の炒めもの。
料理はどれも美味しかったですよ~。

というぬるいレポートをしているのは(しかも写真ブレてる)、とにかくホールスタッフがびっくりするぐらいイマイチだったから(゚д゚)!
お茶は冷めてるし、サービスしてくれたスタッフは黒服だったからちょっと偉いんでしょうけどこれがまあ笑顔の一つもない。別にニタニタ笑わなくてもいいけど、仏頂面をすることもないでしょうよ。そしてサービスがスーパー雑。町中の茶餐廳なら何ら気にしませんが、ここはホテルだべさ。サービス10%取られるわけなんすよ。超混んでる茶餐廳でもあれほど感じの悪い対応を受けたことはないぞよ。
我々が日本人だからかとも思ったんですが、他のスタッフも同じで全然笑わないし、他のお客さんがまだ隣の席で食事している横でクロスをひっくり返して明日の用意ですよ。
ホールスタッフの給料が安いのかなあとか思ってしまいましたよ。
これでミシュラン二つ星とは、調査員はよっぽどチップでもはずんだんでしょうか。
料理が美味しいのに勿体ない。
前回のインターコンチの欣圖軒は真逆で、ホールはすんごい素晴らしかったのに、料理がイマイチ攻め切れてない感たっぷり。
どちらも今後行くことはないと思います。

ちなみに、お料理6品(野菜料理中心)、楊枝甘露をオーダーして、お茶サービスが入って二人で1,171.50ドルでした。
やっぱりやっぱりランガムの唐閣に行くべきだったわーーー(T△T)

失意のマチルダとねも、腹ごなしにホテル近辺を散歩して帰りましたとさ。とほー。
b0312126_00095624.jpg
明日は美味しい物食べられるかな♪

[PR]
by nemo_2014 | 2016-04-17 00:21 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅5 ~トラムでGO! 石塘咀から銅鑼湾へ

b0312126_18530044.jpg
年度末の繁忙と桜で少々間が空いてしまいましたが、香港旅行記を再開いたしましょう。
前回は、2日目の朝、ホテルで朝ごはんを食べたところで終わっていました。

◆2月20日(土)◆その2 1HKD=14.6円
それでは、石塘咀ターミナルからトラムに乗ってお出かけしましょう。
b0312126_23212500.jpg
久々にトラムに乗ってみたら、中がキレイになっていました。
b0312126_23213874.jpg
古き良き木のベンチが磨き直されたような感じに。
中はキレイになっても、ゴトゴトガタンと左右上下に揺れるのは変わりません。油断して笑ってると舌噛みますから(笑)
この日最初に向かったのはこちら。
b0312126_23215265.jpg
ちょっと暗くなってしまいました💦
上環の急庇利街です。トラムが干諾道中から上環駅のある徳輔道中に向かって曲がるところです。
ここに来たということは、両替でございますよ。
b0312126_23220152.jpg
おっと、「牛」の字に何らかのポールが被ってしまってますね(◎_◎;)
我々の目的地は牛記さん。多くの香港迷さんのブログで「香港島側の両替所だったらここ」との情報を得て、参上いたしました。
ねもとマチルダは今回が急庇利街デビューです。九龍側に泊まることが多いので、いつもは重慶大厦のパシフィックエクスチェンジに行っていたのです。
急庇利街には、沢山の両替所が軒を連ねていました。
b0312126_23322586.jpg
一応各店のレートをチェックしたところ、やっぱり牛記が一番良かった!
日本円は0.0685ということですから、1HKD=約14.6円。むー。11円時代が懐かしいですなあ。
場所は急庇利街の海寄り。正確な住所が分からないのですが、急庇利街は短い通りだし、この通りの中では一番人気らしく、いつも人がいるのですぐに分かります。

両替をした後は、またトラムに乗って湾仔へ。
b0312126_18504813.jpg
公利
荘士敦道113號6B舗
老舗の涼茶店で、店内で絞っているサトウキビジュースが人気。たいていのガイドブックには載っていると思われます。
b0312126_18505385.jpg
レトロな店内は、写真にすると実際の見た目よりキュートになりますね(笑)
私たちは、亀ゼリーをいただきますです。34ドルなので、海天堂よりはお安い。量が違うのかも。でも、たーっぷり入っています。
何しろ容器の縁ギリギリまでゼリーが入ってますので、不用意にスプーンで押すと焦げ茶色の液体が飛び散ります。
海天堂より苦味が感じられて、少し柔らかめかな。さすがと言うべきでしょうが、サトウキビシロップが美味しいです!
細長い店内に、イートインコーナーは申し訳程度にちょこっとあるだけ。外の喧騒を聞きつつ、どんどんやってきてテイクアウトしていく地元のお客さんを眺めつつ、と、香港らしい雰囲気を味わえます。

たっぷり亀ゼリーを充填した私たち、再びトラムに乗って、銅鑼湾へ。
ちょっと前にオープンして人気だというハイサン・プレイスに行ってみました。
誠品書店が3フロアを占めるハイサン・プレイス、書店には素敵な雑貨もあるのですが台湾同様お高いし、フードコートは混んでいて、それでもなおチャレンジしてみたいお店もなく、早々に退散してしまいました。あ、トイレがキレイでしたよ~✨

この日の夕食は豪華ディナーの予定だったので、早めに軽いランチをしたかった私たち。
またまたトラムに乗って湾仔へ。
b0312126_18511811.jpg
靠得住
克街7號地下
老舗のお粥屋さんで、英語名はcongee king(笑)大きく出てるな!
b0312126_18513117.jpg
儲かってるんでしょうな~。店内はすっかりモダンに改装されておりました。
b0312126_18514875.jpg
写真がイマイチですが、エビと鶏肉のお粥と油菜です。2人で160.60ドル。
なんて強気。サービス料10%まで取られるのに、お茶も出ません!
しかし、お粥は美味しかった・・・悔しいけどこの辺さすがね。
羅富記のフワフワクリーミーなお粥と違い、さっぱりめでお米の粒も少し残っているお粥でした。化学調味料不使用の魚ベースのお出汁が上品でとーっても美味しかったです。悔しいけどまた行くと思うわ。

お粥を食べた後は腹ごなしに歩いて(笑)、銅鑼湾へ。
腹ごなしをしたわけは、やはり食後のデザートをいただきに。
b0312126_18520133.jpg
我らが松記糖水
銅鑼灣堅拿道西15號永德大廈地下G4&G5舖
湾仔と銅鑼湾の間、打小人がいる堅拿道西を山側に歩いて行くと右側にあります。
佐敦のお店にしか行ったことがなかったので、銅鑼湾店はお初です。
b0312126_18521387.jpg
なんだか幼稚園的なラブリーさのある店内。あんまり美味しいデザート屋さんぽくないんですけどね。
席間が超詰まっているのも佐敦店と似ています。
b0312126_18522700.jpg
哈囉(ハロー)45ドル。
松記と言えばハローを食べちゃう私たち。
芋やら豆やらをぜんざい風に煮込んだものにバジルシードを載せて、マンゴピューレとエバミルクをかけたもの。何も言わなかったら、アイスが乗ってきました。
伝統的な味とマンゴが不思議に合うんですよね~。んー、やっぱり美味しい♪
今回のは全体に量が少な目でした。アイスはいらないから、量を増やしてほしいわ。佐敦店はどうなんだろう。
他のメニューを見ると、銅鑼湾という場所柄か、アイスやパイを使った西洋風デザートが多い印象でした。
ここの伝統系のデザート、三色湯圓とか、 六寶湯圓とかのお団子系は秀逸です。ついハローを食べてしまうのでなかなか湯圓に行きつかないのですが、あー、また食べたくなってきたー。

さーてお腹も満足したし、次はどこへ行きましょうか。
長くなったので、続きは次の記事で。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-04-10 16:21 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅4 ~「生命物」とホテルジェンの朝食

◆2月20日(土)◆曇り時々晴れ
少々お寝坊をしまして、お仕度を整え、まずは外出いたします。
香港迷さん達に絶大な人気を誇るこちらへ。
b0312126_22430854.jpg
ターゲットは新峯茶荘ではなくて、「生命物」の方。茶荘も気になりますねん。
こちらは旧店舗。すでにシャッターが下りていまして、移転のご案内が貼られておりました。
b0312126_22431492.jpg
たったの30秒先に移転されておりました。
b0312126_22431939.jpg
ローカルなパン屋さんでございます。なんで「生命物」なんでしょうか。あんまり美味しそうな名前じゃないと思うんだけど。
新店舗はピカピカですが、
b0312126_22432319.jpg
パンを焼くバットは使い込まれたもの。そのまんま並んでいます。オシャレな籠などに盛り付けたりはしません。
自分で選ぶスタイルなのかと思いきや、スタッフ~のおばちゃんが「どれにすんの?」「これね、はいよ」とどでかいトングでパンをはさみ、無造作に袋に投げ込んでくださいます。
菠蘿飽(パイナップルパン)3.5ドル。
パンは、今どきブーランジェリー的なお洒落ハードパンではなく、懐かしの柔らか香港パン。焼き立てふにゃふにゃです。
次々にお客さんがやってきて、食パンが飛ぶように売れていました。

徒歩1分ほどでホテルに戻ります。
b0312126_22400444.jpg
今回はせっかくの朝食付きですので、ホテルのレストランに向かいます。
b0312126_23070625.jpg
北欧風インテリアなのかな。白木のテーブルと椅子がゆったり配されていて、シンプルでクリーンな雰囲気。
カフェマラッカという名前から受けるイメージとはちょっと違いますね。お店の端っこにはソファ席などもあって、コペンハーゲンなんかにありそうなモダンカフェという感じです。
写真の奥がビュッフェコーナーになっていました。

b0312126_22400863.jpg
口コミどおり、なかなか品揃えが良かったです。洋食も中華もあり。お野菜が沢山あるのは嬉しいですね。
中でも面白かったのはこれ。
b0312126_22405469.jpg
パンケーキ製作マシン。
わたくし、初めて見ました\(◎o◎)/!
黄色いボタンをぐいっと押すと、
b0312126_22410836.jpg
ちょっと分かりにくいですかね。
機械の上の方から、生地がぶにゅっと押しだされます。
そしてベルトコンベヤーに乗って運ばれている間に、
b0312126_22411361.jpg
このように焼き上がって、お皿にぽんでございます。
へええええ~~~~。感心しちゃったよー。
b0312126_23063567.jpg
形はこんな(笑)
まあね、機械で押し出すだけですからね。
で、肝心のお味なんですが、なにしろ焼き立てなのでこれが美味しいんですよ。
ややチープな味ながら、ふわっふわで軽くて食べやすいんです。
上手に焼かれていても、ビュッフェ台で冷えてしまっているパンケーキより断然良いです。
大変気に入ったので、翌日もいただいてしまいました。

そして、こちらでこっそり(?)「生命物」で購入したパイナップルパンをいただきました。
お味は、うーーーん、普通?だからと言うわけではないのですが、写真がないのです。
香港のパイナップルパンは、日本でいうメロンパンなのですが、生地がふにゃふにゃなので、齧りつくと頭のクッキー状になった部分がボロボロ落ちるんです。お上品に千切ったりしたら全壊を免れません。
まあそれはいいんですけど、味はごくごく普通でした。甘いだけの菓子パンという感じ。
そんなに絶賛されるほどではなかったかなあ・・・期待が大き過ぎたかしら。

ゆっくり朝食を楽しんだら、いよいよトラムに乗ってお出かけです。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-03-21 22:36 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)

2016冬 香港の旅3 ~Hotel Jen Hong Kong

今回のお宿は、
b0312126_22331072.jpg
Hotel Jen Hong Kong(香港今旅酒店)
香港西環皇后大道西508號
日本語サイトあります。日本語ちょっぴり変ですが(笑)
b0312126_22333416.jpg
シャングリ・ラホテルで有名なゴールデンサークルのカジュアルラインのホテルです。
1階のパン屋さんの横の入口からエスカレーターで2階に上がると、ロビー階。
カウンターの反対側にはLobby Barがあります。
b0312126_22181334.jpg
お酒には縁のない私たちですので利用しませんでしたが、明るくてキレイでした。
レセプションカウンターの端っこには、
b0312126_22333448.jpg
反射しちゃって見えにくいですが、無料のミネラルウォーターとコーヒーが用意されています。
お手頃ホテルにしては、素晴らしいサービスです。お部屋にも無料のミネラルウォーターが毎日補充されるので、こちらを利用することはありませんでしたが、暑い夏なんかは助かりますよね。

レセプションは若いスタッフばかりでした。キビキビしていてビジネスライクでもなく、親切で感じよかったです。
ただですね、事前に予約確認の意味もあってメールを送ったのですが、返事が返ってきませんでした。
禁煙のツインルームを希望していた点は伝わっていたようなんですが、レストランの予約のお願いはスルーでした。部屋についてはキャセイホリデーを通じてリクエストしていたので、話が通っていたのでしょうね。
忙しいのかもしれないけど、まったく反応がないと心配になりますよね。この点だけが残念でした。

エレベーターはレセプションカウンターの奥です。客室のカードキーをかざさないとフロアのボタンが有効になりません。

今回のお部屋は1706号室でした。
b0312126_22325465.jpg
海側の部屋でした!ちょうどビルの谷間だったので、ヴィクトリアハーバーがばっちり。
写真真ん中のビルの屋上では、洗濯物を干したり、太極拳をやっていたりする住民の皆さまがいらして、こっそり観察させていただきました。太極拳いいですよね。香港ではお年寄りもやっていて、ゆったりした動きですが、全身をよく使っていて、絶対に体にいいと思うんですよね。私も覚えたいなあ。

話が逸れました(笑)
お部屋は希望通りのツインルーム。
b0312126_22325441.jpg
ベッドは普通サイズのデュベタイプ。
鏡やコンセントがあちこちにあって、女子旅としてはとても便利でした。
窓際のベンチシートがいい感じでした。ここに座ってお茶を飲んでいると、空中に浮かんでるみたいでしたよ。
b0312126_22325319.jpg
天井が高いので広く見えます。狭い香港で、このクラスのホテルとしてはゆったりしている方ではないでしょうか。尖沙咀や中環あたりのホテルに比べると、少しゆとりがあるように思います。カオルーンホテルなんて、ドアを開けるとすぐそこに窓っていう感じですもんね。
部屋はもうそれほど新しい感じはありませんが、清潔です。
b0312126_22325498.jpg
クローゼットにはハンガーもそれなりにあって、アイロン、アイロン台、引き出しの中にはスリッパが用意されていました。
セイフティーボックスもちゃんと使えました。
b0312126_22325310.jpg
緑のペットボトルが無料のミネラルウォーターです。毎日2本補充してくれます。
お茶セットの下に小さい冷蔵庫があります。お水しか入っていないので、買ってきたものを入れられて便利。今回、自宅用のお土産にバターを仕入れたので非常に助かりました。
b0312126_22325417.jpg
洗面台は新しくてキレイなんですが、洗面ボウルがやや小さく、さらに蛇口の位置が端っこ過ぎ。顔を洗うだけで、洗面台に水が飛び散りまくりました💦
鏡の前と、洗面台の下が棚になっていたのはポイント高し。女性二人のこまごました物をいくらでも置けます。
アメニティは、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、石鹸、歯磨きセット、コットン、ティッシュなど。
石鹸の香りが良かったです。ジャスミンだったのかな。
b0312126_22325464.jpg
残念ながら、シャワーは固定式。
かなり浅めのバスタブ付き、かなり浅いです。部屋が寒かったので、お湯を溜めて浸かりたかったのですが、かなり平べったくならないと浸かれませんでした(笑)
何故かバスタブの栓が上がり切らなくて、溜めたお湯を流すために手で引っ張り上げていないとすぐに水圧で閉まってしまうという残念ポイントもあり。排水はゆっくりめです。

ビジネスホテルよりはレベル上で、シティホテルというにはシンプルという感じ。キャセイホリデーのカテゴリではスタンダードでした。
私たちにとっては必要十分で、後で紹介しますが朝食も良かったし、なにしろ立地が素晴らしくて、リピートしたくなるホテルでした。
そう、なんと言っても、ホテルジェンのイチオシは立地です。

初めて香港の方には向かないと思いますが、ある程度トウの立ったリピーターなら堪らん立地です。
私たちも西環地区には初めて泊まったのですが、いやー、超がつく便利さ。
まず、地下鉄港島線の香港大学駅のB2出口がすぐそば。
b0312126_22335420.jpg
ホテルから山道(Hill Road)に出たところ。
少々見えずらいのですが、写真右中央の緑の建物の対面がB2出口です。
乗り場からB2出口までがとーっても遠いというウワサをキャッチしていたのですが、私たちはそれほど遠く感じませんでした。
トーキョーのダンジョン的地下鉄を思えば全然OKです。
いつも混んでる港島線も香港大学駅までくると空いてくるし、駅も町も比較的空いていて歩きやすいのでとっても楽です。銅鑼湾あたりに泊まるのも楽しいと思いますが、駅の周りはごちゃごちゃしているし人も多くて、ホテルまで行きつくのは結構大変。それも香港旅の醍醐味ではありますが、寄る年波を感じつつある中年二人旅にはこれぐらいの町が丁度いいのです。

そして、前の記事でも書きましたが、ホテルが面している皇后大道西にはバスが走っています。
b0312126_13194596.jpg
エアポートバスことCity Flyerのバス停もすぐそこ。

そして、この山道を海側に降りて行くと、
b0312126_23182523.jpg
トラムが行き交う徳輔道西に突き当たります。
一番近いのはこちら。
b0312126_23170410.jpg
石塘咀ターミナルです。
b0312126_23163424.jpg
私たちはこちらも使っていました。その名も山道 Hill Road。これは西側へ向かう方の駅です。
b0312126_23174051.jpg
トラムは香港らしい乗り物ですよね。乗り場も近かったし、今回は久々の香港ということもあって、トラムに乗りまくりました。

さらに、ホテルジェンには無料のシャトルバスがあります。
b0312126_23482415.jpg
1時間に1本程度ですが、ほんの数分でエアポートエクスプレスの香港駅に連れて行ってもらえるので、時間が合えばとても便利。
チェックアウトの日、10:30発のシャトルバスに乗って、香港駅でエアポートエクスプレスのチケットを買って、インタウンチェックインを済ませて時計を見たら、10:57でした\(◎o◎)/!

これはやめられまへん。
今回は寄らなかったのですが、ホテルの周辺には食べ物屋さんも沢山あって、夜には地元のお客さんが並んで待っているようなお店も見かけました。
さすがはリピーターに人気のホテルジェン。
この辺りはまだまだ魅力的なホテルもあるし、次回はもっと開拓してみたいです。


ところで、今年は60年ぶりの大寒波がやって来たということで、比較的寒い香港でした。
なのにホテルの中はやはり冷房が入っていました。部屋のエアコンを切っても肌寒く、ユニクロのフリースのルームウェアを着てちょうどいいくらいでした。

[PR]
by nemo_2014 | 2016-03-19 00:14 | 2016_Hong Kong(2月) | Comments(0)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
カメラ
雑記
未分類

最新の記事

山に行ってきました。
at 2017-10-17 23:06
so many vaccin..
at 2017-10-14 23:13
2017夏 沖縄の旅~観光編
at 2017-10-13 23:43
Hong Kong in M..
at 2017-10-09 18:33
猫、帰還。
at 2017-10-09 16:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

>enigma85さん ..
by nemo_2014 at 22:43
kimmyです。こんにち..
by enigma85 at 08:32
> sayachan28..
by nemo_2014 at 16:51
nemoさん♪ ワ..
by sayachan28 at 15:40
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 00:17
しじみさんw白目www ..
by photo-kioku at 02:26
>mikoさん ええ、..
by nemo_2014 at 20:42
こんにちは。東京タワーは..
by miko at 11:24
はい!実は香港ランガムプ..
by ぽんこ at 22:41
ぽんこさん、以前にもコメ..
by nemo_2014 at 00:24

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索