カテゴリ:2014_Greenland( 28 )

2014夏 Greenlandの旅24(最終回) お土産と総決算!

さてさて、延々と綴ってきましたグリーンランド旅行記、旅行は前の記事で終わりましたが、
今後皆さまの参考になるかもしれない(し、ならないかもしれない)グリーンランド(と、デンマーク)で買ってきたお土産一覧&総決算記事を載せて完成しようと思います。

ではでは、お土産から。
b0312126_01093212.jpg
手前から時計回りに、金色の"GULD"はチョコレート、隣の3本がシリアルバー、グリーンランドの地図、地図の右上の白と青の缶がレバーパテ、その左隣がツボルグビール、その上のイヤマちゃんの横顔が書かれている二つの包みが緑茶と紅茶、オレンジと黄色の大きな袋はデンマークのKEXというチョコ、イヤマちゃんのソープ3個セット、カップケーキの形のバスオイル、白い丸いデンマーク産の石鹸2個、レバーパテ的な缶詰2個、そして中央がグリーンランドビール
b0312126_01093950.jpg
この2本とツボルグビールは、カンゲルルススアーク空港の免税店で購入。
記事にも書きましたが、それほど美味しくはなかった模様(笑)
b0312126_01094410.jpg
これ超美味しいですよ!とH君に勧められたレバーパテ。これはカストラップ空港で買いました。
b0312126_01093567.jpg
可愛くて可愛くて、後先考えずに沢山買っちゃったバスオイル。使えない~!の声多数でした(笑)

実は、グリーンランドで買ったものはあんまりありません。
免税店で買ったビールと、グリーンランドの地図、そして地元の奥さんから直接買ったビーズアクセだけ。
それ以外はコペンハーゲンで、スーパーマーケットや市場、空港の免税店で買いました。消費税が高くて物価が高い国の場合、ばら撒きお土産なんかは免税店で買っちゃった方が安くあがると思います。ただ、あんまり地元感が出ませんが・・・。
b0312126_23374082.jpg
イルリサットにもそれなりにお土産屋さんはあるのですが、なにしろ高くて手が出ませんでした。
ジャコウウシの毛糸で編んだアームウォーマーとか、欲しかったんですけどね(◎_◎;)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて、お次は大変気になる旅の費用について。さあ皆さま、覚悟はよろしいですか?(笑)
レートは、1DKK=20.25円でした。

■航空券■
スカンジナビア航空
 成田~コペンハーゲン往復(払戻不可) 146,380円/1人

グリーンランド航空
 コペンハーゲン~イルリサット片道(払戻不可)    7,708DKK
 イルリサット~カンゲルルススアーク片道(払戻不可) 5,116DKK
 カンゲルルススアーク~コペンハーゲン片道(変更可) 9,876DKK
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 計     22,700DKK/2人 → 229,837円/1人
 
 航空券合計 376,217円/1人

 ※カンゲルルススアーク~コペンハーゲン間は、2月に予約した時点で払戻不可のチケットは売り切れでした。 

■ホテル■
コペンハーゲン
 ヒルトン コペンハーゲンエアポート 8/20 Twin Guest Room(朝食なし) 1,995DKK
                   8/29 Twin Guest Room(朝食なし) 1,495DKK
 ※Booking.comで予約。直営サイトとはカテゴリが違うようです。
 
イルリサット
 ホテルアークティック 8/21~28 Umiaq suite(朝食つき) 2,300DKK×7泊=16,100DKK
 ※直営サイトで予約。予約(日付)がちゃんと入ってませんでした(`Д´) ムキー!
  グリーンランド的にはれっきとした4つ星ホテルなのですが、行く前にメール等々でしつこく確認しましょう!


カンゲルルススアーク
 ホテルカンゲルルススアーク(朝食つき) 8/28 1,595DKK
 ※ホテルのサービスで、suiteにアップグレードされてました(*´▽`*)

 ホテル代合計 21,185DKK/2人 → 214,498円/1人 

■現地ツアー■
エキキャンプ
 Comfort hut(朝食つきで1泊1,875DKK)、食事(夕食、昼食)、4時間ハイキング、
 エキまでのボート代、カード手数料込みで、4,524.5DKK/1人

氷山クルーズ
 Ice Cap Tours Icefjord at midnight 495DKK/1人

 現地ツアー代合計 5,019.5DKK/1人 → 101,644円/1人 

ここまでで、692,359円/1人 щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

これに、食事、現地交通費、お土産代などなどがプラスされます。
そうなると、だいたい一人当たり80万円はかかってるってことですかね・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

外食は、INUIT CAFE、CAFE ILULIAQなどで一食120~250DKK/1人(1品+飲み物)
250DKKかかったのは、ジャコウウシのステーキのようなスペシャルなメニューを頼んだ時です。
コペンハーゲンでもだいたい同じくらい。当然ながら、ホテルだともうちょっとかかります。
1日当たり最低240DKKかかるとして、単純に10日間で、2,400DKK → 48,600円/1人
私たちは幸いにもヨウコさんのお蔭でH君の日本人会シェア飯に招待していただいたので、かなり助かりました。


今回はホテルがかなりゼイタクになっています。
予約した2月時点で、ホテルアークティックのスタンダードルームが満室だったのが痛手でした(T△T)
宿泊はもう少し安くあげられるし、エキキャンプに行かなければ10万以上が浮くわけなので、そうなるとまた合計金額は変わってくるでしょう。
あまり上手な旅の仕方ではなかったかもしれませんが、何かの参考になるかもと思い(自分の忘備録としても)記してみました。

もちろん、旅にはプライスレスな部分が沢山ありますし(というかほとんどがそう)、何を重視してお金を使うかというのは人によって違うので、ねも家的には今回の旅のコストパフォーマンスが悪かったとは思いません。

・・・ただし、もし次に行くとするなら、絶対にキッチン付きの部屋を借りますけれども(笑)


というわけで、いつものように長々と続けたグリーンランド旅行記もこれで完了です。
最後まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました。
この旅行記を読んで、グリーンランドへの旅に興味を持って下さる人が増えたなら、とても嬉しいです。
b0312126_01042500.jpg


さて、次回からは、アイスランド旅行記が始まります!

・・・あっ、台湾どうしよう(◎_◎;)

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-02 01:18 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅23 ~コペンハーゲンちょっぴりお散歩、そして帰国

◆8月30日(土)◆1DKK=20.25円
昨夜は遅かったのですが、朝7時に起床。
今日の飛行機は15:45発、昼過ぎまでコペンで遊べます。サクサクっと町に出ましょう。

メトロでは500DKK札が使えなかったので、カードでお支払い。3ゾーンチケット36DKKでした。
b0312126_01013848.jpg
ぬうう、お天気がイマイチ。
b0312126_01014606.jpg
メトロのノアポー(Norreport)駅を出たところ。
この駅から道路挟んですぐそばに、トーヴハレヌ市場があります。
b0312126_01020133.jpg
b0312126_01020594.jpg

市場の敷地内から、駅出てすぐそばに建っていた、とんがり屋根の建物が見えるという位置関係です。
b0312126_01521480.jpg
市場大好きなねも家、ここにはぜひ来たかったのです。
何しろデンマーク料理界と言えば、近年世界一のレストランを輩出していて、注目の的ですし!
トーヴハレヌは2011年に整備された屋内型の常設市場で、生鮮食品棟とデリやスウィーツなどがいただけるお店が入っている棟に分かれていて、観光客を意識した作りになっています。
b0312126_01021710.jpg
敷地内には、こんな可愛らしい屋台も出ています。
建物の中はこんな感じ。
b0312126_01562525.jpg
通路が広くて歩きやすいです。まだ開店準備中のお店もちらほら。
b0312126_01023369.jpg
お魚屋さん。ショーケースに直接魚の名前と値段が書かれています。
カラフルでカワイイですなあ。
b0312126_17552870.jpg
イチゴ美味しそう!
・・・だけど、たぶん日本のイチゴは見た目も味も世界一だと思うんですよねえ。
b0312126_01030977.jpg
お花もこんもり。物価高で安いのか高いのか分かりません(-_-;)
b0312126_01025230.jpg
調味料や保存食系は、パッケージも素敵でお土産に最適。大抵重いですけどね。
b0312126_01562985.jpg
カフェやバーなどが並んでいる一角。パッサージュっぽいですね。オサレでございます。

私たちのお目当てはこちら、
b0312126_01032672.jpg
デンマークと言えばのスモーブロー(オープンサンド)。
こういうお店であれば、デンマーク語ができなくとも、指さしで購入できます(英語は通じます)。

私がチョイスしたのは、ミートボール。
b0312126_01042022.jpg
Ottoチョイスは、フィッシュフライ。
b0312126_01042380.jpg
2つで95DKK。もうね、これでも安く感じてくるからオソロシイです。
b0312126_01032211.jpg
こちらのお店で購入いたしました。金髪の彼女の後ろに立っているおじさんが、陽気に対応してくれました。
声が渋くてカッコよかった~💛

コーヒーはやっぱりバリスタ世界チャンピオンのカフェ、コーヒーコレクティブで。市場内にあります。
b0312126_01034839.jpg
b0312126_01035918.jpg
カフェラテダブルショットとカプチーノで75DKK。
b0312126_01043006.jpg
こんなところでいただきました。
スモーブローは文句なしに美味でした!
ミートボールが思いのほかさっぱりしていて、軽いタルタルのようなソースと好相性。ベースのパンがしっかりハードパンなんですが、硬過ぎて口の中が大惨事になることもなく、もちもちとして少し酸味があって、思い出すだけでヨダレが・・・。
Ottoのフィッシュフライは、魚の身がぷりっとしていて、衣がふわっ、カリッでこれまた間違いのない美味しさ。

コーヒーは・・・正直、ねもはそんなにコーヒーに詳しくないのでよく分かりませんでした(◎_◎;)
そりゃ美味しいですけど、スタバと比べてどうかと言われると・・・すみません💦

お食事の後にはスウィーツですよね。こちらのお店で、
b0312126_01040823.jpg
b0312126_01041412.jpg
イチゴタルトとカフェアメリカーノ、65DKK。
これが意外なヒットでした!
このイチゴの山の中にはクロテッドクリームのようなクリームが隠れているんですが(詳しくなくてすみません💦)、すごくさっぱりしてるんです。そしてイチゴが超フレッシュで、タルトに塗ってあるチョコが少々ビターで、甘み・酸味のバランスがすごく良くて、あっという間に完食してしまいました。あー、美味しかったー。

ところで、非常に気になることが。
このカフェも含め、市場のスウィーツ屋さんのショーケースはこんな感じなんですけれども、
b0312126_01103565.jpg
甘いもの屋さんには、ハチがいっぱいいるんすよ(◎_◎;)
しかも、ショーケースの中にまで入ってぶんぶん飛び交ってるんです。まるでハエみたいに。
ハエはいないんですけどね。
イチゴタルトのショーケースにはいなかったので、常温のショーケースに入ってるんでしょうねえ。蜜を集めてるんでしょうかねえ・・・。


食後はお土産調達です。市場をぷらぷらしていたら、このお店に捕まりました。
b0312126_01045170.jpg
b0312126_01050585.jpg
かわゆいパッケージの石鹸関係満載のお店です。
日本で言うところのラッシュみたいなお店でした。実演もしてます。
パッケージや商品自体が可愛いスウェーデンやフランスのものが主です。
ねもが惹きつけられたのは、写真右手前のカップケーキ♥
b0312126_01093567.jpg
バスオイルなんですってー!3個で100DKKと安くはないのですが、あまりの可愛さに倒れました。
帰国して女子に配ったら、もれなく皆さん倒れていました(笑)

デンマークの石鹸はないの?と聞いたら、店の奥から出してきてくれました。
b0312126_01051259.jpg
おお、武骨だ(笑)ちょっと貝柱にも見えますな。
お店のマダムが貼ってるハートのシールで、なんとか可愛さを醸し出そうとしていますね。
こちらは1個40DKKなんですが、沢山買ったら安くしてくれました♥

さて、観光をしようと思ったら雨が降ってきました。
b0312126_01062326.jpg
外国人が傘さしてるって、珍しくないですか??

とりあえず、ラウンドタワーへ。
b0312126_01053805.jpg
入場料は25DKK。日本語のパンフレットをくれましたよ。
パンフによると建造は17世紀で、天文観測台、学生さんのための教会、そして大学図書館が入っている大学施設のコンプレックスです。
b0312126_01054626.jpg
こんな廊下をぐるぐると上がっていきます。
b0312126_01061010.jpg
地上34.8mからの眺め。
他に高い建物があまりないので、コペンハーゲンのカルチェラタンの絶景を見下ろすことができます。(パンフより)
b0312126_01061386.jpg
まあ、素敵な街並みですが、とにかく雨が降ってますからね。

ここのトイレはちょっと面白いです。
b0312126_01055844.jpg
重々しいドアを開けると階段があって、現代的なキレイなおトイレがあります。
皆さんミュージアムの方のトイレに行くようですが、ねもは最初に目についたこちらにin。
b0312126_18530724.jpg
古めかしい窓からは街が見下ろせます。なかなか風情があります(笑)
ラウンドタワーには美術館やショップやカフェもあって、思っていたよりは楽しめました。
コペンに行って、一か所しか観光できないと言われてここに来るべきかどうかは分かりませんが、意外とおススメです。

ストロイエに戻ると、こんなに人出が!
b0312126_01073562.jpg
さすがに週末です。この後どんどん人が増えて、すれ違うのに気を使うぐらいでした。
工事中のデパートIllumの中のスーパーマーケットイヤマでお土産を少々調達し、またメトロに乗って空港に戻りました。

帰りのスカンジナビア便は遅れていて、15:45発の予定が、16:00搭乗開始に変更とのこと。
というわけで、また食べます(*´▽`*)
この旅最後のランチは、制限エリア内のラオケーフーセ。
b0312126_01075445.jpg
プロテインサラダ(爆)と、イチゴのタルト。
どんだけ好きやねんと言われそうですが、ラオケーフーセのイチゴタルトが激うまと聞いていたので、注文せずにはいられませんでした。
サラダにはそれぞれパンが一切れずつ付きます。
b0312126_01074865.jpg
さすがの美しさです。
b0312126_19230521.jpg
うーん。美味しかったけど、市場の方が好みだったなー。
イチゴの酸味が少し足りず、クリームがリッチ過ぎるのと、チョコが多過ぎ。でもこれは好みの問題かと思われます。

b0312126_19290432.jpg
そして、やっとこ搭乗開始。
空港自体も混んでいたらしく、結局離陸したのは2時間遅れの17:45頃でした。

いつもそうですが、旅の終わりはあっけないものです。
想像を超えて美しかったグリーンランド旅行もついに終わり。
いろんな出会いがあって、絶景の連続ばかりで、今思い返しても夢のような旅でした。

長くなったので、お土産紹介と、旅の総決算は次の記事で。

[PR]
by nemo_2014 | 2015-01-01 19:33 | 2014_Greenland | Comments(4)

2014夏 Greenlandの旅22 ~グリーンランド、またね。

◆8月29日(金)◆1DKK=20.25円
おはようございます。
本日、いよいよグリーンランドから離れます。
b0312126_23304329.jpg
山を染める朝焼けが美しかった✨

朝食はカフェテリアです。搭乗待ちのお客さんに交じって席を確保します。
b0312126_23304924.jpg
ハム、チーズ、ゆで卵、パン数種と飲み物、あとデザートもあったかな。あ、シリアルも写ってますね。
こういう場所では、無理せず買ってきたものをそのまま出すのが安全というものです(*´▽`*)

荷物をまとめて、ひとまず飛行機のチェックインをしました。
なにしろ同じ建物ですから(部屋の位置は遠いけど)、楽々チェックインです。
その後は10時のチェックアウトまで、居心地のいい部屋でまったり。
あーあ、帰りたくないなあ。

チェックアウト後はちょびっとお散歩しました。
b0312126_23311278.jpg
b0312126_23311730.jpg
b0312126_23313706.jpg
3枚目の写真に写っているのは、湖なのかな。それとも氷??
何もないとはいうものの、これもグリーンランドらしい荒涼とした景色だという気がしました。
ホテルの直営サイトを見ると、Ice Capツアーもあるし、ハイキングしても良さそうだし、2泊ぐらいはできそうな気がします。
でも、オーロラ以外の目的では来ないだろうなあ。

セキュリティチェックの前でH君とお別れし、免税店でグリーンランドビールとカールスベアを購入。
グリーンランドビールのお味は、あげた人によると、美味しい!・・・とまでは言えなかった様子。まあ、そこはレアな北極圏土産ということで(笑)
b0312126_23320758.jpg
b0312126_23321615.jpg
ああ、グリーンランドを離れるんだなあ・・・。

飛行機は定刻11:40にテイクオフ。コペン到着予定は、20:00です。
コペンハーゲン便はお昼ご飯(?)とまたしても飲み物たっぷりサービス責め。
b0312126_23322859.jpg
このパンは野菜入りで微妙に美味しいです(笑)
b0312126_23323128.jpg
普通の機内食~。
私はだいたい美味しく食べられるタイプです♪
帰りの席は44列のFとGで、一番後ろの真ん中列でした。
外の様子が全く分からないというのはつまらないですなあ。

コペンハーゲンは雨でした。ちーん。
荷物を引き取って再びのヒルトンにチェックインしたらもう9時半。雨も降っているし、さすがにこれから町に出るのはおっくうです。
この日のお部屋は行きより明らかにランクダウン。
というより、行きの部屋がランクアップだったのかも。
b0312126_23330048.jpg
b0312126_23330742.jpg
b0312126_23331223.jpg
でも、必要十分です。ていうか十分以上に快適です。
行きの部屋より低層なので、景色はこんな感じ。
b0312126_23332525.jpg
地下鉄の駅が見えました。
人の流れを観察してると結構面白いです。
こんな夕方チックなコペンですが、実はもう夜11時になろうとしています。

ということで、空港内(制限エリア外)でお食事を求めて彷徨いました。
この時間でもやってるセブンで明日の朝ごはんを調達し、他に開いているところと言えば、バーガーキングぐらいしかありません。
b0312126_23323707.jpg
ぬー、旅のラストを締めくくるディナーがバーガーキングかあ・・・。
b0312126_23324349.jpg
ねもはカリフォルニアラップのミールセット61DKK。
Ottoはクリスピーチキンミールセット59DKK。
ポテト冷えてた・・・(ノ_・。)

納得いかないながらお腹を見たし、快適なお部屋に戻ってシャワーを浴びて、テレビでやってたバックドラフト(懐かしい)を見て寝ました。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-12-21 23:33 | 2014_Greenland | Comments(0)

2014夏 Greenlandの旅21 ~Hotel Kangerlussuaq

◆8月28日(木)その2◆1DKK=20.25円
イルリサットからたったの50分で、7日ぶりのカンゲルルススアークに到着しました。
b0312126_22542242.jpg
ん?晴れてると思ったけど、薄い雲がかかってる・・・?
晴天率が世界一高いの町、のはずなんだけども!?

本日のお宿は、空港直結でございます。というか、空港建物そのものです。
b0312126_22584761.jpg
Hotel Kangerlussuaq
直営サイトで予約しました。レスポンスも早かったですよ。
b0312126_22590989.jpg
そういうわけで、荷物を受け取って、階段を上がると、そこがレセプションです。
b0312126_22544249.jpg
レセプションの女性は、ねもをフルネームで呼び捨てにしてウェルカムしてくれました(笑)
この日はあんまり泊まってる人いなかったのかなあ。
この辺の地図はある?と聞いたら、ない、とのこと。
ホテルのキーを挟んでくれたカードの裏面に、すごく簡単な地図があるので、それで動くしかないみたい。
というか、目で見える範囲にしか町がないんですね。

ではでは、お部屋に向かいましょう。
b0312126_22552077.jpg
長ーい廊下をずんずん行きます。廊下のカーペットとか壁は、非常に古臭くてしょぼいです。
b0312126_22552395.jpg
階段を降ります。
b0312126_22552646.jpg
また階段。この階段はモダンですね。素敵ですけど私たち、スーツケースを引きずっております( ̄Д ̄;;
上がったり下がったりして、延々行った先に我々のお部屋1001号室がありました。
b0312126_22553516.jpg
こちらでございます。
ではドアをオープーーーン!
b0312126_22554741.jpg
はいーーーーーー???????
なにこの部屋!?どなたかの邸宅ですの???
b0312126_22563170.jpg
広~~~~いリビングに大きな革のソファ、デザイン照明、カッコいいデスクに、ダイニングテーブルに食器棚。
壁の色がピンク!なのに素敵!!

しかも、
しかもですよ、奥さん。
b0312126_23141432.jpg
続きの間がございますんですよ!
b0312126_22560001.jpg
ベッドルームには、これまた一人掛けのソファがありまして、テレビもございます。
b0312126_22561704.jpg
なんとドレッサーも。ベッドルームの壁の色は黄色で、明るいです。
床に何枚も絨毯が敷かれているんですが、これまた暖かい伝統柄なんです。優しい茶色のフローリングにぴったり。
写真にはあまり写っていないのですが、天井は白木で、とても清潔感があります。

トイレとお風呂は別室でした!
リビングにあるおトイレ。
b0312126_22562441.jpg
淋しくなっちゃうぐらい奥まってます(笑)

ベッドルームにあるのは、
b0312126_22564103.jpg
なんとーーー!ジャグジーーーーー!!!!
b0312126_22564904.jpg
シャワーブースもございますー。
しかも、床暖房ーーーー♥♥♥

ベランダに出れば、そこは空港。
b0312126_22565634.jpg
b0312126_22570274.jpg
なんともはや、すごいお部屋でした。暖かい雰囲気で、居心地満点なんです。
しょぼい廊下からは想像もつかないよ(◎_◎;)

びっくりですよ。
私たちは1泊朝食つきで1,595DKKの普通のダブルルームを予約したんですが、スイートにアップグレードされてたのです!
ラッキー♪
まあ普通のお部屋でも1,595DKKもしますし、高いんですけれども、イルリサットのホテルより700DKK安いわけなんですよ。
帰りにお掃除中の別のお部屋を覗かせてもらったら、スタンダードと思われるお部屋はこじんまりしていて、インテリアも少し違いました。
こんな部屋ならもっと泊まりたかった・・・。
Ottoは「何故この部屋がイルリサットじゃないんだろう」と申しておりました。まったくだ!

ホテルのカフェテリアは、空港の待合室を兼ねています。
奥の扉の向こうがレストランのようです。この日はクローズでした。
b0312126_22573081.jpg
b0312126_22572761.jpg
メニューは、まあ、イルリサットに比べるべくもありません。
何しろ、空港しかない町ですからね。
場所柄か、軍人さんが沢山泊まってました。彼らはここに泊まって、どこへ行くんだろう。

そんなわけで、いやー、びっくりしましたホテルカンゲルルススアーク。意外ったら意外。
次回泊まるときは、部屋番号指定でいこうと思います!

b0312126_22573845.jpg
通用口はこんなですからねえ・・・。

近くのスーパーはこんな感じ。
b0312126_23092042.jpg
この時は夕方6時までの営業でした。
b0312126_23081687.jpg
b0312126_23081828.jpg
一応野菜なんかもありますし、カチンカチンに凍った肉や魚もあります。
ちょびっとだけお買い物して、日本人会@カンゲルルススアーク
b0312126_23080335.jpg
さて、もりもり食べて、ジャグジーでぽかぽかになったら、そりゃ眠くなります。
一旦仮眠して、に備えることにしました。

深夜1時。
携帯のアラームが遠くに聞こえて、Ottoがごそごそ起きる気配がしました。
しかしねも、どうにもベッドから頭が上がりません。
なんとか体を起こしても、外にまでは出られません。眠くて眠くて体が動かない~。
いいや、見えたら呼んでくれるだろうと、ベッドに戻ってしまいました。

Ottoによると、うーーーっすらと?のような雲のようなものが見えたような気がした(なんとも頼りない(-_-;))のだそうですが、確信が持てず、無理には起こせなかったとのことでした。
すぐに消えちゃったというからには、の可能性もあるんですが、うーん、見えたのかなあ、どうなのかなあ、と呟いてました。
その後は雲に覆われてしまったのだとか。

というわけで、ねもは起きられず、Ottoも確信が持てないということで、この1泊のワンチャンスにかけたオーロラチャレンジは、家族会議の結果、見られなかった、という裁定となりました。

この旅の主要目的が果たせなかったということは、これはリベンジする必要があるということですね!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-12-19 23:25 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅20 ~イルリサット、またね。

◆8月28日(木)◆1DKK=20.25円
今日も綺麗に晴れたイルリサット。少し風があります。
大きな客船が停泊していました。
b0312126_14084221.jpg
大き過ぎて、イルリサットの港には入れないんでしょうね。ここから、小型ボートに乗り換えて街に出るのだと思われます。

朝食を取りに行ったら、日本人のお年寄りがいっぱい(゚д゚)!
皆さん楽しそうに長テーブルを囲んでお食事されていました。
後で添乗員さんに話しかけたら、彼らはアイスランドを一周してきて、イルリサットには2泊するそう。
なんと、オーロラも見たんだそうです!
この後、ハイキングコースへもバスに乗り込んで行ってました。杖をついて歩いている人もいるんですよ。パワフルだなー。

ホテルのPCでWebチェックインして、レセプションで搭乗券をプリントアウトしてもらいました。いつもだるそうに仕事している女の子でしたが、うまくチェックインできなかったりして結構時間がかかったにも関わらず、一生懸命やってくれました。
のんびりしてるのは悪気があるわけではなく、国民性なのかな。
b0312126_22343912.jpg
名残惜しい部屋でたそがれるOttow(笑)

ひとまずチェックアウトして、荷物を預かってもらいました。
b0312126_22345585.jpg
ホテルの前から。
綺麗な青空です。
飛行機の時間は15:05なので、まだまだ時間はあります。
まずは、名残惜しさNo.1のハイキングコースへ。
b0312126_22360554.jpg
あっっっ、おはよう!
b0312126_22351332.jpg
ああっ、なんて名残惜しい♥キミたち、可愛い過ぎだから!
うっかりワンコワールドで時間を取られるねも家。
急いでハイキングコースへ向かいます。
b0312126_23271990.jpg
イルリサットを離れる前に、ここからの景色を見ておきたくて、歩いてきました。
b0312126_23273379.jpg
b0312126_23283192.jpg
今日も見事なアイスフィヨルドの眺めです。
b0312126_23290259.jpg
この景色、絶対にまた見に来る!
b0312126_23291233.jpg
水溜りは凍っていました。
植物にもきれいに霜の縁取りが。
b0312126_23281523.jpg
短い夏はもうすぐ終わり、寒くて長い冬がもうすぐ来るのでしょう。
北極圏の夏は、だからこそ力いっぱい美しいのでしょうね。

イルリサットに来て本当に良かったです。
最初の3日間の雨には閉口しましたが、そのおかげでキラキラとした水に溢れる美しい北極圏の夏を見ることができました。
快晴が続くと、今度は徐々に大地が乾いてきて、荒涼とした秋の景色を思わせるものに変わっていきました。
こんなに美しい場所が、ずっと変わらずに残ればいいのに。
b0312126_23304669.jpg
さよなら、また来るね。

さて、ラストランチは、やっぱりINUIT CAFEです。
b0312126_23311097.jpg
ねもはどーしても気に入ってしまったジャコウウシのステーキとブラックベリースムージー。
この際、お財布は気にしないのだ(`0´)ノ オウ!
b0312126_23313222.jpg
Ottoは、ゴージャスなスモーブローのようなstjerneskudというお料理にチャレンジ。
b0312126_23312116.jpg
お皿の上に、グリーンランドが全部乗ってるという感じですね(*´▽`*)
見た目に反して(爆)、どれも美味しかったそうですよ。

おいしくいただいて、ポカポカの店内でまったりしました。
出るときには、いつも控えめにサーブしてくれていた男性が"Last day?"と話しかけてくれました。
彼らは4~11月の8か月間、スリランカから来て、ここで働いているのだそうです。
とっても美味しかった、また来るね、と握手してお別れ。
シェフの彼女は奥に入ってしまっていたので、挨拶できませんでした。
残念だったけど、でも、また会えばいいよね。

最後にヨウコさんのオフィスに顔を出すと、びっくりニュースが。
なんとなんと、昨日一足先にグリーンランドを出るはずだったH君のグリーンランドエクスプレスという飛行機が欠航していて、これから私たちが向かうカンゲルルススアークで足止めを食っているのだそう。しかも、予約していたのは元々スケジュールになかった便らしく、完全なる手配した旅行会社のミスだったとか。そんなこと、あるんですね。ひどい!!
ということで、H君とはカンゲルルススアークでまた会えることになりました(笑)

そしてヨウコさんとひとまずのお別れ。
寒いのに、外まで出てきて手を振って見送ってくださいました。
本当に楽しかった。ありがとうございます!今度は東京で会いましょう!!

歩いてホテルに戻り、ホテルの送迎車に乗って空港へ。
b0312126_23313746.jpg
b0312126_23315173.jpg
氷山の海が遠ざかっていく・・・。

あっという間に空港に到着してしまいました。
b0312126_23321073.jpg
いいお天気。今日は予定どおり飛ぶらしい。
b0312126_23350085.jpg
非常にのんびりしたカウンターで荷物を預けました。
b0312126_23351439.jpg
ちゃんと持って行ってくれるのか、幾分不安です( ̄ー ̄;
b0312126_23343192.jpg
カフェ的なスペース。皆さんここで、じーっと待ってらっしゃいます。
空港には、飲み物やお菓子が買える売店と、グリーンランドエアのオフィスがあるだけです。ねもは今でもグリーンランドエアグッズを購入しなかったことを悔やんでおります・・・ストラップ欲しかったーーー。

空港の椅子の背もたれは、アザラシの毛皮でしたよ!
b0312126_23344501.jpg
ご、ゴマちゃん・・・。でもすっごい暖かいのです。

空港内にいてもつまらないので、周辺をお散歩しました。
b0312126_23321907.jpg
イルリサットの町のサインは、氷山なんですね。うんうん、そんな感じ。世界遺産のマークも見えます。
ちょっと歩くとこんな景色。
b0312126_23324418.jpg
b0312126_23324823.jpg
こんなに氷山が身近というのも、日本人には想像を超えています。
空港周りにもちょっとハイキングできるコースがあるようでした。

b0312126_23325791.jpg
おっ、飛行機が降りてきた!
この飛行機に乗るのかな。
イルリサットから離れたくなーい。

b0312126_23354053.jpg
ところで、私たちは空港内のアナウンスがよく聞き取れず、もたもたしていたら、乗り込むのが最後の方になってしまいました。
お蔭で、Ottoとは離れ離れ。しかも二人とも通路側(涙)
こんなに天気がいいのに。外は絶景のはずなのに(T△T)
b0312126_23353678.jpg
さよなら、イルリサット。
また来るからね!

ところで、ねもの隣のデンマーク人は、いい大人のくせにずーーーっと窓にへばりついているので、ねもは全くもって外が見えませんでした。
彼が撮りまくってるスマホの画像を見ると、すんごい絶景だったみたいです。
皆見たいんだから、ちょっとぐらい譲る気持ちはないのかね。まったく(`ε´)

[PR]
by nemo_2014 | 2014-12-16 22:50 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅19 ~クジラとジャコウウシとグリーンランディックコーヒー

◆8月27日(水)◆1DKK=20.25円
おはよーございまーす!
b0312126_22243370.jpg
なんて素晴らしい朝でしょうか。
風はほとんどありませんでした。鏡のような海に朝日を浴びてオレンジ色がかった氷が映り込んで、それはもう美しい✨
b0312126_22244926.jpg
今日はゆっくりと朝食をいただきます。
なんたって、明日には移動ですから。今日一日、この場所を堪能しなければ。
b0312126_22250083.jpg
ぽかぽか暖かくて、ホテルワンコたちも活発に動き始めています。
b0312126_22251130.jpg
あらら、すでに遊び疲れて寝ちゃってる子も(笑)かわゆい💛
b0312126_22255273.jpg
ホテルの前からイルリサットの町を眺めます。
晴れているとこんな感じなんですね~。

歩いて町に向かいました。すっかり歩いて行くのが定番となりました。シャトルバスならたったの5分、歩くと20分弱かかりますが、やっぱり氷山の海を眺めながらのお散歩は楽しいです。

この日のランチもINUIT CAFE。
b0312126_22260750.jpg
いい加減通い過ぎ(笑)
なので本日は奮発しましたよ。
b0312126_22263422.jpg
ジャコウウシのステーキとブルーベリースムージー。
ステーキはなんと235DKK!高っ(◎_◎;)
高かったけど、めちゃめちゃ美味しかったーーー!(*´▽`*)
バターソテーwithローズマリーで、コクがあるのにさっぱりという絶妙な味わい。
200gもあるのに、ペロッと食べてしまいました。

Ottoは、クジラのステーキとカールスベア
b0312126_23551810.jpg
光の加減でうまく写ってませんが💦 こちらも美味しかったそうです。
クジラは安くて、175DKK(安くて?)全部合わせて500DKK超えてしまいました(-。-;)

あまりに通い詰めているねも家、さすがに毎日来るニホンジン夫婦として覚えられてしまいます。
お食事してたらシェフがやってきて「日本人なんだよね? 生のクジラ食べる?」と!
ええ!?クジラのお刺身ってことですか!!
ねもはニッポンでもお刺身を食べない人なんですが、こういうものにはチャレンジするタイプ(それで昨日撃沈したくせに(爆))
そりゃもう、ということでいただきましたよ!
b0312126_22265585.jpg
クジラのお刺身。なんとお醤油まで。しかもこれ、シェフからのサービスですヽ( ̄▽ ̄)ノ ワーイ♪
お醤油はたぶん中国製でしたが(笑)
二人ともお初のクジラさん、お味は???
すごくすごく美味しい!!!!
全然生臭くないんですね。全く生臭くないマグロの赤身みたい。
魚ではないのでもう少し肉がしっかりしてコクがありますが、脂っこくなくさっぱりしていて実に美味。
おおお、サビが欲しいぜ。
こんなのニッポンで食べられないよー!

後で知ったのですが、こちらのお店のオーナーが捕鯨されているそうで、だからこんなに新鮮なお肉が手に入るんですね。納得でござる。
明日はイルリサットを出ることを伝えて、また明日も来るね!と言ってお店を出ました。

さあ、食べたのだから歩かねば。
b0312126_22365417.jpg
雲一つない青空です。わーい。
ワンコワールドに到達すると、お出迎えが。
b0312126_22273854.jpg
おおおおお、かわゆい~~~~~💛♥♥
b0312126_00011764.jpg
ワンコと交流中。

今日は、黄色コースを歩きます。2.7km、1.5~2時間の楽々コースです。
b0312126_22280909.jpg
黄色コースは岬をぐるっと回るコースで、アイスフィヨルドに一番近づけるコースなんだそうです。
b0312126_22275131.jpg
奥が前に歩いた青コースと赤コース。
黄色コースは手前の坂を上っていきます。
b0312126_22282027.jpg
コースはこんな感じ。なだらかに見えますが、岩が多いため上がったり下がったりです。雨の時は滑りやすくなるそうです。
ちょっと見えにくいですが、ここにもちゃんとコースを示す黄色の丸いペイントがあります。
b0312126_22283440.jpg
数日前までの雨のお蔭であちこちに美しい水溜りができていました。
イルリサットの町からぷらぷら歩いてきただけなのに、高山にやって来たかのような眺めです。

やはり向きが違うので、アイスフィヨルドの見え方も少し違いますね。
b0312126_00015860.jpg
大きく切り出された氷山。しずしずと海を進んで、どこまで流れて行くんでしょう。
b0312126_22291570.jpg
この景色・・・まさにabsolutely stunning !!ですよ!
完璧な青空に、空の色を映す海、その海の色を映す氷。
完全無欠な北極圏の夏の日でした。
青コースはツアーのお客さんもいるぐらいで結構人気なのですが、何故か黄色コースはあまり人がいなくて、自分のペースでのんびりのんびり歩けます。

写真にすると同じような景色ばかりという印象になると思いますが、これがねえ、いくら眺めていても飽きないんです。
b0312126_22294561.jpg
頭上にはグリーンランド航空の飛行機。青い空に赤い機体が似合ってますね。
b0312126_22312477.jpg
何度も言ってしまうんですけど、最果ての場所に来たなあとしみじみ感じるわけです。
b0312126_22314559.jpg
風が強かった青コースとは違い、この日の黄色コースは風もなくポッカポカ。
歩いていると暑くなって、ダウンを脱いでしまえるぐらい暖かかったです。

ねも家、思わず岩の上でお昼寝してしまいました。ああ、なんてゼイタク。
b0312126_22324227.jpg
ゆっくり歩いて、途中お昼寝休憩して、2時間ほどで終点のパワープラントに到着。
b0312126_22331528.jpg
b0312126_22352213.jpg
んー、もうちょっと長く歩いていたかったなあ。
次回来た時には、青コース6.9kmを1日のんびり歩きたいなあ。
b0312126_22363854.jpg
ところでイルリサットに来て感心したことがあります。
それは、
b0312126_22354871.jpg
トイレ(笑)
ハイキングコースの手前には、こんな簡易トイレ的なものが設置されているのですが、
b0312126_22360041.jpg
どこで入ってもとーーーってもキレイ✨
b0312126_22360691.jpg
ちゃんと紙も用意されているし、どこもかしこもキレイにお掃除されています。
b0312126_22361428.jpg
そして必ず手拭き用のタオルも標準装備。
しかも、ちゃんとお洗濯されているものです。
これって行政なのか企業なのか分かりませんが、誰かがキチンと管理していて、使う側もキレイに使っているということですよね。
町中ではあちこちでタバコの吸い殻をポンポン捨てているイメージがあったんですが、さすがに世界遺産だから、気を使っているということなんでしょうか。どちらにしても、観光客としてはすごく助かりますし、とても気持ちいいです。

さて、お仕事あがりのヨウコさんをお誘いして、またしてもINUIT CAFEへ。
明日も来るね、と言って今日来ちゃった(笑)
カレースープ
b0312126_22370668.jpg
そして、イルリサット最後の夜は、絶景との呼び声が高いホテルアイスフィヨルドのバーへ。
b0312126_22400566.jpg
b0312126_22404674.jpg
外から見ていた時にも思っていたのですが、このホテルは海が近いですよね。
テラスからの眺めはもう、素晴らしいの一言。
b0312126_12031508.jpg
b0312126_22422030.jpg
b0312126_22423044.jpg
レストランも同じ景色だし、今度はこっちに泊まりたいなあ。
外で写真を撮っていたら、ドイツ人2人組に話しかけられ、彼らが前回イルリサットに来た時に(羨ましい!)参加したホエールウオッチングで撮った見事なクジラの尾びれの写真を見せてもらいました。カメラの装備もすごかったので、もうナショナルジオグラフィック的でしたよ。
彼らは日本食にもすごく興味があるらしく、「日本のあの、緑色のマメなんていうんだっけ?ビール飲むときなんかにでてくるやつ」というので、「それ、edamameだよ」と教えたら、メモしてました(笑)ドイツなら日本食レストランがありそうですもんねー。帰ったら注文ばっちりできますね。

バーはこじんまりしていますが、温かみがあって居心地がいいです。
b0312126_22405198.jpg
外のテラスが本当に素晴らしいのですが、寒いので中の席に陣取りました。
b0312126_22410002.jpg
これが噂のグリーンランディックコーヒー。なんと120DKK!
オーダーすると、目の前で説明しながら作ってくれます。
b0312126_11152068.jpg
これはグラスに入れたお酒を炎であぶっているところ。
ウイスキー、カルアミルクを入れたら炎で少々あぶり、コーヒーを順番に注いだ後、ホイップクリームをのせて、高い位置からコアントローを垂らします。
この時は店内が明るすぎたんですが、暗い場所でなら青白い炎(=オーロラ)が見えるんだそうです。
作り方はTase of Greenlandで動画がご覧になれますですよ。

それぞれのお酒に、グリーンランドに纏わる意味があって、
カルアミルクは女性と言っていたので、たぶんウイスキーは男性を表しているんだと思います(聞き洩らしました^_^;)。
コーヒーの黒は一日中太陽の昇らないPolar Nightの闇を、白いクリームは氷山を、炎はオーロラを表しています。
つまりグリーンランドの冬を表現しているんですね。なんてロマンチック(*´▽`*)

味は想像通りのコーヒー牛乳(笑)
かなりアルコールが強いと思ったのですが、下戸なねもでも全然飲めました。炎であぶってるからアルコールが飛んでるんでしょうね。

ヨウコさんによると、7月のイルリサットは蚊がすごいらしいです。
なんと服の上からも刺してきて、えらい腫れて痒いんだそう。うげー、ねもは絶対ダメだ。
なので、観光に来るなら、少し寒くなり始めた8月上旬がおススメだそうです。
ミッドナイトサンが見られて、お客さんも沢山来るからボートツアーもキャンセルになったりしないのだとか。
確かに、8月末にもなるとすでに秋の気配だし、お客さんいないから氷山クルーズもキャンセル続きでしたしね・・・(涙)

いろいろお喋りしていたら、また10時過ぎになってしまいました。
歩いてヨウコさんの部屋の近くに戻って来たら、ワンコたちが走って迎えにきました!
b0312126_22434450.jpg
ころりん。
b0312126_22440302.jpg
また明日!

30分ぐらいかかって歩いてホテルに戻ったら、燃えるような夕焼けが見られました。
b0312126_22441296.jpg
オーロラが見えそうに天気のいい夜でした。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-12-14 12:04 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅18 ~とっておきの場所へ

◆8月26日(火)◆1DKK=20.25円
美しい朝焼けを眺めつつ、
b0312126_23200097.jpg
個室に籠りつつ(-_-;)、朝を迎えました。頭痛いよう。
なんとか支度して、朝食へ(頭は痛くともメシは食べる)。
b0312126_23203197.jpg
この食べっぷり。本当に具合が悪いんでしょうか(爆)

この日のレストランは、人でいっぱいでした。後でヨウコさんに聞いたところ、デンマークの政治家がたくさんの人を引き連れてきているんだそう。なので、今日はツアー会社のボートもチャーターで出払っているんだそうです。

朝食後、Ottoにマッサージしてもらって、ちょっと眠ったら少し回復。
どうも、部屋の澱んだ空気がダメな気がします。寒いけど窓開けたり、外に出れば頭痛が軽くなる気が。
復活したところで、街中へ歩いて行きます。
b0312126_23073556.jpg
グリーンランドの旗と、デンマークの国旗。
ウィキ様によれば、氷の大地からのぼる朝日(あるいは落日)を表していて、赤は太陽、白は氷山や氷塊を象徴しているんだそうです。
朝日だとしたら、日本の国旗と同じですね。

今日は天気いい~!
b0312126_23080238.jpg
風が強くて、少々寒いです。もう秋なんでしょうね。
b0312126_23332166.jpg
またヨウコさんのいるオフィスに顔を出してみる(笑)
ちょうど地元の奥さんが売りに来てるビーズのアクセサリーを購入。
b0312126_22465132.jpg
ちょっと海洋生物のようではありますが(笑)、つけると素敵なんですよ~。フックが取り付けられている白いのがアザラシの皮です。
b0312126_22465887.jpg
このピアスがなんと50DKK!安っ!
お店に出すと200DKKにはなるんだそうです。Hotel Icefiordでも沢山買ってもらったのよと言っていたので、バーに立ち寄った時に見てみたら、200超えてましたw(゚o゚)w オオー!
ビーズアクセは世界中にあるんでしょうけど、地域によって使う色とかパーツとか違うし、こういう手作りものはその場所でしか手に入らないものだから、いいお土産になりますよね。家族にもあげたかったので、ヨウコさんに仲介してもらって、後日追加購入いたしました。
希望の色とか形とか伝えると、ちゃちゃっと作ってくれるんです。彼女は英語を話さないので、ヨウコさんがいないと会話が成り立ちません。でも、身振り手振りで「こういう風に作ってるの」と教えてくれて(半分くらい分かったと思う)、「んー、言葉が分かんないと不便!」って言い合ったりして(それだけはお互いに分かる)、なんだかとっても嬉しかったです。

今日は漁師なH君がとっておきのハイキングコースに案内してくれるというので、14:00集合を約束して、まずは魚屋さんで夕食の買い出し。
b0312126_23102782.jpg
キャットフィッシュという名前のこの魚を買いました。キャットフィッシュってナマズだと思うんですが、違いますよねえ。
斑点があってあんまり美味しそうに見えないのですが、白身の上品なお味のお魚です。
この日はいろいろ水揚げがあったようで、いろんなものが並んでました。
クジラはもちろんカモメみたいな水鳥、アザラシちゃんの頭部なども。すでに魚屋さんのラインナップではありません。
写真は載せませんが、なかなかワイルドな店内でしたよ。鳥は羽もむしってない状態だし、アザラシの頭部は皮剥いだ状態だし。
うむ、ここで主婦をやるのはなかなか大変だ(笑)
アザラシさんのお頭は、出汁を取るんだそうです。イタリアでもウサギちゃんの頭で出汁を取るそうなので、日本でいう鯛のお頭のようなものなんでしょうね。
b0312126_23075281.jpg
港に下りてみたら、ちょうど漁師さん達が帰ってきていろいろ作業しているところでした。
b0312126_23075686.jpg
おじちゃん、その大きめな袋には何が入っているの??怖くて確認できません(笑)
アザラシ漁の成果も見ました。大漁でしたぞ(◎_◎;)

町をぷらぷらと歩きながら、ヨウコさんおすすめの、病院の先へ行ってみました。
b0312126_23084268.jpg
病院の建物をぐるっと回る道があって、そこから海に近づけます。
b0312126_23090263.jpg
おお!アイスバンクが近い!
ちょうど建物で風も遮られていたので、日向ぼっこしました。
いやー、気持ちいい~♪
岸に流れついた小さな氷を触ったり、大きな氷山の行方を考えてみたり、しばしのんびりしました。
旅の途中には、こういう何もしない時間があってもいいですよね。
b0312126_23091072.jpg
可愛らしい教会。中には入れませんでした。
b0312126_23091983.jpg
お天気がいいので、カモミールも元気いっぱい!

あっっっ、ポーラーキャット発見!
b0312126_23092738.jpg
分かります?残念ながら後ろ姿💦ここの飼い猫ちゃんかなあ。

歩けばお腹が空きますので、やっぱりINUIT CAFEへ向かいます。
b0312126_23093698.jpg
ねもはチキンカレーとブラックベリースムージー
b0312126_23100160.jpg
Ottoは、牛肉の炒め物とカールスベア
b0312126_23095841.jpg
何をチョイスするかでもお値段は変わってきますが、こういう普通のメニューだと二人で300DKK弱です。
日本円にしちゃうと高いけど、もう慣れたよ(笑)

やっぱりここは何食べても美味しい♪
カレーはスパイシーだけどいい?と言われたけど、全然大丈夫だった。
注文の時にいつものシェフがいないのでどうしたのかなと思ったら、「今、港に行ってるから料理はちょっと待ってて」と。
まああ、シェフ自ら買い付けしてるんだわ。だっから美味しいんですねえ。

オフィスに戻って、H君と合流。
まずはハイキングコースへ。
b0312126_23113673.jpg
なんとなんと、この日は青コースのボードウオークのとこから、クジラが盛大に潮吹いてるのを見ました!
お散歩しててクジラ見られるなんてすご過ぎです!

さて、連れて行ってもらった場所は地元の人のとっておきなので、詳細は語りませぬ。
とても素晴らしかったので、写真をちょっとだけ。
b0312126_23124449.jpg
b0312126_23121810.jpg
誰もいない、とても美しいところでした。
鳥の声、水が流れる音、氷が溶けてパチパチいう音、そして時折氷河が崩れるゴォーッという雷の音。

この日は本当にご褒美みたいにお天気がよくて、ピクニックには最高でした。

帰りに見つけた氷。
b0312126_23125184.jpg
クジラですよね!夏の日本の海にいる、空気で膨らますやつ!!

ワンコワールドに戻って来たら、かわゆいお出迎えがありました。
b0312126_23135847.jpg
きゅーーーーん♥なんてぷりちーーーー♥♥♥
b0312126_02042217.jpg
困ったようなお目めがかわゆ過ぎます~~~!

この日のディナーは、明日グリーンランドを離れるというH君のお部屋にお邪魔して、ヨウコさんとも合流してまた日本人会です。
b0312126_23144532.jpg
キャットフィッシュのマスタード味のフライ、キャットフィッシュのお味噌汁にピクルス。
フライにはお醤油やレモン汁を振りかけて、ご飯と一緒にいただきます。
あーもー、激うまだよーーー!

美味しいごはんを作ってもらって、みんなでわいわい食べながらいろんなお話をしていたら、また10時過ぎになってしまいました。

b0312126_23150527.jpg
夜の10時にキレイな夕焼け。
b0312126_23151668.jpg
こんなところに住んでいたら、いったい別のどこに住めるというのでしょう。
でも、若者はやはり都会に出たいみたい。どこも同じですね。
b0312126_23154726.jpg
一介の旅人は、ただただ美しさに感動するばかりです。

H君、キレイな景色と美味しいディナーをありがとう。
夢が叶いますように。遠くから応援してますよー!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-12-13 02:19 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅17 ~エキ氷河、またね。

◆8月25日(日)その2◆1DKK=20.25円
たったの1泊の夢の時間は終わり、いつまでも見ていたい景色にお別れして、イルリサットに戻ります。
13:30にカフェに集合して、昨日上陸したところに向かうのかと思ったら、スタッフは小さな岬へ向かう急で細い道に入りました。
ええー、なんだか細い山道みたいなんですけども。
b0312126_23244292.jpg
お迎えの船は、昨日上陸したPort Victorへ。荷下ろしをしている模様。
私たちは横の岬から眺めております。
手前はほぼほぼ崖っぷちなんですが、こんな細いロープしかありません。
b0312126_23253259.jpg
うきゃー。キレイだけど、スリリングねー。
b0312126_23254132.jpg
この海に落っこちたら、冷たいんだろうな。
b0312126_23255400.jpg
荷下ろしを終えた船が向かってきます。
b0312126_23255849.jpg
あれ、行きの船と違う。
どうやら、2階部分から乗り降りするタイプの船だからこっちに人を降ろすようです。
細い山道だし、降りてくる人たちは一応お泊りの荷物を持っているわけで、行き交うのもギリギリでした。
いいなあ、これから泊まれるなんて。今シーズン最後のお客さんかなあ。

思いを残しつつ、船に乗り込みました。
b0312126_23261021.jpg
あいやー、行きよりボロくて狭い。
しかも、デイクルーズのお客さんで微妙に埋まっていて、席を探すのに少々手間取りました。荷物を多く積むために、客のスペースが狭くなっているような気がします。なんとか大人しいドイツ人夫婦の前に入れてもらってひと安心。
そうこうしている間に、船はエキキャンプを離れていきます。
b0312126_23262196.jpg
さよ~なら~。また来るからね~~~~~!
b0312126_23273034.jpg
今日もお天気は上々。
途中でチョコマフィンが配られました。行きも帰りもお茶、コーヒーが用意されていて、いつでも飲めます。
b0312126_23265074.jpg
船は鏡張りの海に、波の跡をつけていきます。
昨日よりお天気も良いから海の色も本当にキレイで、ずっと外でカメラを抱えていました。

カメラ水没したけど、意外と大丈夫なもんだなー

・・・なんて思ってたら、船の中に戻ったところで、異様なシャッター音が(◎_◎;)

なんにも触ってないのに、カシャカシャカシャカシャ・・・!
シャッターが勝手に動き続けてました。こわっ💦
わー止まんないよーーー!と慌てて電源を切ったら、そのまま沈黙。スイッチ入れてもまったく起動しなくなりました。
ああ、ご臨終・・・ちーん(T△T)

悲しいけど、もう一台、完全防水コンデジ持ってきておいてよかった。
完全防水一眼をどうか開発してくださいませーーー!
b0312126_23275643.jpg
エキ氷河が離れていきます。
日差しが暖かかったので、いつまでも外で氷河を眺めました。

帰りはまたクジラ(の潮吹き)に遭遇。
キレイな虹も見られました(≧▽≦)
b0312126_23284205.jpg
クジラ以外の寄り道をしませんでしたが、それでもイルリサットまでは5時間かかりました。
やっぱりエキは遠いんだなあ・・・。

港に着くと、ホテル別に分かれてバスに乗り込みます。
HOTEL ARCTICのお客さんがほとんどでした。

あったかーいお部屋に戻ると、夕日真っ盛りでした!
イルリサットも完璧に晴れてました。
b0312126_23285715.jpg
あああ、こういう時に一眼が使えないなんて・・・o(T◇T)oオオオン
b0312126_23290051.jpg
アイスバンクにも夕日があたっています。

お腹がすいたのですが、さすがに街まで出る体力は残っていなかったので、ホテルのカフェ フェルディナンドへ向かいました。
お客さんが結構いたので写真が撮れませんでしたが、けっこう狭くて、カフェというよりバーという雰囲気でした。
景色は下のレストランの方がよろしいかと思われます。
この日はグリーンランディックビュフェだったのですが、すんごい高かったので(笑)、アラカルトにしました。

前菜3種盛り
b0312126_23293048.jpg
でかっ!
左から、ハリバットの燻製、何らかのミートボール、ボイルした甘えびと茹でカニ。バターソースみたいなのがついてきました。
カニを食わせるのに、カニをほじるフォークがないのですが!!!!
味はまあまあ。悪くないけどよくもない感じ。


ジャコウウシバーガー
b0312126_23293443.jpg
でかっ!
食べにくっ!
味はいいと思いましたが、肉は硬くて、少しケモノのニオイがしました。


キノコのスパゲティ。
b0312126_23293872.jpg
これ、ソフト麺ですか!?

どれもメガ盛りでした・・・。

ソフト麺・・・じゃなくてパスタは、大失敗。見た目通りゆるんゆるんで歯が悪くても食べられそう(笑)
アルデンテという言葉はないらしい。
そしてクリームが重くて重くて、キノコの風味が負けてました。異様に白ワインの香りが前に出てましたね。
もったいないことに、大量に残して撤退したしました・・・。

お店のスタッフは非常に感じがよいのですが、すっごく忙しそうにしていて、ビールもなかなか出てきませんでした。
これで550DKKですから( ̄□||||!!
もうちょっと頑張って欲しい~。
ここはお酒を飲みつつ、景色を楽しみつつ、軽く何かをつまむ程度ならいいところだったのかも。
それにしても、550DKKですからね!(しつこい)

部屋に戻るとまだまだポカポカでした。
暖房を切ってもなかなか室温が下がらず、熱いぐらいで寝にくかったです。
あと、ベッドのスプリングがイマイチ体に合わず、どうも目が覚めてしまいます。
エキキャンプのベッドが恋しいよう。

明け方頃から、ねもは突然、激しい頭痛と吐き気と腹痛に襲われました。
甘えびさん達の呪いに違いありません。
前菜盛り合わせの甘えびさん達、少々茹で方が甘かったんですよねえ。
甲殻類系でお腹壊すとかなりキビシイものがあります。痛いったらありません。
薬飲んでもなかなか効かず、個室に立て籠もること1時間。
便座が硬くてお尻のほっぺが痛くなりつつ、よろよろとベッドに戻ったねもなのでした・・・くすん。

[PR]
by nemo_2014 | 2014-12-08 23:40 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅16 ~エキキャンプの朝

◆8月25日(月)◆1DKK=20.25円
おはようございます!
エキキャンプの朝です!
b0312126_23175192.jpg
ひゃー!いい天気ーーーー(*´▽`*)
b0312126_23181435.jpg
昨日にましていいお天気です。
朝の海の色はまたちょっと違いますね。なんとも言えないブルー✨
b0312126_23184258.jpg
きっと夜中は相当寒かったんだろうなあと思うほど空気は冷たいですが、日差しが暖かいです。
b0312126_23185038.jpg
水溜りは凍っていました。空の雲が映り込んでますね。

さあさあ、朝ごはんに行きましょう。
b0312126_23185788.jpg
朝ビュッフェもいろいろ揃っていました。焼き立てパンからは湯気が!
ベリーのジャムが美味しかった~♪

朝ごはんの後は、10:00のチェックアウトまで部屋でまったり。
b0312126_23191915.jpg
ベランダに出て、牛の毛皮にくるまって氷河を眺めます。
まことに去りがたきコンフォートヒュッテでございます・・・。

チェックアウト後は荷物を部屋の外に出して、Cafe Victorにいるスタッフに「部屋を出たよ」と告げに行きます。
カギもないエキキャンプですから、荷物も出発までそのままです。

昨日の筋肉痛もあることですし、今日は短めのハイキングにいたします(笑)
b0312126_23194641.jpg
上の湖へ、たったの15分ハイクです(笑)
b0312126_23200364.jpg
Cafe Victorの裏側。こちらがスタッフの通用口のようです。
眠そうに歯を磨きながら出てくるスタッフを見かけました。

b0312126_23195239.jpg
この上の湖から、エキキャンプで使う水を引いています。
b0312126_22440204.jpg
かなりの急坂です。
でも、どんどん景色が変わっていくので楽しかったです。
振り返れば、こんな景色が。
b0312126_23201584.jpg
本当に何にもないところに、ヒュッテが建っています。
よくぞこんなところにこんなものを建てたもんだなあ。

あちこちで水がたくさん流れていました。
b0312126_23203904.jpg
登って登って15分。
一つめの湖に到着しました。
b0312126_23220545.jpg
なんて静かなんでしょう。
あまりに静かな湖面はまさに鏡のよう。
b0312126_23221024.jpg
この写真、どこからが水面なのか、ちょっと分からないですよね。

あちこちに小さな清流があります。
b0312126_23222210.jpg
ここでちょっとした(いや、かなり重大な)事件が起こりました!
ねもは、ちょっとこの清らかなお水を触ってみようと思ったんです。

よっこいしょ、と屈んだ瞬間、

どっぽーん( ̄□||||!?

なんと、

まさかの、

カメラ水没 щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

キレイなお水の中にぷかぷか浮かんでるワタクシのおNewミラーレス。
あまりのことに固まりました!!!
ねものカメラバッグは、バケツ型のショルダーバッグです。
ショルダーストラップが細いので、簡単にひっくり返るんですねー。
その上、旅の途中でフタを閉めてくれるはずのボタンが取れてしまっていたんです。いやー、つけなきゃつけなきゃとは思ってはいたんですが。
ねもが屈んだ瞬間に、バッグがくるんとひっくり返り、閉まっていないフタがでろっと開いて、中身がざざざーっと落ちたという(-_-;)

我に返って慌てて拾い上げ、タオルで拭きまくりましたが、レンズに水in---! ( ̄□ ̄;)
レンズのみならず、SDカードにも、バッテリーにも、液晶モニターの保護フィルムにまでも水が入ってました。
水が冷たいもんだから、真っ白な水滴になってました。
とにかく全部開けて、水を切りまくって、拭きまくります。
あああ、この旅行のために買ったカメラなのにぃぃぃぃっ。

恐る恐る電源を入れると、
お? 動く??
持ち歩いていた単焦点レンズに交換してみたら、
b0312126_23223160.jpg
写真撮れた(*´▽`*)
意外と大丈夫じゃん。よかったーーー。
イルリサットに帰ったら、念のため中身を全部出して干しておこうっと。

気を取り直して、流れのところで水を汲んで、いただきました。
やっぱり雪の味がしました。

もう少しだけ登って、一つ上の湖へ。
b0312126_23223802.jpg
向こう側に見えるのはエキ氷河です。
b0312126_23183533.jpg
ここもとても静かでした。
風もほとんどなく、時折氷の崩れる音がするぐらいです。
写真で見るとゴツゴツの岩ばかりのようですが、フカフカの苔に覆われた部分も結構ありました。苔はたっぷりと水を含んでいて、踏むと靴がびしょ濡れになるくらい。
日差しも暖かくて、ここでピクニックしていたい気分です。
しばし、静かな空間を堪能いたしました。

いつまでも日向ぼっこしていたいけれど、そろそろお昼の時間です。
下に降りて行くと、ランチビュッフェの用意ができていました。
b0312126_23234641.jpg
さすがに昨日の夕食と今朝の朝食の残り物っぽいラインナップでした(笑)
食料を持って行けるなら、わざわざ高いお金(125DKK)を払って食べなくてもいいかも。

でも、パンは焼き立て(これ素晴らしい💛)
そして昨日のカレーが激うまスープに変身してました!
b0312126_23240462.jpg
お腹あったまる~~~💛♥♥

外で食べている人もいましたよ。絵になりますねえ。寒いけど(笑)
b0312126_23241612.jpg
ランチ後はカフェでまったり。
夢の中のようなエキに滞在できる時間もあとわずかです。
もうカメラを覗くのではなく、日本に帰ってもエキの全てを思い出せるように、自分の目で景色を見て、冷たくておいしい空気をたっぷり吸い込んで、氷河が崩れる音を聞いていました。

今日イルリサットに戻る人はみんな、じっと氷河を見つめていました。
本当に本当に来てよかった。
素晴らしいショートトリップになりました。
もしまた来られるのなら、今度はお金貯めてコンフォートヒュッテに2泊して、中1日はひがな氷河を眺めてお籠りするんだーーーー!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-12-06 23:32 | 2014_Greenland | Comments(2)

2014夏 Greenlandの旅15 ~4 hours Hike to the lagoon, the moraine and the glacier

◆8月24日(日)その4◆1DKK=20.25円
快適なコンフォートヒュッテを渋々出て(笑)、こちらも不安ながら楽しみだった4時間ハイクへ。
15:00にカフェ前に集合したのは、全部で7人。
b0312126_22502525.jpg
まずはガイドさん。彼は行きの船からガイドや食事の準備や、宿泊のご案内など一人何役もこなしていました。
彼は多分デンマーク人なのだと思うのですが、英語、デンマーク語、ドイツ語、グリーンランド語が出来るんだそう。すごい!
ここで働いている若者たちは実によく気づくし、よく働きます。いつも楽しそうに見えるのが気持ちいいですね。

後ろを歩くのが中国系アメリカンのおっちゃん。人懐こいおっちゃんで、Ottoの職場の人に似ているので、私たちは勝手に「アベちゃん」と呼んでました。どこへ泊りに行くのかと思うようなデカいバックパックには、食べ物が詰まってます。
すぐに「疲れた~、休憩した~い」と言い、休憩のたびにフルーツやらお菓子やらを取りだしてバリバリ食べてました。あんなに食べるから疲れるんじゃないかと思うんだけどなあ(笑)
b0312126_22503142.jpg
そして前を行く白いパーカの子とちらりと見えている青いジャケットの人がスウェーデン父娘コンビ。
最初に話しかけてきてくれたのが彼らで、「スウェーデンてグリーンランドと比べて寒い?」と聞いたら「今年は35度もあったんだよ!」って言うので「東京の夏はいつもそうだよ・・・」と答えたら「うえええ」という顔をしてました。

アベちゃんが「スウェーデン人はよく歩いてるからな~」と言っていた通り、お父さんはすっごい健脚。
b0312126_22504928.jpg
ほらね、どんどん先に行っちゃう。
娘ちゃんのペースはゆっくりなんだけど、構わず先に進んで行っちゃいます。それじゃ、子供も健脚になるよね。
b0312126_22533494.jpg
そしてこちらがドイツからのご夫婦。
ダンナさまは足がよろしくないらしく、杖をつきながらの参戦。ニホンジンだったら4時間ものハイクなんて尻込みしちゃいそうですが、時々ガイドの手を借りながらも頑張って歩いてました。すごいなあ。
赤いジャケットの奥様は超健脚。自転車をやってるんだそうで、なるほど鍛えられた体でした。カッコいい~💛

ハイキングコースはいきなりの急な下りからスタートします。
この時点でかなりビビっていた軟弱中年ニホンジン夫婦。
杖をついてゆっくり歩くオジサマに救われる思いでついていきます。
b0312126_23202990.jpg
コースにはちゃんと踏み固められた道があって、そうアップダウンもないように見えるのですが、なにしろ昨日までの雨でぬかるみまくりです。道が水路になってしまっている状態で、迂回すること多数。道を外れるとフッカフカの下草や苔で、これまたたっぷりお水を含んでいて、間違いなく足を取られます(◎_◎;)
私たちのシューズは完全防水でなかったので、徐々に浸みてしまって、少々不快でございました・・・装備は大事ですね。
b0312126_22505646.jpg
少し歩くと、湖が見えてきます。手前にたくさんの水溜りが見えますね^_^;
b0312126_22510608.jpg
岩山からは幾筋も水が流れ落ちていました。
これがたっぷりと苔や下草の根っこに蓄えられているんですね。
b0312126_22511481.jpg
足元は不安ながら、景色は最高です!!!!
水が溢れる平原は、キラキラしていてそれこそ瑞々しい。湖のミルキーブルー、苔や草の緑や紅葉のオレンジ、黒々とした岩肌を流れる透明な水・・・、イルリサットのハイキングも素晴らしかったですが、エキはまた一味違う景色でした。
なにしろ、人が住んでいないので、ハンターがアザラシを撃つ銃声が聞こえることもなければ、ボートの音もしません。
自分たちが話す声や歩く音を除けば、ここに存在しているものたちが立てる音しかしないのです。
体力に余裕があれば、もっともっとうっとりしていたと思います(苦笑)
b0312126_22521939.jpg
この岩山の上には、何があるのでしょう。こんなにたくさんの水が流れてくるなんて。
b0312126_22522639.jpg
誰も住んでいないので、この川の水は飲めるんですよ♪
un_voyageさんのブログでチェックしていたので、ちゃんと空のペットボトルを持って行きました!
日本の高山で飲む、柔らかくて甘みを感じる水とは違い、少し硬質なクリアな味の水でした。そうそう、雪の味に似てました。
b0312126_22523492.jpg
この写真の奥に見える、砂利山みたいなところまで行きます。
見えてからがまた遠いんだ・・・。
b0312126_22525074.jpg
これが最後から2番目の登り。壁か!と思うような山です。
上から見るとこんな感じです。
b0312126_22580538.jpg
うーん、あんまり伝わりませんかね。人の大きさの違いで、かなりの高低差が伝わるといいのですが。
この写真の湖の向こう岸をずーーーっと回って歩いてきました。
歩き始めて2時間40分、ようやく目的地に到着。
b0312126_22532769.jpg
エキ氷河の端っこの山に着いたのでした。
こんなに歩いたのに、まだまだエキ氷河の端っこ。
b0312126_22535404.jpg
でも、歩いて到達すると、何やら嬉しいものですね(*´▽`*)
風もなく、ポカポカした日だったので、頂上でティーブレイクが楽しめました。
ガイドさんが温かいお茶を入れてくれて、チョコを何個も出してくれて、普段あまりチョコを食べないねもも美味しくいただきました。
チョコレートって、こういう時の食べ物なんですねえ。
b0312126_22571168.jpg
ざらざらした砂利山の上でしばしの休憩の後、夕ご飯目指して帰ります。
帰りは早いかと思いきや、やっぱりそれなりに時間ががかかって、19:40頃エキ・キャンプに帰還。
b0312126_22580929.jpg
到着の喜びを表すの図(*´▽`*)
ここがハイキングコースの入口なんだと思いますが、この先の岬を越えたところがエキキャンプです。
この日は迂回の連続で、結局11kmぐらい歩いたんだそうです。
コースをサクサク歩ければ、もうちょっと楽だったのかもしれませんが、とにかく美しい景色にすっかりデトックスしてもらえました。
デトックスはできましたが、膝も腰もヨレヨレ、足が痛いのなんのって。
でもまた行きたいかと言われたら、「行きたい!」と即答すると思います。それほど楽しい体験でした。

さて、お待ちかねの夕食はCafe Victorでビュッフェ。
b0312126_22543528.jpg
ご、ご飯~~~~~~!
お皿をもってビュッフェコーナーに行くと、スタッフがお料理をひとつひとつ説明してくれます。
どれもこれも、ぜーんぶここの厨房で作ったもので、ものすごく美味しい💛♥♥
特に手前のチキンカレーは絶品でした(≧▽≦)
b0312126_22543952.jpg
ご飯の下に添えた白いハリバットの燻製も美味しかったです。
写真には写っていませんが、この辺で採れたという小さな茶色いキノコが、もんのすごくいい香りでびっくり。小さいので味はあんまり分からないのですが、口に入れるとキノコらしい香りと共に、なんとも言えない華やかな香りがふわーっと広がります。
土の中で育つトリュフとは香りの種類が違うのですが、トリュフを超えるのでは!と思うぐらいでした。忘れられない香りでした。
b0312126_23555840.jpg
水は上の湖から引いている水です。これまたクリアでお食事に良く合います。
なんでこんなところでというと失礼ですが、はっきり言ってイルリサットのホテルより断然ハイレベルでした。
厨房はお当番で回しているのかもしれませんが、本日のコック長(?)のボン・ジョヴィ似の彼が仕切ってどんどん美味しいお料理を作ってくれていました。筋肉もりもりの腕でパン生地こねたり、ちっさな木の実を剥いていたり、本当によく働くー!うちの職場に欲しい~!

あまりに美味しいのでカレーをお代わりしたらもうお腹ぱんぱん。
快適なお部屋に戻って、シャワー浴びてソファで夕焼けを見ていたらそのまま撃沈してしまいました。
b0312126_22555928.jpg
22:30頃にOttoに起こしてもらって(寒かった💦)、あったかベッドで再びぐっすり。

エキキャンプ、お金的にもスケジュール的にも無理してでも来てよかった。
お天気が良くて本当に良かった~~~~!

[PR]
by nemo_2014 | 2014-11-25 00:11 | 2014_Greenland | Comments(2)


おいしいごはんのためなら、どこまでも行きます。現在香港とスペインを熱烈偏愛中。


by nemo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
たび
旅のアーカイブ
国内旅行
2013_Hawaii
2014_Greenland
2014_Taiwan
2014_iceland
2015_Kauai
2015_Spain(Canarias)
2016_Hong Kong(2月)
2016_okinawa(8月)
2016_HongKong(9月)
2016_Cebu
2016_okinawa(12月)
2017_Hong Kong
2017_okinawa(5月)
2017_Singapore
2017_okinawa(8月)
ごはん★おやつ
音楽とか舞台とかフラメンコとか
白黒猫
カメラ
雑記
未分類

最新の記事

山に行ってきました。
at 2017-10-17 23:06
so many vaccin..
at 2017-10-14 23:13
2017夏 沖縄の旅~観光編
at 2017-10-13 23:43
Hong Kong in M..
at 2017-10-09 18:33
猫、帰還。
at 2017-10-09 16:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

>enigma85さん ..
by nemo_2014 at 22:43
kimmyです。こんにち..
by enigma85 at 08:32
> sayachan28..
by nemo_2014 at 16:51
nemoさん♪ ワ..
by sayachan28 at 15:40
>photo-kioku..
by nemo_2014 at 00:17
しじみさんw白目www ..
by photo-kioku at 02:26
>mikoさん ええ、..
by nemo_2014 at 20:42
こんにちは。東京タワーは..
by miko at 11:24
はい!実は香港ランガムプ..
by ぽんこ at 22:41
ぽんこさん、以前にもコメ..
by nemo_2014 at 00:24

フォロー中のブログ

Bon Copain!
ヤッケブースでパンケーキ!
うひひなまいにち
おひとりさまの食卓plus
un_voyage♪♪
moment
ロンドンの食卓
ミットゥンのFood i...
la carte de ...

外部リンク

ブログジャンル

旅行・お出かけ
猫

画像一覧

タグ

検索